進研ゼミ中学講座ハイブリッドスタイル(タブレット)の口コミ・評判は?【どんなお子さんにおすすめ?】

進研ゼミ中学講座ハイブリッドスタイル(タブレット)の口コミ・評判は?【どんなお子さんにおすすめ?】

PR

進研ゼミ中学講座のハイブリッドスタイル(タブレット)が気になっているけれど、実際評判はどうなの?という中学生のご家庭に向け、長年中学生の指導をしている塾講師が口コミ・評判を検証、どんなお子さんに進研ゼミハイブリッドスタイルがおすすめかをまとめました。

  • 進研ゼミ中学講座のハイブリッドスタイル(タブレット)の口コミを知りたい
  • オリジナル(テキスト)の方が良かったという声もある?
  • タブレットは使いやすいか口コミは?
  • どんな中学生にハイブリッドスタイルがおすすめ?

といった内容を扱っています。よかったらお子さんの教材選びの参考にしてください。



進研ゼミ

ハイブリッドスタイルオリジナルスタイル

  • 学習スタイルとレベルが選べる
  • 5教科+実技教科+英検対策も
  • テスト対策は地域・学校別
  • 中3生は志望校別カリキュラム
  • 毎週オンラインライブ授業実施

進研ゼミ中学講座ハイブリッドスタイル(タブレット)の口コミ・評判は?

進研ゼミ中学講座のハイブリッドスタイル(タブレット)の口コミ・評判をリサーチしてみたところ、

  • 良い評判 → タブレットだと子ども1人で進められる、親が直接見なくても進捗状況がチェックできる、テキストより理解しやすい
  • 悪い評判 → 苦手が克服できない、親がサポートしづらい

といった声がありました。

またテキストからハイブリッドにして良かったという声、ハイブリッドからテキストにして良かったという声もありました。

お子さんと教材との相性、学力状況、日ごろの学習への取り組み方も関係ありそうです。

気になったものを一つ一つご紹介していきます。

口コミ1「コツコツタイプ、タブレット学習が合っているよう」

中1長男の進研ゼミその後
タブレットタイプ。基本真面目なのでコツコツやる派。一応自分で計画的に続けており、全て終わったら紙の復習ドリルをやってる
長男の定期テストの目標点数が結構高くてビックリ…90点取るつもりか…w
と言うわけで、うちの長男には合ってるみたいなので1年継続してみます

引用:Twitter

こちらはコツコツ勉強を進められるタイプのお子さんで、(ハイブリッドも学習プランを提案してくれますが)お子さん自身で計画的に学習を進められているとのこと。

タブレットも紙のテキストもしっかり進め高い目標設定、将来仕事の取り組み方でも期待できそうですね。進研ゼミのタブレットがお子さんにもあっていたようです。

口コミ2「コツコツ進めてるけど、苦手教科が克服できない」

今は中1ですが、進研ゼミを小学生から始めて今も続けてます。中学入学時にやめようと思ってましたが、一斉休校があったのでそのまま。タブレットで本読んだりポイント貯めたり、コツコツやってるみたいです。が、苦手科目がなかなか克服できないので、苦手科目だけ塾に通わせようか検討中です。
と言うわけで、うちの長男には合ってるみたいなので1年継続してみます

引用:Twitter

お子さんが進研ゼミのタブレット学習にしっかり取り組めているものの、タブレットだけでは苦手教科がなかなか克服できないという声がありました。

タブレットの便利な機能や質問できるサービスもついていますが、通信教育では限界もあるようです。

(進研ゼミではありませんが)タブレット学習で限界を感じ、筆者のいる塾に入ってきた受験生のお子さんもいました。でも通信で5教科(+実技も)対策できれば、苦手なところだけ塾に頼ることもできるので塾丸投げよりは費用も抑えられますね。

口コミ3「理社だけ進研ゼミのタブレット、後は塾や親のサポート」

数学だけマンツーマンの個別塾に通ってます。遅れてしまった中1数学と先取りで中2数学を週2回。他は自宅でやりたい時に。漢字は漢検3級の勉強中。英語が苦手で私がついてなんとか一緒に。理社は進研ゼミタブレットで進めてます。

