医学部受験のオンライン予備校10選を厳選比較【合格実績・特長・学費は?大手系から医学部専門まで】

医学部受験のオンライン予備校10選を厳選比較【合格実績・特長・学費は?大手系から医学部専門まで】

医学部受験の予定なので予備校に通いたいけれど感染リスクが心配、医学部系の予備校は家から遠い、人の大勢いる予備校より家で勉強したい…という高校生・大学受験生に、医学部に実績の高い、または医系専門のオンライン予備校を紹介しています。オンライン予備校は通学に余計な時間や負担がかからないのもメリットです。よかったら予備校選びの参考にしてください。

こちらのページに記載の内容は’21年5月時点での情報です。最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

医学部受験のオンライン予備校10選比較!選ぶポイントは?

数ある医学部受験のオンライン予備校から、駿台・東進・メディカルラボ・アガルートメディカル・富士学院・メディカルフォレスト・メルリックス・MedSUR・メビオ・i-medをご紹介したいと思います。どの予備校もプロ講師が指導、自習やコーチングなどのサポートは現役大学生が入ることもあります。

まずは各予備校の指導形態と合格実績を比較しました。

予備校 指導形態・合格実績
駿台 ライブ授業・映像授業
’20年度 国公立医・医 1,905名、私立医・医2,824名
東進 映像授業
’20年度現役のみ 国公立医・医 920名、私立医・医671名
メディカルラボ 個別指導
’20年度計1,213名
アガルートメディカル 映像授業+コーチング
富士学院 個別指導
’21年度計249名合格、うち国公立大58名
メディカルフォレスト 映像授業/個別指導(柔道の朝比奈沙羅選手が通っていた)
’21年度 山梨大・札幌医科大・名古屋市立大・東京慈恵医科大・昭和大他
メルリックス 個別指導、私立医学部・歯学部専門
’20年度 東北医科薬科大・獨協医科大・埼玉医科大・東京医科大・北里大他
MedSUR 個別指導
’18~’20年 東大(理Ⅲ)・神戸大・大阪市立大・奈良県立医科大・滋賀医科大他
メビオ 少人数クラス指導
’21年大阪医科薬科大・関西医科大・近畿大学医学部・兵庫医科大・岩手医科大他
i-med 集団指導/個別指導
’21年度 長崎大・金沢医科大・帝京大・久留米大・福岡大他

選ぶポイントは?

  • 映像授業か個別指導か
  • 大手系か医系専門か
  • サポートの内容
  • 合格実績
  • 学費

映像授業は知識を定着させるのに効率的、わからないところをいろいろ聞いて弱点補強したければ個別指導が良いでしょう。ただし映像授業を利用している予備校でも後で講師やチューターに質問できるところが多いです。大手系やアガルートメディカルは有名講師も在籍しているので、その点に魅力を感じる高校生・受験生もいるでしょう。「予備校でみんなと勉強している」雰囲気を感じたい人はライブ配信や少人数のクラス指導を選ぶと良いでしょう。ある程度緊張感をもって授業を受けられます。

大手系は合格実績数がすごいのが魅力的ですが、どちらかといえば予備校に入る前から成績がかなり良い人が入学し、合格をつかみとっていくケースが多いようです。基礎から積み上げたい、極端に苦手な教科がある人は医学部専門予備校の個別指導を利用するのが良いでしょう。ただし最近は大手予備校や集団指導型の予備校で個別指導やコーチングが(オプションで)ついているところも。

学費はどのコースをとるかにもよりますが、大手系だとフルコースでとっても年間で100万弱から120万円程度でも済ませられ、サポートが手厚い医学部専門予備校だと年間授業料が300~400万円ぐらいかかることも。個別指導形式は一般的に授業料が高いですが、1コマごとに受講できる予備校もあるので各予備校の料金形態をよく確認の上選ぶと良いでしょう。

医学部受験のオンライン予備校を紹介!【実績・特長・学費など】

プロ講師在籍、医学部医学科受験のオンライン予備校を厳選、一つ一つ紹介していきます。予備校の規模を知りたい方や通学も視野に入れている方のために、校舎もできる限り記載しました(東進は多いため省略しています)。

駿台(オンライン授業対応コース)

