東大・京大・医学部を目指す中高一貫校生の塾10選を紹介!

東大・京大・医学部を目指す中高一貫校生の塾10選を紹介!

PR

東大・京大・医学部を目指す難関中高一貫校の生徒たちは、入学時から難関大学受験対策の塾に通っているお子さんも多いです。

有名なところでは鉄緑会やSEG、英語塾では平岡塾やJPREPなど。大手進学塾や予備校でも中高一貫校生に特化したコースを設置し、トップレベルの生徒を対象にした速習カリキュラムを提供しています。

最難関大学を目指す中高一貫校生にどのような塾があるのかまとめてみました。

※記載の内容は情報取得時のものです。最新の情報は各公式サイトでご確認ください。

広告

東大・京大・医学部を目指す中高一貫校生の塾10選を紹介!

東大・京大・医学部など最難関を目指す中高一貫校生向けの塾に次のような塾があります。

鉄緑会 東大受験専門塾。全員東大現役合格を目指す。関西は京大・医学部も。
SEG 理数系だが英語の多読、ネイティブのレッスンも。
大学受験グノーブル 東大、国立・慶應医、難関私大向けの進学塾。
平岡塾 長年の実績がある英語塾。座卓で学ぶスタイル。
J PREP 比較的新しい英語塾。数学カリキュラムもある。海外大の実績も。
駿台中学部 東大・京大・医学部向けの速習カリキュラムを用意。
東大現役進学塾MEPLO 河合塾の東大、医学部現役合格を目指す塾。
Z会の教室 東大、京大、医学部を目指す生徒に複数プランドの塾を展開。
早稲田アカデミー 東大・国公立医学部・ハーバード大を目指すコースを用意。
研伸館中学生課程 東大・京大・難関大医学部を目指す選抜クラスあり。学校と塾の相乗効果で難関大を目指す。

鉄緑・SEG・グノーブル

まずは東大受験指導専門の鉄緑会、東大・京大・医学部で実績のある理数系のSEG、東大、国立・慶應医、難関私大に強いグノーブルについて。

鉄緑会

鉄緑会の基本情報

指導形式 集団指導
合格実績 (2023年度本部)東京大520名(うち理三36名)、東京医科歯科大56名、千葉大医学部43名、東北大医学部17名、横浜市立大医学部 16名、筑波大医学部 14名、慶應義塾大医学部95名、東京慈恵医科大92名 ほか
教室 本部(東京代々木)、大阪、京都、西宮北口

鉄緑会は中高一貫校生対象の東大受験指導専門塾。東大卒の専任講師を中心に東大生・東大卒業生が指導。高い目標をもつ生徒たちが切磋琢磨できる対面集団指導で1回3時間の授業、居残り指導も行います。全員が東大に現役合格できるよう徹底指導しています。

本部校は原則として東大進学有名校(開成、桜蔭、筑駒ほか)に通う指定校生徒が対象。関西は東大・京大・国公立大医学部で多数実績、指定校はありません。京都校は中1〜高2の英数と高1の化学、西宮北口校は中学部のみ。

科学的教育グループSEG

科学的教育グループSEGの基本情報

指導形式 集団指導
合格実績 (2023年度) <大学受験>東京大、京都大、東京工業大、東北大、早稲田大、慶應義塾大 他多数<医学部医学科>東京大、京都大、大阪大、東京医科歯科大、東北大、東京慈恵会医科大、日本医科大、順天堂大 他多数<海外>マギル大、ウィスコンシン大学マディソン校
教室 東京(新宿)

難関大を目指す難関中高一貫校生に長年支持されている理数系中心の学習塾SEG。指導経験豊かな講師陣とネイティブ講師も指導にあたります。東大、京大、医学部医学科、難関大ほか海外の大学でも合格者を輩出しています。

中学生の数学ではあえて解の公式を使わないなど独自の指導も行い、数学の楽しさを伝える授業を展開。宿題は少なめで週20分~1時間程度とのこと。月1回開催される数学Extremeは数学クラブ感覚で応用力・発想力・表現力を養成、広中杯や数学オリンピックで活躍する受講生も。

