通信教育だけで大学受験!?おすすめ3選比較【進研ゼミ・Z会・スタディサプリ】

通信教育だけで大学受験!?おすすめ3選比較【進研ゼミ・Z会・スタディサプリ】

教育費はかけた方が良いとよく言われますが、大学受験に高額な塾・予備校代をかけるのは厳しくためらわれるというご家庭も多いのではないでしょうか。

日本政策金融公庫が2020年03月11日に発表した「教育費負担の実態調査結果」によると、高校入学から大学卒業までにかかる1人あたりの教育費用平均が939万円ということです。

高校入学~大学卒業までにかかる教育費用(カッコ内は大学の費用)

国公立大学 748.1万円(499.4万円)
私立大学文系 965.7万円(717万円)
私立大学理系 1070.4万円( 821.7万円)

参考:日本政策金融公庫 教育費負担の実態調査結果

大学に4年間通えば入学金と授業料その他の費用で国公立でも500万円、私立大文系で720万円、理系で820万円。医学部なら6年間で2~3千万円はゆうにかかってしまいます。

有名塾や予備校ではそこにしかないノウハウや、直接対面で教えられる良さもありますが、月額何万円とかかります。

通信教育教材なら月額数千円からで利用でき、教育費をかなり抑えられます。塾との併用も可能な価格帯です。

そこで今回は大学受験向けの通信教育講座のおすすめ、「スタディサプリ」「Z会」「進研ゼミ」の3つをご紹介します。合格実績があること、評判が良いこと、コスパが良いこと、の3点を基準に選びました。

※ スタディサプリは動画授業をメインとしたオンライン学習ツールで従来型の通信教育講座とは別物ですが、各通信教育でも動画授業を導入したりその区別があいまいになってきているため、ここでは通信教育のグループに入れています。

  • 「メリットはわかるけれど通信教育だけでも大丈夫?」
  • 「大学受験におすすめな通信教育って?」
  • 「通信教材のレベルや大学合格実績を知りたい!」
  • 「それぞれの違いを知りたい」

という大学受験を控えている高校生のお子さんがいるご家庭に、おすすめの内容となっています。

通信教育だけで大学受験は大丈夫?

通信教育は費用面以外でも、教室に通う必要がないこと、好きな時間に勉強できるのが大きなメリットですが、次のようなデメリットがあります。

通信教育のデメリット

  • モチベーションが高くないと勉強が進められない
  • 誰かの説明がないと進められない
  • わからないところがあってもその場で質問できない

通信教育は基本的に一人で勉強するものです。幼稚園~小学校低学年のお子さんだと親御さんが一緒に見てあげたりするのは普通のことですが、さすがに高校生ともなると難しいです。

そのため勉強を一人で進めるのがどうしてもできない、中学時代も塾に通わないとどうしても勉強できなかった…(家では無理)という高校生にはあまりおすすめできません。

また誰かが解説をしてくれないとテキストの解説を見ても理解できなかったり、わからないところがあればすぐ質問できるような環境ではないと勉強が進められないという人にも不向きです。

ただし、最近の通信教育は映像授業を取り入れたり、質問がOKなところもあります。かつての通信教育のデメリットが解消されてきています。

目標も定まっていなくてフワフワしている…というお子さんには通信教育は不向きですが、志望大学や学科もすでにある程度決めていて、モチベーションが一定以上あるお子さんなら通信教育もおすすめです。

通信教育の合格実績もスゴイ!

今回紹介する通信教育は大学合格実績もしっかり積み上げています。筆者の周りでも通信教育だけで東大理(Z会)、国立大(進研ゼミ)に現役で合格した人がいますが、特にZ会に関しては大手予備校の合格者数に引けを取りません

Z会(通信教育)と大手予備校の東大・京大・早慶合格者数比較(2020年度)

名称 東大 京大 早稲田 慶應
Z会(通信教育) 1,161 923 2,261 1,606
駿台予備校 1,373 1,473 4,028 3,019
東進 802 451 2,881 1,755
河合塾 1,313 1,329 5,919 3,235