  • 指導形態:ライブ授業・映像授業
  • 対象:高校生・高卒生
  • 合格実績:(’20年度 国公立医・医 1,905名、私立医・医2,824名)東京大50名・京都大66名・北海道大39名・旭川医科大41名・東北大36名・東京医科歯科大52名・大阪大51名・京都府立医科大70名・奈良県立医科大56名・慶應義塾大101名・東京慈恵医科大144名・東北医科薬科大123名・国際医療福祉大212名・大阪医科大115名・関西医科大181名他多数
  • 校舎:札幌校・仙台校・大宮校・千葉校・津田沼校・柏校・お茶の水校・市谷校舎(医学部専門校舎)・池袋校・現役フロンティア吉祥寺校・現役フロンティア自由が丘校・立川校・町田校・横浜校・あざみ野校・藤沢校・浜松校・名古屋校・現役フロンティア丸の内校・京都校

※実績は予備校全体のもの。

駿台予備校は難関国公立・私立大の医学部医学科を目指す人におすすめ。合格実績は国公立大医学部医学科1,905名、私立大医学部医学科2,824名と圧倒的な実績。オンライン授業対応コースでも予備校に通うのと同様の授業とサービスが受けられます。(模試成績など認定基準あり。)

駿台オンライン授業対応コースの特長

  • 駿台トップ講師陣のライブ授業・映像授業
  • 駿台模試(一部は自宅からも受けられる)が無料
  • AI教材「atama+」
  • 駿台オリジナルの実戦力強化アプリ
  • 質問アプリ「manabo」
  • 学習コーチングあり

※クラスにより内容が異なることがあります。詳細は公式サイトでご確認いただくか、直接お問合せください。

駿台トップ講師のライブ授業や映像授業が見られ、わからないところがあればその場で質問を送ることもできます。いつでも質問できる質問アプリや、基礎固めから実戦力まで強化できるアプリ、駿台模試も無料で利用できます。

高卒クラスのスーパー国公立大医系コースは大阪南校の授業、オンラインコースは全国どこからでも受けられます。全国の大学の医学部入試の総合力をつけたい受験生におすすめされてます。

駿台(オンライン)入会金と授業料(講習会費等は別途)

高校生クラス 入会金:30,000円
年間授業料(10分割)* : スーパーα医系英語 … 高1・2 19,750円×10、高3 23,450円×10
スーパーα医系数学ⅠAⅡB/ⅡBⅢ … 高1・2 19,750円×10、高3 28,450円×10
その他
高卒生クラス 入会金:100,000円
年間授業料 : スーパー国公立大医系(OL)コース 860,000円~(2回分割可)
*首都圏1講座あたりの料金、一括払いも可。トータルの金額は変わらず。

’21年はオンライン授業開校記念で、高校生クラスで1学期・前期入学者(オンラインのみの受講者)の方は、通常30,000円かかる入会金が免除に。高卒クラスは半額免除で50,000円(ご家族の方が駿台生だったらさらに免除額アップ)。

\オンラインでの個別相談受付中/

東進(在宅受講コース)

  • 指導形態:映像授業
  • 対象:中3生・高校生・高卒生
  • 合格実績:(’20年度現役のみ 国公立医・医 920名、私立医・医671名)東大41名・京大20名・北海道大17名・東北大23名・大阪大30名・名古屋大22名・九州大28名・慶應義塾大45名・国際医療福祉大59名・獨協医科大14名・順天堂大58名・東京慈恵医科大28名他多数
  • 校舎:(東進ハイスクール・東進衛星予備校)全国に約1000校

※実績は予備校全体のもの。

有名講師の授業と現役合格者の実績が売りの東進ハイスクール。東進の在宅受講コースでは東進独自のシステム(t-POD)で映像授業を見るだけはなく、オンラインで受けられるテストで実力をチェック、理解度を確認しながら進めます。

  • 校舎と同じ実力講師たちの映像授業
  • 1科目からの受講OK
  • 高速学習可能(1年分の授業が最短2週間から3か月で修了)
  • オンラインの確認テスト・講座修了判定テストで実力判定
  • 東進模試も自宅受験
  • 担任助手によるコーチングタイム
  • バックアップサービス(質問OK)

