関西の中学受験塾 2022年の合格実績を比較!難関・最難関中に強い塾は?

関西の中学受験塾 2022年の合格実績を比較!難関・最難関中に強い塾は?

中学受験の塾選び、家からの距離や近所の評判も気になりますが、やはり合格実績も見ておきたいところではないでしょうか。この記事では関西の有名中学受験塾で2022年の合格実績(難関・最難関中)を比較、塾選びのポイントについても元塾講師である筆者がまとめました。

※ この記事に記載の内容は2022年3月7日時点での情報になります(10日一部修正・追記)。最新かつ正確な情報は必ず公式サイトにてご確認ください。

関西の中学受験塾 2022年の合格実績を比較

関西の代表的な中学受験塾で、難関校・最難関校の合格実績を比べました。

最難関校の合格実績4塾比較

最難関中の実績が高い日能研・浜学園・馬淵教室・希学園で合格実績を比較しました。

※ 2022年3月7日時点での各塾公式サイトに掲載されている情報をもとにまとめています。実績はグループ全体の数になります。公式サイトリンクは後の章に記載。

2022年最難関校合格実績比較
(スマホの方はスクロールできます)

中学校名
(関西校舎数)
日能研
(24校)
浜学園
(35校)
馬淵教室
(35校)
希学園
(9校)
43 96 70 48
甲陽学院 34 97 37 36
東大寺学園 39 150 117 70
神戸女学院 36 44 13 34
西大和学園 113 234 186 94
洛南高等学校附属 39 147 38 44
大阪星光学院 28 113 52 29
四天王寺 65 110 83 48
洛星 31 89 104 18

日能研は最難関も中堅も幅広く合格者を出しています。浜学園は特に最難関中の合格者が高いですが、馬淵教室もかなり浜学園に近づいてます。スーパーエリート塾の希学園も校舎数は他塾より少ないですが(2022年小6受験生は531名)、これだけの実績をあげています。

難関校の合格実績10塾比較

その他の難関校も含めて、浜学園・日能研・馬淵教室・希学園に能開センター・SAPIX・成基学園・進学館(アップ教育企画)・京進・第一ゼミナールを加えた計10塾で、塾別合格実績をまとめました。

※ 2022年3月10日時点での各塾公式サイトに掲載されている情報をもとに、わかる範囲でまとめています。各塾グループ全体の合格者数です。公式サイトリンクは後の章に記載。

男子校

2022年合格実績
(スマホの方はスクロールできます)

中学校名 日能研 浜学園 馬淵教室 希学園 能開センター SAPIX 成基学園 進学館 京進 第一ゼミナール
43 96 70 48 11 34 8 3
甲陽学院 34 97 37 36 5 9 1 20 6
六甲学院 66 122 64 33 11 4 1 19 11
大阪星光学院 28 113 52 29 76 6 1 7 5
東大寺学園 39 150 117 70 52 12 7 13 6 2
東山 70 99 233 55 167 9
洛星 31 89 104 18 16 6 51 4 17

女子校

2022年合格実績
(スマホの方はスクロールできます)

中学校名 日能研 浜学園 馬淵教室 希学園 能開センター SAPIX 成基学園 進学館 京進 第一ゼミナール
神戸女学院 36 44 13 34 10 12
四天王寺 65 110 83 48 66 6 13 8

共学校

2022年合格実績
(スマホの方はスクロールできます)

中学校名 日能研 浜学園 馬淵教室 希学園 能開センター SAPIX 成基学園 進学館 京進 第一ゼミナール
神戸大学附属 51 56 2 10 44
須磨学園 101 140 32 27 4 13 22
白陵 96 73 3
大阪桐蔭 60 222 250 144 1 10 25 45
清風南海 55 171 124 174 8 1 2 38
高槻 106 220 103 72 25 49 47 5
西大和学園 113 234 186 94 49 53 3 14 4 7
同志社 29 30 43 5 2 101 7 同志社系4校で
110名
洛南高等学校附属 39 147 38 44 15 4 37 6 15 7
立命館 66 55 45 7 143 5
智辯学園和歌山 1 24 110 5

関西の中学受験塾 2022年合格実績の特徴

関西の代表的な中学受験塾別に、2022年合格実績の特徴を簡単にまとめました。

日能研

エリア・・・京都・大阪・兵庫・奈良

全国に多数の教室を展開している日能研グループ。西大和学園、高槻、須磨学園、金蘭千里、帝塚山などで100名超の合格者。幅広く合格者を出している。なお日能研では灘中対策の特進コースを設置。

