私立中入学に向けた学習準備は?塾or家庭学習?

私立中入学に向けた学習準備は?塾or家庭学習?

中学入試が一段落し、制服の採寸やら卒業式、春休みの旅行の準備…などなど、春の中学入学に向かっていろいろ準備を進めている親御さんも多いことでしょう。

しかし、私立の中高一貫校に通わせてる親御さんたちから

「私立中に入ったものの勉強についていけない」

「学校の雰囲気が合わず…高校は公立に進学させようと思います」

なんてお悩みや相談が飛び込んでくることがあります。

校風が厳しいか自由なのかは説明会や資料を見てある程度把握できるものかと思いますが、思いのほか入学したら勉強が難しく、どんどん進んでいく…と驚かれている保護者の方や、とまどいを隠せないお子さんの声がよく聞かれます。

そんなことにならないためにも、入学前にできる準備や中学入学後の勉強のしかたなどについて、簡単に説明しておきます。

スポンサーリンク

私立中入学!カリキュラムや教育費はどうなる?

まず学校のカリキュラムを確認しておきましょう。特に重要なのは英語と数学です。学校からもらった資料や学校の公式サイトなどでチェックできます。

一般的な私立中カリキュラム

超進学校として有名な中高一貫校は当然ながら、一般的ないわゆる中堅の私立中でも進学実績のある中学はハードなスケジュールで勉強を進めていきます。

英語・数学のカリキュラム例

英語 英語での授業、「プログレス」などを利用
→ 公立なら中学で習わない文法も中1で習う、覚えなければならない語句が圧倒的に多い【英検】中1で5~4級、中2で4~3級、中3で準2級
数学 「体系数学」などを使用→ 中3で高校内容に入る、問題のレベルが高い

1年先を進む上に、問題のレベルも結構高かったりします。テストや提出物も多く、ぼんやりしていると置いていかれるだけでは済まなくなります。

学校でもかなり手厚くフォローしてくれるところも多いですが、それでもテスト前に塾に駆け込む生徒も少なくありません。

教育費はどれぐらいかかる?

私立中受験のために全教科塾で受講し、受験学年では60~100万円かかった上、さらに入学金、制服代、授業料、お祝いなどなど…なかなか大変ではないでしょうか。

公立中・私立中の学習費総額(年額)

公立中 私立中
学習費総額 488,397円 1,406,433円
学校教育費 138,961円 1,071,438円
学校外活動費 306,491円 331,264円

(文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より。)

文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」によると、公立中だと学習費総額が約49万円、うち塾・家庭教師・家庭学習を含む学校外の活動費は約30万円に対し、私立中で総額約140万円、うち学校外活動費が約33万円となっています。

なお公立中で前回比2.1%増だったのに対し、私立中で前回比約6・0%増となっています(前回の調査は平成28年)。教育費全般としては上昇傾向という結果になっています。

私立中生の塾代は?

「平成30年度子供の学習費調査」によれば、私立中生の塾代平均は年間約25万4千円とのことです。

学習費の分布(私立中生)

(文部科学省「平成30年度子供の学習費調査」より作成。)

ただ今後の大学受験に向けて、さらには大学入学後にかかる費用のことを考えれば、中学時代はできれば無駄な教育費は抑えておきたいところです。

スポンサーリンク

塾に通わせる?それとも自宅学習?

今まで通っていた塾に通わせておけばとりあえず安心…というご家庭もあるかもしれませんが、中学に入ると部活や宿題が忙しく、通学にも時間がかかって毎日疲れ切った状態に、塾に通うのが身体的にも負担がかかってしまっては元も子もありません。

そうならないためにも自宅学習の習慣をつけ、効率の良い勉強法で時間にゆとりがある生活を送れるようにしてあげるのが良いでしょう。

一人だとどうしても勉強が進まない、先生に直接質問しながら勉強したい!というお子さんは塾に、一人でも勉強できそうなお子さんは自宅学習で進めていく。

自宅学習派のご家庭は市販の問題集を購入して進めていくだけでも十分かと思いますが、今まで塾通いしていので何か後押ししてくれるものや情報がないのは不安に感じる…という方には、通信教育・教材を利用するのがおすすめです。通信教材なら一般的な塾代より安く済みます。

私立中、中高一貫校向けの通信教材には、進研ゼミの「中学講座 中高一貫生講座」、Z会の「中高一貫コース」などがあります。

↓の資料請求は無料です。進研ゼミでは無料体験テキスト、Z会では学習に役立つ冊子がもらえます。

【進研ゼミ中学講座】

【中学生のためのZ会の通信教育】

私立中入学前~最初の定期テスト対策は?

ざっくりとしたイメージですが、英語・数学は最低限これだけはやっておいた方がいいことをまとめておきました。

英語

  • 入学前…アルファベットの大文字・小文字を書ける、基本のフォニックスを読める、簡単な英単語を書ける・読める
  • 入学後…学校の進度に合わせて予習(教科書の単語・文法・和訳)と復習(問題集)

数学

  • 入学前…正負の数の計算ができるように
  • 入学後…学校の進度に合わせて学習(問題集)

実は漢字の書き・読みがすごく苦手で…というお子さんは、入学前までに漢字も身につけておくのがおすすめです。漢検取得もノルマになっている学校があります。

いずれにせよスタートダッシュが肝心です。中学に入ってから「こんなはずでは…」という後悔がないよう、心の準備と学習の準備をいずれもしっかり行って、お子さんが楽しい中学生活が送れるよう保護者の方が(もちろん無理のない範囲で)サポートしていただければ…と思います。

家庭学習カテゴリの最新記事