映像授業なので高速学習が可能、1年分の授業を最短2週間から3か月で修了させることもできます。東進の授業でわからないところがあれば、電話やFAXで質問することもできます。東進模試も自宅で受講でき、解説授業もついています。Zoomを使ったウェブ面談(コーチングタイム)で学習の進捗状況や受講スケジュールなどもサポートします。

東進ハイスクール在宅受講コースの学費(講習会費等は別途)

入学金 33,000円
通期講座(20回以上の講座) 1講座 83,000円
東進模試 高2・受験生は別途

\公式サイトをチェック/

メディカルラボ

  • 指導形態:個別指導
  • 対象:高校生・高卒生
  • 合格実績:(’21年度計1,472名)東京大・京都大・千葉大・九州大・東京医科歯科大・旭川医科大・大阪市立大・京都府立医科大・慶應義塾大・東京慈恵会医科大・国際医療福祉大・聖マリアンナ医科大・大阪医科大・北里大・近畿大他多数
  • 校舎:札幌校・仙台校・さいたま校・千葉柏校・千葉津田沼校・東京お茶の水校・東京新宿校・東京池袋校・東京立川校・町田校・横浜校・湘南藤沢校・静岡校・名古屋校・金沢校・京都校・大阪梅田校・大阪なんば校・あべのハルカス校・神戸校・岡山校・広島校・松山校・小倉校・福岡校・熊本校・鹿児島校

※実績は予備校全体のもの。

河合塾グループのメディカルラボは全国に27校を展開する個別指導予備校、医系専門予備校で合格者数 No.1の合格実績を誇ります(医学部予備校ナビ調べ)。マンツーマンでの個別指導は対面型とオンライン型あり。緊急事態宣言中など不安な時期だけオンラインにしてその他は通学、または曜日によってオンラインと対面を併用することもできます。オンラインでも校舎に通うのと同様のサポートが受けられます。

メディカルラボ(オンライン授業)の特長

  • マンツーマンの個別指導(1コマ150分)
  • 各大学医学部の入試に詳しいプロ講師陣
  • 対面型とオンラインの併用可能
  • テストと面談の結果をもとに個別カリキュラム作成
  • 生徒1人に7人のプロ講師と担任
  • 全国の医学部受験情報に強い
  • 入試直前、滞在先から

オンラインでも自習中わからないところがあれば現役医大生のチューターがわからないところを教えてくれます。入試直前の最終チェックに、模擬面接や小論文の添削指導がオンラインで可能です。マンツーマンだけあって学費は一般的な予備校と比較してもかなり高め。

メディカルラボの学費(講習会費等は別途)

入学金 100,000円
高1・2生
医学部総合コース
個別カリキュラム管理費 年間 396,000円
年間授業料(週4コマ)2,349,800円
高1・2生
医学部科目選択コース
個別カリキュラム管理費 1科目あたり年間132,000円
年間授業料 週1回 728,500円~
高3生
医学部総合コース
個別カリキュラム管理費 年間 528,000円
年間授業料(週6コマ)2,312,000円
高3生
医学部科目選択コース
個別カリキュラム管理費 1科目あたり年間 132,000円
年間授業料 週1回 517,000円~
高卒生
国公立医学部受験コース
私立医学部受験コース
個別カリキュラム管理費 年間 528,000円
年間授業料(週10コマ) 4,422,000円

※1回の授業は150分、高卒生と医学部総合コースは週1~2コマの演習時間含む。

\公式サイトをチェック/

アガルートメディカル(医学部入試コース)

  • 指導形態:映像授業・個別指導
  • 対象:中学生・高校生・高卒生・社会人
  • 合格実績:ー
  • 校舎:オンラインのみ

※実績は予備校全体のもの、国公立大は防衛医科大学校も含む

た〇よびでも講師を務めている有名講師も在籍してるアガルートメディカルはオンライン専門通信指導×コーチングの効率的な学習で合格を目指します。医学部コース以外に看護学部コースもあります。

アガルートメディカルの特長

  • オリジナルの映像授業受講し放題
  • 医学部入試のためのオリジナル教材
  • 現役難関医学部生によるコーチング(毎週)
  • コーチとプロ講師が専用のスケジュールを設計
  • 毎月プロ講師チームと面談
  • 質問はいつでもOK

