中学受験塾に個別指導塾や家庭教師を併用した方が良いの?選び方と塾についていけないときの解決法

中学受験塾に個別指導塾や家庭教師を併用した方が良いの?選び方と塾についていけないときの解決法

中学受験のために日能研やSAPIX、四谷大塚、浜学園など大手進学塾にお通いの保護者で、お子さんが塾の授業についていけない、クラス落ちした、模試の偏差値が下がった…などの理由で、個別指導塾や家庭教師の併用をご検討中でしょうか。

成績が下がったことでお子さんが落ち込んだり、勉強への取り組み方がいいかげんになってきて親御さんが叱ってばかりで家庭内がギスギスしてしまったり、志望校にこのままでは合格できないのかという不安にさいなまれる…といったことは中学受験では多々あります。

中学受験の集団塾についていけない、模試の成績が上がらないときに、本当に個別指導や家庭教師を利用するのは良いのか、選び方やその他の解決方法についても、中学受験指導経験のある塾講師がまとめました。

中学受験塾に個別指導塾や家庭教師を併用した方が良いの?

結論から言いますと、集団塾の授業についていけないとき、模試の成績がふるわないときの解決策の一つとして、個別指導塾や家庭教師を併用することはおすすめです。実際に筆者も(個別指導塾で)指導にあたり、塾でわからなかったところが解決して勉強がはかどった、テストの点が上がったといううれしい声をいただくことがあります。

ただし塾や家庭教師以外の方法もありますね。

中学受験塾(集団塾)だけでは心配…というときの解決法

  • 個別指導塾・家庭教師を併用する
  • 家庭でのフォローを強化する
  • 転塾する

特に学力に問題もなく、塾で周囲のお子さんが通ってるようだからうちも通った方が良いのかな…という理由でしたら、無理に通うことはおすすめしません。苦手教科の補強をしたいなど明確な理由があれば別ですが。

併用自体は悪いことではありません

安易に個別指導塾や家庭教師を利用することで、お子さんが勉強の仕方を覚えられない、1人で考えようとする力を奪うといった意見もあるかもしれませんが、(経験上)併用自体は悪いことではないと考えています。(勉強の仕方を覚えられない、1人で考えようとする力を奪う…というのなら、それは指導者のやり方に問題があるのだと思います。)

中学受験の勉強内容は単に小学校で学習する内容の前倒しだけでなく、中学生や高校生ですら解けないような独特な解き方を用いたり、深い内容を学習します。お子さんにかかる負荷はかなり大きなものです。

小学生のうちは生まれ月の違いも理解度に関わりがあるので、前倒しな中学受験の勉強はどんなに頑張っても理解ができないこともあります。少し時が経つと脳の成長もあって自然と理解が深まることもありますが、その時がいつ来るかはわかりません。

塾の勉強に全然ついていけず、塾で質問したくても生徒がたくさんいてあまりできない、そのことでひどいストレスにさらされている…という状況なら放っておくのは良くないでしょう。お子さんに合った解決法を見つけることが必要です。

個別指導塾・家庭教師を併用するときの選び方【中学受験専門と実績で選ぶべき!】

保護者の方が忙しかったり、塾で習っている内容がまったく理解できないという場合は、集団塾と個別指導や家庭教師を併用するという手段はおすすめです。ただしどんな個別指導塾や家庭教師でも良いというわけではありません。

個別指導塾・家庭教師はどこでも良いわけではない

中学受験の集団塾についていけないというときに、個別指導塾や家庭教師のフォローを入れるというご家庭も少なくありません。

ただし個別指導塾や家庭教師ならどこでも十分な中学受験の指導を受けられるわけではありません。

大手個別指導塾には優秀な講師がそろっていると思われるかもしれませんが、有名大学の現役生でも中学受験の問題が解けるとは限りません。さらにわかりやすく解説するとなると、テクニックが必要になります。

一般的な個別指導塾の先生でこんなトラブルも…(生徒から実際にあったクレーム。)

  • 「立て板に水」「付和雷同」などの言葉を先生が知らない。
  • 和差算と差集め算について聞いたら先生がわからない。
  • 面積図を利用する解法を先生が知らない。
  • 特殊算をxを使って教えようとした。

