小学生の先取り学習にすららがおすすめ!5つの理由とすららの評判を検証【ギフテッドのお子さんにもおすすめ】

小学生の先取り学習にすららがおすすめ!5つの理由とすららの評判を検証【ギフテッドのお子さんにもおすすめ】

PR

小学生の先取り学習にオンライン教材「すらら」がおすすめされています。

学校の勉強が理解しやすいように、中学受験の準備に、ギフテッドのお子さんに、お子さんの可能性を広げたい・・・さまざまな目的で先取り学習を検討してるご家庭も多いことでしょう。

すららがどんな先取り学習におすすめか、小学生の先取り学習におすすめな理由、実際にすららで先取り学習をしているご家庭の評判・体験談を、塾講師の視点も交えつつご紹介していきます。

小学生の先取り学習にすららがおすすめ!

すらら基本情報

対象学年 小1~高3
教科 英数国理社(英語は中1から、理社は小3~中3)
学習時間 1単元約15分
デバイス PC・タブレット(Win/Mac/iPad/Android対応)
料金(税込)
  • 小中コース・中高コース(国英)・小学4教科コース(国算理社月額8,228円~8,800円
  • 小中コース・中高コース(国算英社理)月額 10,428円~10,978円
  • 入会金:11,000円(5教科コースは7,700円)
特徴
  • 無学年式(先取り・さかのぼり学習ができる)
  • 対話型アニメーション教材
  • すららコーチのサポートつき
  • プリント教材もあり
  • 英検/数検対策も対応

オンライン教材すららは対話型のアニメーション教材です。アニメーション教材という親しみやすい性格を持ちつつ、その学習内容は小学校にとどまらず中学、高校内容までカバー。小学生の先取り学習におすすめな教材です

すららで一緒に学ぶキャラクターたち

学校の勉強についていけるように

すららで勉強しておくことで、学校の勉強が理解しやすくなるというメリットがあります。

私事で恐縮ですが、筆者は特に小学校低学年で算数の勉強ができず(早生まれも影響してたのか)、まじめに授業を聞いていても理解できなくて辛い思いをしました。

しかし授業の前の日に家で教科書を読んでおくことで、学校の勉強が少しわかるようになりました。授業でも自信をもって手を上げて発言することができるようになりました。

筆者の場合幸い文章を読むことは得意だったので良かったですが、そうではないお子さんもいらっしゃるかもしれません。

すららは目と耳から勉強できる教材なので、テキストだけでの先取り学習が難しいお子さんも、すららなら予習を進めやすいです

入塾前の中学受験準備に

大手進学塾で本格的な中学受験対策のカリキュラムがスタートするのは新4年から。低学年からのコースもありますが、小学校低学年は大きな成長発展途上期。お子さんによって理解度がまちまちです。

すららならお子さんの理解度にあわせて小学校内容の予習ができ、通塾・送迎の負担もありません。国語の知識や算数の計算分野などを固めておけば、入塾後に中学受験対策をよりスムーズに進めることができます

ギフテッドのお子さんに

学校の一斉授業が向いていない、高いIQを持っているギフテッドのお子さんにもすららはおすすめです。お子さんの学年に合わせた教材だとギフテッドのお子さんは退屈してしまう恐れが。

通信教育で1、2学年先取りしてもお子さんが理解するのが早いと、教材のレベルがお子さんの理解に追いつきません。

無学年式のすららなら好きな分野をとことん先取り学習できるので、お子さんも楽しんで勉強に取り組むことができるでしょう。

お子さんの知的好奇心を育むために

中学受験もないし、テストの点も現状満足・・・そんなご家庭にも、知的好奇心を育むツールとしてすららはおすすめです。

子どもの頃図鑑や学習マンガ、歴史の本、プラネタリウムや博物館などを、学校の勉強のためではなく純粋に「楽しい」から利用したことが保護者の方もあるのではないでしょうか?

図鑑や博物館から学校では習わないようなこともたくさん学ぶことができます。本来学ぶことは楽しいものだと思います。そんな楽しさをすららならお子さんの理解や興味に合わせて、体験することができます。

すららが小学生の先取り学習におすすめな5つの理由

とは言え、すらら以外で先取り学習してるご家庭もたくさんあるでしょう。

別に先取り学習するなら市販の教材や通信教育、塾だって良いんじゃないの?

