不登校の中学生におすすめな通信教育6選を紹介!

不登校の中学生におすすめな通信教育6選を紹介!

不登校の中学生、家の方もお子さん本人も勉強の遅れが心配・・・ではないでしょうか。自宅で勉強しようと思って教科書を開いても、自力で進めるのはなかなか難しいでしょう。

  • 中学校の勉強は難しく、少し休んでもついていくのが大変。
  • 前の学年で習うはずだった内容を授業で受けていない。復習もしたい。
  • 何とか勉強についていけてるものの休みがち。家庭で進められる通信教育を利用したい。
  • できれば出席扱いになる通信教育を利用したい。

というご家庭に向け、この記事では不登校の中学生が自宅学習で利用しやすい通信教育をご紹介しています。よかったら通信教育選びの参考にしてください。

PR

すらら

  • 無学年式で先取りもさかのぼりもOK
  • 対話式アニメーション教材
  • 5教科月額 10,428円*から
  • すららコーチのアドバイスつき
  • PC・タブレットどちらでもOK!

*4か月継続コースでの料金、通常時は別途入会金

※こちらに記載の内容は、2022年執筆時点での情報となります。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。※この記事はPRを含みます。

不登校の中学生、通信教育を選ぶポイントは?

テキストやタブレットでの中学生向け通信教育。不登校の中学生に選ぶなら、どのようなポイントに注目したら良いのでしょうか。

さかもどりができる?

学校を休んでいるうちに授業がどんどん先へ進み、わからないままになっていると、特に英語、数学のような積み上げ式学習の教科は厳しいです。

復習の必要を大きく感じている状況なら、さかもどり学習がしやすい通信教育がおすすめです。小学校の内容が復習できるものもあります。

テキストそれともタブレット?

書く学びにもこだわりたいならテキスト、紙の学習では飽きてしまいそうなタブレットを。タブレットだとさかもどりや先取り学習ができるものが多いです。

タブレットだと遊んでしまいそうなお子さんは要注意ですが、学習そのものにゲーム性を取り入れたり、ネットや動画で遊んでしまわないよう工夫をしている通信教育もあります。

出席扱いになる?

不登校の生徒がICT等を活用した学習活動(パソコンやインターネット、リモート、郵送、FAXなどで提供されるもの)を自宅で行う場合、必要な要件を満たせば出席扱いになるという方針が定められています(※)。

※保護者・学校間で十分な連携・協力関係があること、対面指導が適切に行われること、校長が対面指導や学習活動の状況など状況を十分に把握すること・・・など7つの要件を満たす必要があります。
(参考元:文部科学省「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」令和元年10月25日 内別記2 )

出席扱いになった事例の多い通信教育も後の章でご紹介しています。

レベルが合っている?

通信教育により(コースが設けられているものもありますが)レベルは異なります。求めているレベルに合った教材選びをしないと「難しい」「物足りない」と意欲がそがれてしまうことがあるので注意。

不登校の中学生におすすめな通信教育6選を紹介!

不登校の中学生におすすめな通信教育を6つ厳選しました。(教材名をクリックすると詳細に飛びます。)

すらら 無学年式のアニメーション教材。すららコーチのサポートつき。不登校の中学生がすららで出席扱いになった事例も多数。基本~標準レベル。月額5教科10,428円から。
進研ゼミ 9教科対応。タブレットまたはテキスト。標準~難関校対策まで。オンライン授業、添削指導あり。月あたり 5,980円から。
スマイルゼミ 9教科対応のタブレット学習。標準クラスと発展クラスあり。タブレット完結型。月あたり7,480円から。
Z会 ハイレベル。タブレットまたはテキスト。タブレットはオープンカリキュラム、AI演習と添削指導。1教科から受講OK。本科5科セットが月あたり8,115円から。
スタディサプリ 無学年式のプロ講師による動画授業。標準~公立難関。学生コーチがつくコースもあり。ベーシックコースは月額2,178円。
サブスタ プロの学習プランナーによる学習計画とプロ講師の解説動画。小学校の復習もセットになったプランもあり。5教科で月額7,900円から。

勉強が苦手な中学生にはさかもどり学習ができるすららがおすすめ。特にすららは指導のプロ(すららコーチ)がつくのでお子さんの学習設計など勉強の進め方についてもいろいろ相談が可能。すららで出席扱いになった実績も多数あります。

進研ゼミスマイルゼミは勉強はまあまあだけど、たまに休んでしまう、9教科の対策もしたい中学生に。進研ゼミはオンラインライブ授業あり、タブレットとテキストのコースが選択可。スマイルゼミはタブレット完結。いずれも標準~ハイレベルにも対応。