教材を買っただけで何もやっていなければもちろん成績は上がりませんが、これは塾でも同じことが言えます。

各通信教育の特徴を把握して選ぶのがポイント

通信教育で大学受験を成功させるには、お子さんに合った通信教育選びをすることがポイントとなります。

教材の特性と、志望大学のレベルも考慮して選ぶのがおすすめです。評判が良いから…といって利用するお子さんに合うとは限りません。

通信教育を選ぶポイント

  • 費用
  • 教科
  • 合格実績(大学のレベル)
  • 評判の良さ
  • 教材の内容・充実度
  • 映像授業の有無
  • 入試情報の提供の有無

また、お通いになっている高校の授業内容との相性もあるでしょう。

学校でも映像授業を利用していてより高いレベルの勉強を進めたいなら、志望校に合わせた紙ベースの通信教材が合うでしょう。

実績ある特進クラスに在籍していて勉強が難しすぎるなら、基本からしっかり学べる映像授業教材が良いです。

今回大学受験におすすめの通信教育としてあげているのが「進研ゼミ」「Z会」「スタディサプリ」の3つです。

進研ゼミ・Z会・スタディサプリ比較!

  • 進研ゼミ … ワークと5教科アプリでテスト対策・入試対策。1教科受講でもデジタル教材が使い放題。
  • Z会 … 難関大といえばココ。教材の質の高さに定評、’20年は京大入試問題が的中。
  • スタディサプリ… 有名講師の映像授業が主体、コーチつきの合格特訓コースあり。コスパ良し。

通信教育だけで大学に合格できた!という声も多く寄せられている進研ゼミ・Z会・スタディサプリの3つを、月あたりの料金(12か月一括払い)・教科・合格実績・教材(紙のテキスト・映像授業)の充実度・入試情報・サポート面で比較してみました。

通信教育 進研ゼミ Z会 スタサプ
月あたり料金 1科6,180円*~ 本科1科4,444円*~ 全教科1,815円*~
(合格特訓)10,780円
教科 1教科からOK 1教科からOK 全教科(1教科でも料金は一緒)
合格実績  ★★★★☆ ★★★★★ ★★★☆☆
教材 ★★★★★ ★★★★★  ★★★☆☆
映像授業 ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★★
入試情報 あり あり あり(サイトで公開)
質問 OK OK 合格特訓のみ

*12か月一括払い、月あたりの料金

進研ゼミやZ会はスタディサプリと比較すると受講料が高く感じられますが、その分進研ゼミやZ会は教材が充実、サポートも手厚い印象です。

進研ゼミは中堅~難関大と幅広く対応、共通テストで8割目標、定期テスト対策も充実しています。サボりやすい人にもモチベを維持できるようサポート。(1教科受講でもデジタルツールは5教科対応)

トップクラスの難関大を目指してるならZ会です。学校の定期テストは余裕、進学校の授業や塾では物足りない、ハイレベルで意識が高い高校生におすすめです。

割と学校が(特進コースなど)受験対策を手厚くやってくれる、動画授業だけ塾・予備校と併用して使いたい、コスパの良いツールが良い高校生には、スタディサプリがおすすめです。

進研ゼミ高校講座・大学受験講座

\資料&おためし教材はコチラから!/

進研ゼミ高校講座・大学受験講座

標準・難関・最難関授業対策重点・大学進学総合・難関大挑戦・最難関大突破志望大レベル別プラン

  • 1教科×2か月からOK!
  • 1教科受講でもデジタル教材5科OK
  • 共通テストで8割目指せる
  • オンライン受講無料
  • 資料請求でおためし教材プレゼント

進研ゼミはテキストを中心にスマホアプリやオンライン授業で学習をサポート。高校講座(高1・2)はレベル・目的別、大学受験講座(高2の1月~高3)は志望大学レベル別のコース・プランがあります。

進研ゼミ5つのポイント

  • 1教科の受講でもデジタル教材5教科が使い放題
  • リアルタイムのオンライン授業(チャットで質問OK)
  • 志望大レベル別教材で合格目指す
  • 教科質問サービス(24時間スマホで質問OK)
  • プロのアドバイスで記述力養成

