高校で落ちこぼれ、大学受験(内部進学)がピンチ!逆転合格を目指すならどんな対策・塾がおすすめ?

高校で落ちこぼれ、大学受験(内部進学)がピンチ!逆転合格を目指すならどんな対策・塾がおすすめ?

筆者は個別指導塾を運営していたこともあり、保護者の方から「大学受験(あるいは内部進学)予定なのに、子どもが高校で落ちこぼれてしまって、どうしたものか・・・」というご相談を何度かいただいたことがあります。

  • 中学校ではトップクラスだったお子さん(が高校で洗礼を浴びる・・・)
  • 高校受験までは真面目にやっていたお子さん(が高校で変わり果てた姿に・・・)
  • 附属小・中学校から通っていたお子さん(が内部進学は厳しいと学校から宣告・・・)

などケースはまちまちですが、「とにかく困っているので面倒見てほしい」と保護者の方が塾に相談にいらしてました。

特に私立の学校では手厚く補習してくれることもありますが、それでは間に合わない(先生と折り合いが悪い)場合、当然塾に通うか家庭教師をつけるか・・・という流れになりますよね。

どんな塾がおすすめかを見る前に、まずは落ちこぼれた原因や状況によってどんな対策が適切なのかをご提案したいと思います。

個人的には「落ちこぼれ」って言葉、すごくイヤな気分になって使いたくないのですが、お悩みになってる保護者の方もご本人も使うことが多いようなので、あえて使わせていただきます。(筆者同様、不快に思われた方いましたらスミマセン。)

高校で落ちこぼれ、大学受験(内部進学)がピンチ!【ケース別の対策】

塾でご相談いただいた内容もふまえ、高校で落ちこぼれてしまった、成績が最下位クラスになっている原因、それに応じた対策も説明したいと思います。

授業が難しい、進みが速いケース

中学時代は学校でも模試でも良い結果をたたき出してきた生徒が、いわゆる難関校に進学したら授業のレベルが高すぎ、基本はわかっている前提で応用レベルの問題をどんどん進めていくのでついてけない・・・というパターンです。

難関校だと大学は内部進学で行けても勉強はかなりハードなんですね。特に数学、生徒の持ってきた学校の問題が青チャートレベルより難しく白目をむきそうになったことが・・・。

お子さんが「解説を聞けばわかる」というレベルなら、予習をしっかり進めておくことでもある程度対処できるでしょう(特に高1の段階なら)。動画授業や基礎固めになる通信教育を利用するのもおすすめです。

しかし予習を進めるのも厳しい、対処できないとなると、無理に1人で勉強を進めようとしてもわからないことろでウンウンうなってしまい、時間ばかりが過ぎてしまいます。こうなると個別指導塾や家庭教師が必要でしょう。(難関校・進学校ならそれ相応のレベルの個別指導塾、家庭教師がおすすめです。)

どこかでつまずいているケース

高1なのに中学で習った内容が、高2なのに高1で習った内容が頭に入っていないケース。授業自体はそれほど難しいわけではないけど、以前習ったことがイマイチわかっていないのでミスばかりしたり、新しいことが頭に入らないということがあります。

英語だと語いや文法が頭に入っていないと新しい文法を習っても理解できないことが多くなり、読解問題も厳しいです。数学の計算のしかたも案外盲点だったりします。正解は出せても効率的でない計算方法をしていると、高校数学のスピードについていけなかったり・・・。

自分でどこでつまずいているのか分析できて、かつ勉強も1人で進められるなら、市販の教材で復習するのがおすすめ。

1人では進めにくいなら個別指導塾や家庭教師を利用。もしつまずいている箇所が限定的なら、短期入会(講習会)でも問題をクリアできるかもしれません。

学習量が足りないケース

  • 確かに授業が難しいかもしれない、私立の学校なので進みも速い、でもその割に勉強してないよね?
  • エスカレーター式の学校でガツガツしてるわけじゃない、でもテスト対策もまともにやってないってどういうこと?