引用:Twitter

こちらのご家庭では教科ごとに塾と家庭学習(プラス親御さんのサポート)と進研ゼミを使い分けているということです。

確かに理科・社会は映像やイラストでの解説、動画授業の方がわかりやすいことがあります。一応9教科フルセットですが、全てをやり切らず必要なところをうまく使っていくのも、進研ゼミでの学習を成功させるコツかもしれません。

口コミ4「特に図形・理科・社会がわかりやすい」

今の子はタブレット学習とかできていいなぁ勉強もゲーム感覚で楽しくなっていいよね。
進研ゼミを小4〜中2くらいまでしてたけど、算数の図形と社会と理科がかなりわかりやすかった記憶あり🤔

引用:Twitter

こちらは進研ゼミを中2まで利用していたというご家庭の声。タブレット学習は図形・社会・理科でわかりやすかったとのことです。

確かに従来の「テキストを読んで書く」スタイルだけでは、お子さんの学習意欲が高くても理解できないという壁がありました。また「やらなくちゃ」という意識はあってもなんとなく気が乗らないこともあるのはよくあること。

タブレットなら楽しく学べる仕組みもあり、より学習に取り組みやすいのは大きなメリットです。

口コミ5「タブレットにして学習量アップ」

テキストオンリーの時よりも、明らかに学習時間が増えましたね。

娘:「タブレットだと、タップするとリアクションがすぐに返ってくるので、楽しい。気軽にできるし。」

スマホ世代の娘には、タブレットの方がむしろ普通なのかもしれませんね (^^;

引用:hideharu blog

こちらのご家庭のお子さんは小学校から続けていた進研ゼミのテキストを進めていたそうですが、中学に入って環境の変化もあってかはかどらず。ハイブリッドスタイルに変更したそうです。

結果大成功だったようで、タブレットにしてからお子さんの学習量もアップしました。疲れていてもタブレットなら取り組みやすいというのもあるでしょう。

口コミ6「新しいタブレットは反応が良い」

NEOの書きへの反応はいいようです。今長男は右手首にギプスをしてるので書くのがすごく大変なんですが、読みとってもらえてるみたいで助かってます。

引用:Twitter

スマイルゼミと比較すると、タブレットの反応が悪いという声が以前は多かったですが、’21年度の中1生から新しいチャレンジパッド(チャレンジパッドNeo)になり、反応も良いみたいです。なお’22年度からはチャレンジパッドNextが登場。

口コミ7「中2からハイブリッド、記述対策もできる」

日々のレッスンはタブレットでやってるので問題集はありません。でも、やってみるとハイブリッドの問題量が少ないとは思いませんよ。日々のレッスンも数学や英語、理科などはタブレットでもノートをとりながらやっていますし、タブレットに入ってる問題量はオリジナル版よりも多いです。学校からくる問題集もあるのでハイブリッド版でも記述の勉強もしっかりできますよ。(知恵袋より)

オリジナルから中2でハイブリッドスタイルに変更したご家庭の声です。タブレットでも問題のボリュームはあり、タブレットを見ながらノートを使ったり学校の問題集も解くことで、記述対策もしっかり行えているということです。

タブレット学習だけだと「書く力」をつけにくいですが、勉強の仕方を工夫することでより学習効果を高められそうです。

口コミ8「親もサポートするならタブレットよりテキストが良い」

娘中2時に、勉強を教えるのは下手な私だったけど勉強のやり方は教える事ができたのか、進研ゼミのテキストの有難みを感じられるようになった娘。まだ勉強を娘に任せきりに出来るほどでは無く、タブレットだと親のサポートが行き届きにくいので紙ベースに戻した。娘に任せつつサポートもしやすく良い。

引用:Twitter

こちらは進研ゼミのハイブリッド(タブレット)がお子さんに合わず一度は退会。しかし進研ゼミの教材の内容は良かったようで、親御さんだけのサポートでは限界も感じたこともあり、再入会したそうです。

お子さんをタブレット任せにするとちゃんと取り組めるか心配・・・というご家庭は、テキストの方が良さそうです。

タブレットが合うかどうかはお子さんそれぞれ。進研ゼミではタブレットでもテキストでもつけられる学力は同じ、教材の質には定評があります(しかも年々進化中)。スタイル変更も可能ですので、まずはどちらか合いそうなスタイルから取り組んでみては。(タブレット代は6か月以上継続すれば無料です。キャンペーン中は返却無料になるときもあります。)

\公式サイトを見てみる/

進研ゼミ中学講座ハイブリッドスタイルの特徴は?