一般的な個別指導塾の先生の中にも中学受験指導の経験が長年ある優秀な先生はいらっしゃいますが、決して1つの教室の中で多く在籍しているわけではありません。また1:2や1:3のような生徒が複数タイプの個別指導塾は授業がにぎやかな雰囲気になりがちで、先生の「指導」を受けている時間は少ないです。

中学受験を経験し、かつ指導もすぐれた時間講師や専任講師のいる中学受験専門(あるいは中学受験に強い)個別指導塾、家庭教師を探すのがおすすめです。ただし中学受験のマンツーマン個別指導塾は、一般的な個別指導塾より料金は高くなります。

プロ講師だと1時間あたり1万円以上もザラ、有名講師だともっとかかることも。これは場当たり的な授業ではなく、お子さんだけに合わせた個別の講義形式授業であり、入念な授業準備もあるからです。自習室完備の塾が多いです。チューターがいて質問OKの塾もあります。家庭教師だとプロで1時間あたり7,8千円程度から。学生講師でも自身が難関中の受験経験があり、指導力のあるセミプロ講師なら安心です。

多少ダラダラとなってもいいから勉強時間を長く確保したい、わからない問題が出てきたら先生に質問したい、という自習型+αの個別指導形態を希望される場合は、一般的な個別指導塾でも良いでしょう。ただし中学受験の指導実績がある講師をリクエストするのがおすすめです。

中学受験進学塾の併用におすすめの個別指導塾

個別指導塾を進学塾の併用に利用するなら、サピックス、四谷大塚、日能研…など大手進学塾のカリキュラムに対応している中学受験専門塾がおすすめです。

なぜなら中学受験を専門としていない(大手系)個別指導塾では、中学受験指導のノウハウが確立されていないところも多く、講師が不足していれば中学受験を指導する力量のない先生が受験生を担当することもあります。

特に(四谷・日能研で)偏差値55以上の中学を受けるなら、中学受験に実績のある個別指導塾を選んでおくことをおすすめします。

中学受験の個別指導「SS-1」は東京・神奈川・大阪・兵庫で8教室を展開しているマンツーマン型の個別指導塾です。オンラインで全国にも対応。

教室 … オンライン・下北沢・渋谷・成城学園・白金台・自由が丘・横浜・大阪谷町・西宮北口

小規模かつ少ない教室数ながら、2021年入試でも開成・麻布・海城・桜蔭・女子学院・渋谷教育学園幕張・灘・大阪星光学院・神戸女学院…など、難関中・名門中に合格実績を残しています。

SS-1の合格体験談でも次のような喜びの声が寄せられています。

  • 国語の成績が伸び悩み、6年生の初めからSS-1に通うように。記述のしかたを先生に教わって成績が上がりました。夏からは算数も伸び悩み、4教科ともにSS-1の先生にサポートしてもらうことに。過去問は難しかったけど先生たちに励ましてもらい、あきらめずに取り組んだ結果志望校に合格できました。(東京都市大学付属中合格)
  • SS-1には10月の終わりごろから通い、算数を教わりました。算数は苦手ではありませんでしたが、先生のおかげで得意教科に。過去問を解いていくうちに自信もつき、入試前日は先生から電話をもらい、安心して入試に臨むことができました。(甲陽学院中学合格)

「SS-1」合格体験談より

SS-1の特徴はプロ講師による完全マンツーマン、学習効果を最大限にするために、毎月学習カウンセリングを実施、課題を洗い出してベストな学習計画の提案、通塾中の塾テキストを利用、保護者が授業の見学をできることです。

SS-1のココがポイント!

