高校英語 助動詞・動詞の need 意味と使い方

高校英語 助動詞・動詞の need 意味と使い方

特に助動詞 need と動詞 need to ~ の使い方と、その違いについて学習します。

助動詞 need と動詞 need to ~ では過去を表すときにも違いがあります。3単現は動詞のみになりますし、否定文、疑問文の作り方も異なります。

助動詞 need と動詞 need to ~ の違いがよくわからない、という人におすすめの記事になっています。練習問題もありますので、よかったら理解できたかどうか最後にチェックしてみてください。

スポンサーリンク

助動詞 need の意味・使い方・例文

高校英語 助動詞・動詞の need 意味と使い方

助動詞 need は「~する必要がある」という意味になります。肯定文ではあまり使われません。

否定文「need not[短縮形 needn’t]+ 動詞の原形

疑問文「Need + 主語 + 動詞の原形 ~?

助動詞 need の過去形はありません。過去のことを表すには have + 過去分詞 を用います。

過去形(否定)「need not[needn’t]have + 過去分詞

助動詞 need の例文

・You need not come here again.(ここにまた来るには及びません。)

・He needn’t have fixed it.(彼がそれを直す必要はなかった。)

・Need I contact him?(彼に連絡しておく必要がありますか。)

―― Yes, you must. (はい、そうしなければなりません。)

―― No, you needn’t.(いいえ、そうする必要はありません。)

スポンサーリンク

動詞 need の意味・使い方・例文

高校英語 助動詞・動詞の need 意味と使い方

動詞の need は【need to + 動詞の原形】で「~する必要がある」という意味になります。肯定文でも使われます。

現在形「need(s) to + 動詞の原形

過去形「needed to + 動詞の原形

否定文や疑問文では do/ does/ did を3単現、時制に応じて使い分けます。

否定文「don’t/doesn’t/didn’t need to + 動詞の原形

疑問文「Do/Does/Did + 主語 + need to + 動詞の原形 ~?

否定文は don’t/doesn’t/didn’t have to でも同じ意味になります。

動詞 need の例文

・He needs to see a doctor.(彼は医者に診てもらう必要がある。)

・She needed to renew her driver’s license.(彼女は免許証の更新をする必要があった。)

・I didn’t need to hurry.(急ぐ必要はなかった。)

Do I need to attend the meeting?(私はその会議に出席しなければなりませんか。)

―― Yes, you do. (はい、そうする必要があります。)

―― No, you don’t.(いいえ、そうする必要はありません。)

参考:高校英語 助動詞のまとめ問題

助動詞のneed と need to の違い

高校英語 助動詞・動詞の need 意味と使い方

助動詞の need と 動詞 need to ~の違いを確認しておきましょう。

肯定文は動詞のみ

助動詞の need は基本的に肯定文では使いません。

助動詞 need 動詞 need to ~
肯定文 基本的に使わない(※) 使う(need to 動詞の原形)

※ 例外として all や only などの特定の語句や構文を用いて、助動詞のneed が使われることもあります。

3単現・過去形・否定文・疑問文の比較

助動詞 need 動詞 need  to ~
3単現 なし 使う(needs to 動詞の原形)
過去(形) (need have 過去分詞)

助動詞の過去形はない

needed to 動詞の原形
否定文 need not[needn’t]+ 動詞の原形

need not[needn’t]have 過去分詞

don’t/doesn’t need to 動詞の原形

【過去】didn’t need to 動詞の原形

疑問文 Need + 主語 + 動詞の原形 ~? Do/Does 主語 need to 動詞の原形 ~?

【過去】Did 主語 need to 動詞の原形 ~?

※ 助動詞 need には過去形がないため、時制の一致で従属節が過去形になったりしません。

need, dare は助動詞と動詞で使い方が異なるので注意が必要です。

参考:高校英語 助動詞・動詞の dare 意味と使い方

【問題編】needの意味と使い方

高校英語 助動詞・動詞の need 意味と使い方

問1 次の日本語の文に合うように、(      )内に適切な英語を入れなさい。

(1) あなたはここにまた来る必要はありません。

You(      )(      )come here again.

= You(      )(      )(      )come here again.

答えを確認

(2) 彼に連絡をとる必要がありますか。

(      )I contact him?

=(      )I(      )(      )contact him?

答えを確認

(3) 彼がそれを直す必要はなかった。

He (      )(      )fixed it.

= He (      )(      )(      )fix it.

答えを確認

(4) 彼女は免許証の更新をする必要があった。

She(      )to renew her driver’s license.

答えを確認

問2 次の[      ]の中から正しいものを選びなさい。

(1) I[ didn’t need hurry, needn’t to have hurried, need not have hurried ] .

答えを確認

(2) He[ doesn’t need to, doesn’t need, needs not to, ]take a rest.

答えを確認

まとめ

助動詞と動詞の need の使い方について確認してきましたが、いかがでしたでしょうか。特に助動詞 need と動詞 need to ~ の使い方の違いに注意しましょう。

「~する必要がある」という場合、助動詞の need を使う場合ふつうは否定文か疑問文になります。主語が he や she でも、助動詞として使われているなら needs としてはいけません。また助動詞の need には過去形がありません。過去の必要を言いたければ、【need have 過去分詞】を使います。

動詞の need + to不定詞を使って「~する必要がある」というときは、3単現や過去形の needed も使うことができます。否定文、疑問文はふつうの一般動詞の文と同様の作り方になります。

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。