6年生から中学受験の勉強をして間に合うの?6年生からの中学受験を成功させる6つのコツ!

6年生から中学受験の勉強をして間に合うの?6年生からの中学受験を成功させる6つのコツ!

中学受験をするつもりはなかったけれど、地元の公立中があまり良くないらしい、成績のつけ方が厳しく高校受験が大変らしい、面倒見の良い私立中に入れたい、小学校でも受験するお友達が多い・・・などなどの理由で、6年生から中学受験を思い立つというご家庭も少なからずあるようです。

しかし中学受験といえば4年生からスタートしているお子さんが多いです。6年生から中学受験の勉強をスタートしても間に合うのでしょうか?また6年生からの受験勉強で合格するにはどのような対策をしたら良いのか、塾講師がまとめました。

6年生から中学受験の勉強をして間に合うの?

一般的には6年生からの中学受験は難しいと言われています。もちろん6年生からの受験勉強で合格したという方もいらっしゃいます。しかし6年生からの中学受験がどのような点で難しいのかもまずご理解いただいた方が、より良い対策ができるかと思います。

入試の内容は学校で習わない内容が出題される

中学受験は公立の小学校では習わないような内容が出題されます。国語は中学生レベルの読解力、ことわざや慣用句の知識が必要になります。算数では植木算やつるかめ算、差集め算などの特殊算、中学生でも解けないような図形問題が出題されます。理科・社会は中学校の教科書にも出てこないような内容まで。

なお特殊算を利用する文章題はxを使って方程式で考えた方が大人は楽かもしれませんが、小学生のお子さんに移項の概念やら2次方程式の解き方、平方根まで教えることになってしまい、大変なことになります。教科書レベルの文章題で簡単な式を立てるならxを使っても問題ないのですが、入試問題に対応しようとすると結局特殊算のスキルは必要になってきます。

4年生から勉強してきたお子さんばかり

多くの中学受験塾では4年生から本格的な受験コースを開講しています。受験するお子さんは4年生から先取り学習をしてきて、5年生には受験に必要な内容のほとんどを学習してきています。そして6年生になるとこれまで習った内容を再確認しながら、志望校対策を進めることができます。

早くから勉強してきたお子さんの方が何周も復習をしてきているので、学習量も多いです。当然6年生からスタートしたお子さんと比べれば、4年生からスタートしたお子さんの方が有利と考えられます。

家庭学習の習慣がないと難しい

一般的な中学入試では覚えなくてはいけないことがたくさんあります。漢字の読み書き、慣用句やことわざ、熟語の意味や組み立て、理科・社会の知識事項・・・これらは塾や家庭教師の先生に教わることではなく、自分で覚えなければいけないことです。

先生が覚え方や語句の意味をアドバイスすることはできますが、一つ一つすべてを解説していたら時間がなくなります。

進学塾に通っている受験生たちは、学校のある日は4時間、土日は6時間ぐらいは勉強しています。それと同じぐらい、もしくはそれ以上勉強しないと他の受験生たちに追いつきません。もともと勉強していなかったお子さんがいきなりそれぐらい勉強できるかというとかなり厳しいのではないでしょうか。

お友達が受けるから・・・という弱い理由だけでは挫折することが多いように感じます。実際筆者のいた塾でも「ちゃんとやる」と言いながら家であまり勉強せず、受験をあきらめたお子さんがいらっしゃいました。

中学受験では受験への強い意志が必要です。スマホもゲームも禁止にするぐらいの覚悟がないといけません。お子さんがやる気十分でもわからないところがあれば手が止まって勉強が進まないこともあります。そのときはご家庭でのサポートも必要になります。

集団塾に通うのは厳しい

何もかもご家庭で進める・・・となると保護者の方が中学受験の指導をしなくてはいけないのでかなり大変。塾に入って勉強するのが現実的でしょう。

しかしもともと通信教育などで中学受験のための勉強をしてきて、ある程度力をつけているお子さんなら大丈夫ですが、まっさらな状態からの中学受験スタートだと集団塾に通うのはかなり厳しいです

以前筆者がいた塾でも(ご家庭でも「予習シリーズ」で多少勉強を進めていたそうですが)集団塾に入ろうと体験授業に行ったら「勉強が進みすぎててついていけない」とあきらめたご家庭がありました。

そうなると個別指導塾や家庭教師を利用することになりますが、個別指導形式だとふつうは授業時間が短くなってしまいます。(1コマあたりの授業料も集団型より高額です。)個別指導形式の授業だと何もかも授業で教えるのが難しく、その分ご家庭でしっかり勉強を進めないといけません

家で勉強してわからないところを質問する・・・という形式が効率的ですが、お子さんの学習意欲や質問力、ご家庭のサポート力にもかかってきます。また後の章でもくわしくお伝えしますが、良い個別指導塾選び、家庭教師選びも重要になってきます。

6年生からの中学受験でも可能性はある!

