【自宅学習】大学受験におすすめな通信教育3選!選ぶポイントも

【自宅学習】大学受験におすすめな通信教育3選!選ぶポイントも

今回は大学受験向けの通信教育講座のおすすめを3つご紹介します。合格実績があり、良い評判も多く、コスパが良い、という3点を基準に選びました。

教育費はかけた方が良いとよく言われますが、大学受験に高額な塾・予備校代をかけるのは厳しくためらわれるというご家庭も多いのではないでしょうか。

大学に4年間通えば入学金と授業料で国公立でも250万円、私立大で300~500万円、医学部なら1000万円はゆうにかかってしまいます。

有名塾・予備校ではそこにしかないノウハウや直接対面で教えられる良さもありますが、通信教育教材を活用することで教育費をかなり抑えられます。

スポンサーリンク

通信教育を選ぶポイントは?

通信教育には次のようなメリット・デメリットがあります。

通信教育のメリット

  • 予備校・塾・家庭教師よりコストパフォーマンスが良い
  • 教室まで通う必要がない
  • 時間を気にせず勉強でき、スキマ時間も活用できる

通信教育のデメリット

  • モチベーションが高くないと勉強が進められない
  • 対面式でないのでわからないところがあっても質問できない、すぐに答えを返してもらえない

「大学受験は通信教育だけでも大丈夫?」と不安に思う高校生やその親御さんがいらっしゃいますが、しっかり映像授業を聞いたりテキストを見て理解し、問題をこなすことができれば大丈夫と言えるでしょう。

今回紹介する通信教育は大学合格実績もしっかり積み上げています

教材を買っただけで何もやっていなければもちろん成績は上がりませんが、これは塾でも同じことが言えます。

各通信教育の特徴を把握した上で選ぶのがポイント!

通信教育一本で難関大を目指すのか、塾のサポートとして使うのか、苦手教科の補強に使うのか…通信教育を具体的にどのような目的で使うのかを明らかにした上で、選ぶのがおすすめです。

評判が高いからといって合うかどうかは人それぞれ、うまく選びたいですよね。

特に選ぶとき注目したいのは以下のポイントです。

  • 費用
  • 教科
  • 合格実績(大学のレベル)
  • 評判の良さ
  • 教材の内容・充実度
  • 映像授業の有無
  • 入試情報の提供の有無

大学受験をするなら合格実績は特に重視したいですね。

合格実績、評判の高さも考慮して選んだのが「スタディサプリ」「Z会」「進研ゼミ」です。各通信教育の特徴を確認していきます。

スポンサーリンク

自宅学習での大学受験対策におすすめ「スタディサプリ」

スタディサプリ高校講座・大学受験講座は動画授業が月1,980円+税(※)と格安コストで見られて、ダウンロード教材は無料。関先生を始め有名講師の「神授業」がわかりやすいと評判です。

※ キャンペーン中(4/5まで)に申し込むと12か月一括払いで月額1,980円→実質月額1,180円に(月々払いで1,480円)。詳細は公式サイトにてご確認ください。

\14日間無料で体験できる!/

スタディサプリ3つのポイント

  • 月1,980円+税~と圧倒的な安さ
  • 教材も無料でダウンロード
  • 一般の国公立・私立大学~最難関国立大まで対応!

スタディサプリ(ベーシックコース)は1,980円+税/月で5教科の動画授業が見放題です。

YouTubeでも優れた無料授業があふれていますが、スタディサプリなら体系的に学習でき、基礎レベルから最難関の大学レベルまで講座が組まれ、教材も無料でダウンロードできます。

自分のペースで進めるのが難しい、という人には学習プランや勉強をサポートしてくれるコーチがつく、合格特訓コース(9,800円+税/月)もおすすめです。

塾通いと比較すると…

  • 塾通いだと年間約50万円
  • 某大手予備校の通信講座だと年間約40万円
  • スタディサプリだとベーシックコースで年間約1.6万円→2.6万円、合格特訓コースで約13万円

スタディサプリ高校・大学受験講座のコース

スタディサプリの動画授業は5教科18科目、4万本がすべて見放題です。高校講座、大学受験講座ともに3つのレベルに分かれており、さらにセンター対策講座、志望校対策講座も準備されています。

高校講座
(高1・2)
ベーシックレベル(教科書・基礎から)
スタンダードレベル(国公立・私立大学)
トップレベル(最難関国公立、最難関私立大学)
大学受験講座
(高3・高卒)

スタンダードレベル(国公立・私立大学)
ハイレベル(難関国公立・難関私立大学)
トップレベル(最難関国公立、最難関私立大学)