日能研

浜学園

エリア・・・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山

60年以上の実績がある中学受験塾。灘中・甲陽・東大寺学園・神戸女子・西大和学園・洛南高附属・大阪聖光・四天王寺・六甲などでNo1。特に灘中は18年連続1位。

PR

浜学園

馬淵教室

エリア・・・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良

最難関中・有名中で合格実績多数。洛星・大阪桐蔭・開明・帝塚山学院・奈良学園・同志社女子などでNo.1。最難関中の合格実績が浜学園に迫ってきている。

馬淵教室

希学園

エリア・・・京都・大阪・兵庫・奈良

浜学園で指導していた先生が開いた、難関中専門のスーパーエリート塾。最難関の合格率が高く、希学園塾生の灘中合格率60%(全体では41%)。

希学園

能開センター

エリア・・・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山

清風南海174名、近畿大附属和歌山150名、智辯学園和歌山110名、帝塚山学院泉ヶ丘197名で塾別1位。

能開センター

SAPIX

エリア・・・兵庫・大阪

兵庫・大阪で計4校舎と少ないにもかかわらず(関東から受けた生徒もいると予想されるが)灘34名、西大和53名、高槻25名など難関中で多く合格者数を出している。

SAPIX

成基学園

エリア・・・滋賀・京都・大阪

関関同立に強い(立命館 143名・立命館守山 120名・同志社 101名他)。京都女子で140名。公立中高一貫校にも強く、市立洛北23名、市立西京40名。

成基学園

進学館

エリア・・・京都・大阪・兵庫・奈良

難関国私立中専門、関西大学系 61名、神戸大学附属44名、高槻 47名など。

進学館

京進

エリア・・・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山

同志社・立命館に強い(同志社系4校110名、立命館系3校132名)。京都府立・滋賀県立でも実績多数。

京進

第一ゼミナール(第一ゼミパシード)

エリア・・・大阪・兵庫・和歌山

最難関では灘・甲陽学院・大阪星光学院・四天王寺・東大寺学園・西大和学園・洛南高附属、その他清風南海38名、大阪桐蔭45名、清風50名、開明42名など。第一ゼミナールで府立富田林の合格者数No1。

第一ゼミナール

合格実績の見方と中学受験塾を選ぶポイント

最難関校の合格実績は気になるところですが、校舎数や生徒数、エリアも各塾によって異なるので、合格者数の数字をそのまま塾の実力と受け取るのは正しくないこともあります。

もちろん合格実績が多数あるということは、その最難関校合格のためのノウハウがあることになりますが、大きな塾ほど校舎も多いです。校舎での実績も確認が必要です。

また(特に最難関校が第一志望でない場合)お子さんの志望校の合格者は出ているのかも重要。

その他の中学受験塾を選ぶポイントとは?

その他にも次のような点に注意して塾選びを。

  • 料金・・・毎月の授業料、季節講習費、特別講習費、合宿費 他
  • 雰囲気・・・先生が優しそうか厳しそうか、塾生が真面目に勉強してるか
  • 環境・・・周囲がうるさくないか、教室の広さなど
  • 生徒のレベル・・・最難関中レベルの生徒が多いのか
  • 通いやすさ・・・1人でも通えるか、送迎しやすいか
  • 指導方針・・・宿題の量、テストなど
  • フォロー体制・・・質問対応、自習室など

教室の雰囲気やレベルは塾だけでなく校舎によっても変わってくることがあります。実際見学したり様子を見て判断するのがベスト。

まとめ

関西の中学受験塾、2022年の合格実績、また合格実績以外で塾を選ぶポイントについても確認しました。この記事が多少なりとも塾選びの参考になれば幸いです。

おすすめの中学受験塾「浜学園」

PR

浜学園では一流の講師陣による授業と徹底した復習主義、細かなゴール設定の学習計画表、学習到達度に応じたクラス編成で志望校合格までリード。授業はオープンで保護者の方の見学も随時受付中。授業以外の時間も質問対応やWeb全問解説他多数のサポートつき。

保護者の方には個別教育相談を随時実施、浜学園公式アプリで各種イベントや入試情報を知らせてくれます。

PR

浜学園

小1~小6

  • 関西最難関中で合格者多数
  • 徹底した復習主義
  • Web全問解説&質問対応
  • 学習到達度に応じたクラス編成
  • 6年生志望校別特訓(35コース)