6年生からの中学受験に関して否定的なことばかり並べてしまいましたが、可能性は0ではありません。もちろん6年生から中学受験をして合格できたお子さんもいらっしゃいます。受験のために正しいやり方で勉強すること、レベルに合った中学を受けることは必須となるでしょう。

塾や通信教育、家庭教師などの体験談でも6年生からで合格できたという声が(少数派ですが)掲載されてたりします。ウィメンズパーク掲示板でも、10月からと遅いスタートでも合格できたご家庭のお話も。ただし志望校のレベルにもよるという意見もありました。(参考:ウィメンズパーク「新小6 中学受験、今からは無謀?」

筆者のいた塾でも(ご家庭でも多少は中学受験の勉強を進めてはいたようですが)6年生から本格的に塾通いして合格したお子さんも何人かいらっしゃいました。残念ながら不合格だったお子さんも。振り返ってみれば、合格したご家庭は正しい努力だけでなく、適切な志望校選びも大きかったと思います。

あとはZ会のハイレベルコースやスマイルゼミの発展クラスで1年先取り学習していたり、お子さんの学習意欲が高く教育熱心なご家庭なら、難関校も狙えるかもしれません。特殊算や理社の知識を固めてしまえばいい線いきそうです。

英検3級以上持っているお子さんなら英語入試もおすすめです。英語1教科あるいは英語+国語・算数など、学校によって実施状況は異なります。また、特技をいかせる入試(プログラミングなど)を実施している学校も中にはあります。

6年生からの中学受験を成功させる6つのコツ!

6年生からでも中学に受かるためには家庭学習をしっかり進めるのは当然のこと、適切な志望校選びと対策が必要となります。

お子さんに合った志望校選び

中学受験の偏差値は高校受験の偏差値とはだいぶ感覚が違います。

中学受験するお子さん≒学校で勉強ができるお子さんであり、中学受験の勉強をずっとやってきた猛者たちばかりの中でデータをとっています。そのため中学受験の偏差値50は高校受験でいえば60ぐらいに・・・いえ、それ以上かもしれません。塾でも初めての模試で45もとれていれば「立派な成績だね」と言ってます。

うちの子は受験のスタートが遅れたから難関校とはいわないけれど、せめて中の上ぐらいの学校は行かせたいな・・・という場合、高校受験でいえば(受験に必要な勉強を全然していない)お子さんに偏差値68ぐらいの学校を受けさせるのと同様と考えられます。(かなり筆者の体感が入ってますが、同様の感想を持たれる方も多いかと。)

もちろん、ものすごく早熟で地頭がいいお子さん、すでに1年どころか中学の内容まで先取り学習しているお子さんとか例外はありますが、「お子さんの今の実力+入試本番までにつけられそうな実力」を考慮して、志望校のレベルを設定しないといけないでしょう。

もちろん偏差値のランクだけにしばられず、校風やカリキュラム、通いやすさなどといったお子さん自身とご家庭の希望もよくお考えください。受験を意識するまでは印象の薄かった学校でも、よくよく調べてみると楽しそうな部活があったり、先生とフレンドリーに話せて雰囲気が良かったり・・・お子さんの意欲をかきたてる学校が見つかると思います。

今の力がどれぐらいかチェック

お子さんがどれぐらい力があるか、学校のテストで判断することは難しいです。まずは公開模試を受けてみると良いでしょう。首都圏にお住まいで受験勉強をまだ始めてないお子さんが受けるなら、首都圏模試センターで主催している合判模試あたりがおすすめです。’21年記事執筆時点では自宅受験も可能です。(⇒首都圏模試センター公式サイト

といっても少しでも早くお子さんの実力を知りたいという場合、模試の日まで待てないこともありますよね。首都圏模試センターの過去問(偏差値換算表つき)も販売されているので、こちらをご利用になってみてはいかがでしょうか。新しいものは売り切れになっていることも多いですが、古いものでも十分参考になると思います。(統一合判の過去問は、筆者もよく塾で利用しています。模試の中では簡単な方かもしれませんが、受験勉強をしていないお子さんにはかーなーりー難しいです。悪い結果が出てもあまりショックを受けませんように。)


2013年小6統一合判問題集(Amazon)

2科受験か4科受験か

6年生からの国・算・理・社の4科受験はかなりきついかもしれません。選択肢は狭くなりますが国・算の2科受験の方が勉強を進めやすいと思います。理科・社会がすごく得意なお子さんや、すでに1年先取り学習しているようなご家庭は4科の方が有利になることもあります。模試(過去問)の結果、志望校の入試形式も見て、判断すると良いでしょう。ちなみに理科・社会は配点が低い学校が多いです。(国語・算数は100点満点で理科・社会は50点または60点満点など)

なお英語が得意なお子さんなら、英語入試を利用するのもおすすめです。学校によっては英検の取得級によって英語の試験が免除になったり加点されたり優遇されることがあります。すべての学校で英語入試を採用しているわけではありませんが、首都圏では2021年の入試で143校も英語を入試に採用してます。

志望校の過去問をチェック!

