Z会と進研ゼミの中学講座を徹底比較【どっちがお子さんにおすすめ?】

Z会と進研ゼミの中学講座を徹底比較【どっちがお子さんにおすすめ?】

Z会と進研ゼミの中学生向け講座(高校受験向け)の内容にはどのような違いがあるのか、学習スタイルやコース内容、難易度、料金、合格実績など比較してみました。

  • 高校受験予定の公立中生のお子さんがいる
  • Z会の通信教育と進研ゼミの中学講座どちらが良いか迷っている
  • Z会と進研ゼミのコース・レベル・料金などの違いを知りたい
  • 志望校のレベルに合わせた通信教育を選びたい

という中学生保護者の方に参考にしていただければと思います。

中高一貫校生向けのコースに関しては次の記事を。
Z会と進研ゼミ中高一貫コース(中学生)比較【評判・レベル・料金】

スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会の比較を見たい方はコチラの記事を。
スマイルゼミ・進研ゼミ・Z会の中学生講座を比較【タブレット・講座内容・受講費】

\資料請求はコチラ/

Z会
  • タブレットコース3月開講!
  • 難関~最難関高対策におすすめ
  • 添削問題で記述対策
  • 資料請求でおためし教材プレゼント
  • 1講座あたり月あたり2,023円~*

\資料&おためし教材はコチラから!/

進研ゼミ

ハイブリッドオリジナル

  • タブレット・テキスト選べる学習スタイル
  • 中堅~難関高対策におすすめ
  • オンラインライブ授業あり
  • ハイブリッド5教科月あたり6,570円~*
  • 資料請求でおためし教材プレゼント

*中1生12か月一括払いでの1か月あたりの料金

Z会と進研ゼミ中学講座(高校受験)を徹底比較!

Z会の通信教育中学生向けコース(高校受験)と、進研ゼミの中学講座(高校受験)の内容にはどのような違いがあるのか、学習スタイルやコース、科目、教材、難易度、料金を比較してみました。(Z会は’21年3月開講のタブレットコース・テキストコースを紹介しています)

Z会と進研ゼミ中学講座の比較表

通信教育



学習
スタイル
タブレット
テキスト(進学クラス/特進クラス)
ハイブリッド(タブレット中心)
オリジナル(テキスト中心)
※各スタイルでスタンダードコースとハイレベルコースあり
科目 1教科から 5教科
+実技4教科
年間受講費
5教科*
中1生 97,380円
中2生 107,580円
中3生 133,992円
中1生 78,840円
中2生 73,320円
中3生 82,680円
タブレット代
初回
19,800円 6か月以上受講で無料
映像授業 あり
オンラインライブ授業
添削指導
教科書対応
国語以外対応
定期テスト対策
オプション Asteria:英語(英検準1~5級レベル対応)
専科:作文(中1~3)、入試特訓(中3)
オンライン個別指導
オンラインスピーキング(マンツーマン英会話)
合格への過去問セレクト5
合格力UP!ワーク&添削
※まなびライブラリー(電子書籍1,000冊分)が無料
質問
「教えてZ会!」

「ギモン解消ひろば」
合格実績 トップ校・難関校に
多数実績
上位~難関校に
多数実績

*タブレットコース/ハイブリッドコースの料金

Z会と進研ゼミのタブレットを比較すると?

Z会のタブレットコースはオープンカリキュラムで中学3年間全単元学習がOK、所定のiPadも利用可能です。教科書にも対応していますが、国語はオリジナルのカリキュラムになります。

進研ゼミのタブレットは動画やアニメーションで勉強がより理解しやすく、勉強が続けやすいメリットがあります。教科書にも対応。なお’21年度中1生から、チャレンジパッドNEOにリニューアル、従来のタブレットより早くて書き込みもスムーズに、性能がUPしました。

Z会と進研ゼミのテキストを比較すると?

Z会のテキストは問題の質が高く難しいと評判ですが、つまずきやすいところは映像授業による解説もついています。英検®対策アシスト、英語CAN-DOテスト、基礎完成ドリルなどのデジタル教材も。Z会のテキストはシンプルなつくりで勉強に集中しやすいです。

進研ゼミのテキストはイラストや図を使ってわかりやすく解説されています。文字情報だけだと飽きやすい中学生にも進めやすいようにつくられています。なお同じ進研ゼミのタブレット教材とテキストのレベルは変わらないとのこと。

Z会と進研ゼミの受講費を比較すると?

Z会タブレットコースと進研ゼミの1か月あたりの受講費を比較しました。(2021年3月調べ、中高一貫生は除く)Z会は2021年よりタブレットコース新設、進研ゼミは’21年度中1生からハイブリッドコースの料金が改定されています。

5教科月あたりの受講費(表示の金額は12か月一括払いの場合)

学年 Z会( )内は英→Asteria 進研ゼミ
中1 タブレット: 8,115円(8,514円)から
テキスト: 10,740円から
ハイブリッド:6,570円から
オリジナル:5,980円から
中2 タブレット:8,965円(9,194円)から
テキスト: 10,740円から
6,110円から
中3 タブレット:11,430円(11,161円)から
テキスト:進学15,160円/特進17,370円から
6,890円から

進研ゼミ中2・中3生の受講費はハイブリッド・オリジナルスタイルで共通。

Z会の方が受講費が高めですが、Z会は1講座(1教科)から受講可能です。難関校対策で特に伸ばしたい教科だけセレクトして受講したい…というなら、Z会の方がコスパが良さそうです。

Z会本科1講座あたりの受講費(12か月一括払い、月あたり)

  • 中1生…タブレット:2,023円から/テキスト:2,448円から
  • 中2生…タブレット:2,193円から/テキスト:2,448円から
  • 中3生…タブレット:2,686円から/テキスト:<進学>3,332円<特進>3,774円から

合格実績を比較すると?

