【タブレット教材】小学生の先取り学習・中学受験準備のおすすめ4選を紹介【口コミあり】

【タブレット教材】小学生の先取り学習・中学受験準備のおすすめ4選を紹介【口コミあり】

小学生のお子さんがいるご家庭向けに、先取り学習はおすすめなのか、また先取り学習するならどんなタブレット教材がおすすめなのか、塾講師がまとめました。(小学生の指導は学校の補習から中学受験まで行ってます)

今やっている勉強の内容じゃ物足りないみたい、先取り学習させてみようかな…

中学受験するかもしれないので、早めに勉強を進めておきたい

タブレットとかで気軽に先取り学習するのにいい教材って?

というご家庭におすすめの内容となってます。

小学生の先取り学習のメリットと注意点【タブレットがおすすめなワケ】

先取り学習をすることで、次のようなメリットがあります。

  • 学校や塾で新しい単元に入っても進めやすい
  • わからないことが少なく、自信になる
  • 得意なところ、好きなことを伸ばせる
  • 中学受験・中高一貫対策の勉強で負担が減る

もしかしたら中学受験するかもしれない・・・というご家庭にも、先取り学習の貯金が受験で役立つことがあるでしょう。中学受験のカリキュラムでは特に算数は4年生までに小学校の計算内容を終わらせ、難しい文章題や図形にも取り組んでいきます。受験勉強のスタートが遅れても先取り学習をしておくとスムーズに進めやすいです。

中学受験をしなくても、高校受験でも計算や英語の勉強を進めていた人は(きちんと勉強した内容を理解していれば)優位に立てるでしょう。

注意点としては、嫌がるお子さんに先取り学習を無理やりやらせるのはおすすめしません。お子さんの適性も見て判断が必要です。勉強を楽しそうに進めている、勉強してることをすぐに理解できている(物足りなさそう?)・・・なら先へ進めてOKでしょう。(嫌がるお子さんに難しい教材を無理に押し付けるのはNGです)

またお子さんにとって適切な問題の取捨選択、適切な先取りも大事。学年が上がっていくと勉強の内容が難しくなり、最初は先取り学習を楽しめていたお子さんもだんだん元気がなくなってしまいます。

タブレット教材での先取りがおすすめ

先取り学習は意欲高めなお子さんにメリット大です。ただし進め方には注意が必要。お子さんの学力を伸ばし、学習意欲を損なわないためにも、先取り学習では適切なペースで、適切な問題を進めることが重要です。

そこで小学生の先取り学習に、タブレット教材がおすすめ。紙ベースの教材だと学年が上がると問題の難易度がグンと上がってお子さんも進めにくく、家の人がつきっきりにならないと厳しくなってきます。

タブレット教材なら自動的にお子さんに最適な問題を出題してくれたり、楽しく学習できるようなしくみが採用されています。特に小学生の先取り学習にピッタリでしょう。

小学生の先取り学習・中学受験におすすめなタブレット教材4選を紹介【口コミあり】

PR

小学生向けの先取り学習ができるタブレット教材を4つ厳選しました。

  • RISU算数 →算数特化、専用タブレットを使用。中学受験準備講座あり、利用者に有名私立中合格者多数(月あたり2,750円+利用料0円~9,350円)
  • すらら → 対話型アニメーションとコーチのサポートつき、中学・高校内容も先取り可能(月額8,228円~)
  • スタディサプリ → プロ講師の動画授業+テキスト、中学受験基礎講座、中学・高校内容の先取りができる(月あたり1,815円~)
  • デキタス → アニメーション学習でさきどり学習もできる(月あたり3,300円)

中学受験生に選ばれているのRISU算数。お子さんの理解度にあわせた最適な問題を出題。SAPIX模試で1位を出したというお子さんたちも。開成、麻布、早稲田、筑波大付属などの難関中にも合格者を出しています。算数の先取りにも苦手克服にもおすすめ。

多くの塾でも採用されてるすららはアニメーションで学べる教材。やり方を覚えれば低学年のお子さんでも1人で勉強を進めやすいのがメリット。ゲーム感覚で勉強を進められ、すららコーチのサポートも。将来の高校受験対策、検定試験対策に。PCもOK。

