【小中学生】オンライン学習教材「デキタス」の評判・料金【体験した感想も】

【小中学生】オンライン学習教材「デキタス」の評判・料金【体験した感想も】

デキタスは城南進学研究社(城南予備校、城南コベッツ)のオンライン学習教材。専用タブレットは不要なので初期費用は不要です。



基礎から楽しく学べる小中学生の家庭学習用の教材をお探しの保護者の方に向けて、デキタスはどんな教材でどんな風に勉強を進めるのか、実際に利用した保護者の評判などについてもご紹介します。

デキタスってどんな教材?

城南予備校、城南コベッツでおなじみ、城南進学研究社のweb学習教材「デキタス」PCまたはタブレット+インターネット接続環境で利用できる学習教材です。先取りやさかのぼり学習も可能。

小学生は月額3,300円、中学生は月額4,400円と他のタブレット教材と比較してもお手頃な価格帯で、小学生、中学生の5教科(国語・算数/数学・英語・社会・理科)が学べます。

算数/数学、社会、理科、小学生の「せいかつ」に関しては教科書にも対応しています。

センスのいいかわいいアニメーションが特徴で、問題集などで勉強するのが苦手なお子さんでもとっつきやすい教材です。

小3国語のサンプル動画

ぼんやり眺めてるだけでも、漢字の読みが覚えられそうです。「お勉強嫌い…」というお子さんも「これならいいよ」と言ってくれそう?

中学歴史のサンプル動画

こんな風に会話形式だと覚えにくいキーワードも頭に入りやすそうですね。道真の人物像もちょっと見えて、覚えやすいと感じました。暗記をラップでしたり、覚え方の工夫まで学べます。大人でも楽しめそうな印象です。

学習の流れ

デキタスの基本的な学習の流れは以下のとおりです。

  • 単元を選択、授業を見る(2分~5分)
  • ○×チェックで授業理解度をチェック
  • 基本問題(10問の選択式&記述式テスト)
  • チャレンジ問題(応用問題にチャレンジ)
  • 復習(間違えた問題は自動的に「キミ問ピックアップ」、効率的に学習!)

その他にもさきどり学習、さかのぼり学習、テスト対策などの機能もあります。

正解するとデキタポイントが貯まってアバターパーツを交換できたり、楽しく勉強する仕組みができています。

デキタスの評判は?

デキタスの評判を集めてみました。


保護者の方があれこれ言わなくても、お子さんから自主的に、楽しく勉強されているそうです。

チャレンジタッチと比較した、こんな意見もありました。

「授業を見たあとすぐに問題を解くので、勉強したことが身につきやすいです。」(公式サイトより)

「動画授業を見て問題集を解こう」だとよほどやる気のあるお子さんでないと面倒くさいと思うでしょう。しかしデキタスならアニメーションの授業を見たあとそのままゲーム感覚で勉強できるので、投げ出すことも少なく、しかも身につきやすいシステムです。

「苦手教科の英語で満点をとることができました。」(公式サイトより)

なんてうれしい声も届いています。

一般的な個別指導塾の形態は(長年講師やっている経験から)どちらかといえば「勉強が(自分から)できる人向き」だと思います。よっぽどサポートがしっかりしていない限り…。

もともと勉強嫌い!苦手!ヤダ!というお子さんに塾の効果は薄いかもしれないです。楽しくタブレットやPCで学ぶ方が今どきのお子さんにも合うと思います。

悪い評判はあまり聞かれませんが、接続環境などに問題があったのか「ログインできなかった」なんていうお子さんの声も以前はたまにあったみたいです。

お子さんが一人のときでもストレスなく勉強できるよう、PCやタブレット、インターネット環境のチェックを保護者の方がしておいた方が良いでしょう。

デキタスの無料体験とその感想

デキタスでは5日間の無料体験ができるので、実際に利用してみました。

公式サイトに飛び、「無料お試し」をクリックし…

アカウント、パスワード、メールアドレス、学年を入力またはチェック、利用規約も読んだらチェックします。

確認画面で入力内容をチェック、問題がなければ「登録する」ボタンをクリックします。登録完了のメールが届いたらリンク先からログイン、教科書会社の設定をします。(メールが届いていなければ迷惑メールフォルダに入ってないか確認を。)

学年、科目、単元を選んで「勉強開始」をクリックします。動画授業はダラダラ長くなく、短いので飽きにくいです。よくわからなかったところまで戻ったり、早送りもできます。

画像出典:デキタス公式サイト

動画授業を見た直後に〇×クイズがあるので、ちゃんと頭に入ったかどうかすぐに確認できます。

全問正解すると「Excellent!」と褒められました。ミスすると全問正解したくなるし、コンプリートしたらすぐに続きがやりたくなります。確かにこんな勉強スタイルなら勉強嫌いのお子さんでも楽しいかも

基本問題も全問正解するとチャレンジ問題に挑戦できたり、本当にゲームっぽい感覚で進められます。初めのうちは操作に手こずるかもしれませんが、ゲームやタブレットの操作に慣れているお子さんならすぐに慣れるでしょう。

デキタスの料金

デキタスの料金体系はシンプルで、小学生は3,300円、中学生は4,400円となっています。

学年 月額 科目
小1・2 3,300円 国・算・英・せいかつ
小3~6 3,300円 国・算・英・理・社
中1~3 4,400円 国・国文法・数・英・理・社(地歴公)

他の教材とも比較してみました。

タブレット教材月あたりの料金

タブレット教材 小学生 中学生
デキタス 3,300円 4,400円
スマイルゼミ* 標準3,278円~発展3,828円~ 標準7,480円~特進14,080円~
進研ゼミ* チャレンジタッチ2,980円~ ハイブリッド(中1)6,570円~
Z会タブレット* 2,992円~  8,115円~
スタディサプリ* 1,815円~ 1,815円~
すらら 8,228円~ 8,228円~

*は12か月一括払いでの、1か月あたりの料金。スマイルゼミ・進研ゼミ中学講座は’21年4月からの料金(進研ゼミは新中1からハイブリッドスタイル料金改定)、スマイルゼミ・チャレンジタッチ(進研ゼミ)・Z会は学年が上がるごとに料金が上がります。

圧倒的に安いのはスタディサプリですが、ある程度学習を自主的にできるお子さん向けです。スマイルゼミ、進研ゼミ(チャレンジタッチ/ハイブリッド)、Z会デキタス+年間で使える市販の問題集をそろえても、コスパはかなりいいでしょう。

\5日間の無料体験/

まとめ

デキタスの学習システム、評判や料金を見てきましたがいかがでしたでしょうか。

お子さんが勉強を自主的になかなかやらない、楽しく勉強できそうな教材をお探しという小中学生の保護者の

方に、デキタスはおすすめのようです。

コスパの良い教材ならスタディサプリもおすすめ。プロ講師の動画授業と無料のダウンロード教材(PDF形式)つき。


スタディサプリ小学・中学講座

    • プロ講師による動画授業が見放題
    • 1か月あたり1,815円(税込)から
    • 授業対応オリジナルテキスト
    • 先取り・さかのぼり学習OK
  • 14日間無料体験つき

他の教材も見てみたい方はコチラの記事もおすすめです。