スタディサプリの大学合格実績

スタディサプリの大学合格実績です。塾・予備校に通わずスタディサプリだけで合格できた!という声も多く寄せられています。

主要国公立大学合格実績(2019年度)

東京大学・京都大学・一橋大学・大阪大学・東京工業大学・九州大学・名古屋大学・神戸大学・東北大学・北海道大学・千葉大学・横浜国立大学・筑波大学・広島大学・岡山大学

主要私立大学合格実績(2019年度)

早稲田大学・慶應義塾大学・上智大学・東京理科大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学・日本大学・学習院大学・関西学院大学・関西大学・同志社大学・立命館大学

\3月度新規入会特典は4/5まで!/


受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

▼スタディサプリの評判について知りたい方はコチラの記事も

参考:スタディサプリ高校講座・大学受験講座ってどう?評判も調査!

自宅学習での大学受験対策におすすめ「進研ゼミ」

通信教育といえば「進研ゼミ」を連想する人が多いかと思われます。これを読んでいる保護者の方でも高校時代進研ゼミを利用した、進研ゼミだけで大学受験を乗り切ったという方もいることでしょう。

上のCMにもあるように今の時代らしくスマホアプリでも勉強でき、わからない問題を聞いたり、オンラインスピーキングも利用できるようになっています。

進研ゼミは高1・高2講座で3教科(実質5教科)で9,000~10,000円台、大学受験講座(新入試基本講座+3教科)で1か月あたり10,000~11,000円台で受講できます。

\総復習特典(3/25まで)/


進研ゼミ3つのポイント

  • 豊富な教材、アプリで学習をサポート!
  • きめ細かい添削指導あり!
  • 志望校レベル別教材で合格目指す!

進研ゼミといえば毎月届く豊富な教材と添削指導です。必ずしもすべてをやり切る必要はなく、うまく必要なものを活用するのがおすすめです。

  • チャレンジ
  • チャレンジ別冊 授業理解サポートシリーズ
  • 思考力・判断力・表現力が身につくワーク
  • 定期テスト予想問題集
  • 定期テスト必勝 実技教科暗記BOOK
  • 要点確認・暗記BOOK
  • トライアル模試
  • 共通テスト型模試
  • 英語4技能検定リハーサルBOOK
  • 英語4技能検定実戦リハーサル
  • 共通テスト予想問題
  • 合格への傾向対策(志望大別)
  • 合格への100題
  • 記述力UP添削課題
  • 入試基礎固め!するする暗記シリーズ

その他にも多数のテキストが届き、

  • 予習・復習効率UP
  • 定期テストよく出る基礎

といった各高校・教科書に合わせたアプリの他、家で受けられる模試やオンラインスピーキング、推薦入試対策教材もあります。

進研ゼミ高校・大学受験講座のコース

進研ゼミ高1・2講座は標準コース・難関コース・最難関コースの3つに分かれ、大学受験講座(高3・高卒)は7つの合格プランを準備、志望校別で対策できる講座内容になっています。

高1・2講座 標準コース・難関コース・最難関コース
大学受験講座
(高3・高卒)
【7つの合格プラン】

東大・京大/難関国公立/国公立スタンダード/早慶上智/難関私大/私大スタンダード/受験ベーシック

進研ゼミの大学合格実績

進研ゼミ受講者の現役合格実績(2019年度)は、3年連続国公立大学が6,000名(東大・京大137名)、私立大学が20,000名、推薦・AO入試でも5,000名、多数の実績を出しています。

主要大学合格実績 現役合格者数(2019年度)

東大・京大 137名 旧帝大 725名
早慶上理 854名 MARCHG 1,803名
関関同立 1,668名 日東駒専 1,459名
産近甲龍 1,061名

進研ゼミ会員の1.4人に1人は塾や予備校に通わず現役合格というデータもあり(進研ゼミ調べ)、大学受験対策に進研ゼミは頼りになる教材&サポートだといえるでしょう。

\教科書・志望校にもピッタリ!無料資料請求はコチラ!/

▼進研ゼミの評判に関して知りたい方はコチラの記事も

参考:進研ゼミ高校講座で大学受験は万全?講座内容と実績・評判検証!

