中高一貫校生は予備校にいつから通うべき?【そもそも塾や予備校は必要?おすすめ予備校・塾・通信教育も紹介】

中高一貫校生は予備校にいつから通うべき?【そもそも塾や予備校は必要?おすすめ予備校・塾・通信教育も紹介】

私立・公立の中高一貫校生の中には中学生のうちから予備校に通っている人もいれば、高2、3生から通う人もいたりまちまちな様子。中高一貫校生は予備校にいつから通うべき?そもそも中高一貫校に入ったのだから予備校や塾に入れる必要あるのか?といったお悩みについて、お答えしていきます。

中高一貫校生は予備校にいつから通うべき?

高校からでも良いですが、志望校のレベルによっては中学生から通うのがおすすめです。おそらく予備校を検討されてる…ということは、お子さんがそれなりの大学を目指している進学校にお通いなのだと思われます。

中高一貫校生なら中1・2生のうちは中学受験が終わって一息つきたいところ。(と生徒も言っていました。もちろん日頃の勉強は大切ですが!)予備校に通い始めるのは勉強が高校内容に入る中3生あたりからか、時間的な余裕がなければ高校生になってから通えば良いでしょう。科目を多くとると学校の勉強との両立で負担がかかるかもしれませんので、まずは英語・数学(のどちらか)から。ただし現状のレベル、志望大学のレベルにもよります。

進学校にお通いで成績も良好かつ学校の勉強では物足りない、大学受験対策を早めに進めたいならもっと早い時期からスタートしても良いでしょう。東大・京大・医学部・早慶・海外の大学など、最難関レベルを想定しているなら中1から通うのがおすすめ。駿台・河合・東進・早稲アカ他多くの予備校・塾で中高一貫校生向けの講座を開いています。

大学進学を考え万全の対策をしたいなら早めのスタートで中3から、最難関レベルの大学(海外の大学も含め)を受験するなら中1から通っても。ただし学校の指導内容や現状のレベル、ライフスタイルにもよってもベストな時期は変わってきます。どんな中高一貫校生でも早い方が良いというわけではありません。

そもそも中高一貫校生に予備校や塾は必要なのか?

必要なケースとそうでないケースがあります。

せっかく進学実績のある中高一貫校に入ったのに予備校や塾にまた通うなんて…という思いの保護者の方もいらっしゃるでしょう。でも現状を見ると(学校の雰囲気にもよりますが)、せっかく進学校に入ったのに勉強についていけなかったり、勉強を真面目にやればできるはずなのに適当に済ませてしまったり、学校の勉強だけでは不十分に感じたり…。結構中高一貫校生のお子さんが予備校や塾に結構通っている現実を見て揺れてしまいますよね。

予備校・塾が必要なケース

中高一貫校に進学して、初めは張り切っていたようだけど中だるみか勉強に身が入らない、学校の勉強が思っていた以上に難しくて、ついていくのが大変…という場合は予備校や塾を利用するのがおすすめ。個別指導塾でも中2生頃から勉強が難しくなってきて…と中高一貫校生の方が入塾されるケースが多いです。

最近はただ講義をするだけでなく、コーチングやカウンセリングで学習意欲を高めるよう働きかけてくれる予備校や塾も多いです。中だるみが心配なお子さんにはそういった予備校や塾も良いかもしれませんね。

苦手教科があるものの本人の学習意欲が高く積極的に質問するタイプの中高生は、(オンライン)家庭教師を利用するのも良いでしょう。マンツーマン形式なので1:2の個別指導よりいろいろ質問しやすいです。

中高一貫校生におすすめなオンライン家庭教師厳選4つ⇒

また稀にですが、中高一貫校生で中3になってから「今の学校を辞めたい」と受験をするケースもあります。この場合(学校で勉強しているレベルは高いですが)もやはり通塾するのがおすすめです。模試や入試に関する情報、進路相談はお通いの学校にはできませんからね…。失敗もできませんので、しっかり実績のある塾にお願いしましょう。

予備校・塾が必要でないケース

学校の勉強についていけている+学校の勉強内容と志望校のレベルが合っているなら、当面は予備校や塾に通う必要はないでしょう。刺激を受けるために予備校の講習会のみ利用したり、入試対策用の教材に通信教育を利用するのもおすすめです。

中高一貫校生におすすめの予備校・塾・通信教育

中高一貫校生におすすめな予備校、塾、通信教育をご紹介します。

予備校

駿台、河合、東進、早稲田アカデミーは難関大を目指す中高一貫校生におすすめ。中高一貫校生向けのコースも設置されています。

駿台
東大・京大・医学科実績。コーチングつきプレミアムサポートコースも設置。中学生コースが中高一貫校生向け。
河合塾 難関大実績。中学グリーンコース 中高一貫(速習)コースは中3生、東大現役進学塾 MEPLOは中高。
東進 現役難関大実績。中高一貫校講座あり。
早稲田アカデミー 東大・早慶大・難関大必勝コース、最難関医学部必勝講座あり。大学受験部の中学生コースが中高一貫校生向け。

予備校の雰囲気が合わない人は進学塾という選択肢も。中高一貫校に通っている中高生は学校の進度が早いので、それに対応できる個別指導塾やマンツーマン指導を行っている塾がおすすめです。Z会の教室は少人数クラスがあり、大人数で受ける集団授業より先生との距離が近いのがメリットです。大学受験に向けて学習の習慣をつけたい人にはモチベーションアカデミアがおすすめ。

栄光の個別ビザビ 中高一貫校生コースあり。体系数学・プログレス・トレジャーにあわせた指導もOK。
TOMAS 完全マンツーマン指導。難関大・医学部受験に。
Z会の教室 少人数クラス・個別指導。東大・京大進学教室あり。難関大・医学部受験に。
モチベーションアカデミア マンツーマン・少人数クラス授業、週1のカウンセリング。難関大~中堅私大と幅広く対応。

通信教育

1人でコツコツ勉強が進められる自宅学習派に通信教育がおすすめ。受講費が予備校や塾に通うより安く済むのがメリット。難関大対策に特におすすめなのはZ会。Z会とスタディサプリは学校の進度にあわせて自由に単元を選んで進めやすいです。進研ゼミは進度が学校と合うかがネック?公式サイトでゼミ受講生の学校名が掲載されているので参考になりそう。

Z会
東大・京大・難関大入試に実績の高いZ会。中高一貫コースあり。
【進研ゼミ高校講座】

【進研ゼミ中学講座】

テスト・受験対策に。中高一貫生向け講座あり。
スタディサプリ 自由に先取り学習も復習も可能。志望校別対策講座あり。

まとめ

中高一貫校生がいつから予備校や塾に通うかはケース・バイ・ケースですが、難関大受験を考えており、学校の勉強だけでは不足という状況であれば遅くとも中3から通うのが良いでしょう。もちろんそれまでに苦手教科を作らないように、特に英・数はしっかり力をつけておきたいところです。

英数でつまずきを感じたら、早い段階から中高一貫校生にも対応できる個別指導塾や家庭教師などでフォローを。自学自習でもできるならテスト対策もできる通信教育もおすすめです。このままではまずいとわかったまま放置してしまうのが一番良くないので(一度わからなくなると、遅れを取り戻すのは本当に大変です)、何らかの行動を起こすことをおすすめします。