  • プロ講師による完全マンツーマン授業
  • 大手進学塾のサポート対応
  • 毎月の学習カウンセリング
  • 大手進学塾のテキスト利用でぴったりフォロー
  • 保護者の授業見学推奨

保護者の授業見学もOKな塾はなかなかないでしょう。こまめなカウンセリング・プラン提案も他塾や家庭教師と一線を画しています。

日能研、浜学園、SAPIX、四谷大塚など大手進学塾のサポートにしっかり対応しています。

クラス分けテストで成績がふるわない、授業の内容が難しくなってきた…などお悩みの方にSS-1はおすすめです。お近くにSS-1の教室がないご家庭もオンラインで対応できます。

中学受験進学塾の併用におすすめの家庭教師

集団塾についていけないというときは、家庭教師のフォローもおすすめです。(最近は個別指導塾もオンライン対応してきていますが)家庭教師だと通塾の負担がかからないというのがメリット。自習室を使うことはないなあというご家庭なら家庭教師の方が時間も費用もコスパが良いでしょう。

進学塾のフォローには進学塾のことをよく知っている中学受験のプロ家庭教師、年齢が近い先生の方が良ければ中学受験経験のある学生講師がおすすめです。


受験のホームドクター「代々木進学会」は首都圏をエリアにしている家庭教師、30年以上の実績と2万人以上の合格実績があります。

エリア…東京、神奈川、埼玉、千葉(オンライン「Y-ONLINE」もあり)

代々木進学会ではSAPIX、四谷大塚、早稲田アカデミー、日能研、栄光ゼミナール、市進学院、啓明舎、CG啓明館、希学園、臨海セミナーなど、首都圏進学塾別対策を行っています。中堅から御三家まで幅広く志望校別の対策を行い、お子さんの通っている塾、志望校どちらにもあわせて指導が可能です。

2021年入試では筑駒・開成・麻布・駒場東邦・聖光学院・桜蔭・女子学院・雙葉・渋渋・渋幕・慶應・早実・広尾学園…など、難関中・名門中に合格実績を出しています。

合格体験談でも次のような喜びの声が多数寄せられています。

  • SAPIXで理解はできてるようだけど成績が伸び悩み、家庭教師を頼むことに。子どもに合う先生を紹介してくれ、先生が子どもの考えを尊重しながら教えてくれたのが良かった。無事受験した学校に全部合格できました。(お子さんより)勉強が楽しくなって難しい問題にも意欲的に取り組めました。感謝しています。(筑波大学附属駒場中、開成中、渋谷教育学園幕張中合格)
  • 大手塾に通っていたけれど合不合判定テストでは算数と理科の偏差値が40前後。代々木進学会にお願いしたらわからないところまで戻ってくれて的確な指導をしてくれたおかげで過去問でも合格点がとれるように。志望校に合格でき本当に感謝しています。(恵泉女学園中、昭和女子大学附属昭和中合格)

「代々木進学会」体験談より。

代々木進学会にはプロ講師と中学受験の経験がある学生講師が在籍しています。(講師の交代もOK)

料金(税込)

  • 入会金:30,000円(1家族1回)
  • 月謝(学生講師):1回90分×月4回 29,040円~/1回120分×月4回 38,720円~
  • 月謝(プロ講師):1回90分×月4回 42,900円~/1回120分×月4回 57,200円~”

※料金は改訂されることがあるので、お申込みの際にご確認ください。

代々木進学会ではお友達ご紹介キャンペーン(紹介された方→入会金無料、紹介した方→30,000円分のJTBギフトカード)を実施中です(キャンペーンは予告なく終了することがありますのでご了承ください)。詳しくは代々木進学会公式サイトにてご確認ください。

塾についていけないとき、個別指導塾や家庭教師の併用以外の解決法

個別指導塾や家庭教師を併用するとそれなりに費用がかかるのがネック。2つの塾に通うのも場所によってはお子さんや送り迎えをする保護者の方に負担がかかることもあります。

個別指導塾や家庭教師の併用以外にも

  • 家庭でのフォローを強化する
  • 転塾する

という方法もあります。

家庭でのフォローを強化する

中学受験は家庭ぐるみでのフォローが重要です。一部の大手中学受験塾では保護者の方にノートやテストのチェックを行い、復習をさせることを指示しているところもあります。例えば …

  • 返却されたテストを見て、間違えたところを保護者が全部チェック
  • 間違えたところを子どもにノートに解き直させる
  • 暗記系で間違えたところは単語カードまとめノートにチェックペン
  • 間違えたところを全部解けるようになるまで何度も家でテストする

