中高一貫校の中学生におすすめな通信教育5選を紹介!【自宅学習】

中高一貫校の中学生におすすめな通信教育5選を紹介!【自宅学習】

私立・公立中高一貫校にお通いの中学生のご家庭に向け、自宅学習で成績アップを目指せるおすすめな通信教育を、元塾講師がまとめました。

紹介している通信教育は中高一貫校の進度に合わせられるものや先取り学習できるものからセレクトしています。よかったら通信教育選びの参考にしてください。

この記事に記載の内容は記事執筆時点での情報をもとにまとめています。各通信教育サービスの最新かつ正確な情報は、各公式サイトにてご確認ください。

中高一貫校の中学生にどんな通信教育がおすすめ?

筆者は(私立中や中高一貫校専門ではない)一般的な個別指導塾で塾講師をしていましたが、私立や公立の中高一貫校に通う中学生も結構通っていました。

受験が終わってすっかり中だるみしてしまったというお子さんもいらしたようですが、体系数学やプログレス21など難易度の高い検定外教科書でつまずきが見られ、入塾してきたケースが多かったです。

中高一貫校の中学生が通信教育を利用するなら、検定外教科書や学校独自の進め方に対応できる通信教育選びが必要となります。

もちろん、学校や志望校のレベルに合った通信教育選びも必要です。

ただし通信教育だけに頼っても定期テストで良い点を取れるとは限りません。というのも各学校によって学校独自の指導をしているケースも少なくないからです。

※ 学校にもよりますが、特に理科・社会はテスト対策になりそうな問題をハイレベルな問題集から拾おうとしても見つからず、難しいことがありました。

通信教育だけに頼らず、授業で習ったこと、学校の教材・プリントの内容をしっかり理解し演習することも大事です。

中高一貫校中学生の通信教育を選ぶときのポイント

  • 中高一貫校に特化したものを選ぶ
  • 学校の教科書に対応しているものを選ぶ
  • 学校の進度に合わせられる(無学年式)ものを選ぶ
  • 学校、志望校のレベルに合っているもの選ぶ
  • 通信教育だけに頼らない

中高一貫校生におすすめな通信教育5選を紹介!

私立・公立中高一貫校の中学生におすすめな通信教育をご紹介します。いずれも無学年式、学校の進度や希望に合わせて自由に進めることができる教材です。

※中高一貫校でよく使用される検定外教科書に完全対応しているわけではないため、それらの教科書に合わせて進めるのに自身で適切な講座を選択するなど工夫が必要です。(中1でも高校内容を扱う場合があります。)※※理社に関しては各学校で指導内容に個性があり、完全対応が難しい場合もあります。

進研ゼミ「中学講座中高一貫」

PR

進研ゼミ

中学講座「中高一貫」



  • タブレットとテキストのハイブリッド
  • 体系数学・プログレス21対応
  • 進度フリーで学校に合わせて進められる
  • 9教科月あたり8,900円から*
  • 添削指導、英語4技能対策つき

*12か月一括払いを利用した場合(2022年度中1・2生の受講料)

進研ゼミの中学講座中高一貫は、難関大合格を目指すために学校でも成績上位をキープしたい・・・という中学生におすすめな講座。学校の進度に合わせてテスト対策も将来の入試対策もサポートします。体系数学やプログレス21など検定外教科書にも対応。

タブレット(デジタルチャレンジ)は進度フリーなのでどの単元からでも自由に学習を進められます。5教科の電子辞書、9教科の定期テスト対策と充実の内容。公式サイトでは進研ゼミ中高一貫受講生の学校名も掲載されているので参考にされてみては。

※上記記載の内容は2022年3月22日時点での情報です。お申し込みの際は最新の情報を必ず公式サイトにてご確認ください。

⇒進研ゼミ中学講座中高一貫の詳細・評判はコチラの記事を

Z会「中高一貫コース」

PR

Z会

中高一貫コース



  • オープンカリキュラムで先取りOK
  • AI速攻トレーニング
  • 添削課題もタブレットで
  • 難関大学を目指す中高一貫生に
  • 本科3教科月額7,884円*から

*12か月一括払いでの月あたりの中1生受講料

Z会の中高一貫コースは学校のテスト対策というより、スピードの速い学校の進度に合わせつつ難関大学入試を見据えた勉強をしたい中高一貫校生におすすめの講座です。

専科を除き専用タブレットまたはiPadで取り組む学習スタイルで、1教科から受講可能です。英語・数学は中学3年分と高校範囲も含めたオープンカリキュラムになっているので、進度が早い中高一貫校に対応。(理科・社会は中3範囲まで)

⇒Z会中高一貫コースの詳細・評判はコチラの記事を

すらら

PR

すらら

  • 無学年式で先取りもOK
  • アニメーション教材で楽しく学習
  • すららコーチのサポートつき
  • 3教科または5教科のコース
  • 数学と英語の検定対策にも対応
  • 3科月額8,228円から

うちは大学附属だしそこまで難しい勉強は必要ない(検定外教科書ではない)、難しい大学を目指しているわけではないけど中だるみが心配…という中高一貫校生には無学年制の「すらら」の中高コース(3教科または5教科)がおすすめ、英語と数学の検定対策(いずれも2級まで対応)も進められます。理・社は中3まで。

すららは全国で多数の塾や学校で採用されているアニメーション教材、ゲーム感覚で取り組みやすいです。ご家庭のPCやタブレットで利用可能、初月の受講料は日割りなのでいつからでもスタートOK。公式サイトでの簡単登録ですららの教材が無料体験できます。

⇒すららの詳細・評判はコチラの記事を

スタディサプリ

PR

スタディサプリ

  • 月額2,178円
  • 5教科の動画授業見放題
  • 高校の内容も先取りできる
  • 14日間無料体験あり

スタディサプリはプロ講師による動画授業が見放題、他の学年の単元も自由に見られるので、学校の進め方に合わせて予習復習ができます。解き方を忘れてしまった単元の復習にも◎。

自主的に学習を進められるお子さんにスタディサプリはおすすめ。多くの中高一貫校でも導入されていますが、検定外教科書の進め方に合わせるのに若干難儀するのはデメリット。

月あたり2,000円程度と格安なので、予備校と併用してる高校生も多数います。学校がスタディサプリを採用していないなら、ぜひご家庭で利用してみては。※中高一貫校生は個別指導コースは利用できません。

⇒スタディサプリ(大学受験)の詳細・評判はコチラの記事を

Z会「Asteria」

PR

Z会 Asteria



  • タブレット学習+添削指導
  • オンラインレッスンつき
  • CEFR-J A1.1~B2.2レベルに対応
  • 検定対策、留学準備に
  • 月額2,850円

得意な英語の力を伸ばしたいという中高一貫校生にはZ会が提供するAsteriaがおすすめです。CEFR-JでA1.1~B2.2レベル(中学入門~大学中級レベル)まで対応、タブレット学習で英語4技能を養成できます。

添削指導や外国人講師によるオンラインレッスン(月1回)つき。Z会中高一貫校向け講座でも本科の英語の代わりにAsteriaの受講が可能です。

⇒Z会 Asteriaの詳細・評判はコチラの記事を

まとめ

私立・公立中高一貫校に通われる中学生におすすめな通信教育についてご紹介してきました。

家庭学習の習慣があまりないお子さんはなるべく早めに習慣をつけ、勉強で困ることがないように・・・楽しい学校生活を送っていただきたいと思います。

今回の記事がお子さんの自宅学習のお役に立てたら幸いです。