※ライトコースでは毎週のコーチングと面談はありません。

アガルートメディカルでは通信講座(映像授業)で入試に必要な知識や実戦力をつけていき、わからないところはコーチやプロ講師に聞くスタイル。オリジナルテキストを進めていてわからないことがあればコーチにオンラインで質問、本科生コースは週に1回1時間コーチの直接指導と毎月プロ講師との定期面談を受けることができます。

アガルートメディカルの学費

国公立大本科生コース 1,344,750円
国公立大ライトコース 1,028,500円
私立大本科生コース 1,276,000円
私立大ライトコース 959,750円

アガルートメディカルのユニークな特典が合格特典。上の対象講座を受講して合格すると、支払った金額が全額返金になります。(合格体験記やインタビューなど、いくつかの条件があります。)その他にも再受験割引制度、他校乗換割引制度もあり。

アガルートメディカルについて詳しく知りたい方は公式サイトで資料請求できます。電話やSkype,メールでの無料受講相談も受付中です。

\資料請求・受講相談はコチラ/

富士学院(オンライン個人指導)

  • 指導形態:個別指導
  • 対象:中学生・高校生・高卒生
  • 合格実績:(’21年度計249名合格)国公立大58名・川崎医科大・久留米大学・福岡大・岩手医科大・埼玉医科大・愛知医科大・金沢医科大・藤田医科大学・北里大・兵庫医科大・東京医科大他多数
  • 校舎:東京御茶ノ水校・東京十条校・名古屋校・京都校・大阪校・岡山校・広島校・福岡校・鹿児島校

※実績は予備校全体のもの、国公立大は防衛医科大学校も含む

富士学院は東京・愛知・京都・大阪・中国・九州に展開している医学部予備校で、医学部医学科に毎年多くの合格実績を積み上げています。校舎が近くにないご家庭でも、自宅からオンライン富士学院のプロ講師の授業がマンツーマンで受けられます。

富士学院 オンライン個人指導の特長

  • 医学部受験のプロ講師陣
  • 初回の授業で担当講師・教務担当とオリエンテーション
  • 双方向の個人指導
  • わからないことがあればその場で質問
  • いつでもWEBで質問OK
  • 全国8校舎で自習・質問・面接指導の受講OK
  • 毎月の授業報告書あり

授業時間は1コマ70分か100分、平日・土曜・祝日は9:00~ 22:00、日曜日は9:00~18:00の間で選ぶことができます。口コミサイトの評判だとお子さん3人とも富士学院で医学部に合格できたという声もあり、指導力は確かなよう。オンラインでも進路相談に乗ってくれます。学費は未掲載のため、知りたい方は直接お問合せください。

\公式サイトを見てみる/

メディカルフォレスト(通信生コース)

  • 指導形態:映像授業・個別指導
  • 対象:中学生・高校生・高卒生・社会人
  • 合格実績:(’21年度)山梨大・札幌医科大・名古屋市立大・東京慈恵医科大・昭和大・東京医科大・東邦大・日大・東京女子医科大・岩手医科大・近畿大・杏林大・埼玉医科大・東海大・北里大他多数
  • 校舎:自由が丘校・池袋校・麹町校・札幌校

※実績は予備校全体のもの

メディカルフォレストは少人数制の医学部専門予備校です。柔道世界チャンピオンの朝比奈沙羅選手もメディカルフォレストから獨協医科大学医学部に合格しています。通信生コースでは1コマ15分単位の映像授業と定着トレーニング、苦手な単元はオンライン個別指導でフォローします。

メディカルフォレスト(通信生コース)の特長

  • 面談と学力診断テストの結果から、個別学習プラン作成
  • コンパクトな映像授業でインプット
  • 一般・学校推薦・総合型選抜・定期テスト対策にも対応
  • オンライン個別指導でフォロー
  • 定着トレーニング(小テスト)でアウトプット
  • 長期休暇時や必要に応じて通学もOK
  • わからないことがあれば校舎に電話やFAXで聞ける

毎月の学習状況を見ながら学習プランの内容をアップデートして最適な学習をアドバイス。プロ講師が志望校や併願校、学習内容や過去問対策、2次試験対策まできめ細かくサポートしてくれます。

