発達障害のお子さんにおすすめな家庭教師5社を紹介【家庭教師を選ぶポイントは?】

発達障害のお子さんにおすすめな家庭教師5社を紹介【家庭教師を選ぶポイントは?】

発達障害あるいはグレーゾーンのお子さんの勉強の遅れが心配、受験があるけど普通の塾だと落ち着いて受けられないかも・・・と心配で、家庭教師をお探しでしょうか?

筆者は学生時代は家庭教師として、社会人になってからは個別指導塾の講師として、発達障害(LD/ASD/ADHD)と診断されたお子さんの指導にあたる機会が何度もありました。(チック症、緘黙症のお子さんも。)

指導の大変さもありましたが、解けない問題がわかったとき、合格報告のとき、お子さんや保護者の方の明るい顔を見られたとき、喜びもひとしおでした。

個別指導塾も発達障害・グレーゾーンのお子さんに有効ですが、慣れない環境や周囲に人がいると落ち着かなくなるお子さんも。いつもの環境で勉強できる家庭教師の方がおすすめです。

こちらの記事では筆者自身の指導経験もふまえつつ、発達障害のお子さんの家庭教師を選ぶポイント、おすすめな家庭教師5社をご紹介しています。

よかったら家庭教師選びの参考にしてください。

発達障害のお子さんに家庭教師を選ぶポイント

発達障害と一口に言ってもお子さんの症状はさまざま。お子さんの特性、性格に合わせた家庭教師選びがおすすめです。

一般の家庭教師センターか発達障害特化か

症状が軽く、コミュニケーションに大きな問題がなければ、筆者の経験からも一般的な家庭教師センターで大丈夫と考えられます。個別指導塾でもいろんなお子さんがいらしてました。緘黙症、チック症のお子さんも見てました。

担当講師のことをいろいろ相談しやすい家庭教師センターで、発達障害に理解のある先生をお願いすると良いでしょう。

ディスクレシアのあるお子さん、コミュニケーションがとりづらいお子さんの場合は、かなり教えるスキルが必要です。発達障害のお子さん向けコースのある家庭教師、または発達障害特化の家庭教師がおすすめです。

先生はプロか学生か

発達障害のお子さんの指導に慣れているプロの先生が良いか、学生の先生の方が良いかは、お子さんとの相性次第です。

ただどちらかといえば若い先生の方が生徒も親しみやすいと思われます。(最近は30歳ぐらいの先生でも十分若々しくて生徒にも慕われてるようですが。)

Wサポートか講師中心型か

家庭教師により教育プランナーなどの正社員と講師がWサポートするところと、基本的に講師がすべて行うところがあります。

Wサポート体制の家庭教師は学生講師でも安心して頼みやすいですが、その分料金が高くなります。講師主体のところは料金は抑えられますが、指導内容が講師任せになってしまう不安はあります。

どちらもメリット・デメリットがあるので各ご家庭での優先事項を考慮して選ぶことになります。事前に無料体験できる家庭教師が多いので、いくつかご利用になってから判断しても。

対面かオンラインか

オンラインでの指導は発達障害のお子さんの場合難しいケースもあるでしょう。お子さんによってはフラ~ッと席を立ってしまう恐れも・・・。

対面の方がコミュニケーションがとりやすく、講師側でもどこでつまづいてるのかわかりやすいですが、逆にオンラインの方が集中しやすいというお子さんも中にはいらっしゃいます。すぐ隣で見られているより落ち着くのかもしれませんね。お子さんと相性の良い方で。

予算はどれぐらいか

家庭教師にもよりますが、週1~3回利用で、月額2万円から5万円台が一般的。マンツーマンでの指導なので料金は高めです。

中には2人同時指導で1人あたりの指導料が安くなる家庭教師もあります。ごきょうだいで一緒に受けた方がお子さんが落ち着いて受けられるという場合は有効ですね。

発達障害のお子さんにおすすめの家庭教師5社

発達障害のお子さんにおすすめな家庭教師5社をご紹介。発達障害コースのある家庭教師や、発達障害専門の家庭教師からセレクトしました。

  • 家庭教師ファースト(全国エリア)・・・入会金0円、発達障害サポートコースあり。無料体験は実際の家庭教師で。
  • 家庭教師のノーバス(首都圏・東海)・・・ 難関大の学生講師中心。特別コース「こころの未来」、専門スタッフが講師研修。
  •  家庭教師のコーチング1(関東・愛知・関西)・・・発達障害・受験専門。教えるのではなくコーチングで家庭学習の習慣をつける指導。
  • TOS家庭教師センター(全国エリア拡大中)・・・不登校・発達障害・成績不振のお子さんの指導に特化。心理カウンセリングのサービスもあり。
  • 家庭教師キズキ家学(関東・関西他)・・・不登校専門の家庭教師。20代の先生が中心。

家庭教師ファースト

PR

エリア 全国
講師 学生・社会人・プロ
料金 入会金:0円
月額受講料:(60分×月4回)不登校/発達障害サポート 22,000円~、プロ26,400円~他
※その他交通費、学年での管理費用として維持費(8,800円)
無料体験 あり

