中学生は塾と通信教育のどっちを選ぶべき?それぞれのメリットとデメリット【おすすめは塾と通信教育の併用】

中学生は塾と通信教育のどっちを選ぶべき?それぞれのメリットとデメリット【おすすめは塾と通信教育の併用】

中学生のお子さんを塾に入れるべきか、それとも通信教育を利用するべきかお迷いでしょうか?お子さんとの相性も関係ありますが、それぞれメリット・デメリットも考慮すべきでしょう。

長年個別指導塾で多くの中学生を指導してきた筆者がこれまでの経験をふまえ、塾と通信教育のどちらを選ぶべきか、そのヒントをお伝えしたいと思います。

中学生は塾と通信教育のどっちを選ぶべき?

中学生が塾と通信教育のどちらを選ぶべきかは、お子さんとの相性にもよります。例えば周囲に切磋琢磨できる相手がいる方が勉強できるというお子さんは集団塾(進学塾)向きですし、直接先生に質問したいなら個別指導塾。知らない人に教わるのはイヤ、1人の方が集中して勉強できるというお子さんなら通信教育向きでしょう。

しかし保護者の方や筆者の世代と比べると、塾も通信教育も多様化してきました。授業後に個別指導を行ってくれる集団塾もあれば、集団指導もしている個別指導塾、有名講師の映像授業や個別にAIが問題を出題する通信教育など。選択肢が増えて余計決めづらくなったかもしれません。

塾と通信教育のメリット・デメリット、それぞれの特徴は?

塾と通信教育の一般的に言われるメリット・デメリットとして次のようなことがあげられます。

通信教育
メリット
  • 親の手がかからない
  • 仲間と切磋琢磨できる
  • 直接先生に質問できる
  • 先生の目があるので緊張感がある
  • 費用が抑えられる
  • 周囲の目が気にならない
  • 通塾に時間がかからない
  • 自分のペースで学習できる
デメリット
  • 費用がかかる
  • 周囲の目が気になる
  • 宿題が多い
  • 通塾に時間がかかる
  • 親の手がかかる
  • 仲間と切磋琢磨できない
  • サボる恐れがある
  • 直接質問できない

塾と通信教育それぞれのメリットが、互いのデメリットを補っているような形になっています。

ただこれらはあくまでも一般的な塾と通信教育のイメージから、多様化した塾と通信教育では上記のイメージにきっちり当てはまるとは限りません。

そこで塾を集団と個別、通信教育をテキスト(今は少数派)とタブレットに分けて、それぞれの特徴をまとめました。

集団塾(進学塾) 切磋琢磨できる・緊張感がある・早くから入試対策ができる・学校の進度と合わない・途中から入会するとついていくのが大変・費用がかかる・講師の質が高い(合わない先生もいる)・合格実績が高い・進路相談ができる
個別指導塾 一人一人の学習状況に合わせられる・質問しやすい・テスト対策できる・テスト前だけ回数を増やせる・講師の質がやや心配・先生との相性が大きい・うるさい教室もある・集団より強制力に欠ける・多く通うと費用がとてもかかる・進路相談ができる
通信教育(テキスト) レベルに合わせて受講できる・自分のペースで進められる・費用が抑えられる・挫折しやすい・直接質問できない(質問サービスもある)・直接進路相談できない・親の学習管理が必要
通信教育(タブレット) AIが適切な問題を出題・一人一人の学習状況に合わせられる・費用が抑えられる(専用タブレット代も保証に入ればそれほどでもない)・親が進捗状況を把握しやすい・直接質問できない(質問サービスもある)・直接進路相談できない

※各塾や通信教育により提供している内容が違うことがあります。

塾に入れておけば大丈夫・・・という考えは危険?

集団にせよ個別にせよ、進路相談や外部模試の案内など塾の恩恵は大きいと思います。最近は自習室を完備している塾も多いので、家では集中できないお子さんも勉強しやすい環境が整っています。「塾にお任せして良かった」と感謝されることも多々あります。

しかし、もしお子さんが学校での成績があまり良くなくて個別指導塾に入れようか・・・とお考えでしたら、ちょっとお待ちください。

塾に入ったからといって誰でも成績が上がるわけではありません。

事実、高い月謝を払っているにもかかわらず、成績が上がるどころか下がってしまったというケースもあります。

そもそも普段から勉強していないお子さんが「塾に通っただけ」では成績が上がりませんし、家庭学習の課題を細かく出しても全くやってこなければ何も変わりません。やらせるところまでが塾の役目ですが、イヤイヤやっているお子さんは結局あまり効果が上がらないです・・・。

ですので、塾にさえ入れれば絶対安心ではなく、お子さんがちゃんと家庭学習を進めているのか、学力もついているのか、確認することも必要です。塾で成果が上がらないようなら、毎日取り組めるようなシステムの通信教育やオンライン塾を利用してみることを検討して良いかと思います。

通信教育やオンライン塾の中にはオンライン自習室を実施したり、励ましの声をLINEで送ってくれたりするところもあります。

塾と通信教育それぞれどんな中学生におすすめ?

