日能研とSAPIX(サピックス)の違いは?教室・合格実績・カリキュラム・クラス分けを比較!【口コミも紹介】

日能研とSAPIX(サピックス)の違いは?教室・合格実績・カリキュラム・クラス分けを比較!【口コミも紹介】

中学受験進学塾は全国にいくつかありますが、日能研とSAPIX(サピックス)も代表的な中学受験の進学塾です。

日能研といえば「シカクいアタマをマルくする」と「N」のバッグで有名な大手中学受験塾。通勤中に電車内の広告に掲載されている問題を真剣に考えてみことのあるお父様・お母様もいらっしゃるかもしれません。

サピックス小学部は首都圏を中心に展開している塾で、お住まいの地域によってはなじみが薄いでしょう。サピックスは特に難関中での合格実績が高いことで知られています。

中学受験を検討中の保護者の方向けに、(関東)日能研とサピックスの違いについてまとめましたので、よかったら今後の塾選びの参考にしてください。

(記事は’21年8月、日能研、サピックス各公式サイト等を参考にしています。最新、正確な情報については各塾・校舎までお問い合わせください)

日能研とSAPIX(サピックス)教室数・エリアの違い

日能研の教室は北海道から沖縄まで全国で150校以上、サピックス小学部の教室は首都圏と大阪・兵庫に48校舎あります。教室数は3倍ほど違いがあります。

日能研 サピックス
全体 152 48
北海道 1
首都圏 92 44
東海 16
関西 23 4
中国 2
四国 4
九州・沖縄 14

サピックスは首都圏以外にお住いの方はあまり知られてないかもしれません。関西の校舎も大阪と兵庫のみ。(灘・甲陽・神戸女など最難関をターゲット)

日能研とSAPIX(サピックス)レベル・合格実績の違い

日能研とサピックスの関東・関西エリアの難関中合格実績を比較しました。(’21年度)日能研は関西で20校以上、サピックスは関西エリアは大阪・兵庫で4校しかないため、合格者数は少なめです。

中学名 日能研 サピックス
筑波大学附属駒場 9 86
開成 30 269
桜蔭 24 160
麻布 53 207
駒場東邦 46 173
女子学院 40 145
雙葉 19 54
聖光学院 29 229
栄光学園 61 105
SFC 13 41
洗足学園 67 125
渋谷教育学園幕張 79 380
浦和明の星女子 212 422
30 26
神戸女学院 32 10
甲陽学院 44 13
東大寺学園 55 10
大阪星光 27 6
西大和学園 135 51
四天王寺 62 3

関東の難関・最難関の合格者数はSAPIXが、関西は校舎数の多い日能研の方が上回っています。(関西の最難関なら馬渕、浜学園、希学園などが強いですが。)

中堅校から難関校までカバーする日能研

上の合格実績一覧は難関中に限定されていますが、多数の合格者数、全合格実績を見ると中堅校から難関校まで幅広く実績を上げていることがわかります。その分中堅から難関までのノウハウがあるということでしょう。

今は中堅校レベルを考えているけれど、今後成績が上がれば難関も目標にしたいというお子さんにも、塾のカリキュラムや教室の雰囲気が合えばちょうど良さそうです。もちろん最難関を狙っているお子さんも。

筆者も地域の個別指導塾、大手系の一般的な個別指導塾で(元)日能研生の指導にあたることがありましが、N偏差値で55前後の人気・上位校。ただこのクラスのお子さんは個別指導はもうちょっと良いところに行った方が良いですね…中学受験指導がちゃんとできる講師があまりいないですから。(安めの個別指導塾はそうなります)上位校ならなおさらです。

難関中に強いサピックス

日能研と比較すると教室数、生徒数はかなり少ないサピックスですが、難関中の合格実績が非常に高いです。何が何でも麻布・開成・武蔵の御三家、のように将来の進路も考慮して難関中進学にこだわりのあるのご家庭には、サピックスがおすすめでしょう。

ただしサピ1本というのはなかなかキツいという声もよく聞きます。ついていくのが大変なとき、(保護者の方が御三家や最難関中出身で指導力が高ければ大丈夫ですが)経済的な余裕があればプロ講師のいる個別やプロ家庭教師のフォローがおすすめです。