SEGの英語は多読・多聴を重視し、英語を英語のまま理解できる力を育成。英語多読コースで外国人講師の文法解説や会話演習も行われます。

なおSEGには以下の姉妹校、提携校があります。詳細は各公式サイトでご確認ください。

大学受験グノーブル

大学受験グノーブルの基本情報

指導形式 集団指導
合格実績 (2023年度)<大学受験>東京大、京都大、一橋大、東京工業大、東京外語大、慶應義塾大、早稲田大 、上智大  他多数<医学部医学科>東京大、大阪大、東京医科歯科大、東北大、慶應義塾大、東京慈恵医科大、順天堂大、日本医科大 他多数
教室 新宿、渋谷、お茶の水、自由が丘、横浜、たまプラーザ

東大や医学部などで実績の高い大学受験グノーブル。一方通行の解説授業ではなく、対話型の活気ある授業、授業内でも授業後でも個別添削をし、一人ひとりをサポートする方針です。

科目は中学生は英語・数学。高校生から国語・理科も加わります。英語は聞く・音読することを重視し、各学年でグノーブル独自の音声教材GSLを用意。数学は中1・2生は宿題を毎回提出、個別添削を行い生徒一人ひとりの弱点を把握。

学力別クラス編成で1クラスの人数は中学生は10~25名、高校生は15~30名程度。宿題は週に2~3時間程度の量なので学校の勉強に支障が少なそう。全校舎に自習室を設置。

広告

英語塾の平岡塾とJ PREP

名門中高一貫校生が通う英語塾の平岡塾、東京・神奈川に教室を増やしているJ PREPを紹介。

平岡塾

平岡塾の基本情報

指導形式 集団指導
合格実績 (2023年度)東京大、京都大、北海道大、早稲田大、慶應義塾大、一橋大、東京工業大、東京理科大、上智大、明治大、東京医科歯科大医学部、東北大医学部医学科、慶應義塾大医学、東京慈恵会医科大医学部 他多数
教室 東京(渋谷)

東大・京大・医学部ほか難関大で合格者を毎年多数出している、英語塾の平岡塾。寺子屋式の座卓での授業スタイルでも有名。

音声と文法を重視した英語指導で、毎回文法・読解・作文の宿題あり。ネイティブ講師によるレッスンの時間も30~40分程度設けられています。

平岡塾対策のために家庭教師を利用するご家庭もあるぐらい、レベルがかなり高く宿題の量も多め。英語学習への意識が高く、東大クラスの大学受験で英語を強みにしたいと考えている難関中高一貫校生に。

J PREP

 J PREPの基本情報

指導形式 集団指導
合格実績 (2023年度)東京大、京都大、一橋大、東京外語大、東京医科歯科大、東京慈恵会医科大、防衛医科大学校医学部、慶應義塾大、早稲田大、上智大、ウィスコンシン大マディソン校、イリノイ大アーバナ・シャンペーン校  他多数
教室 渋谷、自由が丘、吉祥寺、四谷、横浜、あざみ野*、茗荷谷*
*2024年3月開校

J PREPは元イェール大学政治学科の助教授で、政治学者でもある斉藤淳先生が代表を務める英語塾。話す・書く・聴く・読む・考えるの5つの技能の習得にこだわった指導を実践。

東大・京大をはじめとした国内難関大や海外の大学でも合格実績を出しています。

英語コア・カリキュラムでは、ネイティブ講師と日本人講師が授業を共同担当。J PREP Scholarsはオールイングリッシュで留学指導を行うコース。SAT、TOEFLの対策も。高校生は国内大学受験カリキュラムがあります。

