Z会だけで大学受験は大丈夫?口コミ・評判・実績を検証!【難関大学】

Z会だけで大学受験は大丈夫?口コミ・評判・実績を検証!【難関大学】

難関大学を目指しているけれど、塾・予備校にお金をかけたくない、近所に塾・予備校がない、自分のペースで進めたいというい高校生・大学受験生に、おすすめされているのがZ会の通信教育。

しかしZ会の通信教育だけで進めても大丈夫なのか、不安に思われる方もいるでしょう。

Z会だけで合格できたという人の口コミ・評判、2021年共通テストの結果、合格実績についてもまとめましたので、Z会を検討中の方は参考にしてみてください。

\資料&おためし教材はコチラから!/

Z会
  • 良問と添削指導で記述力強化
  • 志望大別対策と共通テスト対策
  • 高1から東大対策対応
  • 1講座から受講OK
  • 資料請求で特典冊子プレゼント

Z会だけで大学受験は大丈夫なのか?コース・講座内容を確認

Z会では高1・2生はテキストまたはiPad、高3生は紙のテキスト中心で進めます。記述対策に添削指導、映像授業もついています。

1教科からの受講が可能で、高1から東大総合演習、高2で東大コース・京大コース・医学科コースが選べます。

高3本科から志望大学別のコースで勉強。専科では6教科17科目対応の共通テスト攻略演習もスタートします。

Z会大学受験講座(本科)の志望大学別コース:東大コース・京大コース・医学科コース・難関国公立コース・早慶コース・難関私大コース・標準国公私大コース

学校のテスト対策に英数国のデジタル教材(授業アシスト)も。Z会の教材でわからないところがあれば、「教えてZ会!」から質問できます。

Z会受講費(12か月一括払いでの月あたりの料金)

本科料金* 高1・高2 iPad 4,444円~/テキスト 4,530円~
高3 標準国公私大 4,530円~/東大・京大その他 5,082円~
共通テスト
攻略演習料金
2,975円~

*理科基礎を除く

Z会では難関大学中心に志望大学別のプラン、しかも超難関の東大・京大・医学部は高2からスタート、進学校で進度が早い高校生にも十分対応。

Z会は教材の質には定評があり過去にも入試で似た問題が出たこともあることからも、大学受験対策にかなり頼りになる教材といえるでしょう。

Z会だけで大学受験!合格したという口コミ・評判

実際にZ会通信教育を使ってみた高校生・大学受験生(のご家庭)は、どのような意見を持っているのでしょう。インターネット上のZ会通信教育の口コミ・評判をまとめました。

Z会だけで東大・京大・医学部に合格したという口コミ

本人、知人がZ会だけで東大や京大、医学部に合格したというツイートを探してみたら、たくさん出てきました。実際に、筆者の知人でもZ会だけ東大理系に現役合格してた人がいました。

Z会だけで難関大学に現役合格している人も多いようですが、ツイートにもあるように東大・京大・医学部レベルになると地頭の良さも前提条件としてありそうです。

現役で合格できたという口コミ・評判

その他の大学でも、Z会だけで現役合格できたという口コミもありました。

また通信教育では誰かがすぐそばで監視しているわけではなく、周囲の圧もなし。日々努力できる意志の強さも必要でしょう。「自分はZ会をやっている」という事実は自信にもつながりそうに感じます。

Z会の教材は難しい?教材に関する口コミ・評判

Z会高校・大学受験講座の教材に関する口コミを紹介します。

Z会の問題は良質で、解説がわかりやすいという声が多かったです。添削指導に関しても「とても丁寧」という声が多いです。

Twitterでも写真付きで先生の赤ペンの文字でぎっしり埋まった答案を紹介している人が多数いるぐらいです。入試情報も手に入るのでおすすめだという声もありました。

対面式の指導ではありませんが、「人の手」がかかったものは心がこもっている感じがし、モチベーションも高まるのかもしれません。

一方、次のような声もありました。

Z会の問題が難しすぎて落ち込んでしまうこともあるかもしれませんが、理解してやり切れればかなり力がつきそうです。

もちろん必要に応じて市販教材も加えたり、計画的に学習を進めることも必要でしょう。

\資料請求・おためし教材はコチラ/

2021年共通テスト Z会受講者の成績は?

高校英語 分詞構文の作り方

2021年1月に実施された共通テストで、Z会員と受験者全体の平均点を比較しました。(Z-wiki「共通テスト対策 Z会員の成績」より抜粋)このデータは回答したZ会員の平均点なので、Z会の通信教育だけを利用している人の平均点を表しているわけではありませんが、Z会員の方が全体と比較して点が上回っているのがわかります。

科目 Z会員 受験者全体
英語(リーディング) 84 60.4
英語(リスニング) 74.9 57.2
数学IA 76.2 59.2
数学IIB 81.5 62.9
国語 152 116.1
物理 74.8 58.9
化学 71.2 52.8
生物 87.4 73.1
地学 68.8 47.1
世界史B 84.4 65.8
日本史B 81.8 66.1

英語・数学は15~20点、国語は30点以上も受験者全体よりZ会員の方が上回っています。

共通テストは従来のセンター入試と問題傾向が違い、2021年が初めて。どの受験生も対策がやりにくかったと思われます。特に英語が難しかったという声が多く聞かれました。

Z会の2020年大学合格実績は?

Z会通信教育の評判を見てきましたが、実際に合格実績はどれだけ出せているのでしょうか。

Z会の公式サイトによると2020年度のZ会通信教育受講生の合格実績は以下のとおりでした。

主要大学合格実績(2020年度)

東大 1,161名
京大 923名
北海道大 429名・東北大 425名・名古屋大 298名・大阪大 559名・九州大 324名・一橋大 240名・東工大 229名
早稲田大 2,261名
慶應義塾大 1,606名
上智大学 529名・東京理科大 1,866名
明治大 1,714名・青山学院大 447名・立教大 745名・中央大 1,117名・学習院大 164名
関西大 430名・関西学院大 389名・同志社大学 1,323名・立命館大1,146名 他多数の難関大

東大の入学者数が約3,000名ですので、その約3分の1がZ会通信教育の受講者ということになります。(Z会全体での2020年度合格実績は東大1,208人、京大961人。)

大手予備校の東大合格者数に匹敵する合格者数。難関大学を目指すなら、塾に通うとしても進めておきたい教材でしょう。

\資料請求・おためし教材はコチラ/

まとめ

Z会の通信教育の評判・口コミを見ると、「1人でも学習を進めることができるなら良い教材」との声がよく見かけられました。

ある程度の力がある高校生・大学受験生なら、Z会の通信教育でも難関大学対策はできるでしょう。Z会の難問にも対応できるポテンシャルがある高校生・大学受験生で、学習塾・予備校にお金をかけずに難関大入試対策をしたい人には、Z会の通信教育はおすすめだと思われます。

講座やコースがいろいろあるので、ニーズに合わせて選ぶことができるのは大きなメリットです。塾・予備校とともにZ会を補助的に使うのも良いでしょう。

\資料請求・おためし教材はコチラ/