日能研とSAPIX(サピックス)カリキュラムの違い

日能研とサピックスのカリキュラムの違いについても見てみます。いずれも新学年は2月からスタートです

学年 日能研 SAPIX
1・2年生 ユーリカ!きっず(国算理社) 国算
3年生 ステージⅠ(国算)
科学者講座
国算社理
4年生 ステージⅡⅢ(国算社理) 国算社理
5年生 ステージⅢⅣ(国算社理) 国算社理
夏以降歴史
6年生 ステージⅣ(国算社理)
歴史(地歴総合)公民の完成
9月~
ステージⅤ 合格力を鍛えるステージ
日特・銀本・合格へつながるテスト
12月~ 合格力ファイナル・合格を確かなものにするテスト
1月 灘トライアルテスト
夏までに社会の学習を一通り終了
学力別・志望校別のクラス編成で入試対策
土曜志望校別特訓(土特)がスタート
9月~ サンデーサピックスがスタート、灘・甲陽・神戸女の入試対策演習講座

※ 通常授業に加え、季節講習もあります。

低学年で教科数の違いはありますが、本格的な受験が始まる小4以降ではカリキュラムに大きな違いがあるわけではありません。

他の中学受験塾でも共通ですが、

  • 算数は小4で計算を一通り学習、つるかめ算や植木算などの特殊算もスタート
  • 国語・算数・理科は5年までに一通り全単元の基礎を学習
  • 社会は4~5年で地理、5年夏以降で歴史が始まり、6年夏までに公民や地歴総合で一通り完成

となり、6年夏以降は入試対策に特化した内容となります。

日能研は6年でも基礎をしっかり

日能研ではメイン教材にステージ、家庭学習用教材にメモリーチェックなどが使われます。ステージは白黒印刷のシンプルなテキストです。メモリーチェックは書店でも購入可能です。


全員が難しい問題ばかり解かされるわけではなく、ステージⅤの時期でも基本問題を家庭学習でも解いています。日能研内で比較的成績の良いお子さんでもやはり苦手分野があり、そこがほったらかしになるということが少なそうです。

通常授業とは別枠で、日曜に「日特(日能研入試問題研究特別講座)」が6年の9月から1月に開講、御三家やフェリスなどが対象の「難関校日特」、海城や芝、鴎友学園女子などが対象の「上位校日特」、志望校レベルに合わせた「合格力完成日特」があります。上位校日特、合格力完成日特で銀本と呼ばれる中学入試問題集を利用します。

サピックスの教材は解説少なめ、難しい

SAPIXではメイン教材にデイリーサピックス言葉ナビ(国語)、デイリーサポート(算数)、基礎力トレーニング(算数)、コアプラス(理科・社会)などの教材が使われます。

コアプラスは受験学年夏以降~入試直前時期の確認にもおすすめされてます。

6年(新6年、2月)からは土曜特別特訓(土特)がスタートし実戦力養成、9月からは日曜日に難関校SS特訓(サンデー・サピックス)も始まり、御三家や難関校に特化した実戦力を養います。

SAPIXの教材はかなり難しいという印象を受けます。最難関中を目指しているご家庭には安心感がある内容ですが、ご家庭での学習サポートがかなり必要になるかもしれません。原則予習は不要ですがその分すぐに習ったことを消化できないといけないし、宿題の量もかなり多いです。

日能研とSAPIX(サピックス)のクラス分けとテスト

日能研では育成テスト(旧カリテ)、公開模試があります(6年生は毎週テスト状態)。日能研のクラスは1クラスあたり約25人、クラス替えは4・5年生は2か月ごと、6年生は毎月行います。成績ごとのクラス分けは日能研によればそれほど厳密ではないようです。テストの結果で席が決まります。

筆者の塾に通っていた日能研生が、よくクラス替えや席順のことを話題にしてました。授業では厳しさもある中、アットホームな雰囲気、塾のお友達どうしでいい関係なのも伝わってきました。

サピックスでは毎月マンスリーテスト、年3回の組分けテストを実施しコース決定、サピックスオープンという公開模試があります。

サピックスのクラス分けはかなり細かく、A→B→C…とアルファベット順に偏差値が上がり、アルファベットより上のαクラスが難関中を受けるクラスになっています。さらにαクラスもα4→α3→α2→α1と数字が小さいほどレベルが上がります。アルファベットクラスとαクラスは偏差値60が目安らしいです*。