デジタル教材(5教科)には予習復習効率UPアプリ、映像講義、定期テストよく出るアプリ、デジタルレッスン(PC、タブレットのみ)などがあり、1教科受講でも使い放題です。

スマホに教科書のページをかざすだけで各単元の重要ポイントが表示される予習復習用のアプリは、日々の学習とテスト対策にピッタリ。

数学の映像授業とAI出題の問題演習ができるアプリ「AI StLike(ストライク)」も追加受講費無料で利用できます。

オンライン授業ではチャットでの質問OK、わからない問題を質問できるサービスもあり。大学受験講座は共通テスト完全対応テキストと予想問題で8割を目指します。

進研ゼミ高校・大学受験講座の講座とコースと受講費

進研ゼミ高1講座は1~3教科(5教科)までで標準・難関・最難関の3つのコース、高2講座は志望大レベル(文理別)に、高2の1月からは7つの志望大レベル別プランを提供しています。

高1講座 1教科・2教科・3教科(5教科対応)×3つのコース(標準・難関・最難関)
高2講座 1教科・2教科・3教科(5教科対応)×4つのプラン(授業対策重点・大学進学総合・難関大挑戦・最難関大突破)
高3講座 新入試基本講座(+個別試験対策1~8科目)×7つのプラン(東大京大・難関国公立・国公立スタンダード・早慶上智・難関私大・私大スタンダード・受験ベーシック)

※3教科受講で理・地歴の追加受講費が不要

進研ゼミは1教科2か月から受講が可能です。

’21年度の受講費は、高1講座1教科月あたり6,180円から、高2講座月あたり6,380円から、高3生は月あたり9,480円から受講できます。(税込、12か月分一括払いを利用の場合。)

高校講座は3科目受講でも5教科対応、大学受験講座は科目が増えるごとに料金があがりますが、8科目でも12か月一括払いなら月あたり14,280円(年間合計171,360円)です。

進研ゼミの大学合格実績

進研ゼミ受講者の現役合格実績(2020年)は国公立大学が8,322名(東大・京大163名)、私立大学が31,039名、推薦・AO入試でも9,540名と、昨年よりもさらに合格者数を増やしています。

主要大学合格実績 現役合格者数(2020年)

東大+京大 163名・旧帝大 856名・早慶上理 1,046名・MARCHG 2,407名・関関同立 2,132名・日東駒専 2,053名

進研ゼミの評判

進研ゼミだけで大学に合格できたという声も(データ通りですが)多数見かけられます。大人になってからも進研ゼミで自己管理したことが役に立っているという声もありました。

進研ゼミだけでも難関大に合格することは可能、でもやはり適性はあるようです。マンガだけ読んじゃうという高校生にはもちろん向いていないです…。

2か月から受講可能なので試しに短期間取り組んでみるか、資料だけ取り寄せてみるのもおすすめです。体験教材も無料でもらえます。


Z会の通信教育 高1・高2講座・大学受験講座

\資料&おためし教材はコチラから!/

Z会

iPadスタイルテキストスタイルAsteria志望大学別コース

  • 良問と添削指導で記述力強化
  • 志望大別対策と共通テスト対策
  • 1講座から受講OK
  • 資料請求で特典冊子プレゼント

難関大学受験対策といえばZ会です。通常の教材では物足りない、物東大・京大など旧帝大、早慶上智をねらっているハイレベル高校生なら、Z会の通信教育がおすすめです。

Z会は累計東大合格者数No.1の80,527人です。(1974年~2019年 Z会調べ)

Z会といえば教材の質の高さに定評があります。2020年度の京大入試問題(国語)に出題された問題の出典全文が、Z会の教材に掲載されていた問題出典と全く同じ内容でした。

上のCMにもあるように、丁寧な添削指導も定評があります。

2020年に高1・高2講座で「Web教材授業アシスト」が新しく採用、学校の授業の予習・復習や定期テスト対策もスマホでできるようになりました。

Z会5つのポイント

  • 最難関大学の合格者数実績
  • 厳選された良問と充実の添削指導
  • 1講座から効率よく受講できる
  • 映像授業・Web教材アシストで基礎固め
  • 疑問点はWebで質問OK

