【中学生向け】東進オンライン学校とスタディサプリを徹底比較!

【中学生向け】東進オンライン学校とスタディサプリを徹底比較!

PR

中学生の予習・復習、塾代わりに東進オンライン学校とスタディサプリ、どちらにしようかご検討中ですか?

どちらも動画授業だけど何が違うの?

東進オンラインとスタサプ、うちの子に合うにはどっち?

という中学生のご家庭に向け、東進オンライン学校とスタディサプリを徹底比較しました。よかったらお子さんの家庭学習教材選びにお役立てください。

※こちらに記載の内容は、主に2023年9月17日時点での情報をもとに再編集したものとなります。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。
※この記事はPRを含みます。(東進オンライン学校、スタディサプリと当サイトは提携関係にあります。)

広告

【中学生向け】東進オンライン学校とスタディサプリを徹底比較!

東進オンライン学校中学部とスタディサプリ中学講座の内容を比較、下の表にまとめました。

東進
オンライン
スタディ
サプリ
科目 5教科 9教科
※授業動画は5教科
授業
時間
目安
数学45分
英語30分
1回5分
レベル 基礎 基礎~応用
入試
対策
あり
無学年 あり あり
個別
サポート
なし なし
※個別指導コースで対応
料金
毎月払い
月額3,762円 ベーシックコース
月額2,178円
無料
体験
10日間
(返金保証)
14日間

東進オンライン学校は東進の実力講師陣が授業を担当。わかりやすさを重視した内容で、数学は学校の教科書レベル、英語は日本人講師×ネイティブ講師の楽しい講座に。理社国はテストで9割を目指すレベル。

一方スタディサプリは基礎から応用まで9教科対応(授業動画は5教科)。教科書対応の講座は1回約5分で要点をまとめた内容。個別指導コースではZOOMやチャットでの指導も提供しています。

どちらも先取り・さかのぼり学習が可能ですが、東進オンライン学校は月28回と上限があり、スタディサプリは無制限。また東進は中学全範囲、スタディサプリは小学講座・高校講座の授業も視聴可能です。

それぞれどんな中学生におすすめ?

東進オンライン学校は

  • 英数の基礎固めをしたい
  • 理社国は実戦力養成
  • 計画的に勉強したい
  • じっくり授業を聞きたい

という中学生におすすめ。

一方スタディサプリは、

  • 5教科の基礎~応用を進めたい
  • 効率的に勉強したい
  • ゲーム感覚で勉強したい
  • (小・高内容も含め)先取りや戻り学習をしたい
  • 先生にZOOMやチャットで教わりたい(個別指導コース)

という中学生におすすめです。

次の章から東進オンライン学校、スタディサプリについてもう少し詳しく解説していきます。

東進オンライン学校中学部について解説!

東進オンライン学校の特徴や料金体系をご紹介します。

東進オンライン学校の基本情報

教科 5教科
受講環境 Windows・タブレット・スマートフォン
※詳細は公式サイトでご確認ください-
特長 東進プロ講師の授業、確認テスト・月例テストあり、テキスト無料DL
料金 <2023年9月17日時点での情報>
受講料:<毎月払い>3,762円/月<12か月一括払い>39,336円(月あたり3,278円)
入会金:なし
※受講は最短2か月から

特長

東進オンライン学校はPC(Windows)、タブレット、スマートフォンで利用できます。Mac、Kindleは不可。(推奨環境の詳細は公式サイトでご確認ください。)

5教科対応で英語・数学は標準講座。特に英語はネイティブ講師と日本人講師が授業を担当。国語・理科・社会は実戦力養成講座で、定期テストで90点を目指せる内容に。

英検®3級対策も2次対策まで対応、毎月最大28回分の授業が受講できます。回数に制限はありますが授業時間は30~45分※「英検®」は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。※このコンテンツは、公益財団法人 日本英語検定協会の承認や推奨、その他の検討を受けたものではありません。

さらに将来を考えるきっかけになる、特別講座の「未来発見講座」も月に1回配信されます。

  • 東進プロ講師の授業
  • 英数は標準講座、国理社は実戦力養成講座
  • 国理社は教科書対応
  • 中1~3全範囲が学べる
  • テキストは無料ダウンロード(要印刷)
  • 確認テスト・月例テスト
  • 高速マスター基礎力養成講座で英単語・計算対策(毎日OK)
  • 英検®3級対策講座(全7回)

※すべての教科書に対応しているわけではありません。ご利用前に対応している教科書をご確認ください。

料金システム

東進オンライン学校(中学部)の受講料は次のとおり。<2023年9月17日時点での情報>

  • 毎月払いの場合、月額 3,762円
  • 12か月一括払いの場合、39,336円(月あたり3,278円

入会金や教材費はかかりません。最短2か月からの受講、支払いはクレジットカードになります。当月15日までに解約すれば、その月の末日まで利用できます。16日以降だと翌月解約になるのでご注意ください。

10日間お試し入会とは

東進オンライン学校の10日間お試し入会とは初回申込日を含む10日以内の解約で全額クレジットカードに返金されるシステムです。過去6か月以内にお試し入会を利用した方は利用できません。

PR

東進オンライン学校のお申し込みは公式サイトで随時受付中。チャットでのお問い合わせや資料請求も受け付けています。

スタディサプリ中学講座について解説!

