中学受験するなら塾はいつから通うべき?【低学年からの通塾はデメリットも?個別指導なら5年からでも可能】

中学受験するなら塾はいつから通うべき?【低学年からの通塾はデメリットも?個別指導なら5年からでも可能】

中学受験の塾にいつから通うべきか、お悩みになっているご家庭も多いようです。

大手中学受験塾だと4年生から本格的な中学受験のためのカリキュラムが組まれていますが、1年生からも受験に向けてのクラスを開講し、3年生から中学受験を強く意識した教材も作成されています。

中学受験の塾にいつから通うのが良いか、中学受験の指導経験のある塾講師がまとめました。

PR

中学受験するなら塾はいつから通うべき?【進学塾の場合】

中学受験するなら、塾にはできれば3年生から、遅くとも中学受験の本格的なカリキュラムが始まる4年生(3年生2月)から通うことをおすすめします。

進学塾は小1からスタート?

中学受験の進学塾(集団塾)は一般的に2月から新年度となります。(たいてい1~2月が入試日になります)

主な進学塾のスタート学年

SAPIX 小1~
早稲田アカデミー 小1~
四谷大塚 小1~(予習シリーズ小4~)
日能研 小1~(予科小3、本科小4~)
浜学園 小1~
希学園 小1~
馬渕教室 小1~

どの進学塾で小1から(中には年長も)のコースが設けられていますが、ほとんどの塾で本格的なカリキュラムは小4からスタートとなります。しかしSAPIXや早稲アカ、四谷大塚は3年生でも理科・社会を進めています。

中学受験の「土台」を固める意味では低学年からの通塾が理想ですが、その時期だとまだ中学受験の意思も固まっていないかもしれません。

ということで、塾通いはできれば3年生から、遅くとも中学受験の本格的なカリキュラムが始まる4年生(3年生2月)から通わせることをおすすめします。

難関校へのこだわりがなければもう少し遅いスタートでも個別指導塾で対応可能です。個別に関しては後の章で。

ただし進学塾では入室テストがあります。どの時期から通うにせよ家庭での学習もある程度は進めておかないといけません。4年生から通塾するなら3年生のうちに塾選びをし、テストに向けて勉強も進めておきましょう。

出遅れると算数が特に大変!

中学受験の指導をしていて特に大変だと感じるのが算数です。学校の算数のテストでは100点をとれても、中学受験の算数は数学ができる中学生や高校生でも解けないような問題も普通に出題されます。

中学受験のカリキュラムでは4年生で5・6年生レベルの計算も進め、かなり複雑な四則の計算も進めることになります。計算は特に落とせないので、早めに計算力をつけておくことをおすすめします。

漢字も早めに取り組むのがおすすめ

6年生までに習う漢字は4年生までに書けるようにしておきたいところ。1、2学年は先の漢字も日ごろから取り組んでおいた方が後々楽になります。

「漢字なんて後回しでも良くない?」という意見もあるかもしれませんが、筆者の経験上、6年生の最初の時点で漢字が苦手だったお子さんはなかなか漢字を克服できない傾向があるように感じています(毎日練習、毎回漢字テストしてるにもかかわらず・・・)。

国語という教科は読解問題で文章との相性に左右されがち、漢字で点を失うことは極力避けたいです。

低学年からの中学受験塾はデメリットも?

各進学塾で小1からのコースを設置しており、低学年からの通塾がおすすめされています。小3、4から入ったら思いのほか大変で苦労している、早くから通えば良かったという声も聞かれ、難関中志望なら低学年から実績のある塾で受験の土台を積み上げておくことは有利になると思われます

しかし低学年からの通塾は次のようなデメリットもあります。

  • 塾の費用がかかる
  • 友達と遊ぶ時間が減る
  • 習い事をあきらめないといけない
  • 勉強=苦痛というイメージがつく
  • クラス分け、順位のことばかり気にしてしまう

低学年のうちはそれほど高い月謝ではないとはいえ、長い受験生活を考えればトータルでかなり費用がかさむことになります。

また塾に通えば勉強ができるわけではなく、中学受験の勉強についていけるよう家での勉強時間も増えます。のびのびとお友達と遊ぶ時間が減ったり、勉強に対して悪いイメージを持ってしまう恐れも。成績が下がったらどうしよう・・・と気に病むことも多くなる恐れがあります。

