【Z会小学生の評判】ハイレベル・タブレット・中学受験コースはどう?

【Z会小学生の評判】ハイレベル・タブレット・中学受験コースはどう?

子どもの学力を伸ばしたい、学校の勉強では物足りなさそう、一歩先の勉強を進めたい、中学受験も視野に入れている…、そんな小学生保護者の方に選ばれているのがZ会の通信教育です。

周囲のママさん、パパさんや口コミサイト、SNSでも「Z会をとっている」という小学生保護者の方がちらほら見かけられますよね。

  • 小学生のZ会ってどんな感じ?
  • Z会は小学生も難しい?
  • スタンダードとハイレベルどっちがおすすめ?
  • 中学受験はZ会だけでも大丈夫?
  • 進研ゼミと比べてどう?

といった保護者の方の疑問を解決できるよう、Z会通信教育小学生向けコースの評判をリサーチしてみました。

これからZ会をとってみようか、どうしようかな…という小学生の保護者の方は、よかったら他の方の意見を参考にしてみてください。


スポンサーリンク

Z会小学生向けコースの内容は?

評判を見る前に、最近のZ会ではどんなコースがあるのかよく知らないという方に、ざっくりと小学生のコースについて内容を確認したいと思います。(「よく知っている」という方は読み飛ばしてくださいね。)

Z会通信教育の小学生向けコース本科では、紙のテキストを使う「小学生コース」、タブレットを使う「小学生タブレットコース」、難関国私立中対策向けの「中学受験コース」があります。

本科のコース

  • 小学生コース(小1・2・3・4・5・6)スタンダード/ハイレベル
  • 小学生タブレットコース(小1・3・4・5・6)
  • 中学受験(小3・4・5・6)

タブレットコースは全教科セットの受講になります。iPadとタッチペンが必要です。

小1のタブレットコースが’20年度からスタートしました。小2も’21年度からスタート予定です。

小学生コースは1・2年生は国算と経験学習、英語・プログラミングまで追加費用なしで学習できます。3年生からは1教科からの受講が選べます。

Z会の中学受験コースは難関中対策が中心、「トータル指導プラン」と、添削指導がつかない「塾併用要点学習プラン」があります。

トータル指導プランではiPadとタッチペン、塾併用プランは対応タブレットまたはPCが必要です。

専科で小5から公立中高一貫校適性検査、作文講座もあります。専科のみの受講も可能です。

スポンサーリンク

Z会は小学生でも難しい?評判をチェック

Z会といえば難関大学に強いイメージですが、小学生コースも難しいのでしょうか?保護者の方の意見を見てみます。

Z会のテキストは必要最低限の色使い、無駄なイラストを省いており、文字や数字に集中できているようで、息子にはぴったりだと思っています。

引用:みん評

多くの小学生保護者の方から、教材や添削指導の質に対し、高く評価されています。

ハイレベルとだけあって学校の教科書やテキストと違い難しい問題が出てきます。学校の授業の予習になり、毎月テキストに取り掛かると算数は少し戸惑いながら取り組むこともありますが、徐々に計算のコツを掴みスラスラと問題を解いていっています。学校でも、計算が早くなったようで、担任の先生にも「難しい問題をすぐ解いて凄い」と褒められました。

引用:みん評

ハイレベルの問題は難しいようですが学校の予習にもなり、効果が出ているようです。

教育熱心なご家庭だと先取り学習で上の学年でもそれほど難しくないというケースもあるようです。英語はそれほど難しくなさそうです。

Z会小学生コースの英語(小3~6)ではZ会オリジナル音声ペンを使い、ペン1つで読む・聞く・話す・書くの英語4技能が楽しく学べます。

しかし中にはこのような意見もありました。

小学校の勉強はできていることを前提として、それよりも少し勉強させたい家庭向けだと思います。
学校のテストが悪くなってきているから…と始めると難しくてやる気にならないかもしれません。

引用:みん評

学校の勉強についていけなくなってからだと、難易度が高いためかお子さんにあまり合わないということも考えられます。

「うちの子にできるかな?」という心配のあるご家庭は、Z会小学生向けコースはおためし教材ももらえますし、1か月からでも受講可能ですので、少し教材をお試ししてから続けるか判断してみたらいいでしょう。