メディカルフォレスト(通信生コース)の学費

入学金 22,000円
諸経費 33,000円
映像授業
月額
中学生・高校生 27,500円
高卒生・社会人 55,000円
オンライン個別指導
1コマ(80分)
中学生・高校生 13,200円~
高卒生・社会人 16,500円~

\公式サイトを見てみる/

メルリックスオンライン

  • 指導形態:個別指導
  • 対象:高校生・高卒生・社会人
  • 合格実績:(’20年)岩手医科大・東北医科薬科大・獨協医科大・埼玉医科大・帝京大・東京医科大・東京女子医科大・北里大・聖マリアンナ医科大・東海大他私立大多数、国公立大にも6名合格
  • 校舎:渋谷本校・大阪校・名古屋校

※実績は予備校全体のもの

メルリックスオンライン(メルオン)は、私立医学部・歯学部専門のメルリックス学院が提供しているオンライン個別指導指導。映像授業ではなく完全個別指導なのがメルリックスオンラインの特徴。講師はすべてプロ講師です。

メルリックスオンラインの特長

  • 完全個別指導
  • 録画分析で講義解析
  • 講師はプロ講師(学生講師はいません)
  • 入試情報の提供
  • 授業回数・科目に制限なし
  • 授業料は受講分を後払い

メルリックスオンラインでは決まった曜日や回数があるのではなく、スケジュールは都合が良い日時で指定可能。学校が忙しい時期は授業回数を減らしたり、長期休暇では授業回数を増やすのも自由。メルリックスが持っている医学部・歯学部入試の情報を無料で送ってくれます。教材はメルリックスオリジナルの教材か、使いたい教材の利用もOK。医学部・歯学部の小論文や面接対策も個別に対応し、面接指導は無料で行ってくれます。

メルリックスオンラインの学費

入学金 10,000円
授業料 20,000円/1コマ2時間

50コマ950,000円(50,000円OFF)、100コマ1,850,000円(150,000円OFF)、200コマ3,600,000円(400,000円OFF)などのパック料金もあります。

無料体験、無料カウンセリングも受付中、公式サイトよりお申込みできます。

\公式サイトを見てみる/

MedSURオンライン

  • 指導形態:個別指導
  • 対象:中学生・高校生・高卒生
  • 合格実績:(2018~2020年)東大(理Ⅲ)・神戸大・大阪市立大・奈良県立医科大・滋賀医科大・和歌山県立大・三重大・弘前大・名古屋大・山梨大・鳥取大・香川大・大阪医科大・関西医科大・近畿大・兵庫医科大他
  • 校舎:天王寺

※実績は予備校全体のもの

MedSUR(メッドシュール)オンラインは大阪の医系専門予備校MedSURのオンラインコース。テスト中心のカリキュラムで、単元ごとのテストをクリアすることで入試に必要な知識を積み上げていきます。1人の生徒に指導担任と教科担任がついて指導。指導担任のコーチングで家庭学習をリード、教科担任がマンツーマン指導で解説します。オンライン自習室もあり。

MedSURオンラインの特長

  • 個別カリキュラムを作成
  • テスト中心のカリキュラム
  • プロ講師がチームで指導
  • 指導担任がオンライン面談やメッセージで自宅学習をリード
  • 教科担任によるマンツーマン50分指導
  • オンライン自習室(18:00以降医学部生が質問対応)
  • 毎月学習の進捗状況を報告

教材はSURオリジナル教材の他に、必要に応じて市販のテキストも使用して1人1人にピッタリな教材をセレクト。小論文・面接、国公立大志望者には国語・社会の共通テスト対策も指導します。質問可能なオンライン自習室も提供しているので、自宅にいても勉強がはかどりそうです。

MedSURオンラインの学費

入学金 44,000円
学習管理費 44,000円/月
授業料 授業1コマ50分 11,000円
→(例:週2コマで88,000円/月)
教材費 実費

\公式サイトを見てみる/

メビオ(オンライン授業)

  • 指導形態:少人数クラス指導(双方向型)
  • 対象:高校生・高卒生
  • 合格実績:(’21年最終合格者192名)国公立大5名・大阪医科薬科大・関西医科大・近畿大学医学部・兵庫医科大・岩手医科大・埼玉医科大・東京女子医科大・聖マリアンナ医科大・北里大医学部・愛知医科大他
  • 校舎:大阪 天満橋

