スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会の中学生講座を比較【タブレット・講座内容・受講費】

スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会の中学生講座を比較【タブレット・講座内容・受講費】

中学生のお子さんの家庭学習に、スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会のどれにしようか…とお迷いですか?

いずれも人気の高い通信教育ですが、メイン教材(タブレットとテキスト)、クラスとレベル、先取り学習の有無など講座内容や受講費に違いがあります。

今回の記事ではスマイルゼミ・進研ゼミ・Z会の中学生講座の内容を比較していますので、中学生のお子さんの家庭学習選びの参考にしていただければと思います。

今回の記事は高校受験をする中学生向けのコースを紹介しています。中高一貫校生向けのコースに関しては次の記事をご覧ください。
Z会と進研ゼミ中高一貫コース(中学生)比較【評判・レベル・料金】

スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会の中学生講座を比較

スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会の中学生講座の学習スタイルや教科、受講費などをざっくりまとめると上の比較表のとおり。学習スタイルとコース、教材、料金、合格実績についてもう少し詳しく比較してみます。

学習スタイルとクラスを比較

通信教育 スマイルゼミ 進研ゼミ Z会
タブレット 特進クラス
標準クラス
紙のテキストあり
クラス分けなし
クラス分けなし
テキスト × 中1・2はスタンダード・ハイレベル
中3は受験総合・難関挑戦・最難関挑戦
進学クラス
特進クラス

スマイルゼミはタブレット専門で、進研ゼミとZ会はタブレットとテキストのコースが選べます。進研ゼミのタブレットコースは「ハイブリッド」なので、紙のテキストもついてきます。

スマイルゼミはクラス別、進研ゼミとZ会はいずれもテキストのコースでレベル別になっています。スマイルゼミの特進クラスはハイペースなカリキュラムで難関校対策。若干料金も上がります。

Z会は進学クラスと特進クラスに分かれていますが、進学クラスでも国公立・私立上位校を受験する人向けのレベルなので内容は難しいです。特進クラスとなると偏差値70超の超難関校対策となります。

教材・講座内容を比較

通信教育 スマイルゼミ 進研ゼミ Z会
科目 9教科 9教科 1~5教科
※実技教科は3年分の要点教材あり
添削指導 なし あり あり
映像授業 あり あり オンライン
ライブ授業あり
教科書対応
国語以外対応
定期テスト対策
先取り学習
中学3年分
英検対策
オプション

オプション
漢検対策
オンライン
スピーキング
×
オプション

英語受講者
教科の質問 ×

スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会いずれも9教科対応ですが、実技教科にもしっかり対応しているのはスマイルゼミと進研ゼミです。スマイルゼミは実技教科も映像やアニメーションで解説、3,300問を収録しています。進研ゼミは実技4教科を含む定期テスト対策教材が届けられます。(Z会は3年分の教材「実技4教科マスターBOOK」が最初にもらえます。)

自由にさかのぼり・先取り学習ができるのはスマイルゼミとZ会。スマイルゼミの標準クラスはその学年の、特進クラスは1学年上まで(中学の学習範囲内)先取りOK、Z会は中学3年分のオープンカリキュラムです。

Z会は英語にオンラインスピーキングがつき、Asteria(英語4技能)では学校英語にとらわれない実践的な英語学習を、国語は教科書ではなく独自のカリキュラムで進みます。テスト対策もしつつ、実力養成と入試対策に力を入れています。

料金(受講費・タブレット代)を比較

通信教育 スマイルゼミ 進研ゼミ Z会
年間
受講費
中1生
標準
89,760円~
特進
168,960円~
ハイブリッド
78,840円~
オリジナル
71,760円~
タブレット
24,276円~
(5科97,380円~)
テキスト
29,376円~
(5科128,880円~)
年間
受講費
中2生
標準
102,960円~
特進
182,160円~
73,320円~ タブレット
26,316円~
(5科107,580円~)
テキスト
29,376円~
(5科128,880円~)
年間受講費
中3生
標準
116,160円~
特進
195,360円~
82,680円~ タブレット
32,232円~
(5科137,160円~)
テキスト
進学39,984円
/特進45,288円~
(5科進学181,920円/特進208,440円~)
初回
タブレット代
10,978円 6か月以上受講で無料 19,800円

※上記受講費は12か月一括払いの場合。

スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会は月あたり6,000~8,000円程度から受講できますが、学年が上がり年間受講料を比較すると、スマイルゼミ特進、Z会テキストコースの5教科はかなりお高くなる印象です。(それでも学習塾の授業料・講習費と比べればずいぶん安いですが)