都内の校舎では数学カリキュラムも設置し、中高6年分の内容を中1から高1の4年間で学習します。

駿台・河合塾ほか進学塾・予備校の中高一貫校生コース

駿台中学部、河合塾のMEPLO、Z会、早稲アカ、研伸館の中高一貫校生コースを紹介。

駿台中学部 大学受験コース

駿台中学部 大学受験コースの基本情報

指導形式 集団指導
合格実績 (2023年度駿台グループ全体)東京大 1,409名、京都大 1,372名、東京工業大 280名、一橋大 211名 、大阪大 881名、神戸大 698名、国公立大医学部医学科 1,628名、私立大医学部医学科 2,044名 ほか多数
教室 (東日本)お茶の水、池袋、渋谷、豊洲、自由が丘、吉祥寺、大泉学園、武蔵小杉(西日本)京都駅前、上本町、西宮北口、西大寺、福岡

※武蔵小杉校は映像授業。

中高一貫校中学生を対象にした駿台の大学受験コース。通常授業の教科は英数(国)、プロ講師の対面授業。一部の校舎では東大・京大・難関大医学部を目指す受験生向けの数学講座開講、中3で高2課程を学習します。

関西ではオプション講座にAI教材atama+(英数と物理・化学・生物)、オンライン英会話などを用意。

自習スペースを設置し、進路アドバイザーやプロ講師による学習相談・進路相談のサポートも提供。

※地域・校舎により講座やサポート内容、募集状況が異なります。詳細は公式サイトでご確認ください。

東大現役進学塾 MEPLO

東大現役進学塾 MEPLOの基本情

指導形式 集団指導
講師 プロ
料金 <2024年1月29日時点での情報>
2023年度学費(中学生)
入塾金:22,000円
塾生サポート料:2,970円/月
授業料:<参考> 3学期からの入塾で総額82,400円
※最新の情報は公式サイトでご確認ください。
合格実績 東京大、一橋大、北海道大(医)、横浜市立大(医)、日本医科大(医)
教室 池袋、本郷、表参道、横浜

河合塾の東大現役進学塾 MEPLO(メプロ)は東大、医学部医学科の現役合格を目指す中高一貫中学生・高校生を対象にした塾。

中高一貫校の進度に合わせたカリキュラムとプロ講師の双方向性の対面授業、オリジナルテキストは未習分野でも予習しやすいよう作られています。宿題を過剰には出しません。

講師・チューター・クラスサポーター(大学生スタッフ)が連携し、現役合格に向けてサポート。東大・医学科の現役合格に必要な主体的な学習サイクルを確立するよう指導します。

Z会の教室

Z会の教室の基本情報

指導形式 集団指導、個別指導、映像授業
合格実績 東京大、京都大、国立・私立医学部医学科、東京工業大、一橋大、大阪大、北海道大、東北大、名古屋大、神戸大、筑波大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、明治大、青山学院大、同志社大、立命館大、他多数
教室 東京、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、静岡
※オンライン対応

Z会の教室では東大、京大、医学部、その他難関大を目指す中高一貫校生向けの講座を複数のブランドで開講。

東大進学教室メテウスでは双方向・多方向型の集団指導に、ニュートレジャー対応講座も開講。東大個別指導教室プレアデスでは東大生・医学部生の講師によるマンツーマン指導。個別指導教室ではZ会の教材を用い難関大対策や学校授業のフォローも。

京大進学教室では集団指導、映像授業、個別指導から自分に合った学習スタイルで難関大対策を、進学教室ラボラトリは個別対応コース個別指導コースを提供。

早稲田アカデミー 中高一貫校大学受験コース

早稲田アカデミー
中高一貫校大学受験コースの基本情報

指導形式 集団指導
合格実績 東京大、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、国立・私立大医学部医学科、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、学習院大などで多数
教室 池袋、荻窪、御茶ノ水、国分寺、渋谷、たまプラーザ
※荻窪・国分寺は中3のみ、TopwiNクラスは池袋、御茶ノ水、渋谷、たまプラーザにて開講

早稲田アカデミー の中高一貫校生対象大学受験コースでは、難関大を目指す中高一貫校生向けの速習カリキュラムでの指導を行っています。

開講講座は英数(TW Boosterクラス・TWクラス・Sクラス)と国語(TWクラス)で、Sクラスは難関中高一貫校と同程度の進度。TWはさらに速習型で中2で高校内容に入ります。

