【大学受験】スタディサプリと予備校の併用がおすすめ?メリット・口コミ・併用パターンを紹介!

【大学受験】スタディサプリと予備校の併用がおすすめ?メリット・口コミ・併用パターンを紹介!

「大学受験対策にスタディサプリと予備校の併用はどうなんだろう?」

「予備校だけじゃ費用がかかりそう。スタディサプリと一緒に使うのは?」

「予備校の授業が難しそう、基礎固めにいい教材ないかな…」

という方に、スタディサプリと予備校の併用が大学受験におすすめなのか、併用によるメリットや口コミ、併用パターンなどを解説・紹介しています。

\14日間無料おためし/

スタディサプリ

ベーシックコース合格特訓コース

  • 月額2,178円でプロ講師の授業見放題
  • 5教科18科目、4万本以上の授業動画
  • コーチつき合格特訓コースあり
  • テキスト無料でダウンロードOK
  • 14日間無料体験できる



スタディサプリと予備校の併用はおすすめなの?

有名私大から難関国公立・私大までの受験対策に、スタディサプリと予備校の併用はおすすめです。もちろんスタディサプリだけで十分やってける、いい予備校があるのでそれで十分!と思っている方に無理におすすめしません。どちらか1本だと何らかの不安があるという方に併用することをおすすめしています。

学校の勉強とスタディサプリだけで第一志望の難関大学に合格できた!という人も中にはいますが、進学校で勉強のレベルが高かったり、1人でも計画的に勉強する習慣がついているポテンシャルの高い人でないと、なかなかスタディサプリだけで対策していくのが難しいでしょう。(うちの塾に学校でスタサプが宿題だったけど聞き流してるだけになってるという高校生もいました…オイオイ。)

といって受験科目を全部予備校で済ませようとすると受講料がかなり高額になってしまいます。場所が遠いと通うのも大変そう。

そこでスタディサプリと予備校の合わせ技でお互いのデメリットを補うことができ、メリットを最大限活用することができます。

スタディサプリと予備校の併用

うまく併用することでメリットを最大限活用することが可能

スタディサプリ大学受験講座の内容は?



スタディサプリ

  • 対応科目:5教科18科目
  • 講座内容:通年・科目別講座・志望校対策講座・共通テスト対策講座
  • 使用環境:スマホ・タブレット・パソコン(アプリ・ブラウザ)
  • 料金(ベーシックコース):月額2,178円/12か月一括払い 21,780円(月あたり1,815円)
  • 料金(合格特訓コース):月額10,780円
  • 無料体験:あり(14日間)

スタディサプリはプロ講師の映像授業4万本以上が月額2,178円で見放題、各講座対応の講師監修テキスト(ダウンロード無料)や、ゲーム感覚で進められる確認テストもついています。講座にはスタンダード・ハイレベル・トップレベルの3つのレベル別で受けられる通年・科目別講座、志望大学(のレベル)別に対策できる志望校対策講座、2021年よりスタートした共通テスト対策講座があります。東大・京大・早慶など国公立や私立難関大にも合格実績を出しています。(現役難関大コーチがつく合格特訓コースもあります。)

スタディサプリだけで大学に合格できたという声も体験談で多く見られますが、やっぱり1人で大学受験が乗り切れるのか心配という人には予備校の併用がおすすめ。次の章でスタディサプリと予備校を併用するメリットについて、もう少しくわしく見ていきます。

スタディサプリと予備校を併用するメリット

スタディサプリと予備校を併用することで、次のようなメリットがあります。

全科目を受講しても費用が抑えられる

スタディサプリは5教科18科目対応。受講費(ベーシックコース)は何科目利用しても月額2,178円(12か月一括払いで年間21,780円)です。(通信費や冊子のテキスト代は別途かかりますが、)1講座で年間10数万~20万円台はかかる予備校と比較すればずいぶんと安くなります。そのためスタディサプリと予備校を併用すると予備校だけで入試科目全部をカバーするより受講費を抑えることができます

※スタディサプリ公式サイト(https://studysapuri.jp/course/entrance-exam/prep-school/)、駿台・河合塾の現役高校生受講費(入会金3万円+年間授業料約20万円)を元に作成。スタディサプリ公式の内容とは金額が異なる。合格特訓コースも比較のため入れている。