自宅学習での大学受験対策におすすめ「Z会の通信教育」

難関大学受験対策といえばZ会です。東大・京大など旧帝大、早慶上智をねらっている人なら、Z会の通信教育がおすすめです。

Z会は累計東大合格者数No.1の80,527人です。(1974年~2019年 Z会調べ)

上のCMにもあるように、丁寧な添削指導も定評があります。

2020年に「Web教材授業アシスト」が新しく採用、学校の授業の予習・復習や定期テスト対策もスマホでできるようになりました。

\春の新学年準備プレゼント中!/


Z会3つのポイント

  • 最難関大学の合格者数実績
  • 厳選された良問と充実の添削指導
  • 1講座から効率よく受講できる

Z会の受講料は本科で1講座(教科)1か月あたり4,000~5,000円台になります。Z会は通信教育以外にもオンライン個別指導、映像授業、教室指導などさまざまな教育サービスを提供しています。

Z会高1・2講座と大学受験講座のコース

Z会高1・2生本科はiPadスタイルとテキストスタイルがあります。Z会高1・高2講座はの3つのレベルに分かれています。

Z会大学受験講座はテキストと動画授業で学習、東大コース・京大コース・医学科コース・難関国公立コース・早慶コース・難関私大コース・標準国公私大コースの7コースが準備されています。

高1・2講座 標準レベル・難関レベル・最難関レベル
大学受験講座
(高3・高卒)
東大コース・京大コース・医学科コース・難関国公立コース・早慶コース・難関私大コース・標準国公私大コース

Z会の大学合格実績

Z会の2019年度東大合格者数は967名(累計80,527名)、京大948名、 医学部医学科が1,353名でした。東大の入学者数(約3,000名)の約3分の1がZ会出身者(*)、難関大に強いZ会と言われるゆえんです。

主要大学合格実績(2019年度)*

東京大学 967名 京都大学 948名
北海道大学 408名 東北大学 355名
名古屋大学 290名 大阪大学 618名
九州大学 302名 一橋大学 224名
東京工業大学 206名 早稲田大学 2,185名
慶應義塾大学 1,574名

*Z会全体の合格実績。オンライン授業・映像・教室・提携塾など通信講座以外も含まれています。

Z会の資料を請求すると、学習に役立つ特典冊子が無料でもらえます。

’20 春の新学年準備プロジェクト:資料請求で以下の冊子をプレゼントします

『レベルチェック付き!英語4技能を伸ばす本』

『東大入試徹底解剖』/『京大入試徹底解剖』(希望者)

さらに各学年で次の問題集をプレゼント!

・新高1生 →『中学範囲復習ドリル』(英数国の重要ポイント)

・新高2生 →『高1範囲一問一答集』(英数国の一問一答)

・新高3生、大学受験生 →『受験英語問題集』(受験に向けて実戦力強化)

\春の新学年準備プレゼント中!/

▼Z会通信教育の評判、くわしい料金について知りたい方はコチラの記事も

参考:【高校生・大学受験】Z会の通信教育だけで大丈夫?評判・口コミ・料金

大学受験におすすめな通信教育まとめ

コストパフォーマンスが良く、実績もある通信教育3つを見てきました。選ぶポイントごとに3講座を比較してみました。

費用
スタサプ ★★★★★
進研ゼミ ★★★★☆
Z会 ★★★☆☆
教科
スタサプ 5教科18科目
進研ゼミ 5教科16科目(新入試基本講座)
Z会 1科目から
合格実績(大学のレベル)
スタサプ ★★★☆☆
進研ゼミ ★★★★☆
Z会 ★★★★★
評判の良さ
スタサプ ★★★★★
進研ゼミ ★★★★★
Z会 ★★★★★
教材の内容・充実度
スタサプ ★★★★★
進研ゼミ ★★★★★
Z会 ★★★★★
映像授業の有無
スタサプ あり(メイン)
進研ゼミ あり
Z会 あり
入試情報の提供の有無
スタサプ あり(公式サイトにて)
進研ゼミ あり
Z会 あり

教材の内容・充実度はすべて5つ星にしましたが、各講座で内容・サービスはかなり異なるものとなっていますので、サイトや資料をご確認の上、一番合っているものを選んでいただければと思います

やる気がある程度あり、意識高い系の高校生には通信教育が合うと思います。一人で机に向かえない!タイプは塾や予備校に通った方が効果的でしょう。

講座内容・教材の特性とコースやレベルを確認の上、お子さんに合った通信教育教材を活用するのがおすすめです。

▼基礎から難関大対策まで、映像授業でスキマ時間も学習できる「スタディサプリ」

▼テスト対策から難関大受験まで対応の通信教育「進研ゼミ」

▼良質な問題ぞろい!東大・京大・早慶など難関大受験といえば「Z会」

家庭学習カテゴリの最新記事