そんな疑問も湧くかもしれません。

なぜすららを小学生の先取り学習におすすめするのか、その理由をご説明します。

すららがおすすめな5つの理由

  1. 無学年式で中学や高校の内容も進められる
  2. 理解度を確認、復習もできる
  3. 音声つきの解説、低学年でも理解しやすい
  4. 勉強時間や正答率がわかる
  5. すららコーチに相談できる

無学年式で中学や高校の内容も進められる

くり返しになりますが、すららは「無学年式」の教材です。

市販の教材や通信教育の学年を上げての受講だと、教材が「この学年だと簡単すぎる」「この学年はまだ難しい」という問題に直面する恐れがあります。また小学生のお子さんに中高生向けの教材は固すぎる印象ではないでしょうか。

すららの学習画面

すららは小学4教科コースなら1年生から6年生まで、小中コースなら小1から中3まで、中高コースなら中1から高3まで、3教科から5教科までオールインワン

毎月あるいは4か月ごとの更新で前月までにオンラインで登録すれば簡単にコース変更もできます。つまり、お子さんの理解度にあわせた先取り学習が可能です。

理解度を確認、復習もできる

筆者のいた個別指導塾では(受験のために)塾で先取り学習したいというお子さん以外に、すでに先取り学習を他塾で進めているお子さんが入塾することもありました。

算数(数学)は中2の内容まで、英語も過去形まで予習してるという小学生のお子さんもいらしていましたが、実際問題を解いてもらうと、先取り学習したはずの内容があまり理解できていない様子?

学年相応の単元も思考力が必要なものは解けていないようでした。

先取り学習の教材や進め方によっては、せっかく学習した内容の定着が悪かったり、よくわからないまま先へ機械的に進めてしまうデメリットがあると感じました。またお子さんの適性(教材や学習法との相性)もあるとも感じます。

すららはお子さんの理解度に合わせて出題形式や難易度をコントロール。簡単すぎず難しすぎず・・・で飽きないような仕組みがあります。

問題が解けないときはどこでつまずいているのかを診断、わかっていない単元をピンポイントで教えてくれます。すららなら先取りだけでなく学年を超えた復習もでき、よく理解していないまま、ただ先取りばかり進めてしまうという心配がありません。

音声つきの解説、低学年でも理解しやすい

参考書だと字が読めない、内容が固くてわかりにくい・・・ということもありますが、すららではキャラクターがお子さんに話しかける授業スタイル。声はプロの声優さんが担当しているだけあって、聞き取りやすい声です(筆者も無料体験版を利用してみました)。

すらら無料体験版の画面より

さすがに大幅な学年先取りだと保護者の方のサポートも増えるかもしれませんが、後でもご紹介するとおり楽しく先取り学習を進められている小学生のお子さんは多数いらっしゃいます。

勉強時間や正答率がわかる

すららの保護者管理画面からは、お子さんがいつ、どれぐらいの時間、どんな勉強を進めたのかがわかります。

なかなかお子さんのすぐそばで勉強を見てあげられない保護者の方にもお子さんの学習状況がわかるので、「がんばったね」「今日はどうだった?」と声をかけてあげたり親子のコミュニケーションにも役立ちます。「ちゃんと1人で進められてるんだ~」とわかると安心ですね。

すららコーチに相談できる

すららは単なるオンライン教材ではありません。

指導経験豊富なすららコーチが担当についてくれ、お子さんの学習状況をヒアリング、学習設計を立ててくれたり(ご家庭主導で進めてもOK)、お子さんとの関わり方についてアドバイスももらえます。

LINEやメールでのやり取りが基本なので、お忙しい保護者の方も助かりそうです。お子さんが勉強していてどうしてもわからないことがあれば、すららのメール機能から質問することもできます

すららで先取り学習してるご家庭の評判は?

