Z会Asteriaの英語4技能・数学新系統・総合探究講座とは?評判も紹介!

Z会Asteriaの英語4技能・数学新系統・総合探究講座とは?評判も紹介!

Z会Asteria(アステリア)はiPadを利用する通信教育で、英語4技能講座・数学新系統講座・総合探究講座の3つの講座があります。(対象は中学生・高校生・社会人)

新大学入試に向けて必要とされる学力が身につく講座内容となっており、教育熱心な中学生の保護者の方にも注目されています。

そんな今注目されているZ会Asteriaの各講座内容と評判、料金についてもまとめました。

スポンサーリンク

Z会Asteriaとは

Z会Asteria(アステリア)はiPad1台で完結する、無学年制カリキュラムの通信教育です。

\iPad持っている方に朗報!無料体験クーポンもらえます!/



Z会Asteriaの3つの特徴

無学年制カリキュラム

iPad1台で徹底理解

テクノロジーを駆使した学習スタイル

Z会Asteriaは無学年制カリキュラム(中1~高3の英数)なので、中学生が高校内容の勉強をしたり、中学から勉強をやり直したい人にも対応できます。

紙のテキストは使わず、iPad1台で映像講義と問題演習、さらに添削指導とオンライン個別指導も、学力に応じて適切な問題を提案して「徹底理解」を手助け、さらにオンラインスピーキングやDiscovery Note、オンラインディスカッションができる協同学習などテクノロジーを駆使した新しい通信教育の形をZ会Asteriaは実現しています。

2020年度(2021年1月)より従来の大学入試である「センター入試」が新大学入試「大学入学共通テスト」が始まりますが、新テストでは従来の単なる知識型の学習ではなく、思考力や判断力を問われる問題に対応できるような学習の取り組み方が必要とされています。

つまりZ会Asteriaは新テストや今後のAI社会にも対応できる力をつける、新しいタイプの通信教育です。

Z会Asteriaには英語4技能講座・数学新系統講座・総合探究講座の3つの講座があります。

スポンサーリンク

Z会Asteriaの英語4技能講座

Z会Asteriaの英語4技能講座は、次のような人におすすめされています。

学校や塾で学習する英語では物足りない

使える英語を学びたい

留学したい

国際関係の学部・学科に進みたい

英語4技能とは「聞く、読む、話す、書く」の4つの技能のことです。2020年度以降の大学入試より新しい制度が導入され、英語4技能の評価もされます。

Online Speaking【月2回】プランで、1か月あたり4,800円(10月より4,888円)より受講できます。

Z会Asteria英語4技能講座 学習の流れ

Z会Asteria英語4技能講座ではトレーニング(アダプティブ学習)→ ブラッシュアップ(オンラインレッスンと添削問題)という学習の流れになります。

トレーニング【アダプティブ学習】

最新テクノロジーで「読む・書く・聞く・話す」の4技能を、今の学力に応じて学習がスタートできます。理解できるまで最適な問題が出題され、理解できたら次のステップへ進むアダプティブ学習です。

ブラッシュアップ【オンラインスピーキング&添削指導】

iPadを使って外国人講師とのオンラインスピーキング(1回25分)、英作文の添削問題にチャレンジします。

オンラインスピーキングの動画

Z会Asteriaの英語4技能講座の評判

Z会Asteriaの英語4技能講座に関する良い評判です。

「中1で英検2級を取得、スピーキングやリスニングの力のレベルをアップさせたくてスタート。英語を話すことへの抵抗がなくなった。」

「わからないところが聞けるのがいい。オンラインレッスンではわかりやすく発音を教えてくれた。」

「自分のレベルに合った問題が出題され、解くと達成感がある。」

「映像が出て楽しい。」

中には合っていなかった、少し難しいという意見もありました。

「もともとリスニングやスピーキングの英語学習に取り組んでいたため、英文法の力をつけたいと思っていたが、目的にいまいち合っていないようだった。」

「オンラインスピーキングはいきなりレベルが高いと感じたので、あまり利用できていない。」

口コミ・評判を見ると、英語4技能講座に関してはかなり学力の高い中高生の中でも英会話も少しできるレベルの人で、より英語力を向上させたい人、社会人に合いそうな印象を受けました。

小学校時代は海外で過ごしたり、低学年から英会話スクールやインターナショナルスクールに通った経験のある中高生には特に合うのではないかと思われます。

 

Z会Asteriaの数学新系統講座

Z会Asteriaの数学新系統講座は4つの領域に分かれ、無学年形式で進めます。

代数(数や式)

解析(関数や微分積分)

幾何(図形)

統計

中1~高3数学の内容で、先取り学習や苦手単元の学習ができます。

数学新系統講座は、1か月あたり4,800円(10月より4,888円)より受講できます。

Z会Asteria数学新系統講座 学習の流れ

Z会Asteria数学新系統講座では「トレーニング(アダプティブ学習)→ ブラッシュアップ(添削問題)& Discovery Note」という学習の流れになります。

トレーニング【映像講義&アダプティブ学習】

問題演習前に、映像講義やテキストで学習内容を確認します。(映像講義は省略可能です。)

映像講義サンプル動画

アダプティブ・システムが最適な問題を出題、ミスが多ければ動画授業の見直しをおすすめされることもあります。

ブラッシュアップ【添削問題&Discovery Note】

トレーニングの内容を理解できているか添削問題にチャレンジします。

数学新系統講座の動画

単なる数字・記号を使っただけの学習ではなく、数学を現実の世界で役立たせるような実践的な「数学活用問題」もあります。「フェルミ推定」に近い問題という印象を受けます。

