共働き家庭におすすめな中学受験塾の選び方!首都圏大手中学受験塾で共働き家庭におすすめの塾は?

共働き家庭におすすめな中学受験塾の選び方!首都圏大手中学受験塾で共働き家庭におすすめの塾は?

中学受験といえば送迎やお弁当、勉強の面倒を見るのも大変そう・・・共働き家庭の場合どうしたらいいの?というご家庭に向け、共働きのご家庭が中学受験を選ぶときのポイント(お弁当、自習室、送迎、その他)や、首都圏大手進学塾で共働き家庭におすすめな塾はどこか、塾講師がいくぶん主観を交えつつまとめました。

共働き家庭におすすめな中学受験塾の選び方!

共働きのご家庭が中学受験塾を選ぶ場合、なるべく「親の手」がかからない塾が良いでしょう。ご家庭によって希望はまちまちだと思いますが、塾を選ぶ際に次のようなポイントがあげられます。

  • お弁当がいらない(またはコンビニ・お弁当屋さんが近い)
  • 自習室がある(学童の役割)
  • 宿題に手がかからない、親のチェックが不要
  • 送迎がいらない(6年の特訓は他校舎でやるところもあるので注意)
  • プリント類の整理が不要(お子さんがしっかりしてれば大丈夫)
  • 面談・保護者会を夜や日曜にやってくれる

多くの塾で受験学年や講習会の時期はお弁当が必要になることが多いです。お弁当タイムのない大手進学塾といえばSAPIXぐらいでしょうか?地域密着型の進学塾でもお弁当のいるところが多いでしょう。

※感染予防のため塾(校舎)によっては弁当不要、または軽食で済ませるところもあるようです。

またご両親とも働いている場合、送迎が大変な場合もあります。お子さん1人でも通いやすい距離感の塾が良いでしょう。受験学年では授業が夜の9時前後に終了するところが多いので、帰りだけならお迎えに行きやすいかもしれません。早稲アカ、日能研のように志望校別コースは別校舎になることもあります。

塾に自習室があるとお子さんを「預かってて」もらえるので、共働きのご家庭には助かるでしょう。1人で家に帰ってもちゃんと勉強しているか心配・・・というご家庭は特に。

首都圏の塾だと、日能研や早稲アカは面倒見が良く、共働きのご家庭にもおすすめされているようです。(情報元:リセマムインターエデュ)関西では希学園が居残り自習室や電話で質問OK、6年ではチューターもつくとサポートが手厚いことでも知られてます。(その分ハード、かつ学費も高いようですが・・・)浜学園も「居残り強化指導」があります。

※自習室についても感染予防対策で自習室が利用できない場合があるかもしれません。

宿題が多くて難しいとお子さん1人で進めるのが厳しかったり、プリント教材が多くて整理整頓できないお子さんは保護者のサポートが必要になることがあります。

面談や保護者会が平日のみ実施だと、共働きのご家庭が参加するのが難しいかもしれません。土曜や平日夜に面談をしてくれる塾もありますが、残業の多い職種や勤務スタイルによっては厳しいかも。でも最近はZoomでの面談や保護者会も珍しくないので、勤務先や都合の良いタイミングで利用することも可能です。

塾のカラーも大事

もちろん塾にもカラーがあり、お子さんの性格に合っているかを考慮する必要があります。例えば首都圏の塾ですとSAPIXは予備校ノリ(塾は勉強するところです)、早稲アカは体育会系ノリ(受験には体力も必要)、四谷大塚はスタンダードな進学塾(仲間と切磋琢磨だぜ)、日能研は和気あいあい(でも席は成績順でシビア)のようなカラーがあります。(校舎によるカラーの差や、感じ方に個人差もあります。各塾の特徴は後の章でもご紹介します)

お弁当は必ずしも作る必要はない

塾に通わせる場合、お弁当がいるか・いらないか問題がよく出てきますが、手作りではなくコンビニ弁当やファーストフードを利用しているご家庭も少なくないようです。休憩時間が短ければ軽食で済ませることもあります。日能研は仕出しもあるようですね。

個別指導塾や家庭教師の利用も

共働きなので家で勉強を見てあげられない、わからないところを教えてあげたいけど仕事から帰ってクタクタ、こちらも多少は勉強しないと教えてあげられないし・・・というご家庭は自習室のある塾は助かります。自習室でも先生が常駐で質問できる塾もあります。(ちなみにSAPIXは自習室なし)