ハイレベルな5教科の学習ならZ会。特にタブレット学習はオープンカリキュラムで予習・復習が自由。添削指導とAIによる個別学習ができる。1教科からの受講もOK。

学習意欲高めなお子さんにおすすめなのがスタディサプリ。月あたり約2,000円と低価格ながら5教科の動画授業が見放題。塾や家庭教師との併用にも使いやすいでしょう。

動画授業だけでは不安な方はサブスタがおすすめ。お子さんに一人一人に合わせたプロの学習プランナーによる学習計画つき。小学校の復習ができるコースも提供。不登校の中学生にも利用されています。

すらら

PR

科目 5教科
特徴
  • 対話型アニメーション教材
  • PCまたはタブレット
  • プリント教材あり(印刷)
  • すららコーチのサポートつき
  • 保護者専用管理画面あり
  • 英語・数学の検定対策も
料金 小中/中高5教科:10,978円/月(4ヶ月継続コース 10,428円/月)
小中/中高3教科:8,800円/月(4ヶ月継続コース 8,228円/月)
入会金:(5教科)7,700円/(3教科)11,000円

すららはPCやタブレットを使ってゲーム感覚で勉強を進められるオンライン教材。無学年式なので前の学年にさかのぼって学習したり、先の学年の予習をすることができます。どの単元もゼロベースからの解説なので、学校で習っていない単元でも理解しやすいよう設計されています

またすららは単なる教材だけでなく、経験豊富な「すららコーチ」がお子さん1人1人にあわせた学習設計をしてくれます。保護者の方とのコミュニケーションもメールやLINEで行っています。

学校の先生と相談して学習報告することで、すららで出席扱いになった事例も多数報告されています。(累計300人以上、認定には一定条件が必要です。)

初回お申し込みで入会金+2か月分の受講料が必要となりますが、初月は日割り計算となります。公式サイトにて無料体験、資料請求受付中です。

すららでは2022年11月入会キャンペーンとして、すららで学習するほど豪華プレゼントがもらえる「ユニットクリアチャレンジ」を実施中!2022/11/30までに入会した方が対象です。

⇒すららで出席扱いになった事例や口コミ・評判はコチラの記事で紹介

進研ゼミ 中学講座

PR



科目 9教科
特徴
  • タブレットと紙テキストのコースが選べる
  • 教科書対応
  • 学校別テスト対策
  • レベル別入試対策
  • オンラインライブ授業あり
  • 5教科の質問可能
  • 英語4技能(検定・資格)対策
料金* 中1(オリジナル) 5,980円/月~(ハイブリッド) 6,570 円/月~
中2(オリジナル) 6,110円/月~(ハイブリッド)6,680円/月~
中3(オリジナル・ハイブリッド共通)6,890円/月~
(ハイブリッド)タブレット代初回9,900円、6か月以降の継続利用で無料

*2022年度12か月一括払いでの料金

特に上位~難関校志望のお子さんにおすすめな進研ゼミ(チャレンジ)。テキスト中心のオリジナルスタイルもありますが、家庭学習の習慣があまりない中学生ならタブレット中心のハイブリッドスタイルがおすすめ。

ハイブリッドはタブレットだけでなく副教材に紙のテキストも、中1~3の予習・復習も進められます。

テスト対策は実技教科にも対応、赤ペン先生の添削指導、オンラインライブ授業の開催、英語4技能対策、レベル別の志望校対策と充実した内容。

すべてをやるのがしんどければまずは基本の教科、教材だけでも毎日進めていくと良いでしょう。

通常は2か月から受講可能、6か月の継続受講で専用タブレット代が無料に(ハイブリッドスタイル)。公式サイトにてお申し込み、資料請求(お試し教材)受付中です。

※講座内容は2022年5月時点で確認した内容です。お申し込みの際は最新の情報を公式サイトにてご確認ください。

スマイルゼミ中学生コース

PR



科目 9教科
特徴
  • 標準クラスと特進クラスあり
  • タブレット完結
  • 教科書準拠
  • 学習ナビゲーションとつまずき解析機能
  • 定期テスト対策
  • レベル別入試対策
料金* 中1:(標準)7,480円/月~(特進)14,080円/月~
中2:(標準)8,580円/月~(特進)15,180円/月~
中3:(標準)9,680円/月~(特進)16,280円/月~
タブレット代(12か月継続かつ初回)10,978円

*2022年度12か月一括払いでの料金

スマイルゼミは日々の予習・復習から定期テスト、入試対策まで、タブレット完結型の通信教育。

タブレットを開けば何から勉強したらいいか教えてくれるので、勉強の進め方がわからないという人にも使いやすい教材です。

難易度の高い問題にも対応し、有料オプションで英検®対策にも対応しています。スマイルゼミ+学校の問題集で学習時間がしっかり確保できそう。

受講は12か月が前提となっていますが、約2週間のお試し期間(全額返金保証)がついています。お申し込み、資料請求を受付中です。

Z会 中学生コース

PR



科目 5教科(1教科から受講可)
特徴
  • タブレットまたはテキスト
  • 難関高校受験向け
  • 添削指導あり
  • タブレットはオープンカリキュラムと独自AI演習
  • Asteriaは英検®準1レベルまで実力養成
  • テキストは進学クラスと特進クラスあり
料金* 本科5教科セットの受講例
中1(タブレット)8,115円/月~(テキスト)10,740円/月~
中2(タブレット)8,965円/月~(テキスト)10,740円/月~
中3(タブレット)11,430円/月~(テキスト)進学15,160円/月~、特進17,370円/月~
※専用タブレットは19,800円、所定のiPadがあればタブレットの購入不要