英語のTW Boosterは授業がオールイングリッシュで中2で英検®2級~準1級レベルの、東大・国公立医学部・ハーバード大を目指す生徒対象の選抜クラス。数学は中2で数ⅡBC導入、ジュニア数学オリンピック、広中杯を目指す生徒向け。

難関・最難関大や海外難関大受験に特化した対策を先取りで進めたい中高一貫校生におすすめ。

研伸館中学生課程

研伸館中学生課程の基本情報

指導形式 (中学生課程)集団指導(中学生課程/PS)個別指導
合格実績  (2023年度アップ教育企画全体現役生)東京大 71名、京都大 82名、大阪大 93名、神戸大 72名、大阪公立大 79名、国公立医学科 82名、早慶上理 429名、関関同立 1,469名、私立医学科 87名 他多数
教室 研伸館中学生課程(西宮、JR 住吉、阪急豊中、上本町、天王寺、千里中央、学園前、高の原、京都)
研伸館PS(西宮、JR 住吉、上本町、阪急豊中、天王寺、学園前、京都)

※千里中央校は中2まで。高の原校は東大寺学園中限定。

中高一貫校中学生対象の進学塾である研伸館中学生課程は、中高一貫校より1歩先のカリキュラムを設定。学校と塾の相乗効果で難関大学を目指すというのは首都圏の受験塾とは異なったアプローチのようです。

東大・京大・難関大医学部を目指す選抜S+[速習]クラス・選抜S+クラス・選抜Sクラスや、京大・阪大・神大を目指すSクラス、アカデミックな英語が学べるグローバル選抜G+物理化学講座学校進度対応講座など多彩な講座を開講。

大学受験に向けて早めにスタートを切りたい、難関の私立・国立中高一貫校に通う中学生におすすめです。個別指導の研伸館PS(プライベートスクール)も一部校舎を除き併設しています。

広告

中高一貫校生が東大・京大・医学部対策の塾に通うメリット

中高一貫校生が早い時期から東大・京大・医学部対策の塾に通うメリットをあげてみました。

大学受験を有利に進められる

最難関大学を目指す塾は速習カリキュラムや膨大な演習で力を伸ばせる指導を行っています。早い時期から大学受験に対応できる力をつけておくことで、目に見えないライバルにも差をつけることができます。

切磋琢磨できる環境で学習意欲を向上できる

中高一貫校では高校受験がないため安心してしまう危険性もあります。切磋琢磨できる環境の中に身を置くことで何年も先の大学受験に向けモチベーションをキープすることができます。

中高一貫校生が東大・京大・医学部対策の塾に通うデメリット

中高一貫校生が最難関大学受験対策の塾に通うデメリットについてもあげてみました。

宿題が負担になることがある

宿題の量が多い塾では部活もしている生徒は両立が大変かもしれません。塾により宿題の量は最低限としているところもあります。心配であれば塾の宿題の量も確認の上塾を選ぶと良いでしょう。

レベルが高くついていくのが大変

最難関を目指す塾はレベルも高い上、進度も早いのでついていくのが大変。宿題をこなすのも辛くなり結局辞めてしまったという声もちらほらと聞かれます。

費用がかさむことも

今回ご紹介した塾は決して高額な塾ばかりではありませんが、塾についていくのが大変なため個別指導塾や家庭教師に頼るケースもあると聞きます。塾をかけもちしている中高一貫校生も。中高一貫校に入学後も塾代が結構かかってしまいます。

広告

まとめ

トップレベルの中高一貫校生向けの、東大・京大・医学部向けの塾をご紹介しました。

最難関大学受験に向けたカリキュラムを早い時期から切磋琢磨できる環境で進められるのは受験で有利になりますが、消化不良や学校生活との両立など、難しい面もあります。

最適な塾選びや家庭学習の確立でお子さんの夢が実現できると良いかと思います。

なお当サイトでは中高一貫校生におすすめな塾や家庭教師、通信教育などもご紹介しています。よかったら参考にしてください。