中1理科 顕微鏡の使い方まとめと問題

中1理科 顕微鏡の使い方まとめと問題

顕微鏡には一般的な接眼レンズが1つあるタイプの顕微鏡(鏡筒上下式顕微鏡・ステージ上下式顕微鏡)と、接眼レンズが2つある双眼実体顕微鏡があります。

今回は接眼レンズが1つの一般的な顕微鏡の各部の名称と役割、顕微鏡の使い方・手順についてのまとめと問題です。

なぜ接眼レンズを先に取り付けるのか、ピントを合わせるとき対物レンズをプレパラートから遠ざける理由、プレパラートの作り方についても確認します。

スポンサーリンク

顕微鏡の特徴と名称

一般的な接眼レンズが1つあるタイプの顕微鏡の名称と役割を確認します。

顕微鏡の特徴

接眼レンズが1つあるタイプの顕微鏡に、鏡筒が上下する顕微鏡(鏡筒上下式顕微鏡)と、ステージが上下する顕微鏡(ステージ上下式顕微鏡)があります。

これらの顕微鏡は、

・高い倍率(40~600倍)で観察できる

上下左右逆に見える

プレパラートを作る

という特徴があります。プレパラートは観察対象物を2枚のガラスで水を垂らしてはさんだものです。ふつうの顕微鏡では立体的なものは観察できません。

※ 双眼実体顕微鏡は倍率が20~40倍で、上下左右はそのまま、プレパラートを作る必要がありません。

参考:中1理科 双眼実体顕微鏡の使い方まとめと問題

顕微鏡各部の名称と役割

接眼レンズ 顕微鏡の一番上にあるレンズです。顕微鏡を使うときは接眼レンズをのぞいて見ます。
視度調節リング 接眼レンズについているリングで、細かくピント調節したいときに使います。
鏡筒 接眼レンズ下の長い筒です。
レボルバー 対物レンズを装着するところで、レボルバーを回転して対物レンズの倍率を変更できます。
対物レンズ レボルバーに装着するレンズです。
ステージ プレパラートをのせる台です。
クリップ ステージ上にあるクリップは、プレパラートをはさむためにあります。
しぼり ステージ下にあり、回すことで光量を調節します。
調節ねじ アーム、ステージの下にあるねじで、鏡筒またはステージ上下させてピントを合わせます。
反射鏡 明るさを調節します。

スポンサーリンク

顕微鏡の使い方・手順

(1) 顕微鏡は直射日光のあたらない明るく水平なところに置く。

直射日光があたると目を悪く(痛めて)しまいます。

(2) 接眼レンズをとりつけてから、対物レンズを取り付ける。レンズは低倍率にする。

対物レンズは下側なので、先に取り付けると接眼レンズに付いているゴミ、ほこりが入る恐れがあるからです。

高倍率だと暗くせまい範囲しか見えないので、最初はレンズを低倍率でセットします。

(3) プレパラートをステージの上に乗せてクリップで留める。

(4) 鏡筒上下式顕微鏡では、ステージ上のプレパラートのすぐ近くまで鏡筒を下げておく。ステージ上下式ではステージを上げておく。

(5) 接眼レンズをのぞきながら鏡筒を上げて、ピントを合わせる。

接眼レンズをのぞきながら鏡筒を下げると、対物レンズがプレパラートにぶつかり、プレパラートを壊す恐れがあるためです。

高倍率でみるときは見たい部分が真ん中になるようプレパラートの位置を調整します。顕微鏡では上下左右逆なので、動かしたい向きと逆向きにプレパラートを動かします

(6) 視野全体を明るくするように、反射鏡しぼりを調節する。

接眼レンズと対物レンズ、倍率

接眼レンズは短いほうが高倍率で、対物レンズは長いほうが高倍率です。

顕微鏡の倍率=接眼レンズの倍率×対物レンズの倍率

接眼レンズが10倍、対物レンズが40倍なら、400倍になります。

倍率が高いほど観察対象が大きく見えますが、見える範囲が小さく暗くなります

倍率が低いほど観察対象は小さく見えますが、見える範囲が大きく明るいです。

そのためいきなり高倍率で見るのは難しいです。低倍率で見たいものが真ん中にくるよう動かしてから、倍率を高くしていきます。(低倍率 → 高倍率

プレパラートの作り方

プレパラートは顕微鏡で観察対象物をスライドガラスカバーガラスではさんだものです。

(1) スライドガラスの上にを1滴落とす。

スライドガラスとカバーガラスを密着させるのと、試料を乾燥させないようにする意味もあります。

(2) スライドガラスの上に観察対象をのせる。

(3) 空気の泡(気泡)ができないように、柄付き針とピンセットを使ってカバーガラスをかぶせる。

気泡が入ると観察したいものがきれいに見えないからです。カバーガラスをかぶせるとき水がはみ出たら、ろ紙で水を吸い取っておきます。

【問題編】顕微鏡の名称と使い方・手順

一般的な顕微鏡(鏡筒上下式・ステージ上下式顕微鏡)についての問題です。

問1 ア~エの名称を答えなさい。

→答え

問2 顕微鏡はどのような場所に置いて使うべきですか。

→答え

問3 鏡筒上下式顕微鏡を使う手順を正しく並べなさい(記号で答える)。

ア 視野全体を明るくするように、反射鏡やしぼりを調節する。
イ 接眼レンズを取り付ける。
ウ 接眼レンズをのぞきながら鏡筒を上げて、ピントを合わせる。
エ ステージ上のプレパラートのすぐ近くまで鏡筒を下げておく。
オ 対物レンズを取り付ける。
カ プレパラートをステージの上に乗せてクリップで留める。

→答え

問4 レンズは高い倍率から取り付けますか、低い倍率から取り付けますか。

→答え

問5 接眼レンズを15倍、対物レンズを40倍にしたとき、顕微鏡の倍率は何倍になりますか。

→答え

問6 倍率を高くすると視野が明るくなりますか、暗くなりますか。

→答え

問7 対物レンズを先に取り付けるのはなぜですか。

→答え

問8 対物レンズは倍率が高いほど長くなりますか、短くなりますか。

→答え

問9 鏡筒上下式顕微鏡では先に横から見ながら鏡筒を下げておいて、接眼レンズをのぞきながら鏡筒を上げてピントを合わせます。このようなピントの合わせ方をするのはなぜですか。

→答え

問10 プレパラートをつくるとき、カバーガラスをかけるときに注意しなければいけないことは何ですか。

→答え

まとめ

顕微鏡の名称、使うときの手順を確認してきました。

特に顕微鏡を使うときの注意点は以下のことです。

・顕微鏡は直射日光のあたらない、明るく水平なところに置く。
・接眼レンズ → 対物レンズの順に取り付ける。
・対物レンズは横からのぞきながら先に下げておき、接眼レンズをのぞきながら鏡筒を上げてピントを合わせる。