*2022年度12か月一括払いでの料金

Z会の通信教育は難関高校を目指している、ハイレベルな学習を進めたい中学生におすすめ。

特にタブレットコースはオープンカリキュラムとなっており、学年を超えた予習や復習も自由。国語以外は教科書に合わせた学習が可能。人による添削指導とZ会独自のAI演習で個別学習が進められます。

英語はオンラインスピーキングのレッスンつき。オプションで英検®準1レベルまで実力養成できるAsteriaも提供。(いずれもタブレットにて)

なおタブレットもテキストも1教科からの受講が可能なので、他社の通信教育と組み合わせても利用しても。得意教科の先取り学習でお子さんの学習への意欲向上や自信になりそう。

Z会公式サイトにて資料請求受付中です。

スタディサプリ

PR



科目 5教科
特徴
  • 月あたり約2,000円でプロ講師の動画授業見放題
  • 5教科18科目、4万本以上の授業動画
  • テキスト無料でダウンロードOK
  • コーチがつく個別指導コースあり(高校受験生)
料金 <ベーシックコース>
毎月払い:月額 2,178円
12か月一括払い:21,780円(月あたり1,815円)
<個別指導コース>
月額 10,780円

学習意欲高めなお子さんにおすすめなのがスタディサプリ。低価格でプロ講師による5教科の授業が見放題、学校でも導入されているオンライン学習です。

小学講座から高校講座まで先取り学習ももどり学習も自由、学校を休んでいて習っていない単元をセレクトして学習できます。

中学講座ベーシックコースでは今やるべき勉強がすぐにわかるよう「ミッション機能」つき、1万問の演習問題を準備。わからなかった問題や間違えた問題は記録されて後でやり直し、苦手を残さない仕組み。

担当コーチがつく個別指導コースも提供、こちらはミッション機能ではなく学生コーチがチャットで学習プランの作成と進捗状況を確認、スタディサプリの勉強でわからなかったところを科目サポーターに質問可能。

お手持ちのスマートフォン、タブレット、PCで利用でき、14日間の無料体験が利用できます(クレジットカード決済にて)。詳細は公式サイトでご確認を。

サブスタ

PR



科目 5教科
特徴
  • プロの学習アドバイザーが学習計画を作成
  • 5教科の教科書対応
  • LINE・メールでの個別サポート
  • プロ講師の映像授業、演習と解説動画
  • ご自宅のタブレット、スマートフォン、PC(Windows)で
    詳細な受講環境は公式サイトでご確認ください。
料金 中学生プラン:月額7,900円
小学生&中学生プラン:月額9,800円
※小学生&中学生プランは小4~中3の範囲で対応

塾講師の映像授業だけではちゃんと進められるか心配・・・というご家庭におすすめなのがオンライン学習のサブスタ。不登校の中学生が利用し、出席扱いにしてもらっているという保護者の声も寄せられています。

お子さん一人一人の学習状況や予定に合わせ、プロの学習アドバイザーがオリジナルの学習計画を毎月作成、学習達成度を見ながら計画を修正・見直し。プロの学習管理でお子さんの目標達成をリード。

映像授業で説明シート(重要ポイント)をプロ講師が解説⇒テストで出題率の高い問題を中心に演習⇒塾講師が赤ペンと音声を使って解説。見て、聞いて、書いて、動かす学習で、より学習定着度も高まります。

科目は5教科でほとんどの教科書に対応、中1~3の先取り学習も復習もOK。小学生&中学生プランなら小4~6範囲で復習できます。

最短受講期間は3か月からとなっていますが、14日間の全額返金保証(お試し期間)もついています。保証期間内の解約は電話にて。資料請求も受付中です。

⇒サブスタの詳細・評判はコチラの記事で紹介

まとめ

不登校の中学生のお子さんの勉強法と、自宅学習におすすめな通信教育をご紹介してきました。不登校と一口に言ってもお子さんによってその原因や状況はさまざま、お子さんに合った自宅学習で将来につなげられたら・・・と思います。今回の記事がお子さんの家庭学習に、少しでも参考になりましたら幸いです。

PR

すらら

  • 無学年式で先取りもさかのぼりもOK
  • 対話式アニメーション教材
  • 5教科月額 10,428円*から
  • すららコーチのアドバイスつき
  • PC・タブレットどちらでもOK!

*4か月継続コースでの料金、通常時は別途入会金