※実績は予備校全体のもの

メビオは1980年に創立された、大阪天満橋にある医学部進学予備校です。少人数での集団指導を行っており、オンラインでも2~4人の少人数クラスで目の行き届いた指導を行っています。講師は実績のあるプロ講師(京大出身が多いよう?)。メビオの講座やテキストで取り上げた内容が、’21年度の大阪医科大や福岡大医学部、近畿大医学部などの入試問題でも出題。授業やテキストの質の高さを物語っています。

  • 1コマ210分の少人数クラス指導
  • オンラインミーティングツールとノーとアプリを使用
  • 授業では講師と画面を共有
  • 双方向型なのでその場で質問できる
  • 授業後も質問OK
  • オリジナルテキストを使用(送付)

担任指導や面談など、対面型の授業で行われているサポートがオンラインでも受けられ、カリキュラムも同じです。メビオに通ってみたかったけれどちょっと家から遠いし、緊急事態宣言も出て心配…という高校生・受験生も、オンラインなら安心でしょう。

メビオの学費

入学金 330,000円
授業料 高卒生 4,620円/ 1時間
高3生 4,290円/ 1時間
高1・高2生 3,850円/ 1時間

1回の授業時間は3.5時間になります。授業時間数によって授業料が決まります(月納制)。食事・寮を利用すると別途費用がかかります。

\公式サイトを見てみる/

i-med医学部オンライン予備校

  • 指導形態:集団指導・個別指導
  • 対象:中学生・高校生・高卒生
  • 合格実績:(’21年度)長崎大・金沢医科大・帝京大・久留米大・福岡大・埼玉医科大・岩手医科大・川崎医科大・久留米大医学部 他
  • 校舎(PMD):福岡校・長崎校・熊本校・鹿児島校

※実績はPMDに掲載されているもの

i-med(アイメディ)医学部オンライン予備校はPMD医学部専門予備校グループのオンライン予備校です。i-med医学部受験ゼミコース・i-med医学部受験マンツーマンコース・i-med医学部受験atama+コースの3つのコースがあり、医学部、歯学部、薬学部の大学受験と進級対策、国家試験の対策授業を行っています。

i-med医学部オンライン予備校 3つのコースの特長

  • i-med医学部受験ゼミコース:PMD福岡校の授業をオンラインで受講することができるコース。集団授業なので他の生徒と切磋琢磨できる。
  • i-med医学部受験マンツーマンコース:PMD講師によるオンラインのマンツーマン指導。専任制度で週1回から、必要な科目を選んで受講可能。勉強のしかたや学習計画の立て方も指導。
  • i-med医学部受験atama+コース:AI教材atama+を自宅で受講、医学部受験に詳しいコーチがatama+の学習をサポート。

PMDの医学部合格ノウハウがつまった演習やテストが受けられ、各コースを自由に組み合わせることも、苦手科目のみ強化することもできます。願書の作成や大学の面接指導をオンラインで無料で受けることもできます。心理士による学習カウンセリングも受けられます。オンライン受講に必要なヘッドセット・Webカメラ・ペンタブレットのレンタルも行っています。

i-med医学部オンライン予備校の学費

コース 中・高校生 高卒生
入学金 33,000円 330,000円(週3コマ以上)
220,000円(週2コマ)
110,000円(週1コマ)
授業料 9,900円(90分) 17,600円(福岡校:100分)
テキスト代 実費 110,000円
システム利用料 2,200円/月 0円
コース 編入 ゼミ
入学金 330,000円(週3コマ以上)
220,000円(週2コマ)
110,000円(週1コマ)
330,000円
授業料 19,800円(福岡校:100分) 国立コース:4,180,000円
私立コース:3,520,000円
テキスト代 110,000円 110,000円
システム利用料 0円

\公式サイトを見てみる/

まとめ

オンライン対応の医学部予備校をご紹介してきました。各予備校の授業スタイルやサポートの内容、また実績の数だけでなく、(特に地域の予備校は)どの大学の医学部医学科に強そうか…? も選ぶポイントになるでしょう。医学部受験の予備校選びに、今回の記事がお役に立てたら幸いです。