Z会の受講料は本科で1講座(教科)1か月あたり4,000~5,000円台になります。Z会は通信教育以外にもオンライン個別指導、映像授業、教室指導などさまざまな教育サービスを提供しています。

Z会高1・2・大学受験講座のコースと受講費

Z会高1・2生(本科)はiPadスタイルとテキストスタイルがあります。iPadスタイルだと映像教材・添削問題がiPadのアプリに配信され、学習の進捗状況もわかりやすくなります。

受講講座にかかわらず、英数国のテスト対策に役立つWeb教材アシストが利用できます(特講は除く)。

高1・2講座

本科
  • 高校コース 英数国 …3つのレベル(最難関・難関・標準)
  • 高校コース理科地歴
  • 高2実戦(東大・京大・医学科)
専科
  • 特定分野の対策(リスニング・ライティング・小論文など)
  • 東大入試対策
  • 徹底復習
  • 分野別攻略コース
  • Asteria(英語4技能)

受講費はiPadスタイルだと本科(英・数・国・理・地歴)1講座1か月あたり4,444円から、テキストスタイルで本科1講座1か月あたり4,530円からです。(※ 12ヶ月一括払いの月あたりの料金、税込)

専科に英語4技能対策ができるAsteriaも加わりました(iPadでの受講)。

Z会大学受験講座はテキストと動画授業で学習、東大コース・京大コース・医学科コース・難関国公立コース・早慶コース・難関私大コース・標準国公私大コースの7コースが準備されています。

大学受験講座(高3・高卒)

本科 東大コース・京大コース・医学科コース・難関国公立コース・早慶コース・難関私大コース・標準国公私大コース
専科
  • 共通テスト攻略演習
  • 受験小論文シリーズ
  • 東大/京大即応演習(英数国)
  • 分野別攻略コース
  • (高卒生向け)ハイグレード実戦演習

Z会大学受験講座の受講費は本科で1講座だと、標準国公私大コースで月あたり4,530円から、東大・京大他難関大のコースで月あたり5,082円からとなっています。(※ 12ヶ月一括払いの月あたりの料金、税込)

Z会の大学合格実績

2020年度はZ会通信教育受講者の東大合格者数は1,161名(前年930名)京大923(前年932名)、 早稲田2,261名(前年2,022名)、慶應義塾大1,606名(前年1,422名)でした。

東大の入学者数(約3,000名)の約3分の1がZ会の通信教育受講者ということです。

主要大学合格実績(2020年)

東京大学 1,161名・京都大学 923名・北海道大学 429名・東北大学 425名・名古屋大学 298名・大阪大学 559名・九州大学 324名・一橋大学 240名・東京工業大学 229名・早稲田大学 2,261名・慶應義塾大学 1,606名・東京理科大学 1,866名

Z会員(映像授業・教室本科生なども含む)全体では、医学部医学科の合格者数が1,484名(前年1,353名)でした。

Z会の評判

Z会は親御さん世代で使われていた方も多いでしょう。Z会だけでも大学に合格したという声はよく見かけられます。お子さんにも使わせているという声もありました。


丁寧な添削指導に感動の声も。昔も今もですが、問題をためてしまう…という声もありました。苦手教科は解説中心に、得意教科はフル利用したという人もいます。うまく使っていくのがポイントですね。



スタディサプリ高校・大学受験講座

\14日間無料おためし/

スタディサプリ

ベーシックコース合格特訓コース

  • 月額1,980円(税込2,178円)
  • 5教科18科目、4万本以上の授業動画
  • コーチつき合格特訓コースあり
  • テキスト無料でダウンロードOK
  • 14日間無料体験できる



スタディサプリ(ベーシックコース)は月額2,178円(12か月一括払いで21,780円、月あたり1,815円)でプロ講師による5教科の動画授業が見放題になります。