などのように、「覚える」という作業は保護者が責任をもって子どもにさせます。さらに、

  • 塾でとったノートを見て、理解できていないところがないかチェック
  • 必要に応じて塾の先生に質問する(もしくは子どもに質問させる)

ようにし、塾で理解できていないところが「一つもない」状況にしていきます。さらに授業前の予習も基本題のみでも念入りに行っておくことで、塾についていけないという状況が少しずつ解消していくことでしょう。

算数や理科の解法は塾と保護者で意見が異なるとお子さんの混乱を招くので、あまり家では細かく指導しないことがおすすめです。もちろん保護者の方が塾のやり方をよく把握している場合は、そのやり方で教えるのが良いです。

中学受験で集団塾に通い、偏差値60~の中学に合格したご家庭のお母様にお話を聞くと、上記のことをやっていたというお話を聞きます。かなり保護者の方にはご負担にはなりますが、ここまですればお子さんの学習定着度は高まります。

小4、5からの中学受験対策に、進研ゼミの「考える力・プラス 中学受験講座」もおすすめです。スモールステップ式でわかりやすい解説なおでお子さん1人でも進めやすい内容。進学塾と併用している受講生も。多くの合格実績も出しています。

転塾する

塾の勉強についていけない、家庭や個別指導塾を利用したフォローは難しい、という場合は思い切って転塾をするというのも良い効果をもたらすことがあります。

伸び悩んでいるのは塾の雰囲気や先生との相性もあるかもしれません。同系統の塾ではまた同じことになるかもしれませんので、中学受験に強い地域の中堅塾など、伸び悩んでいるお子さんにもサポートがしっかりつくような塾を探すと良いでしょう。

一般的な受験カリキュラムだと小5の2月には受験に必要な内容をほぼ終えるので、3月から個別指導塾に切り替えるというケースも少なくありません。

実際に筆者も小5まで有名塾Nに通っていたお子さん2人(偶然にもどちらも女の子)が塾に合わないという理由で、小66から塾で指導した経験があります。個別指導塾で週2~3回ほど見て、2人とも第一志望の中学に合格しました。1人はY偏差値で55程度、もう1人は40弱のところで特待生合格。2人とも模試では60ぐらい出せてたので大丈夫だろうとは思ってましたが、役目を果たせて良かったです。

もちろんどんな塾でも良いというわけではありません。転塾するときのポイントを下にまとめました。

中学受験で大手進学塾から転塾するときのポイント

  • 中学受験の実績をチェック(「中学受験」とハッキリ示されていない塾は避けましょう。)
  • プロ講師が指導している塾
  • (普段は学生講師でも)室長やプロ講師のサポートあり
  • 自習室がある
  • 進路・学習相談にいろいろ乗ってくれる(初回の個別相談でチェック)
  • 塾の雰囲気もチェック(和気あいあい、騒がしい、静かかどうか…など)

繰り返しになりますが、大手系の個別指導塾は気を付けてください。トーマスのように中学受験に実績のある塾は大丈夫ですが、中学受験に実績のない個別指導塾では中学受験の勉強などしたことのない学生講師が適当に教えているケースもあります。もちろん指導力の高い学生講師もいます。必ず実績のある塾でお探しください。

特に中学受験に関してベテランの先生なら志望校とお子さんの長所・短所をふまえた上で、独自のカリキュラムを微調整しながら作ってくれます。塾についていけないという状況が解消されつつ、勉強して理解できたときの楽しさも実感しやすくなるでしょう。

まとめ

SS-1
  • 難関中に合格実績多数
  • 東京・神奈川・大阪・兵庫
  • オンラインで全国対応
  • 大手進学塾対策に
  • 無料カウンセリング・体験授業あり

中学受験で塾についていけないときも、お子さんやご家庭の状況に応じた適切な解決法を見つけることで、成績アップにつなげることができます。

  • 家庭でのフォローが難しく、金銭的に余裕がある場合 … 個別指導・家庭教師を併用する
  • 保護者の方が時間的余裕がある、中学受験の指導が可能 … 家庭でのフォローを強化(通信教育を利用するという手段もあり)
  • 塾が合わない、お子さんに合わせたレベルの指導を … 転塾する