すららで先取り学習しているご家庭の評判・体験談をご紹介します。お子さんの関心のある分野をのびのび先取り学習を進めてるご家庭や、中学受験に向けて活用中のご家庭、ギフテッドのお子さんのお話も。

評判1「小1で4年生の算数、思考力が身についた」

(すららをやるようになり)思考力が身についたと思います。無学年式だからこそ、算数が得意という強みを活かして、常に先の勉強をしています。それによって、小1でも小4レベルの算数的考え方や思考力が身についたと思います。

引用:すらら公式サイト「保護者の声」

1年生が4年生の算数をすららで先取り学習しているというご家庭の体験談です。得意な算数を伸ばしつつ、国語や英語にも取り組んでるそう。特に国語はゲーム感覚で進められるのがお子さんが楽しいようです。英語の先取り学習も楽しんでいるそう。

すららの英語は小学生向けではないのですが、アルファベットや発音など基本的なところからスタート。アニメーション(イラスト)や音声での多感覚学習で、自然と発音や単語を覚えやすい仕組みがあります。

評判2「子どもに合わせた柔軟な先取り学習ができる」

《すらら》は基本のカリキュラムがあるものの、個人でカスタマイズ出来る所も助かっています。

そのため例えば算数で苦手なところを重点的に学ぶことや、子どもが好きな歴史から学ぶなど、柔軟に先取り学習を進めています。

引用:【ブログ】通信教材すららで先取り自宅学習の様子(新4年生4月)

こちらのご家庭ではすららを使って、算数は苦手なところを復習したり、(まだ学校では習っていない)歴史を進めたり。お子さんの学習状況や興味・関心に合わせて、学習を進められているそうです

塾で子どもたちに教えていた経験からも、イヤイヤ先取り学習させたりわからないまま先へ進めるのはお子さんの力にならないと思いますが、つまずいているところがあれば復習したり、関心の高いところは先取りしたり・・・復習も大事にしつつ楽しんで勉強するのは良いことだと思います。

評判3「進みすぎて不安なときはコーチに相談」

すららカップに参加していた時はまだ小学1年生だったのですが、算数でいえば、すでにかけ算の範囲にまで突入していたので、どう進めていくかなどコーチとは相談しながら進めていきました。 学習塾に通っていてもここまで先生のサポートを得るということはないと思うので、これもまた「すらら」の特徴ですよね。

引用:すらら公式サイト「保護者の声」

こちらのお子さんは学習進度がとても速かったそうで、すららコーチに復習を提案したり、コーチからも今後の学習の提案をしてくれたり、いろいろサポートしてくれたそうです。

ちなみに「すららカップ」とは期間中2か月間の学習時間や学習ユニット数で、すららを利用しているお子さん同士で競う大会です。上位入賞者には賞状や賞品が贈呈、オンライン授賞式が行われたり楽しいイベントです。

評判4「中学受験準備にすららで先取り学習」

息子には中学受験をさせようと考えているため、先取り学習できることが嬉しいですね。苦手な国語に関しては、遡り学習ができるので、少しずつ理解できるようになってきています。

引用:すらら公式サイト「保護者の声」

中学受験予定のご家庭でもすららが支持されてるようです。苦手分野はさかのぼり学習もできるのが良いですね。

中学受験では学校では習わないような学習内容がたくさん扱われ、進学塾では受験独特の応用問題に取り組みます。塾についていけるよう、入塾前に公文や個別指導塾で小学校で習う単元を予習しているご家庭が多いです。すららなら塾に通わなくてもご家庭で受験準備(=先取り学習)を進めることが可能です

評判5「4年生で連立方程式まで、基本すららにおまかせ」

最近は連立方程式の解き方をやっているみたいです。

もう本人が自分で決めた取り組み方で好きなようにやっているので、親はほとんど口出ししませんが・・・ずっと同単元で正答率が上がらないような時は、「大丈夫?なんか難しい?」と聞いてみたりはします。

引用:努力する子の育て方「うちの子の算数先取り、この1年と今後の話(小3・小4)」

こちらのご家庭ではギフテッドのお子さん1人でも進めやすく、中学の内容まで勉強できる教材がないかと探していたところ、すららを見つけたそうです。平均1日15分ぐらいの勉強時間で、4年生で連立方程式まで進められてるそう。

さすがに中学生の内容は難しいこともあるようですが、親御さんは軽く声がけ、基本的にはすらら中心で進められているご様子です。

評判6「すららで小中コース受講、ギフテッドの子が夢中」

以前、他教材を受講していた時は、学齢に合った学習範囲が送られてくるため、簡単すぎてつまらなそうでした。すららでは小・中コースを受講しているのですが、中学範囲の学習に夢中です。ギフテッドの子は、探究心が旺盛なので、自分が今まで習ったことがないことを学習できることが楽しいようです。

引用:すらら公式サイト「保護者の声」

こちらもギフテッドのお子さんがいる保護者の声です。まだお子さんが知らないことをすららで学習できるのがとても楽しいらしいです。この分だといつか高校コースも終えてしまいそう?