基礎固めも志望大学別対策もできる

スタディサプリは各科目の基礎固めから入試対策まで対策可能。スタディサプリでも共通テストや東大・京大を含む旧帝大・一橋大・東工大・難関国公立・国公立・早慶・難関私立大など、プロ講師による志望大学別の対策講座を見ることができ、予備校では最新の入試傾向もふまえた講義が受けることができるので、全科目を予備校で受講しなくても志望大学別の対策を進めることができます。年度途中から予備校に入る人は予備校で習ってない部分をスタディサプリで基礎固めすることも。

模試が受けられる

スタディサプリだけの受講だと自分の立ち位置(レベル)がどれぐらいかわからないので、定期的に模試を受けるのがおすすめです。駿台、河合、東進などでは各予備校で主催してる模試が受けられます。駿台・河合の受講生は模試が無料。自宅で受講できる模試もあります。

自分のペースで進められる

スタサプリの動画授業はいつでも好きなときに進められるので便利です。スキマ時間もムダにせず、わからなかったところ、忘れてしまったところを何度でも見返せるのが便利です。毎日予備校通いでギュウギュウにスケジュールを詰め込むより、スタディサプリと予備校をうまく使い分けることで自分のペースで勉強を進めやすくなります。苦手教科はスタディサプリでしっかり基礎固め、得意な科目は予備校で先へと進めたり、高1・2生なら得意教科はスタディサプリで先取りしたり、志望大別対策をどどん進めてもいいでしょう。

周りから刺激を受けられる

スタディサプリの弱点は1人で進めるので周りからの刺激がないところ。1人で勉強を進めるには相当強い意志が必要ですよね。でも予備校に行けば同じように勉強を頑張っている人がたくさんいるので刺激になり、学習意欲が高まるきっかけになります。頑張っている人たちの姿を見ると自宅での勉強にも身が入りそうですね。

質問&自習室利用OK

スタディサプリだけだとわからないことがあっても質問できません(合格特訓コースなら英数物化で月10回までOK)が、予備校ならわからないことがあったら質問することができます。また多くの予備校で自習室を完備してるので、家だと集中できないという人も自習室を利用すれば勉強がはかどるでしょう。なお駿台予備校では校舎で質問できるのはもちろんのこと、家からでもわからないことがあれば質問できるアプリmanaboも利用できます。

スタディサプリと予備校を併用してた人の口コミ

スタディサプリ公式サイトやTwitterで、スタディサプリと予備校を併用していた方の次のような口コミがありました。

  • スタディサプリの講義の質の高さにびっくり。予備校だと50分の講義なのが、スタディサプリだと倍速で見れるので自分のペースで進めやすかったです。予備校の一部の講義はスタディサプリに変更しました。<慶應義塾大学合格>(スタディサプリ公式サイトより)
  • 予備校とスタディサプリを併用して科目ごとに先生の講義を選んでます。英語(応用)は予備校で受けてますが、スタディサプリの肘井先生の講義も見たらわかりやすかった。(Twitterより)

質の高いスタディサプリの講義に感動、科目ごとに予備校とスタディサプリの講義を使い分けているという声がありました。

  • スタディサプリでは日本史を中心に進めました。予備校の復習にピッタリでした。<北海道大学合格>(スタディサプリ公式サイトより)
  • 基本ができていないまま予備校に通い始めましたが、予備校の講義は少し難しかったです。スタディサプリを始めてから基礎の積み上げができ、演習がスムーズに進められました。<日本大合格>(スタディサプリ公式サイトより)

上のように、基礎の積み上げや志望大学、特定科目の対策にスタディサプリを活用、その結果見事合格できたという口コミがありました。これらの口コミから受験生によってスタディサプリと予備校の併用+合格パターンがいろいろあることが伺えます。

スタディサプリと予備校の併用パターン

スタディサプリと予備校を併用するといってもどちらもフル活用すると時間が足りなく疲れ切ってしまうでしょう。効率的に学習を進めるための併用パターンをご紹介します。

基礎固め+応用

スタディサプリを基礎固めに使って予備校の講義を応用で…と使い分けることが可能です。特に難関大を狙っている人は学校や模試の成績はなかなか良くても、いざ予備校の難関大受験向けの講義を聞いてみるとおもしろいけれどレベルが高くて難しいということも。もちろん予備校の講義も予習・復習は大事ですが、それだけでは厳しい教科はスタディサプリで基礎固めをしておくと予備校の講義の理解も深まり、実戦問題もよりスムーズに進められるでしょう。

苦手科目+得意科目

苦手科目はスタディサプリ、得意科目は予備校で受講するという併用パターンです。スタディサプリの映像授業ならわからないところや忘れてしまったところを何度でも見返すことができるので、苦手科目の補強には最適。得意科目は予備校の授業でさらに磨きをかけていくことができます。

講師・講義内容で使い分け

スタディサプリも大手予備校でも有名な人気講師が在籍してます。英語は予備校の◯◯先生、数学の国公立対策はスタサプの◯◯先生がいいな…など、受けたい講師やその講義内容によってスタディサプリと予備校を使い分けることができます。大学別の講座もあるので、志望大学にあわせた対策をどちらでも進めることができます。

予備校はまだ早いかも、もっと費用を抑えたいという人は?