スタディサプリ中学講座についてご説明します。

スタディサプリ中学講座

教科 9教科(※実技教科はベーシックコースにて)
受講環境 タブレット・スマートフォン・パソコン
※詳細は公式サイトでご確認ください
特長 プロ講師の動画授業5教科見放題、定期テストは9教科対応、ZOOMやチャットで指導がある個別指導コースあり
料金 <2023年9月17日時点での情報>
ベーシックコース:<毎月払い>月額2,178円 <12か月一括払い>年額21,780円(月あたり1,815円)
個別指導コース:月額10,780円(ベーシック 2,178円+個別指導 8,602円)
入会金:なし
※冊子を購入する場合は別途教材費1冊1,320円

特長

スタディサプリ中学講座はタブレットやスマートフォンなどで利用でき、5教科の授業動画や9教科のテスト対策教材を提供。書き込みできるオリジナルテキストも用意。(オリジナルテキストは無料でDL可能、冊子の販売も行っています。)

ベーシックコース個別指導コースがあり、個別指導コースはベーシックコースの受講が前提となっています。

  • プロ講師の授業動画が見放題
  • ミッション機能で反復学習
  • 演習問題は10,000問以上
  • 9教科教科書対応
  • 定期テスト厳選予想問題
  • 徹底暗記マスター
  • 英数のオンライン個別指導が受けられる個別指導コースも

※すべての教科書に対応しているわけではありません。ご利用前に対応している教科書をご確認ください。

スタディサプリの授業内容は公立中堅~難関校が目指せるレベル。公立トップクラス校の合格実績も出しています。ただし志望校別対策ができるわけではありません。

個別指導コースとは

塾に通わず1人で勉強が進められるか不安、スタディサプリを使っていてわからないところがあれば聞きたい・・・という方におすすめされているのが「個別指導コース」です。

  • ZOOMでの対面型オンライン個別指導(週1回)
  • 先生は難関有名大生など
  • 対象科目は英語・数学
  • 苦手克服メソッド
  • 全国の選抜講師が指導
  • 授業日以外もミッションがお知らせ

※使用教材はスタディサプリ中学講座となります。他教材などの質問は受け付けていません。

料金システム

スタディサプリの料金は次のとおり。<2023年9月17日時点での情報>

(ベーシックコース)

  • 毎月払いの場合、月額 2,178円
  • 12か月一括払いの場合、21,780円(月あたり1,815円

(個別指導コース)

  • 毎月払いの場合 月額 10,780円(ベーシック 2,178円+個別指導 8,602円)

最短1か月から受講可能、教材費はPDFなら無料。紙冊子希望の方は別途テキスト代(1冊1,320円)がかかります。

決済方法はクレジットカード決済、キャリア決済、コンビニ決済、App Store決済、Google Play Store決済が選べますが、14日間の無料体験はカード決済のみ対応となっています。詳細は公式サイトでご確認ください。

14日間無料体験とは

スタディサプリの14日間無料体験は、お申し込み日から14日以内に利用停止の手続きをすれば料金がかからないシステム。クレジットカード決済での手続きが条件です。

利用停止の手続きをしなければ自動的に料金がかかります。ベーシックコースと個別指導コースどちらも無料体験が利用できます。

PR

スタディサプリ公式サイトで14日間無料体験受付中。気になる方はまずはお試しで利用してみては?
※カード決済での申し込みが必要です。14日間は初日も含まれます。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。

⇒スタディサプリ中学講座の詳細はコチラの記事で紹介

まとめ

東進オンライン学校とスタディサプリ中学講座は次のような違いがありました。

  • 授業時間は東進オンラインの方が長い
  • 東進オンラインは受講回数に制限あり(1か月28回)、スタディサプリ(ベーシックコース)は制限なし
  • 東進オンラインは5教科、スタディサプリは9教科対応
  • 料金はスタディサプリ(ベーシックコース)の方が安い
  • 東進オンラインは英数は基礎固め、国理社はテスト対策に
  • スタディサプリは9教科でテスト対策対応
  • スタディサプリはZOOMやチャットの指導もオプションにある

東進の方がより「塾」感覚、スタディサプリ中学講座(特にベーシックコース)は教材の一部に動画授業があるという感覚です。

お子さんの学習状況やご家庭での利用目的に応じて、お選びください。

※上記記載の内容は記事執筆時の情報をもとに書かれています。お申し込みの際は最新の情報を各公式サイトにてご確認ください。

PR