小学生の通信教育「進研ゼミ」「Z会」を徹底比較【中学受験も】

小学生の通信教育「進研ゼミ」「Z会」を徹底比較【中学受験も】

小学生向けの講座を検討されている保護者の方も多数いらっしゃることでしょう。今回は数ある通信教育の中でも長年の実績がある「進研ゼミ」と「Z会」の内容を比較してみました。

いずれも大学受験でも利用している人が多く、塾に通わなくてもこれだけで受かったという人も。それだけ指導のノウハウがつまった教材内容ということがうかがえます。

実際に小学生~高校生でいずれかの通信教育を利用していたという保護者の方もいるのではないでしょうか。

教育熱心なご家庭やある程度家庭学習のあるお子さんなら、通信教育はかなり有効な家庭学習方法だと思われます。塾のように最新の入試情報を得ることもでき、毎月届く教材をクリアすることでモチベーションの維持にもつながります。

特に人気の「進研ゼミ」と「Z会」で迷われている保護者の方向けに、どちらの通信教育がお子さんに合っているかの判断材料に今回の記事が役立つかもしれません。

スポンサーリンク

進研ゼミとZ会小学生講座の内容比較(非受験)


Dsndrn-VideolarによるPixabayからの画像

進研ゼミとZ会小学生講座の内容を比較してみました。

進研ゼミ Z会
教科 4教科+英語+プログラミング
(+漢検対策、4教科応用問題)
本科は1教科から5教科まで選択、専科は作文・公立中高一貫・英語から選択
タブレットコースは6教科セット
プログラミング 独自のプログラミング教材
プログラミング的思考がつく問題を4科で出題
独自のプログラミング教材(2020年度より、本科受講生はいつでも利用)
プログラミング的思考がつく問題を4科で出題
作文 小5より(考える力・プラス講座) 小5より
公立中高一貫 小5より(考える力・プラス講座) 小5より
コース 紙のテキスト(チャレンジ)とタブレットコース(チャレンジタッチ)あり 小学生コース(紙のテキスト)と小学生タブレットコースあり
レベル チャレンジ
小1・2・・・基礎コースと応用コース小3~6・・・標準コースと挑戦コース
チャレンジタッチ
力に応じて実力アップレッスンを設定可能
小学生コースで「スタンダード」と「ハイレベル」
教材レベル 教科書に合った内容+α 教科書内容~ハイレベル
国語はオリジナルカリキュラム
添削指導 あり あり
勉強時間 1回約15~20分 1日30~40分
受講費
(小5)
4教科+英語+プログラミング
5,320円~
(5教科受講)8,140円~
タブレットコース(セット受講) 7,012円~

※受講費は1か月あたりの料金、1年または半年分一括払いだと毎月払いよりお得になります。

進研ゼミ小学講座は教材が楽しく充実!



進研ゼミ小学講座の教材は楽しく学べるような工夫がされており、やっていて楽しくなる仕掛けを組み込まれています。お勉強はまあまあ好きだけれど飽きっぽい…というお子さんにも合いそうです。

学校の教科書のカリキュラムに合わせて作られているので、テストの成績アップにもダイレクトにつながるでしょう。単に楽しい教材だけでなく、添削指導でチェックされるので、緊張感とモチベーション維持にもつながります。

プログラミング教材も受講費内で利用でき、紙のテキストであるチャレンジでも、チャレンジタッチでもプログラミングに対応しています。

進研ゼミでは英語にも力が入っていて、英語は先取り学習もOK、受講費内で英検準1級、GTECの1190点まで対応しています

英語が得意なお子さんにもピッタリですし、英語だけは高校レベルまで勉強させたいというご家庭にも合うでしょう。

また公立中高一貫校を受けるかも…という小学生のお子さんには、オプション教材で「考える力・プラス講座」もあります。

「考える力・プラス講座」は小5・6生対象、1か月あたりの受講費は小5が3,998円、小6が4,268円からとなっています。

さらに進研ゼミは読書の習慣をつけるきっかけづくりに、名作、伝記、図鑑、小説を常時1000冊が読み放題になっています。チャレンジパッドやPC、スマホ、タブレットで利用できます。

親が家にいつもいるわけではないので、子どもがちゃんと勉強してるか心配…という保護者の方も安心、特にタブレットコースは「おうえんネット」お子さんの学習状況もチェックできます

タブレットは便利ですがお値段が気になるところですね。チャレンジではタブレット代が継続期間6カ月以上0円になります(6か月未満だと退会時に9,900円)。6か月以上で実質無料ということになります。

今なら12/21まで、1月号入会対象に1か月から受講可能、チャレンジタッチのタブレット代は返却すれば無料というキャンペーンも実施中です。

Z会小学生コースはしっかり勉強したいお子さんに




学校の勉強はまあまあできるので、特定の教科で実力をしっかりつけさせたい、受験はしないけれど高校受験に向けて応用力を身につけさせたい…という保護者の方に、Z会通信教育の小学生コース(紙の教材)・小学生タブレットコースがおすすめです。

Z会の教材、添削指導はかなりレベルが高いと定評があります。特に教材はかなり思考力を必要とします。学校の問題では物足りないというお子さんも、Z会の問題ならじっくり問題に取り組んでやる気もアップしそう。

Z会小学生コースの1日の学習時間めやすは小5、6生で1日約40分と進研ゼミよりも長めに設定されています。1週間単位で考えれば塾に通わせるのとほぼ同じ感覚ですね。

Z会小学生コースはスタンダードとハイレベルに分かれています(国算理社)。小学生コースでは必要な教科だけ受講することができますが、お得な5教科のセット受講をZ会からもおすすめしています。