ダウンロード教材は無料。関先生を始め有名講師の「神授業」がわかりやすいと評判です。

スタディサプリ5つのポイント

  • 月2,178円~と圧倒的な安さ
  • プロ講師の4万本の映像授業
  • 教材も無料でダウンロード
  • 一般の国公立・私立大学~最難関国立大まで対応
  • 担当コーチつきのコース「合格特訓コース」もあり

自分のペースで進めるのが難しい、という人には学習プランや勉強をサポートしてくれるコーチがつく、合格特訓コース(月額10,780円)もおすすめです。

現役難関大コーチがチャット形式で志望校に向けた学習プランと学習の進め方を個別に指導、勉強でわからないところは月10問まで科目質問に対応しています。

塾通いの料金と比較すると…

  • 塾通いだと年間約50万円
  • 某大手予備校の通信講座だと年間約40万円
  • スタディサプリだとベーシックコースで年間約2.6万円、合格特訓コースで約13万円

ベーシックコースなら特定の科目だけ個別指導塾で通ったり、予備校との併用で利用しても家計の負担になりにくいです。

スタディサプリ高校・大学受験講座のコース

スタディサプリの動画授業は5教科18科目、4万本がすべて見放題です。高校講座、大学受験講座ともに3つのレベルに分かれており、さらにセンター対策講座、志望校対策講座も準備されています。

高校講座
(高1・2)
ベーシックレベル(教科書・基礎から)
スタンダードレベル(国公立・私立大学)
トップレベル(最難関国公立、最難関私立大学)
大学受験講座
(高3・高卒)

スタンダードレベル(国公立・私立大学)
ハイレベル(難関国公立・難関私立大学)
トップレベル(最難関国公立、最難関私立大学)

スタディサプリの大学合格実績

スタディサプリの大学合格実績です。塾・予備校に通わずスタディサプリだけで合格できた!という声も多く寄せられています。

主要国公立大学合格実績(2020年度)

東京大学・京都大学・一橋大学・大阪大学・東京工業大学・九州大学・名古屋大学・神戸大学・東北大学・北海道大学・千葉大学・横浜国立大学・筑波大学・広島大学・岡山大学

主要私立大学合格実績(2020年度)

早稲田大学・慶應義塾大学・上智大学・東京理科大学・明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学・日本大学・学習院大学・関西学院大学・関西大学・同志社大学・立命館大学

スタディサプリでは毎年合格祝賀会を行っています。2020年、2021年は残念ながらコロナの影響でオンラインになりましたが…それでも盛り上がった様子です。こういうサポート・つながりがあるのも良いですね。

スタディサプリの評判

ツイッターやYouTubeのコメントでも、スタディサプリのおかげで合格できた!という声がよく聞かれます。塾にも頼らず大学に合格できたという声も。

スタディサプリは動画授業がわかりやすいという口コミが多数あります。合格特訓コースを受講しているという高校生やその保護者の方の声もありました。

もちろん学校での勉強内容、家庭学習で利用している教材によっては、「スタディサプリだけでは物足りない」と感じる高校生もいるでしょう(そういう声も時々見かけられます)。

スタディサプリでは14日間のおためし期間がありますので、利用してみて良かったら継続、イマイチだったら無料期間内の解約してしまえば費用がかかりません。

\14日間無料でおためしできる/


合格特訓コースの無料体験でスターターキットがもらえます

画像は公式サイトより。

キャンペーン時は12か月一括払いで実質月額がさらにお安くなることも。



まとめ

通信教育だけで大学受験をするのにおすすめな通信教育・教材をご紹介してきました。合いそうなものは見つかりましたでしょうか。

大学合格実績も大事ですが、講座内容・教材の特徴と、コース・レベルが合った通信教育教材を利用するのがおすすめです。

テスト対策から難関大受験まで対応!日頃の学習スケジュールも教えてくれる「進研ゼミ」

良質な問題ぞろい!東大・京大・早慶など難関大受験といえば「Z会」

14日間無料体験あり、映像授業でスキマ時間の学習にもおすすめな「スタディサプリ」