\すららの公式サイトを見てみる/

すららの先取り学習はお子さんの可能性を広げられる!

先取り学習にすららを活用してるご家庭の体験談を見ても、すららは小学生の先取り学習におすすめな教材のようです。

中学受験やギフテッドのお子さんに限らず、どんなお子さんでも興味のある分野というのがあるのではないでしょうか?

もしお子さんの興味のある分野をすららで楽しく勉強できたら、お子さんの可能性を広げることができそうです。

ただし、すららでの先取り学習には注意点も・・・

すららを使った先取り学習をするとき、次の点に注意が必要と考えられます。

  • 必要に応じてさかのぼり学習も
  • 学年が上がると難しくなるので保護者のフォローも
  • お子さんが進んでやらないときに叱らない(まずは理由を確認)
  • 頑張ったことを褒める
  • 学校の授業が退屈そうなときの対応

やはりお子さんの理解度重視ですね。先取り学習の弊害として、「よくわからないまま進んでる」という問題がとりあげられます。

必要に応じて(上で紹介した口コミにもあるように)さかのぼってみたり、苦手分野を強化したり・・・ただのドリルだと単調ですが、すららならゲーム感覚で進めやすいでしょう。

また小学生は困難なことに当たったときに、どう解決したらいいかわからいことも多いです。

お子さんがすららでの勉強がはかどっていない(むしろ嫌がってる)ときは、どうしてやらないのか聞いてみて解決策を考えてみるといいでしょう。で、頑張っているときは褒めましょう。(褒めポイントはコーチも教えてくれるらしいです)

なんとなくすららの教え方がわからない、合わないってこともあるかもしれません。(教材の相性はどうしてもあります)

またすららで先取り学習が進みすぎ、学校の勉強が退屈になる事態が想定できます。学校や友人を小馬鹿にする発言は厳しい対応が必要、そうなる前に言い聞かせておくべきでしょう。

ただ本当に授業・テスト中、ただボーっと時間を過ごしてて辛そうであれば・・・学校の考えも尊重した上で、先生に相談してみると良いかと思います。

「うちの子算数に興味があるみたいで家で好きなように勉強させていますが・・・授業中すぐ問題が解き終わってしまうようです。他の生徒さんに迷惑がかからないよう、手持ち無沙汰になった時間どう過ごすよう伝えたら良いでしょう?」

なんて先生に相談すれば、カドが立たないかもしれません。

ちなみにすららではありませんが、とある先取り小学生(=筆者)はいつも学校のテストがすぐ終わってしまったので、まだ習ってない単元のテストを進めたり、最近勉強したことをテスト裏面の余白や渡された紙なんかにまとめを「勝手に」書いて先生に提出してました。公立小ですがなんと先生の理解があったことか・・・。

無料体験ですららをお試し!

「すららだけでうちの子、先取り学習できるのかな?」

「子どもにすららが合うかお試ししたい」
というご家庭は、すらら公式サイトで無料体験が利用できます。個人情報の入力は必要ありません。メールアドレスの登録と簡単なアンケートだけでOKです。

\無料体験・資料請求はコチラ/

まとめ

小学生にすららでの先取り学習がおすすめな理由、評判、注意点についても見てきました。すららで順調に先取り学習を進められてるお子さんが多く、何より「楽しく」勉強しているという声に好感が持てます。

すららは月額制(最短2か月以上)ですので進めていくうちに合わなくなってきた(目的が達成できた)ところまで来たら、乗り換えもしやすいです。

もちろんお子さんと教材との相性もありますので、まずはすららの無料体験をお試しになってみて、入会するかどうか決めると良いでしょう。

\無料体験・資料請求はコチラ/
すらら

  • 無学年式で先取りもさかのぼりもOK
  • 対話式アニメーション教材
  • すららコーチのアドバイスつき
  • PC・タブレットどちらでもOK
  • 月額8,228円(税込)から