しかし集団塾だと質問する生徒も多く、質問しづらいこともあります。実際筆者のいる個別指導塾にも(面倒見が良いと言われてる)日能研や早稲アカの生徒がいらしてます。

塾で自習サービスがない、ご家庭で塾のフォローができないという場合、個別指導塾や家庭教師もおすすめです。個別指導塾は授業は週1回利用でも、自習室が無料で利用できるところが多いです。家庭教師はオンラインで指導しているところも今は増えていますので、家に保護者の方がいないときでも利用しやすいです。

首都圏大手中学受験塾で共働き家庭におすすめの塾は?【比較】

首都圏の大手4大中学受験塾で、共働きの家庭向けかどうかの視点で比較してみました。

共働きの家庭向け?中学受験塾の比較表

日能研 おすすめ度★★★★
宿題やや多・進度やや遅・自習あり・弁当あり※・家庭サポート少
早稲田アカデミー おすすめ度★★★★
宿題やや多・教材多・自習あり・弁当あり※・家庭サポート少?
四谷大塚 おすすめ度★★★
宿題多・自習あり・要予習?・弁当あり※・家庭サポートふつう
SAPIX おすすめ度★★
宿題多・進度速・プリント多・自習なし・弁当なし・家庭サポート多

※おすすめ度は一般的な中学受験生の「共働きのご家庭」へのおすすめ度を表しています。最難関目指してて学力も高くてしっかり者のお子さんだったり、サポートをしてくれる身内がいるならSAPIXでも四谷でも良いでしょう。

※感染症予防対策で自習室の制限やお弁当が中止になっている塾(校舎)もあります。詳細は各塾(校舎)でご確認ください。

日能研

  • 中堅校を志望してる家庭におすすめ(もちろん難関校もOK)
  • 5年生まではカリキュラムやや遅め(その分6年生が大変)
  • 和気あいあいな雰囲気
  • 席は成績順
  • クラス分け配慮してくれる
  • 6年は毎週育成テストか(月1で)公開模試
  • お弁当は仕出しもあるそう(校舎にもよる)
  • 過去問スタート遅め
  • 日能研グループの個別指導/家庭教師ユリウスあり

日能研は共働きの家庭におすすめされてる塾です。自習室とかフォローが手厚いこともあると思います。ただ宿題の量に関して少ないというネットの声も見られますが、筆者の知る元N生は「多かった」と証言。宿題がオーバーワークで、地域の進学塾に転塾したそうです。(実はその進学塾もかなり宿題多いのですが・・・どんだけ多かったんでしょうか。)宿題の出し方、チェックに関しては関東系と本部系の違いもあるようです。

5年生までは塾に丸投げだったけど、6年になってハードになり(他塾もそうかもしれませんが)個別指導塾にお子さんを通わせるご家庭が多い印象です。日能研グループの個別「ユリウス」がある割に、別の個別指導塾を利用しているご家庭も多いような・・・(個人的な感想です)。そういえば筆者が見ていた別のN生も共働きのご家庭でした。

早稲田アカデミー

  • 上位以上におすすめ
  • 四谷大塚と同じ「予習シリーズ」を使用
  • さらにオリジナルテキストもあり管理大変(荷物重そう)
  • 体育会系熱血指導「俺たちについてこい」(←イメージ)
  • 自習室に来なさい、質問ドンドンしなさい
  • 宿題の量や質は応相談
  • オンライン対応(対面と選べる)
  • 親のサポートも多少は必要・・・かも
  • 早稲アカの個別指導「個別進学館」あり

早稲アカといえば体育会系なイメージ。筆者の友人(体育会系)のお子さんも早稲アカに通ってましたが、きっと塾と相性が良かったのでしょう。先生にどんどん質問もしつつ、家でマルつけや理解度のチェックはしてたようです(家庭も体育会系)。サポートは手厚いけど、お子さんによっては家庭のサポートも多少必要なのかもしれません。

予習シリーズを利用してるので四谷と同じカリキュラム、さらにオリジナルテキストもあるので教材の管理も必要そうです。四谷大塚は毎週のテストがありますが早稲アカは選択制。以前よりは宿題の量がセーブされてるという声も。

共働きのご家庭だとそこまでサポートするのも大変そうなので、併設の個別指導(個別進学館)も利用してカリキュラムにあわせた対策をしてもらうと良いかもしれません。講習会の時期だけ家から近い個別指導塾にあずけて、宿題を見てもらったり授業の後も家の人が帰る頃まで自習しておくとか。(早稲アカの方針に反するのかもしれませんが)