ちなみに小5で5教科セット受講で1か月あたり8,140円(※)からとなっています。タブレットコースは6教科セットで7,012円から(※)となります。充実した内容でコスパはかなり良いでしょう。

※ 1年または6か月一括払いで割引になります ⇒ 最大15%OFF

公立中高一貫コースもあるので(Z会小学生コース)、もしかしたら受けるかも…というお子さんは受けておいても損はないでしょう。(タブレットコースではハイレベルを選択すれば対策になります)

2019年度 Z会公立中高一貫校合格実績(映像授業、教室受講生他も含む)

(宮城県)仙台青陵(11名)
(栃木県)宇都宮東(13名)
(埼玉県)大宮国際(18名)
(東京都) 桜修館(64名)、小石川(28名)、都立白鴎(29名)、都立両国(28名)、都立武蔵(30名)、三鷹(45名)、都立大泉(26名)、九段(29名)、富士(28名)、南多摩(34名)、立川国際(28名)
(神奈川県)相模原(27名)、南(26名)、川崎市立川崎(25名)
(福井県)県立高志(11名)
(大阪府)府立富田林(56名)
(兵庫県)神戸大附属(10名)
(熊本県)県立八代(10名)
…その他多数

「うちの子はがんばり屋さんではあるけれど、順調に勉強が進められるのかちょっと心配…」

「両親ともに外で働いているから、どんな状況なのかチェックしたい…」

という方にはZ会の小学生タブレットコースはおすすめです。

Z会のタブレットコースではスマホ専用アプリ「Z会保護者アプリ」からお子さんの「がんばり」を見ることができます。またタブレットだと自動で採点してくれる上、最適な問題を出してくれるので、常に保護者の方がそばについている必要もなし。

お子さんの自立心を育てることにもつながりそうですね。

今ならZ会小学生コース・小学生タブレットコースの資料請求で「かんぺきワーク」と「Z会オリジナル星座早見キット」をプレゼント中です(なくなり次第終了)

スポンサーリンク

進研ゼミとZ会の中学受験講座の内容比較

進研ゼミとZ会の中学受験講座についても比較してみました。

進研ゼミ Z会
コース 考える力・プラス 中学受験講座(オプション教材) 中学受験コース
・トータル指導プラン
・塾併用要点学習プラン
教科 国算理社4科セット 国算理社で1教科から選択可能
添削指導 あり あり(トータル指導プラン)
受講費
(小5)
6,946円/月より トータル指導プラン[4科受講] 18,700円/月より
塾併用要点学習プラン[4科受講]  9,348円/月より

※受講費は1か月あたりの料金、1年または半年分一括払いだと毎月払いよりお得になります。

いずれもなかなかの合格実績があります。特にZ会は難関中対策に特化しています

いずれの講座もカリキュラムにそって進めていますので、いわゆる「かけこみ」で中学受験をスタートしたいという方にはあまり向いていません。

年度途中からのスタートであれば、中学受験対応の個別指導塾がおすすめです。

進研ゼミの考える力・プラス 中学受験講座

進研ゼミの中学受験講座(考える力・プラス 中学受験講座)はオプション教材となっており、小学講座を受講していなくても利用することができます。

小5の1月号までに受験に出る単元を終了、2月号から小6前半で単元の復習と応用力養成、小6後半は入試対応の実戦問題が中心となります。

  • (前半期メインテキスト)中学入試実戦テキスト・中学入試重要問題攻略ワーク
  • (後半期メインテキスト)中学入試合格テキスト・中学入試合格問題精選ワーク
  • その他 … 計算と一行問題、添削課題、映像授業、実戦力診断テスト、合格可能性判定テスト、ズバピタ

2019年度の私立・国立中合格者数は全国で4,849名。合格実績を見るとレベルは本当にまちまちといった印象です。中堅の私立・国立中を目指している、自宅学習で私立・国立中の対策をコツコツしていきたいという方は、進研ゼミがおすすめです。

ただし難関中をねらっているのであれば、Z会の方が断然おすすめと考えられます。

Z会の中学受験コース

Z会の中学受験コースは、難関国私立中合格に向けたものになっており、トータル指導プランと、塾併用要点学習プランがあります。

お子さんの学習スタイルに合わせてプランを選ぶと良いでしょう。

トータル指導プランの1か月の流れ

タブレット配信の授業で単元の要点を確認

⇒ 問題を解く(ドリル学習はタブレットで自動採点)

⇒ 記述式の添削問題にチャレンジ

Z会では多数の難関中合格実績があります。一部を紹介します。

Z会中学合格実績(通信教育、映像授業、教室受講その他含む)

開成中(25名)、麻布中学校(9名)、筑駒中(8名)、桜蔭中(6名)、海城中(12名)、渋谷教育渋谷中(14名)、女子学院中(5名)、桐朋中(10名)、豊島岡中(11名)、栄東中(91名)、渋谷教育幕張中(25名)、東大寺学園中(6名)、西大和学園中(16名)、甲陽学院中(7名)、灘中(12名)、愛光中(21名)、ラ・サール中(9名)他多数

まとめ

進研ゼミとZ会の小学生講座について確認してきました。

進研ゼミは楽しく勉強、応用力もつけられて、プログラミング教材も充実、英語の先取り(英検準1級まで)にも対応しています。本の読み放題サービスなど楽しい要素が満載といった印象です。

Z会はとにかく実力主義、質の高い問題と記述対策で高校、大学進学に向けて力をつけていきたい方におすすめ。2020年度からは本科生ならいつでも利用できるプログラミング教材も期待できそうです。

▼進研ゼミ、Z会の資料請求はコチラから

>>【進研ゼミ小学講座】

>>Z会 小学生向け講座