Z会では添削課題を提出すると努力賞ポイントがもらえ、文具や問題集、インテリア、天体望遠鏡などの景品と交換できます。お子さんへのちょっとしたごほうびにもなりますね。

小学1・2年生の「けいけん(経験学習)」ではカレーやシチューなどの料理や、日時計や地図などを作ったりします。お子さんも楽しんで取り組めているようです。

ただしこんなネガティブなご意見もありました。

「先取り学習」がかなりできているお子さん、ハイレベル過ぎるお子さんにはもしかするとZ会の教材では物足りないと感じるかもしれません。(特に低学年の教材)

親子で取り組める「経験学習」は良いコミュニケーションツールにもなり好評なのですが、両親ともにお忙しいご家庭だと難しいかも…。

小学生コースは難しい?まとめると…

  • 学校の勉強ができている人、私立小のお子さんにはちょうど良い、予習にもなる
  • 学校の勉強でできていないところがあると難しい
  • 学年を先取りして勉強している人には簡単(上の学年を受講するという手も
  • 英語は易しめ、音声ペンで楽しく勉強できるので親の手もかからない
  • 低学年は経験学習のように親子で楽しめる課題も → ご家庭によっては負担になるかも?

教材、添削の質が高いということは間違いなさそうです。あとは紙のテキストを利用する小学生コースだとスタンダードとハイレベル、どちらのレベルがおすすめなのかも気になるところですね。

ハイレベルとスタンダード、どちらがおすすめ?

スタンダードとハイレベルのどちらの方がおすすめか、いくつか参考になりそうな口コミがありましたのでご紹介します。


親御さんから見てもハイレベルは「難しそう」という声もありました。

幼児教育にも力を入れていたご家庭、英才教育をしていたご家庭なら、Z会のハイレベルはちょうど良いようです。


やはり英語は簡単そう。

スタンダードコースはどうかについても、こんなご意見がありました。

スタンダードコースでも教科書内容よりは少しレベルアップした内容までカバー、こちらも評価が高いようです。

お子さんのレベルにカチッとハマりそうなレベルを選ぶと、学習の習慣を身につけつつ実力アップできそうですね。

ハイレベルとスタンダード、評判をまとめると…

  • ハイレベル … もともと勉強が得意で英才教育もやっていたお子さんにはちょうどいい。低学年のお子さんなら中学受験の下準備にも。かなり先取りしていると物足りないかも?
  • スタンダード … 学校の内容より少し発展的な内容も学べる、教科書レベルでは少し物足りないお子さんにはちょうど良い

Z会小学生タブレットコースの評判は?

Z会小学生タブレットコースは以前は小3からでしたが、’20年度から小1にも対応するようになりました。(小2は’21年度からスタート)

小学生タブレットコースのイメージ映像です。タブレットコースはiPadとタッチペンが必要です。

タブレット教材もZ会らしくシンプルなつくりになっています。自動で採点してくれるのが便利です。理解度に合わせて適切な問題が出題されます。


Z会小学生タブレットコースもおおむね好評、何をやるべきかわかっていい、採点を自動でしてくれるということで親御さんの負担も少ない様子です。

一方このような声もありました。


問題のレベルがお子さんに難しいとスムーズに進まないことがあるようです。

なおタブレットコースでも小1生から英語やプログラミングが学習できます(易しいもの)。

小1の英語ではアルファベット、表現、単語をネイティブスピーカーの音声で確認でき、正しい発音が身につけられます。


タブレットコースのメリット・デメリットをまとめると…

  • メリット … タブレットの採点が便利。日々の課題がハッキリしているので取り組みやすい。
  • デメリット … タブレットでも難しい問題だと結局親がつきっきりになる。

Z会のタブレットコースで物足りない小学生は?