進研ゼミ中学講座はタブレット中心のハイブリッドスタイル、テキスト中心のオリジナルスタイルがありますが、どちらのスタイルをとってもつけられる学力レベルは同じです。

ただしスタンダードとハイレベル(受験生は受験総合・難関挑戦・最難関挑戦)とレベル別にコースが分かれています。

進研ゼミ中学講座の基本情報

  • 5教科+実技4教科で教科書対応
  • 添削指導つき
  • レベル別でテスト・入試対策(中1・2:スタンダード・ハイレベル、中3:受験総合・難関挑戦・最難関挑戦)
  • オンラインライブ授業あり(質問OK)
  • 「ギモン解消ひろば」で5教科の勉強、勉強方法の質問OK
  • まなびライブラリー(電子書籍使い放題)
  • ハイブリッドスタイル 6,570円/月から、オリジナルスタイル5,980円/月から
  • ハイブリッドスタイルは学習プランも配信
  • タブレットは6か月以上の継続利用で無料

ハイブリッドスタイルだと基本的に教材はタブレットに配信されますが、添削問題や模試もあり。テキストの教材もあります。テキストで届くと教材がたまる・散らかるのが不安なご家庭にもタブレットなら散らかる心配がほぼありません。

またオリジナルスタイルだと自分でスケジュールを立てることになりますが、ハイブリッドスタイルならお子さんの学習プランも提案してくれます。勉強をどうやって進めたらいいかわからない、今日何をしたらいいか教えてくれないと進めにくいというお子さんも勉強を進めやすいよう設計されています。

学習プランを作ってくれる

ハイブリッドスタイルではタブレットの方でいつ何をやるべきかを提案してくれます。学校の授業進度、定期テストの日程・目標点、

お子さんのスケジュール(忙しさ)に応じて、お子さん1人1人に合わせた学習プランを教えてくれます。勉強って何からやったらいいかわからない・・・というお子さんにも取り組みやすいです。

効率的な学習ができる

タブレット学習ならではの効率学習が可能。文字だけで理解しにくい単元も動画での解説があったり、間違えた問題はすぐに解き直しすることで復習もできます。テスト前にもう一度解き直しできて、ミスも防げます。

疲れていてもタブレットなら短時間から取り組みやすい

進研ゼミのハイブリッドスタイルは1回約15分のレッスンなので、勉強のためのまとまった時間がとれないという中学生でも取り組みやすいです。

部活や習い事が忙しくて塾に通うのは負担、部活から帰ってくるとクタクタで机に向かかうのがちょっと辛い・・・というお子さんでも、進研ゼミのハイブリッドスタイルなら短時間から取り組めるのでコツコツ勉強も進めやすいです。

紙の教材・書くドリルも届く

タブレット学習というと「タブレットだけで完結」する分、学校のテストのような実戦の場で力を発揮できるか不安が残ります。しかし進研ゼミ中学講座では「ハイブリッド」というだけあり、タブレット(デジタル)学習とともに、紙の教材や書くドリルもお届け。

文字や図だけの情報より、理解しやすいタブレット学習+書いてアウトプットするテキスト学習でより効果的な学習が期待できるということですね。

進研ゼミ中学講座ハイブリッドスタイルの不安な点

ハイブリッドスタイルの良いところばかりあげてましたが、不安が残る点もあります。

学習効果は紙学習>タブレット学習?