学校の成績が良くて学習意欲も高い、学習習慣があり周囲の目も気にならないという中学生なら、どの塾でも通信教育でもうまくいくでしょう。そういう中学生は多少教室の中が騒がしいような塾だろうが、イラストやマンガが多い通信教育だろうが、何事もなく淡々と勉強を進めていました。

しかし普通中学生といえば多感な時期で、周囲の目がとても気になる年頃。将来のこともふんわりとしか考えられず、部活で体力を消耗したり、気力・体力ともに充実しているとは限りません。その点もふまえた上で、塾と通信教育それぞれどんな中学生におすすめかをまとめてみました。

集団塾(進学塾)がおすすめな中学生

  • 学校の成績は良い方
  • 集団の中の方が緊張感があって意欲が高まる
  • 志望校のレベルが高い
  • 学校では習わないレベルの問題を解きたい
  • 入試対策を早く進めたい

集団塾は学校の勉強はある程度できるので、入試に向けて対策したいお子さんにおすすめです。宿題の量がかなり多い塾もありますが、むしろその方がありがたいと思えるような中学生向け。

なお入試対策にと始めた通信教育をやらないままためてしまっている中学生も、集団塾に入れた方がより効果的でしょう。ただ集団塾だと進度が速くて追いつくのが大変ということもあるかも。スタート時期が微妙なら個別を検討しても良いでしょう。

個別指導塾がおすすめな中学生

  • 苦手教科を克服したい
  • 進学塾のフォローをしたい
  • 宿題を必ずやる(約束を守れる)
  • 直接先生に質問したい
  • 相性の良い先生に直接教わりたい
  • ほめて伸ばしてほしい

個別指導塾の先生(特に学生講師)は割と優しい先生が多いようです。塾の方針でもほめる指導を掲げているところが最近は多いですね。

しかしその分ダラダラしやすい中学生は塾でもいまいち集中できてなかったり、勉強に身が入っていない様子が見られることもあります。

特にそういうお子さんの場合は、「教室長(塾長)は厳しくて担当の先生は優しい」と良いバランスで、お子さんにとって良いかと思います。ちゃんと塾で勉強できているのか心配な保護者の方は、面談や体験授業でその点をチェックするのがおすすめです。

通信教育(テキスト)がおすすめな中学生

  • 学校の成績は良い方
  • 1人でもコツコツ勉強を進められる
  • 文章の理解度が高い
  • 志望校のレベルが高い

テキストで進める通信教育は、割と大人っぽい、しっかり者な中学生向け。文章の理解力が高い中学生なら習っていない分野のことも解説があれば割とすらすらと解けます。最近は映像授業や学習に役立つアプリも利用できたり、1人でも学習をスムーズに進めやすいよう工夫されています。

通信教育(タブレット)がおすすめな中学生

  • (意欲はあるけれど)何を勉強したら良いかわからない
  • レベルに合わせた学習を進めたい
  • テキストだと飽きてしまう
  • 手書きでの勉強もする

テキストでの独学は成績の良いお子さんでも厳しいことはあります。そんな中学生におすすめなのがタブレット学習型の通信教育。何から勉強したら良いかわからないというお子さんでも勉強しやすいよう、日々の学習をタブレットが教えてくれたりします(通信教育にもよりますが・・・)。

ただタブレット学習の難点は手で書く問題を解く機会が少ないこと。学校の問題集を2周、3周したり、利用しているタブレット教材では出題されないようなタイプの問題もいろいろ解くこともおすすめします。

中学生へのおすすめは通信教育と個別指導塾の併用!

費用面では通信教育は魅力があるけれど、苦手教科は直接教えてほしい、1人で勉強するのはなんだか孤独、親だけで高校のリサーチをするのは大変、塾の先生に進路相談もいろいろ乗ってほしい・・・というご家庭には、(筆者の経験上)通信教育と個別指導塾の併用がおすすめです。

  • 通信教育で5教科(+実技教科)を進める
  • 個別指導塾で苦手教科の補強

実際に筆者のいた個別指導塾で通信教育(進研ゼミ)を日頃活用、1人で進めにくい教科は塾で補強という使い方をしていた中学生がいました。ちなみに成績は学校でトップクラス。

週1、2回の通塾でも先生にわからないところを聞けて進路相談もできるし、自習室や日曜・祝日実施のテスト対策勉強会も活用。塾にある問題集や過去問を借りて勉強できるし、いいことづくしです。(塾にもよって提供できるサービスが異なりますので、事前にご確認ください。)

進研ゼミ(テキストまたはタブレット)は使ったことあったけど続かなかったなあという中学生には、スマイルゼミやすららなどのタブレット学習型の通信教育がおすすめです。タブレットタイプは毎日の学習習慣が身につけやすいのがメリットです。

お子さんの日頃の学習習慣や志望校レベルに合わせた通信教育選びが成績アップと合格への近道だと思います。

通信教育やタブレット学習のおすすめを次の記事で紹介しているので興味があればご覧ください。

⇒高校受験する中学生におすすめの通信教育5選はコチラ

⇒中学生におすすめなタブレット学習6選はコチラ

まとめ

中学生は塾と通信教育どちらがおすすめかをご紹介してきました。

通信教育は1人でコツコツ学習できるお子さん向けですが、そうでないお子さんなら塾に入れれば安心かというとそういうわけではありません。

特に多感な中学生、ハードな中学校生活に体力が追いつかない中1生は、一見合いそうな塾や通信教育が見つかっても勉強がはかどらないこともあります。どうも効果がないな・・・と思ったら見切りとつけてしまった方が得策です。

塾や通信教育の多様化により以前よりもお子さんにピッタリなサービスは見つけやすくなってきたと思いますので、評判だけでなくお子さんとの相性重視で、そして何のためにその塾や通信教育を利用するのか目的も話し合ったり確認した上で決めていただくのが良いかと思います。

PR

\資料&おためし教材はコチラから!/

進研ゼミ

ハイブリッドオリジナル

  • タブレット・テキスト選べる学習スタイル
  • 中堅~難関高対策におすすめ
  • オンラインライブ授業あり
  • ハイブリッド5教科月あたり6,570円~*
  • 資料請求でおためし教材プレゼント

*中1生12か月一括払いでの1か月あたりの料金