四谷大塚

  • 中堅~最難関(昔より御三家レベルが減ったが巻き返し中?)
  • テキストの「予習シリーズ」が参考書兼問題集(オソロの副教材もある)
  • 予習型(必須ではないらしい)
  • 週テストと月例テストあり
  • 動画授業あり
  • オンライン教材あり(高速基礎マスター)
  • 個別指導はない(準拠塾は多数あるが・・・)

御三家の合格実績ではSAPIXや早稲アカに抜かされてはいるが、それでも長年の実績と教材の充実度には安定感がある四谷大塚。筆者も大好きな「予習シリーズ」は家庭学習派にも支持されており、動画授業による通信教育「進学くらぶ」も開講しています。

カラフルなテキストは参考書兼問題集になっていて、解説も国語・算数は詳しいです。予習は必須ではないらしいですが、せっかくのわかりやすいテキストだから予習した方が良いかと個人的には思います。

四谷大塚では動画授業やオンライン教材など家庭で進めやすいツールが充実しています。勉強を1人で進められる割としっかりしたお子さんなら、教材を活用して力をつけることができそうです。自習室もウエルカムです。なお四谷大塚準拠の個別指導塾は多数ありますが、合格実績の高いところから選ぶことをおすすめします。

SAPIX

  • 難関校対策におすすめ
  • ただし普通の受験塾じゃ「物足りない」お子さん向け
  • 手厚いサポートはない
  • 毎週教材をもらう(プリント教材多い、管理が必要)
  • 宿題(家庭学習)多い
  • 宿題チェックがない校舎もある
  • 難易度高い
  • 自習室ない(帰って勉強)
  • 自主自律できてるお子さん向け
  • お弁当は不要(家を出る前に軽食が必要そう)
  • (再)手厚いサポートはない
  • 個別指導(プリバート)があるじゃないか!

大手進学塾の中でも御三家の実績が最も高いSAPIX。学校の勉強どころか「普通の進学塾では物足りない」というかなりレベルの高いお子さん向けです。難関中入試に対応できる、問題の解法テクニックを知るための塾というポジションだと思います。日能研や早稲アカがとにかく時間をかけて塾生を「ワッショイ!」してる(?)のと対照的に、サピの場合はトコトン効率重視型(公式サイトの文章からもひしひし・・・)と感じます。

SAPIXは6年生になってもお弁当はいらないのですが、夕飯時にずーっと授業しているので何も食べないで行ったら辛いです。家を出る前に軽食は必要だと思います。サピのシステム的に勉強ができるだけじゃなくて、大人っぽいお子さん向きだと思います。共働きのご家庭なら特に。サピだけでは厳しいときはプリバートやプロ講師の個別指導、SAPIX対応の家庭教師をご利用になるのがおすすめ。

これから中学受験を考えている、共働きのご家庭におすすめの本

中学受験のカリスマ、西村則康先生の『中学受験 入塾テストで上位クラスに入るスタートダッシュ』。SAPIX、四谷大塚、浜学園など難関塾の入塾テストに利用できます。算数と国語があります。

 

こちらも西村則康先生の『共働きだからできる 中学受験必勝法!』。共働きご家庭はこうやって中学受験を乗り切ると良い・・・というアドバイスはもちろん、中学受験そのものとの向き合い方も知ることができます。塾の先生目線のアドバイス本。

人材育成コンサルであり多数のビジネス書を出している清水久三子さんの『中学受験を経験した働くママの成功する中学受験 「仕事と受験サポート」両立メソッド100 』。こちらは働くママさん目線ですが、もちろんパパさんにも役立つ内容。

まとめ

いくぶん主観を交えてしまいましたが、共働きのご家庭の中学受験生にはどのような塾が良いか、首都圏の塾を比較しながら共働きのご家庭に向けてのポイントも見てきました。お子さんの塾選びの参考に多少でもお役に立てたら幸いです。

参考

大手進学塾と併用におすすめの個別指導塾

PR

首都圏だと下北沢・渋谷・成城学園・自由が丘・白金台・横浜、関西では大阪谷町、西宮に教室を展開している中学受験専門個別指導塾のSS-1。大手進学塾での成績アップのためにたくさんのお子さんが通塾しています(オンラインで全国対応)。成績アップの秘訣をまとめた資料のセットや家庭学習に役立つ授業動画を無料プレゼント中です。

SS-1

都内横浜西宮大阪谷町

  • 難関中に合格実績多数
  • プロ講師がマンツーマン指導
  • オンラインで全国対応
  • 無料カウンセリング・体験授業あり
  • 資料請求で成績UP秘訣と授業動画プレゼント