気づいたことをメモできるDiscovery NoteはZ会へ提出すると返信がもらえ、考え方の過程をやり取りすることができます。

Z会Asteriaの数学新系統講座の評判

Z会Asteriaの数学新系統講座の評判を見ると、もともと数学(算数)が好きという中学生に特に好評でした。無学年式なので私立中生の自宅学習用教材にちょど良いようです。

「学校より難しいが、ちょうど良いレベルの問題を出してくれて、わからなかったところもできるようになった。」

「問題集をわざわざ開くことなく、iPadだけで問題を解くことができ、解説もすぐ出るので使いやすい。数学が大好きになった。」

「問題は結構難しいけれど、自分のペースでできるのがいい。」

「映像講義がわかりやすく、わかっていないところは何度も問題に出してくれる。」

 

Z会Asteriaの総合探究講座

今後の社会においては知識や技能だけではなく、思考力や判断力、コミュニケーション力なども必要とされています。このような社会的背景と大学入試改革をにらみ、Z会Asteriaの総合探究講座ではオンラインで他者とコミュニケーションをとりながら、問題解決をする力を養っていきます。

総合探究講座は1か月あたり5,800円(10月より5,907円)より受講できます。

Z会Asteriaの総合探究講座 学習内容

協働学習(オンライン・ディスカッション)を中心に、個人学習、探究学習を行います。

Z会Asteriaの総合探究講座 動画

協働学習(オンライン・ディスカッション)

毎月新しいテーマで受講生同士でオンライン・ディスカッションを行い、コミュニケーション力や主体性を養いつつ、社会への理解を深めるものです。

オンライン・ディスカッションの過去のテーマ(公式サイトより)

「これから必要とされる職業の特徴は何だろう?」

「観光事業にはどのような良さがあるのか?」

「人工知能と人間は共存できる?」

個人学習

映像授業と確認問題で「協働」を図るための必要なスキルを学びます。

探究学習

さまざまな分野で活躍するプレゼンターによる講義です。ライブ配信ではコメント機能を使ってプレゼンターに質問することができます。今後自分がどのように社会貢献していくか、進路のヒントにもなります。

Z会Asteriaの総合探究講座の評判

「日本語で議論する機会がなく、とても役立っている。大学受験にも役立ちそう。(海外在住の受講生)」

「新大学入試に向けてディスカッションの練習に。いろいろな人と意見交換ができてためになる。」

「ディスカッションだけでなく、探究学習や個人学習で知識を深めたり、スキルを学べるのもおもしろい。」

最近は中学校でもディスカッションをとりいれている学校が増えてきていますが、十分な時間をとれているわけではありません。ディスカッションやコミュニケーションのスキルも学べる機会はなかなかないので、受験だけでなく将来にも多いに役立つ講座でしょう。

 

Z会Asteria各講座の料金は?

Z会Asteria各講座の料金です。

・英語4技能講座はオンラインスピーキングが2回/4回/6回の3コースあります。

・毎月払いより12か月一括払いの方が割安になります。

・英数セット受講は16%引きになります。

・2019年10月より消費税率の変更にともない、料金が変わります。

・アプリ内課金は月額12,800円になるので注意してください。

Z会Asteriaの1か月あたりの料金一覧(9月30日まで)

講座 毎月払い 12か月一括払い
英語4技能 【2回】5,800円
(1年分69,595円)
【4回】7,800円
(1年分93,600円)
【6回】9,800円
(1年分117,600円)
【2回】4,800円
(1年分57,594円)
【4回】6,800円
(1年分81,596円)
【6回】8,800円
(1年分105,598円)
数学新体系・総合探究 6,800円
(1年分81,600円)
5,800円
(1年分69,595円)

2019年10月以降の料金は下表のようになります。

Z会Asteriaの1か月あたりの料金一覧(10月1日以降)

講座 毎月払い 12か月一括払い
英語4技能 【2回】5,907円
(1年分70,884円)
【4回】7,944円
(1年分95,328円)
【6回】9,981円
(1年分119,772円)
【2回】4,888円
(1年分58,661円)
【4回】6,926円
(1年分83,107円)
【6回】8,963円
(1年分107,554円)
数学新体系・総合探究 6,926円
(1年分83,112円)
5,907円
(1年分70,884円)

別途iPadが必要になります。

\iPadのある方は無料体験もコチラで受付中!/



まとめ:Z会Asteriaは新しい通信教育のカタチ

画期的なZ会Asteriaの各講座の特徴や評判を見てきました。思考力・判断力を養える英数の講座、ディスカッションで表現力や主体性も養える総合探究の講座は興味深い内容で、評判も良いようです。

2018年度の平成最後のセンター入試の英語はまさしく従来の英語、昭和~平成初期に学習した英語で対応できそうな問題が多かった印象でした。しかし今後はより実践的な英語が使える人材を大学側も求めています。英語に限らず数学やその他の教科においても同様です。

すでに公立中高一貫校の「適性検査」や一部の難関私立中高一貫の入試問題の内容が、論理的思考力や現実社会への活用力を問うような問題形式をとり入れています。

このような時代の流れの中、従来の知識詰め込み型の指導形態をただ継続するだけでは、社会で活躍できるための登竜門をくぐらせることができません。

そういった意味でZ会Asteriaという新しい通信教育形態に、大きな可能性を感じます。一人で進めるのは難しい人には、このような通信教育形態×塾での対面での指導といった、また新しい指導形態も今後増えていくのかもしれません。