プロ講師の授業が見放題のスタディサプリはわかりやすい授業で中学・高校の内容まで予習できます。対象は4年生から。PC、スマホもOK。

デキタスは女の子が好きそうなかわいいキャラクターを採用、アバター(着せ替え)機能があったり遊び要素多め。お手頃に利用したいご家庭向け。PCもOK。

RISU算数(先取り・中学受験準備にオススメ)

小学生向けのRISU算数(年中後半~年長向けはRISUきっず)は算数に特化したタブレット教材です。1人1人の学習レベルや理解度に合わせて問題が出題され、動画授業の解説もついています。お子さんの理解度にあわせた先取り学習ができます。

RISU算数には中学受験基礎コースもありますが、SAPIX、四谷大塚、浜学園といった大手中学受験進学塾の模試で全国1位をとったRISU算数ユーザーのお子さんも多数。さらに、開成・麻布・渋谷教育学園渋谷・早稲田・筑波大附属などの難関私立中にも合格者を出しています。中学受験予定のお子さん、算数を強化したいお子さんにおすすめなタブレット教材です。

対象 小学1年~6年
科目 算数(小学校・中学受験基礎)
料金 基本料:年額一括12ヶ月分33,000円 (月あたり2,750円)/利用料:0~9,350円(クリアステージ数に応じて)※中学受験基礎コースは利用料+1,980円/タブレット費用:無料
特徴
  • 学習データ分析機能で最適な問題を出題
  • 東大・早慶チューターの解説動画つき
  • 難関中合格者・進学塾模試上位多数
  • 解約後タブレットの返却不要
支払方法 クレジットカード

RISU算数では基本料に加えて、利用料がクリアステージ数(毎月の平均)に応じて毎月かかります。ステージは最初の実力テストでどこからスタートするか決まります。

実力テストでできたクリアできていると見なされたステージの問題を、復習で使っても利用料はかかりません。(実力テストでステージをたくさんクリアすれば、その分利用料が少なく済むことに。)専用タブレットが必要ですが、タブレット代は無料です。返却も不要。

無学年制のRISU算数を小学1年生の次男が受講しています。開始1ヶ月で図形の分野は3年生の単元まで終了しました。計算問題よりも図形の方が楽しいとのことで、計算系の問題はゆっくり進んでいますが、思いの外、先取り学習が順調に進むので驚きます。RISU算数は予想以上に凄い教材です。

引用:Twitter

RISU算数では、つまずいている部分があると親にもメールが届くため、どこが苦手なのか親も認識しやすく、子ども一人でも安心して学習させることができています。

また、ただ問題を解かせるだけではなく、苦手な部分は解説動画を送っていただける点も、とても助かっています。

引用:RISU公式ブログ

RISU算数を楽しく取り組んで先取り学習が順調に進んでいる、お子さんのつまずきがあるとメールで保護者も把握でき、解説動画もあるのが良いという声も寄せられていました。

’21年10月時点でRISU算数では50名限定で1週間のお試しキャンペーンを実施中です。(満足できなかった場合1週間以内に返品すればOK、1,980円の手数料がかかります。)
※キャンペーンは上限に達し次第予告なく終了することがあります。

※お申し込み込みの際は、↓リンク先記載のクーポンコードをご記入ください。

【限定50名様】1週間お試しキャンペーン中

すらら(先取りにオススメ)

すららは小学生~高校生を対象にした、無学年式の対話型アニメーション教材です。全国650の学習塾・110の学校で採用されています。

とっているコースの範囲内であれば、どの学年のどの教科も受講できます。ゲーム感覚で進められるのが特徴です。タブレットでもPCでも利用可能です。

対象 小学1年~高校3年
科目 国語・算数・理科・社会・英語
※理科・社会は小3~中3
料金
  • 小中コース(国英)・小学コース(国算理社月額8,228円~8,800円
  • 小中コース(国算英社理)月額 10,428円~10,978円
  • 入会金:11,000円/5教科コース:7,700円
特徴
  • 無学年式
  • 対話形式のアニメーション動画
  • ドリル機能、質問機能あり
  • すららコーチつき
  • まとめプリント教材あり
支払方法 クレジットカード決済

ゲーム感覚で取り組めるというのもあり、毎日継続しやすいようです。


お子さんが楽しく学習を進められているという声も多いすららの公式サイトで、すららを無料体験することができます。

スタディサプリ小学講座(先取り・中学受験準備にオススメ)