スタディサプリと予備校を併用するメリットはわかったけれど、部活も忙しいしまだ予備校に行く余裕がないかな…。近くの予備校だと高額。費用を抑えたいという人は、コーチつきの合格特訓コースを利用するという手もあります。

スタディサプリの合格特訓コース

  • 映像授業(5教科18科目)+授業テキスト
  • 担当コーチの個別アドバイス(毎月学習診断、毎週学習ペース管理、学習プランカスタマイズ…他)
  • 科目質問対応(月10問まで)
  • 使用環境:スマホ・タブレット・パソコン(アプリ・ブラウザ)
  • 料金(合格特訓コース):月額10,780円
  • 無料体験:あり(14日間)

スタディサプリの合格特訓コースは難関大学の現役大学生・大学院生が担当コーチとして伴走、現役難関大のコーチが学習アドバイスやペースを管理したり個別学習プランをカスタマイズ、チャット形式で受験生の学習をサポートしてくれます。(カメラを使ったオンライン授業ではありません。)

コーチとのやり取りイメージ
(画像出典:スタディサプリ公式サイト)

スタディサプリや志望大学の過去を解いていて、解答解説を見てもイマイチわからない…というときも安心、合格特訓コースならそのようなときに科目サポーターに質問することができます。対応科目は英語・数学・物理・化学で月に10回まで。添削や解答解説のないものには対応できませんが、質問できるサポートがあるのはかなり心強いですね。

公式サイトでは次のような合格特訓コースで合格をつかみとった人たちの声が掲載されています。

  • 浪人生活をスタディサプリで乗り切り、コーチにも助けられありがたいです。(九州大学合格)
  • 動画がわかりやすくコーチが精神的に支えてくれた。(関西大学合格)
  • 予備校には通わなかったので、コーチにいろいろ相談に乗ってもらえて良かった。(横浜国立大学合格)
  • 復習も予習もできるアプリ、さらに定期的にコーチからアドバイスをもらえた。(近畿大学合格)

スタディサプリ公式サイトより

スタディサプリの動画授業だけだと1人でやり切るのが心配だけど予備校や塾は高くついてしまう、近くにいい予備校がない…という高校生・受験生はスタディサプリの合格特訓コースならペースもつかめて質問もできるのでおすすめです。(合格特訓コースは志望校別に締め切りがあるので、受講をお考えの方は早めにお申し込みを。)

\14日間無料おためし/

まとめ

スタディサプリの動画授業がわかりやすそう!でも大学受験対策にスタディサプリだけでは不安という方、受験に向けて全科目何らかの対策をしたいけど全部予備校頼りだと費用がかかりすぎてしまう…という方にスタディサプリと予備校の併用はおすすめです。効率的に併用して合格をつかみたいですね。

スタディサプリをまだお使いになったことがない方は、公式サイトからのお申込みで14日間の無料おためしが利用できます。よかったらおためしになってみてはいかがでしょうか。

\14日間無料おためし/

スタディサプリ

ベーシックコース合格特訓コース

  • 月額2,178円でプロ講師の授業見放題
  • 5教科18科目、4万本以上の授業動画
  • コーチつき合格特訓コースあり
  • テキスト無料でダウンロードOK
  • 14日間無料体験できる



おすすめの予備校

\公式サイトを見てみる/

駿台予備校
  • プロ講師の授業力
  • 自習室完備、自宅からも質問OK
  • オンライン対応コースあり
  • AI教材atama+で基礎固め
  • 進路も学習も個別サポート

駿台は東大・京大・医学部医学科のなど超難関大学の合格実績が高いことで知られていますが、難関・有名私大合格に向けてのサポートも手厚い予備校です。基礎固めにおすすめなAI教材atama+や、わからないことをいつでも聞ける質問アプリmanaboを提供。座席指定制でホームルームあり、自習室完備、進路のサポートも手厚いです。学習コーチングつきのプレミアムサポートコースも’21年度よりスタートしました。

\公式サイトを見てみる/