すでに先取り学習を進めていて、英検3級(あるいはそれ以上)もすでに取得済み。

なんていう小学生タブレットコースでは物足りなさそうなお子さんには、同じZ会でもAsteriaという選択肢もあります。(無学年制で英語・数学が学べます。)

こちらは英語4技能講座のイメージ動画です。

中高生がメインターゲットですが、社会人もOK、文が読めれば小学生でもOKです。少数派ですが実際受講している小学生もいます。

中学受験はZ会だけでも大丈夫?口コミ検証

Z会の中学受験コースは難関中学対策(対象校が限定されています)、トータル指導プランと塾併用要点学習プランがあります。

こちらの動画はトータル指導プランの説明です。

トータル指導プランではiPadとタッチペンが、塾併用プランだと対応タブレットまたはPCが必要となります。

紙のテキストと映像授業(授業ノートあり)はどちらのプランも共通、トータル指導プランでは学習スケジュールの配信、添削指導、成績をもとにしたフィードバック、到達度/志望校判定テストがついてきます。

小学3年生中学受験コースを受講しましたが、中学受験問題の入門編のような問題も多く、教材の中身は大変良かったです。また学校での勉強を先取りした内容でもあるため、学習効果は総じて高いと思います。引用:塾ナビ

と動画授業、教材の質に関して、なかなか良い評判が出ています。

レベルに関しては…

かなり難しそうですね。その分難関中対策にはピッタリな教材でしょう。

Z会だけで合格できたという喜びの声も紹介します。

Z会オンリーです。そして
第一希望合格しました!
周りはすごく塾に通っている中、お家で二人三脚で我が家も乗り越えれました!

引用:インターエデュ

今年Z会のみで志望した2校とも合格致しました。中学受験コースのハイレベルコースを受講し、塾には一度もお世話にならず、模試をときどき受けるというスタイルでした。

引用:インターエデュ

中学受験コースの評判をまとめると…

  • 教材の質は良く、難関対策だけあって難しい。
  • 家庭のサポートがあればZ会だけでも中学受験をやっていける。

通信教育だけでは限界もある?

中学受験生も担当している塾講師からも少し話をさせていただきたいと思います。

中学受験するお子さんが入試直前(秋~冬期講習など)に個別指導塾に入塾するケースは珍しくありません。通信教育を利用していたり、集団塾に通っているけれども成果が見えないというケースです。

受験直前で「Z会をずっとやっていたけれど限界を感じ、入塾することにした」というケースもありました。

確かに定評のある教材ですが、学習した内容をすべて覚えらて、実際の入試問題のような「総合問題」で力を発揮するまでには時間がかかります。

お子さんにある程度力があってもヌケ(苦手な単元)があると、直前での挽回はかなり難しいです。

自宅学習でも親御さんのチェックが相当行き届いていれば良いのですが、お忙しいご家庭が多いのは当然のこと、知識の定着具合がアンバランスなお子さんはよく見かけられます。

例えばグラフなどの資料をもとに記述で答える問題では非常にまとまった解答をしているのに対し、わりと常識的なところ(割合、植物のからだの名称、都道府県など)がいまいち覚えきれていないことがあったりします。

夏までに模試の結果があまり良い状況でなく、かつご家庭で時間をかけてサポートするのが難しい…というのであれば、思い切ってプロ(塾や家庭教師)に任せる…というのも選択肢として考えていただければと思います。

Z会と進研ゼミどっちがいい?評判をチェック

Z会だとちょっとカタいイメージで問題に取り組めなかったお子さんが、進研ゼミだと自主的に取り組めているというケースもあるようです。


進研ゼミよりZ会の方が良かったという声もありました。


Z会と進研ゼミを両方使っている方も多いようです。

両方の講座をとっても塾に通うよりは安いので、こういう使い方もコスパの良い活用法かもしれませんね。

Z会小学生向けコースの評判総評

Z会通信教育の小学生向けコースの評判から…

  • Z会は小学生も難しい?→ 難しいが、英語はそうでもない。学校の勉強では物足りない小学生にちょっと難しいぐらい。
  • スタンダードとハイレベルどっちがおすすめ?→ 学校の勉強でも時々わからないときがあるならスタンダード、教科書じゃ物足りないならハイレベル。中受を視野に入れている人は低学年でハイレベル。英才教育、先取り学習をしている層はハイレベルで1学年上もあり。
  • 中学受験はZ会だけでも大丈夫?→ 難関校を受験する資質と家庭のサポート次第。教材・動画授業の質は確か。
  • 進研ゼミと比べてどう?→ 遊びの要素が欲しい、算数のハイレベル問題は難しいという小学生は進研ゼミの方が良さげ。

と考えられそうです。

うちの子に合いそうかも…?と思われたら、Z会公式サイトより資料と無料サンプル教材をお取り寄せになってみてはいかがでしょうか。



他の教材も見てみたい…という方はコチラもどうぞ。

家庭学習カテゴリの最新記事