*参考:名門会(https://www.meimonkai.co.jp/middle/sapix/page04.html

日能研の方がレベルがいろんなお子さんが1つのクラスになるので、難易度の高い問題を解いていくうちに逆転合格もあり得そうに見えます。

日能研とSAPIX(サピックス)に関する口コミ

口コミ1「日能研は6年生のスケジュールがハード」

日能研からサピックスに転塾したご家庭の口コミです。日能研だとほぼ毎日塾通いとスケジュールがハードに、復習する時間が十分とれないのがサピックスへの転塾の理由だそうです。アウトプットを塾でするのか家でするのか・・・どちらが効果的なのかはお子さんの学力状況やご家庭での勉強の関わり度合いにも左右されそうです。

口コミ2「日能研からサピに転塾、負担が増えた」

自宅学習増えます。親負担増えます。Nは電話しょっちゅうあり、気軽に相談できました。サピは相談しづらいです。でも、難関狙いなら、それでも移る価値あり。中堅ならNの方がよいかと。

引用:インターエデュ

こちらも日能研からサピックスに転塾したご家庭の口コミです。SAPIXは予習不要ということになってますが、その分家庭学習の時間が増え、親御さんの負担が増えたそうです。それでもサピにして良かったという感想も見逃せませんが。そんな大変な状況も楽しみを見つけながら日々取り組めれば親子ともに充実した受験期になるのかもしれません。

口コミ3「最上位クラスだと差はない」

サピックスでα1クラス(最上位クラス)だったお子さんと日能研にお通いでN偏差値70だったお子さんの入試結果は、

Sの子は灘◯渋幕◯開成×筑駒×
Nの子は灘×渋幕◯開成◯筑駒◯

引用:インターエデュ

だったそうです。最難関校狙いのお子さんならどちらの塾でも大丈夫そうです。あとはお子さんにどちらの塾の雰囲気や学習スタイルが合うかどうか…。

まとめ

日能研とサピックス小学部の実績やカリキュラム、口コミを確認しました。違いを簡単にまとめました。

  • 日能研 … 全国に教室、中堅~最難関まで幅広く対応、教材は基本も確認、塾にいる時間が長い
  • サピックス … 首都圏と関西、難関・最難関中対策、教材のレベル高い、家庭学習量が多い

中学受験は小学生にいきなり中学生レベル以上の勉強をさせるような、かなり「過酷」な戦いでもあります。成績優秀で「勉強って楽しい!」というお子さんなら受験勉強に楽しさを見つけられるかもしれませんが、かなりまれでしょう。

塾の授業だけですべてを理解するのは至難の業であり、当然ご家庭でのサポートも必要になります。特にサピックスは授業についていけないときのご家庭の負担が大きくなるかもしれません。

志望校と各塾の特性も確認の上、適切な塾選びをしていただくことをおすすめします。

通信教育で中学受験するという選択肢も

通塾は送り迎えが大変だったり、他の習い事を続けるのが難しくなることも。1人でもコツコツ進められるタイプのお子さんなら「通信教育」で中学受験をするという選択肢もあります。新6年から通塾をスタートしたり、特に力を入れたい教科だけ家庭教師や個別指導を利用することもできます。

最難関中の実績もあるZ会、小3から早めのスタートで無理のないスケジュール。映像授業での解説もついています。難関中受験のご家庭におすすめ。トータル指導プランはiPad、塾併用プランはPCかタブレットが必要です。

\資料請求・おためし教材はコチラ/

Z会 中学受験コース

トータル指導プラン塾併用要点学習プラン

  • 難関国私立中に多数合格実績
  • 1教科×1か月から受講OK
  • テキスト+映像授業
  • 添削指導と個別学習プランつき*
  • 資料請求でおためし教材がもらえる

基礎からわかりやすい教材と好評なのが進研ゼミ。中堅から難関中まで幅広く利用されてます。



進研ゼミ

オプション「考える力・プラス中学受験講座」

  • 4科で月あたり6,946円から
  • 教材がカラフルでわかりやすい
  • 映像授業で難しい問題を解説
  • 添削指導・テストあり
  • 資料請求でおためし教材がもらえる