進研ゼミはハイレベル(難関校対策)でも料金が変わらず、タブレットも半年以上の受講で無料になるので、コスパだけで選ぶなら進研ゼミが良さそうですが、教材・講座内容がお子さんに合うかどうか、よく確認の上セレクトすることをおすすめします。

合格実績を比較

東京とその近隣の主な高校の2020年度合格実績を比較しています。

スマイルゼミ 進研ゼミ Z会
国立大学附属
→東京学芸大附属都立上位~難関校
→日比谷・西・青山・戸山・新宿・八王子東・立川・両国・武蔵・国分寺・国際・三田・竹早・武蔵野北・小山台他私立難関校
→ 早稲田大高等学院・豊島岡女子・ICU・青山学院・中央大学杉並
国立大学附属
→お茶の水女子大 8名・筑波大 6名他多数都立上位~難関校
→日比谷18名・国立40名・西25名・立川50名・国分寺56名・小松川66名・小山台67名他多数私立難関校
→錦城150名・ICU14名・中央杉並21名・中央(小金井)22名・豊島岡女子12名・明治学院19名・早稲田実業11名他多数
国立大学附属
→お茶の水女子大 26名・筑波大25名・筑波大駒場 8名・東京学芸大73名他多数都立トップ・難関校
→日比谷 121名・西 142名・国立 82名(トップ3が合計300名以上)・青山 53名・立川 52名・戸山 106名他多数私立難関校
→開成 22名・豊島岡女子 50名・早稲田実業 23名・早稲田 41名・慶應女子 14名・城北 115名・桐朋 55名他多数

※全ての合格実績が掲載されているわけではありません。Z会は教室本科生、映像授業他を含めた実績。

スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会はいずれも難関高校に合格実績を残していますが、Z会のトップ校・難関校の合格者数がかなり際立っています

またZ会ほどではないにせよ、スマイルゼミ・進研ゼミは上位~難関校を目標にしている中学生に選ばれているのかな…という印象を受けます。

スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会はこんな中学生におすすめ

スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会どれにする?

スマイルゼミ中学生コースがおすすめなのは次のようなお子さんです。

  • タブレットで学習したい
  • 学校の日々の予習復習をしたい
  • 実技教科も含めてテスト対策もカバーしてほしい
  • 成績が中の上以上
  • 上位~難関校を目指している

タブレット一つでスマートに学習できるスマイルゼミ。シンプルな教材で紙のテキストはついていませんが、市販教材や入試過去問などもあわせて使うと良いでしょう。2週間の全額返金保証もついています。詳細は公式サイトにて。



スマイルゼミ

標準クラス進学クラス

  • 中学生9教科対応
  • タブレット1台で勉強できる
  • 中堅~難関高対策におすすめ
  • 月あたり7,480円から
  • 2週間全額返金保証つき

進研ゼミ中学講座がおすすめなのは次のようなお子さんです。

  • 学校の日々の予習復習をしたい
  • 実技教科も含めてテスト対策もカバーしてほしい
  • 成績が中の上以上
  • 記述対策もしたい
  • 中堅~難関校を目指している

学習の習慣をつけたい、テスト対策の教材がいろいろ欲しい、わかりやすい教材で学校の予習・復習と入試対策を家でコツコツ進めたい…というお子さんに進研ゼミがおすすめです。

\資料&おためし教材はコチラから!/

進研ゼミ

ハイブリッドスタイルオリジナルスタイル

  • タブレットとテキストスタイルが選べる
  • 中堅~難関高対策におすすめ
  • 教科書対応・9教科対応
  • 定期テストも入試対策も
  • 資料請求でおためし教材プレゼント

Z会中学生向けコースがおすすめなのは次のようなお子さんです。

  • 公立トップ校、国私立超難関高を目指している
  • 自主的に勉強できる
  • 公立中で定期テストが平均90点以上
  • 難しい問題の方がやりがいがある
  • 教科(講座)を選んで受講したい
  • シンプルな教材がいい

Z会はテスト対策はある程度自分でもできるので、もっと難易度の高い教材に取り組みたい、学校英語より進んだことを勉強したい…という中学生におすすめです。タブレットや映像授業で以前より取り組みやすくなったZ会に注目です。

\タブレット割引キャンペーン/

Z会

タブレットコーステキストコース

  • ’21年3月、新タブレットコースが登場!
  • 難関校対策におすすめ
  • タブレットは3年間オープンカリキュラム
  • 資料請求でおためし教材プレゼント
  • キャンペーン中は特典冊子もプレゼント

まとめ

スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会の中学生講座の違いについて見てきましたが、違いがわかりましたでしたでしょうか。

お子さんの家庭学習選びのお役に立てたら幸いです。


中学生におすすめなオンライン塾、個別指導塾についても知りたい方は、次の記事が参考になるかもしれません。