入試までの残り時間が少ない場合、中学受験の内容をアレもコレもとすべて消化するのはかなり難しいと思われます。志望校が決まっているならまずは過去問を見てみましょう。志望校が決まっていると戦略が立てやすいです

(問題だけでも見比べたい場合、各学校の公式サイトを確認してみると良いでしょう。最近の入試問題を掲載している学校は多いです。ただし国語は著作権の都合で非公開にされてる場合も。)

  • 国語なら漢字の出題レベルは?読解は記述が多いのか?知識を問うものが多いのか?語句の知識問題がどれだけ出ているのか?
  • 算数は計算問題がどれぐらいの量とレベルか?特殊算問題はそれほどなくても大丈夫?図形は意外と基本的?捨て問を作っても合格基準は上回りそう?
  • 理科は計算問題が多い?知識問題が多い?毎年天体が出ている?
  • 社会は地理・歴史・公民の配分がどれぐらいある?知識問題より記述が多い?グラフや表を読み取る問題で点が稼げる?

学校によっては国語の知識問題が少なかったり、計算問題は難しいけど文章題はそれほどでもなかったり、出題される単元が偏っていたりすることもあります。受験に必要な単元やレベルを勉強していけば家庭学習中心でも合格できるチャンスがあります。

志望校の傾向にあわせ、市販の教材などで必要なところを取捨選択しながら進めていきます。選ぶのが大変であれば四谷大塚の「予習シリーズ」を6年上巻まで一気買いして、解説と類題・基本問題を中心に必要な単元だけ選びなから進めるという手もあります。(予習シリーズは四谷大塚ドットコムからご購入可能です)

なお通信教育の中学受験コース(Z会や進研ゼミ)はこれまで受験勉強してきた6年生向けの教材になってしまうので、6年生から受験勉強をするご家庭にはおすすめできません。

当然ながら、戦略立てなんて難しい、教えられる自信がない・・・というご家庭も多いかと思います。もちろん受験相談やわからないところの解説は、受験のプロにおまかせすると良いでしょう。ただしそのプロ選びも誤らないよう注意が必要です。

塾選びは慎重に・・・

6年生からの中学受験に成功したご家庭で、塾選びには失敗した・・・という声もありました(参照元:エデュナビ)。大手の個別指導塾に入ったものの中学受験を見られる先生がいなくて、自習ばかりだったとか。ちなみに筆者も個別指導塾講師ですが、中学受験を教えられる先生がもともとそんなにいないのに、中学受験コースというものが存在していたりします。中学受験の経験すらないのに、いきなり受験生を担当させられている講師もいました。

費用は普通の個別指導塾よりかかってしまいますが、ちゃんとした中学受験専門の塾に通うことをおすすめします。個別指導塾でもしっかりした中学受験専門の塾があります。ただし6年生は早めに締め切るところも多いです。(6年夏ぐらいには締め切るところが多いようです)

家庭教師なら中学受験に強いところを

家庭教師なら中学受験で実績のあるところがおすすめです。家庭教師センターの混雑状況にもよりますが、家庭教師の方が夏~秋ごろでも個別指導塾よりは対応してもらえる可能性が高いと思います

ちなみに大手進学塾だと6年生は火・木・土に塾が入るところが多いようです。塾のない月・水・金に個別指導塾を利用しているお子さんが多いので、家庭教師でも同様と考えられます。火・木・土なら先生を探しやすいかもしれません。

PR

首都圏にお住いの方におすすめな家庭教師センターが「代々木進学会」です。代々木進学会にはプロ講師が多数在籍、入試情報にも強く個別相談にも対応しています。プロ講師だと指導料は1回90分×月4回で42,900円/月から。(学生講師は29,040円/月から、なお代々木進学会の学生講師は中学受験経験者です。)余計な教材費などはかかりません。無料学習相談、資料請求も受け付けています。

代々木進学会
  • 累積2万人以上の合格実績
  • 中学受験最高レベルの講師陣
  • 正しい勉強法をリード
  • 無料学習相談受付中

勉強はご家庭主導で特にわからないところを教えてほしい、若い先生の方がお子さんが話しやすい・・・ということであれば家庭教師の「ノーバス」もおすすめ。派遣エリアは関東と東海になります。東大・早慶・中高一貫校出身の先生が多数在籍、中学受験でも多くの実績があります。指導料は週1回90分で29,480円/月。ノーバスもムダな教材費がかからず、料金体系がわかりやすいのがおすすめポイントです。

ノーバスのオンライン家庭教師「Netty」は短時間(1コマ50分)なのでピンポイントで指導してほしいご家庭におすすめ。オンライン指導なので全国対応ですが、ノーバスが母体ということからも関東・東海の受験に強いかと思われます。6年生の指導料金は週1回(50分)で17,600円/月です。

まとめ

中学受験の勉強を6年生からスタートするのは確かに難しいですが、お子さんのやる気とご家庭のサポート、適切な志望校選びと受験勉強の進め方(戦略)、良い塾・家庭教師選びによって、合格を勝ち取ることは可能です。

困難なこともありますが、6年生からの受験勉強をスタートするデメリットと、お子さんの意思もよくご確認の上お互い納得できるのなら、チャレンジしてみると良いと思います。またプロにご相談するなら普通の塾や家庭教師ではなく、本当の「中学受験のプロ」がいる塾や家庭教師にご相談することをおすすめします。

今回の記事がお子さんの中学受験勉強のお役に立てたら幸いです。