タブレット学習よりも紙での「書く」学習の方が、学習効果が高いという話も聞いたことがあるかもしれません。

  • トッパン・フォームズ株式会社が行った実験ではダイレクトメールを使った脳科学の実験が行われ、ディスプレイより紙での情報の方が前頭葉皮質が強く反応した。(参考元:https://www.toppan-f.co.jp/news/2013/0723.html
  • アメリカの研究では紙とペンでメモを取った学生の方がパソコンでメモを取った学生より講義内容をよく理解できた。ノルウェーの研究では紙の書籍を読んだ小学生の方がタブレットで読んだ小学生よりも内容をよく理解できていた。(参考元:https://www.dailyshincho.jp/article/2020/12220615/

といった報告もあるそうです。

ただしタブレットの方が理解しやすい分野や単元もあります。例えば数学の空間図形は紙の図より映像で見た方が理解しやすいでしょうし、理科なら天体なんて分野はテキストを見るより動画で見た方がわかりやすいでしょう。英語はリスニングやスピーキング練習も手軽にできる方が学習効果が高いです。

また進研ゼミ中学講座はタブレットだけで完結するわけではなく、紙のテキストもあります。口コミにもあったように、タブレットで学習した内容をノートに書いたりすることで、より効果的な学習を進めることができます。

タブレットだといい加減に取り組んでしまうお子さんも

ハイブリッドスタイルで効果的な学習が進めることができるとは書きましたが、いい加減に取り組むことも可能です

タブレットで出題される問題を軽くゲームを攻略するがごとくただこなすだけ、紙のテキストに取り組まない、学校の課題もギリギリに適当にこなすだけ・・・では成績が上がらない可能性は非常に高いです。

親御さんには「進研ゼミでお子さんが勉強を進めた」とメールが届くので安心感はありますが、なぜか成績が上がらないという現象が起こります。

中にはいい加減に取り組んでいるつもりは全くなく、とにかくタブレットに言われた通り勉強してみて達成感を感じてるお子さんもいるかもしれません。

このようなことは塾でもよくあることですが、インプットとアウトプットは別々に強化しないと力がつけにくいです。理解はできていてもテストなどで問題を解く段階で間違えてしまうお子さんも結構いるので・・・両方の強化が必要です。

進研ゼミ中学講座 ハイブリッドスタイルが合うお子さん・合わないお子さんは?

進研ゼミ中学講座のタブレット(ハイブリッドスタイル)が合うのは次のようなお子さんでしょう。

  • タブレットで勉強したい!というお子さん(当然ですが…)
  • 学習スケジュールを作ってほしい
  • スキマ時間に勉強したい
  • 学習習慣をつけたい
  • 整理整頓が苦手

なお、

  • 自分で学習スケジュールを作成できる(自己管理能力が高い)
  • 整理整頓できる
  • 成績もまあまあ良い

というお子さんはオリジナルスタイルでもOKです。タブレットでもテキストでもお好みで選べば良いと思います。

進研ゼミ中学講座のタブレットが合わないのは次のようなお子さん(ご家庭)と考えられます。

×タブレットだと遊んでしまう
×すぐ物を壊してしまう…

×テキストに書きこんだ方がやりがいがある
×通信環境が悪いご家庭
×家庭で学習をサポートしたい

進研ゼミはオリジナルスタイルでも楽しく勉強できる仕組みやデジタル教材も充実。年度の途中でもスタイル変更OKですので、お子さんが「やっぱりタブレットがいい」と言い出したり、タブレット学習でも大丈夫そうかな?と思われたらハイブリッドスタイルに変更すれば良いかと思います。

\資料請求・お申込はコチラ/

まとめ

進研ゼミ中学講座のタブレット(ハイブリッドスタイル)の評判や合うお子さんについて見てきましたが、参考になりましたでしょうか。

今回の記事がお子さんの教材選びと成績アップに少しでも貢献できれば幸いです。



進研ゼミ

ハイブリッドスタイルオリジナルスタイル

  • 学習スタイルとレベルが選べる
  • 5教科+実技教科+英検対策も
  • 中3生は志望校別カリキュラム
  • 毎週オンラインライブ授業を実施

その他の教材も気になる方に

進研ゼミ中学講座の評判を見ても、「うーん、もしかしてうちの子には合わないかも」「イマイチ決心がつかない」という方は次のいずれかの記事がお役に立てるかもしれません。