「キーッ」(と本当に言う人は多分いませんが)という保護者の方の声が聞こえてきそうです。上のようなお悩み、何度か直接聞いたことがあります。

学力状況やお子さんを取り巻く環境がどうであれ、そもそも学習量が足りていないのであれば落ちこぼれてしまう可能性大でしょう。

もちろん保護者の方も静観しているわけではなく「勉強しなさい」「留年になったらどうするの」と追い立ててはみるものの、お子さんがちっとも言うことを聞かないとなると「キーッ」ですよね。

こちらも塾や家庭教師などのアウトソーシングがおすすめですが、お子さんの学習時間を十分確保する必要があります。家庭教師だと先生が来たときしか勉強しないという不安があります。意欲の高いお子さんには良いと思いますが・・・。

となると、最近注目されている自立学習型の塾(とある塾の先生は「スペース型」と呼んでました)、質問もできる自習室のある塾などが、お子さんがより主体的に学習に取り組めておすすめです。

単なる「自習室が自由に使える塾」だと意欲の高いお子さんには良いのですが、そうでないお子さんだとただ自習室にいるだけ状態になる恐れがあります(下手するとスマホいじってたり)。

アウトプットが足りないケース

中には一応家でも勉強しているし、理解できている割に成績が上がらないという人もいます。

その原因として、上の「学習量が足りない」と重なる部分もありますが、勉強はしていてもアウトプットが足りていないことがあげられます。

問題演習はもちろん大事ですが、解いた問題がそのまま出てくるとは限りません。問題集では出てこない内容までインプットした内容を引っ張りだせる(説明できる)ところまで力をつければ、テストや入試でも力を発揮しやすくなります

「先生に言われた通り問題を解く→わからないことがあったら聞く」という個別指導だけだとここまで身につけられません。個別指導塾に通っても成績が上がらないのはこのアウトプットが足りないからと考えられます。

このケースでは授業での「アウトプット」を重視した個別指導塾がおすすめです。アウトプット重視でも高校生の指導があまり得意でない塾は避けましょう。(大学の合格実績や通っている生徒は高校生が多いかでも判断できます。)

落ちこぼれから挽回!逆転合格を目指すならどんな塾がおすすめ?

高校での成績がふるわないケースをいくつかあげましたが、相談を受けて感じるのはやはり「圧倒的に学習量が足りない」「どこかでつまずいている」というケースが多いこと。

特に大学受験が厳しい状況の高校生におすすめなのは次のような塾です。

  • 当然、個別指導
  • 高校生・大学受験生が多い
  • 大学受験の指導が得意な塾
  • 解説を「聞く」授業ではなく、自立型学習の塾

内部進学でそれほど厳しい状況ではない(勉強量が足りてないだけ、でも1人じゃ勉強しない)という高校生なら、高校生の指導ができて面倒見の良い塾(自習室で質問OK)で良いと思います。お近くにそのような塾がないかお探しになってみては。
←筆者が以前運営していた個別がこんな塾でした。普段全く勉強してなかった女子高生が勉強し過ぎでフラフラになるぐらい勉強するのにおつき合い・・・結果、無事内部進学できて良かったです。

おすすめは坪田塾!

PR



知名度も高く、合格実績のある塾でしたら坪田塾はおすすめの塾の一つです。あの「ビリギャル」がモデルになった個(子)別指導塾です。大学受験の一般選抜だけでなく、内部進学や総合型選抜にも対応しています。

坪田塾校舎・・・(東京)都立大学駅前校(第1校舎・第2校舎)・三軒茶屋校・戸越校・大森校・本郷三丁目校・四谷校・西荻窪校・国立校(神奈川)横浜校(兵庫)岡本・摂津本山校 (愛知)車道校・星ヶ丘校・千種・赤萩校(大阪)上本町校・茨木校/オンライン校
※2022年開校予定・・・(埼玉)北浦和校(千葉)柏校(兵庫)三宮校・西宮北口校

坪田塾は隣に座って教えるインプット型授業ではなく、アウトプットを重視、心理学を活用した指導で生徒一人一人に適した指導を実践しています。講師は正社員が中心、難関大出身の先生が多く学習サポート面で頼れます。

坪田塾公式サイト(坪田塾の勉強法・指導方法>合格体験談)では「高校2年生で中1の英語からやり直し、偏差値40から中央大学経済学部に逆転合格できたと」いう体験談も掲載されています。

坪田塾に興味がある方は入塾説明会だけでもまずは参加されてみてはいかがでしょうか。(説明会は無料です。)

\無料説明会受付中/

⇒坪田塾の詳細・評判はコチラ

その他の塾や家庭教師は次の記事でご紹介しています。

まとめ

高校で成績がふるわず、大学受験が心配・・・というご家庭にどんな対策や塾がおすすめかについて見てきました。

明らかに学校で落ちこぼれてる、このままでは大学受験がまずい、でも1人で勉強が厳しいなら「場の力」を借りられる個別指導塾は筆者の経験からもおすすめです。

ただし大学受験の指導は難しく、一般の個別指導塾では教えられる先生が不足している場合もあります。逆転合格を目指すなら、高校生・大学受験の指導が得意な塾をセレクトすることをおすすめします。

今回の記事が少しでもお子さんの成績アップ、大学受験対策にお役に立てれば幸いです。