楽しんで勉強できそうなお子さんなら早めの塾通いも良さそうですが、実際に通ってみないとわからないことも多いです。

低学年のうちは家庭学習や公文で土台作り

PR

中学受験の塾に通う前、低学年のうちは教科書より発展的な内容を扱う教材や先取りもできる公文などで中学受験の土台作りをしておくのがおすすめです。

タブレット学習ならRISU算数もおすすめ。RISU算数を利用していたお子さんがSAPIXの組み分けテストで1位になったり、開成・麻布・渋渋・早稲田・筑波大附属・大阪教育大学附属池田などの難関校合格実績も出しています。

’21年10月時点でRISU算数では50名限定で1週間のお試しキャンペーンを実施中です。(満足できなかった場合1週間以内に返品すればOK、1,980円の送料・保険料がかかります。)

※キャンペーンは上限に達し次第予告なく終了することがあります。

※お申し込み込みの際は、リンク先↓記載のクーポンコードをご記入ください。

【限定50名様】1週間お試しキャンペーン中

個別指導塾なら新5年生からの中学受験も可能

中学受験を本当にするかどうかわからず見送り、気づいたら集団塾に入りづらい学年になってしまった・・・そんなご家庭には個別指導塾がおすすめです。特に中堅校や入試問題が易しい学校で2科受験なら、新5年生からのスタートでも間に合わせることが可能です。

塾講師をしている筆者自身も、5年生から塾通いをして志望校に合格した生徒を数多く見てきました。

  • 家庭学習の習慣がある
  • サボらない、ズルしない
  • 何らかの受験に向けての学習を進めている
  • 受験へのモチベーションが高い

が小5からでも間に合うための最低限必要な条件と考えられます。

ご家庭で予習シリーズやZ会などの通信教育を進めていたなら(ある程度順調に勉強が進められていれば)、新小6からでも間に合うでしょう。

個別指導塾の中には夏期講習以降は受け付けていないところもあるので注意してください。満席のためにもっと早くから受付を中止する塾もあります。

ただし中学受験では個別指導塾選びに特に注意が必要です。中学受験コースのある個別指導塾はたくさんありますが、必ずしも中学受験が指導できる力のある講師がいるわけではありません。中学受験専門の個別指導塾や、合格実績の高い個別指導塾を選ぶことをおすすめします。

習い事をやめたくない!なら通信教育という手も

PR

3、4年生から通塾するのがおすすめなのは納得できたけど、どうしても習い事をやめたくない、やめさせたくない・・・というお子さんやご家庭もあるでしょう。

そのような場合はスタートが多少遅れても、通信教育で中学受験対策を進めておくのもおすすめです。お子さんが自立学習できることが前提。公開模試は定期的に受けておきましょう。ただし学年が上がるにつれ塾が満席になるという事態もあり得ますので、入るタイミングにも注意です。

勉強が順調に進められて模試の成績も悪くない・・・なら、5年生からでも受験に間に合う確率はかなり高いと思われます。(新)御三家クラスになると相当お子さんの力がついていないと難しいですが。

四谷大塚をご検討なら四谷大塚の通信教育「進学くらぶ」、御三家や難関、名門中を目指しているなら「Z会」、中堅~上位クラス志望で基礎から進めたいなら「進研ゼミ」がおすすめです。

Z会、進研ゼミは資料請求でおためし教材がもらえます。

\資料請求はコチラから/




まとめ

中学受験の塾に通うなら新3~4年から通うのがおすすめです。難関中志望なら低学年からもおすすめですが、デメリットもふまえておいた方が良いでしょう。また新3~4年から進学塾に通うとしても、受験に必要な土台はご家庭の方でしっかり進めておく必要があります。

お子さんの学力に見合った受験校であれば、個別指導塾で遅めのスタートという選択肢もあります。こちらは(新4年からが無理なら)新5年からの通塾がおすすめ、ご家庭での勉強の取り組み方によっては新小6からでも間に合います。中学受験で実績のある個別指導塾選びが合格への近道です。

PR

東京・神奈川・大阪・兵庫に校舎のある中学受験専門個別指導塾のSS-1には、大手進学塾での成績アップのためにたくさんのお子さんが通われています。成績アップの理由をまとめた資料セット、家庭学習に役立つ授業動画を無料でプレゼント中です。

SS-1

都内横浜西宮大阪谷町

  • 難関中に合格実績多数
  • プロ講師がマンツーマン指導
  • 無料カウンセリング・体験授業あり
  • 資料請求で成績UP秘訣と授業動画プレゼント