Z会と進研ゼミ公式サイトの合格実績に掲載されている、東京の2020年春の高校合格実績(一部)を比較しました。

Z会 進研ゼミ
国立大学附属が100名以上
→お茶の水女子大 26名・筑波大25名・筑波大駒場 8名・東京学芸大73名都立トップ・難関校に強い(合格者50名以上の高校)
→日比谷 121名・西 142名・国立 82名(トップ3が合計300名以上)・青山 53名・立川 52名・戸山 106名私立難関校も強い
→開成 22名・豊島岡女子 50名・早稲田実業 23名・早稲田 41名・慶應女子 14名・城北 115名・桐朋 55名他
国立大学附属実績
→お茶の水女子大 8名・筑波大 6名都立上位~難関校に強い(合格者50名以上の高校)
→立川50名・国分寺56名・小松川66名・小山台67名・町田59名・武蔵野北51名私立難関校も多数実績
→錦城150名・ICU14名・中央杉並21名・中央(小金井)22名・豊島岡女子12名・明治学院19名・早稲田実業11名

※全ての合格実績が掲載されているわけではありません。Z会は教室本科生、映像授業他を含めた実績。

合格実績を比較すると、Z会(特進クラス)と進研ゼミ(難関~最難関挑戦)のメインターゲット層が大体見えてきます。

Z会は偏差値70超の最難関校に多数合格者を、進研ゼミは上位~難関校で多数合格者を出しています。

Z会と進研ゼミ中学講座の口コミ・評判【併用も?】

Z会と進研ゼミ中学講座の口コミ・評判を紹介します。

Z会の口コミ・評判

教材的には大いに評価できる部分が多かったと思いますが、本人のレベルに合っていなかったように思います。
毎回手書きの赤ペンでメッセージが書かれていたので、先生と対話している感じになってやる気が沸いたようです。

Z会はお子さんのレベルに合っていれば、やりがいのある教材のようですね。通信教育だと塾のように強制力がありませんが、添削指導がいいモチベーションになるようです。

進研ゼミの口コミ・評判

テキストに余計な情報やマンガが多い
きがします。そちらに集中してしまう時間がもったいないので、簡素化して、必要な情報のみを送ってもらいたいです。
この教材の中にある〔難関〕の問題がとてもやりがいがある。過去問では出てこなかった問題形式に触れることができ、特に数学などでは問題に対する視野が広がったように感じる。
解き方が分からない問題(ゼミテキスト内)があったら進研ゼミサイトで質問できるコーナーがあったりとサポート面はほとんど文句なしです。

入試対策に役立ったという声や、進研ゼミのサポート面への高評価もありました。なお副教材が多いという声もありますが、過去に進研ゼミ受講生でもあった塾の生徒(オール5をとっていた)が「進研ゼミからテスト前にいろいろ届くから助かる」「必要なものを使ってる」とのことでした。

Z会と進研ゼミ併用の口コミ・評判

公立トップ校目指してるからZ会かな…と思ったけどなんだか問題がすごく難しいという噂…どうしよう?と悩ましい方もいるのでは?

中にはZ会と進研ゼミを併用で利用しているという声もありました。

都立トップ校に塾なしで合格しました。

進研ゼミは簡単ですが全部を完全に解けるようにしていました。
簡単なのでハードな部活との両立が可能でした。

中3秋からはそれに加えZ会をやりました。

得意教科はZ会でもやれそうだけど、Z会だけで全教科やっていくのは難しそう…という方は進研ゼミを中心に、入試に向けて特に力を伸ばしたい教科のみZ会を利用するというのも一つの手段ですね。

Z会と進研ゼミはこんな中学生におすすめ!

Z会中学生向けコースがおすすめなのは次のようなお子さんです。

  • 公立トップ校、国私立超難関高を目指している
  • 自主的に勉強できる
  • 公立中で定期テストが平均90点以上
  • 難しい問題の方がやりがいがある
  • 教科(講座)を選んで受講したい

難関・超難関高を目指す、モチベーションが高い中学生はZ会がおすすめです。

進研ゼミ中学講座がおすすめなのは次のようなお子さんです。

  • 学校の日々の予習復習をしたい
  • 実技教科も含めてテスト対策もカバーしてほしい
  • 成績が中の上以上
  • 成績を上げたい、希望の高校に入りたいという意欲がある
  • 上位~難関校を目指している

テスト対策の教材がいろいろ欲しい、わかりやすい教材で学校の予習・復習と入試対策を家でコツコツ進めたい…というお子さんに進研ゼミがおすすめです。

\資料&おためし教材はコチラから!/

\資料&おためし教材はコチラから!/

まとめ

Z会と進研ゼミ、どちらにするか決められたでしょうか。いずれも資料を請求するとおためし教材がもらえますので、どちらか決めかねるご家庭は両方お取り寄せになってみてお子さんに合いそうな方を選ばれてはいかがでしょうか。