\14日間の無料おためし体験つき/

「スタサプ~」のCMでもおなじみのスタディサプリの小学講座は4年生から対応、学校レベルの基礎講座に加え、中学受験基礎レベルの応用講座もあります。(中学・高校講座も視聴可能。)

プロ講師による動画授業は他の動画授業よりもわかりやすいと好評です。PC、スマホでも視聴OK

何より月額2,178円だけでどの教科でもどの学年でも授業が見放題、教材も無料というコスパの良さが魅力です。1年プランだと2か月分お得、月あたり1,815円に。

対象 小学4年~高校3年
科目 国語・算数・理科・社会(英語)
料金 月額2,178円/12か月一括プラン21,780円(月あたり1,815円)
特徴
  • プロ講師による動画授業
  • 問題は無料でダウンロード
  • テキスト冊子も無料でもらえる
  • 14日間無料で体験できる
  • コインをためてゲームができる(サプモン)
支払方法 クレジットカード・キャリア・コンビニ・App Store決済(※)

無料体験ができるのはクレジットカード決済のみ。

勉強を頑張った分ポイントがたまると「サプモン」というゲームで遊べるのも小学生にはちょっとしたお楽しみになります。

ただし授業自体にはゲーム要素がありませんので(プロ講師のしっかりとした授業)、その点合わないお子さんも中にはいらっしゃるかもしれません。

(板書の授業だと眠くなる…というお子さんはすららデキタスの方が合いそうです。)

評判を見るとわかりやすく、楽しく勉強を進められているという声も多いようです。

スタディサプリは新規登録で14日間の無料体験つき、無料期間内に解約すれば費用はかかりません。興味のある方はお試しになってみてはいかがでしょうか?

\14日間無料でおためし/

デキタス(先取りにオススメ)

デキタスは有名塾(城南予備校・城南コベッツ)の運営会社がつくった小・中学生対象のweb教材です。

解説授業もドリルもタブレットやPCで完結、楽しく勉強を進められる仕組みが満載です。

ポップなキャラクターデザインが特徴的

アニメーションの授業→○×チェックとまとめ問題→チャレンジ問題の3ステップで、各単元の理解を深められます。ドリルはゲーム感覚でできるので楽しいです。

デキタスのさきどり・さかのぼり学習を利用することで、他学年の内容を学習することができます(学習している分野と関わる分野に限定されます)。

対象 小学1年~6年(中学生講座もあり)
科目 小1・2国・算・英・せいかつ
小3~6  国・算・英・理・社
※申し込むときは1学年全科目セット
料金 月額3,300円
特徴
  • かわいいアニメーションで授業
  • 「さきどり学習」「さかのぼり学習」機能あり
  • 各社の教科書に対応
  • ポイントをためると景品やアバター交換などプレゼント
  • 5日間の無料体験あり
支払方法 クレジットカード、振込、口座引落

さきどり学習を利用することで、申し込んだ学年より上の学年の内容を勉強することも可能です(学習分野と関連している分野に限られます)。

デキタスで楽しく先取り学習をしているという声もありました。


月ごとの支払いなので、年度の途中で学年を上げて先取り学習を進めているという声もありました。

タブレットでの勉強は今のお子さんの感覚にもピンとくるようです。

デキタスはメール登録だけで5日間の無料体験を利用できます。

気になる方はお試しになってみてはいかがでしょうか。

まとめ

お子さんの先取り学習に良さそうなタブレット教材は見つかりましたでしょうか?

1~2学年上のタブレット教材を利用するという手もありますが、お子さんの力に合わせて先取りも復習もしやすいタブレット教材は取りこぼしも少なそうです。

お子さんの性格、学習ペースに合ったタブレット教材で、効果的な先取り学習ができると良いですね。

PR

\先着50名お試しキャンペーン中/

RISU算数
  • お子さんにピッタリな問題を配信
  • 算数の先取りにおすすめ
  • 中学受験準備におすすめ
  • 有名中学合格者多数
  • 満足度90%以上*



*2018年会員アンケート結果

\14日間の無料おためし体験つき/

スタディサプリ小学講座
  • 月額2,178円(税込)で授業見放題
  • PDFテキストは無料
  • 中学・高校講座も見放題
  • 14日間無料体験つき

中学受験(小4~)におすすめの通信教育はこちらの記事を。

小学生向け通信教育・オンライン塾についてもっと知りたい方は、次の記事がお役に立つかもしれません。