家庭教師ファーストでは発達障害サポートコースを提供。専任スタッフがお子さんの特性や状況をヒアリング、各エリア1万名以上の教師の中からお子さんに合った発達支援特化の家庭教師を紹介します。

専用のツールと指導法で生活習慣と学習習慣をサポートしています。社員と講師のWサポート型ではありませんが、発達障害に関する情報の共有を行ったりしています。

家庭教師の無料体験は正社員のカウンセリングであることも多いですが、ファーストでは実際の家庭教師の先生が家に来て体験ができます。

人と接するのが苦手なお子さんも家庭教師自体が合うかどうか見極めることができます。合わなければ断ってOK、教師の交代も対応してます。訪問とオンラインの切り替えも可能です。

高額な教材販売はなし、毎月かかる教材費もありません。料金はすべて公式サイトに掲載されてます。

⇒家庭教師ファーストの詳細・評判はコチラ

家庭教師のノーバス

PR

エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・愛知・三重・岐阜
講師 学生中心・プロ
料金 入会金:22,000円
月額受講料:(90分×月4回)小学生20,680円~29,480円、中学生24,200円~26,400円、高校生29,040円~29,480円 他、プロ講師は90分×月4回 31,680円~
※その他交通費、毎月の学習サポート費(3,300円/月)
無料体験 あり

首都圏と東海で家庭教師派遣を行ってるノーバスは難関大の学生講師が中心、学生講師の採用率は25%と選考基準が厳しいです。

教師と担任社員のWサポート体制で、担当の家庭教師には研修、生徒にはFAX・メール・LINEでの勉強サポート(FAX・メール・LINE救急隊)などのサポートを行ってます。

特別コース「こころの未来」で不登校・ひきこもり・発達障害(LD、ADHD、ASD)のお子さんに対応。専門スタッフが適切な接し方や指導研修を行った講師を派遣しています。

料金体系が学年ごとにわかりやすく、高額な教材販売などもありません。

公式サイトにて無料体験・資料請求を受付中です。

⇒家庭教師ノーバスの詳細はコチラの記事でも紹介

家庭教師のコーチング1

エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・大阪・京都・兵庫・奈良
講師 学生・プロ
料金 入会金:18,700円
月額受講料:(90分×月4回)30,690円~
※その他交通費
無料体験 あり

家庭教師のコーチング1は教える指導ではなく「コーチング」の家庭教師。お子さんの特性や目標に合わせた学習計画の作成と学習管理、自ら学習できるよう自立を促します。

講師は学生が多めですがプロ講師も3割。お子さんの性格、学習状況に合わせて先生を提案してくれるそう。

学校の補習だけでなく、発達障害のお子さんの中学受験・高校受験指導にも対応。コーチング1と提携の臨床心理士による発達検査も利用できます。オンライン指導も行っています。

発達障害専門の機関で学習習慣をつけさせたいというご家庭におすすめなコーチング1、資料請求や電話相談、体験学習も無料で行ってます。

TOS家庭教師センター

エリア 北海道・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木・山梨・静岡・愛知・大阪・京都・兵庫・福岡・沖縄(2022年1月24日時点の情報、全国にエリア拡大中)
講師 学生・プロ
料金 入会金:22,000円(プロコースは33,000円)
月額指導料:ジュニアコース(月4回×60分)17,744円/プロ22,147円~ 41,067円
ベーシックコース(月4回×90分)25,300円~28,600円/各種受験27,940円~28,600円/プロ 33,220円~61,600円
オンラインコース(月4回×30分)8,500円~/プロ 11,100円~
※その他交通費(教材費・管理費なし)
無料体験 あり

*ジュニアコースは幼児~小3、ベーシックコースは小4~社会人、オンラインコースは小3~社会人

不登校・発達障害・成績不振のお子さんの指導に特化しているTOS家庭教師センター。幼児から社会人まで幅広く対応。

学習指導以外にも専門スタッフの進学指導、ソーシャルスキルトレーニング、行動療法、心理カウンセリングサービスも行っています。(カウンセリングは別途料金、その他についてはお問合せください。)

専門的なサポートもあるTOS家庭教師センター。無料体験は実際に授業する先生が来るので家庭教師との相性が心配なご家庭にも。体験を受けてみて合わなければ断ってもOK。資料請求も受付中です。

家庭教師キズキ家学

エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・奈良(詳細はお問い合わせください)
講師 学生・プロ
料金 お問い合せください
無料体験 無料面談受付中(オンライン)

家庭教師キズキ家学は不登校専門の家庭教師です。発達障害があり学校に通えてないお子さん向け。学習指導だけでなく、メンタル面でのサポートも手厚いのが特長。

キズキの安木代表自身も発達障害があり、偏差値30からの学び直しでICUに合格したという経歴の持ち主で、不登校や中退・ひきこもりの方の再受験を支援する個別指導塾「キズキ共育塾」も運営。

主に20代のスタディパートナー(家庭教師)が訪問、若い先生が多いので、お子さんも心を開きやすいです。指導回数は週1回か週2回、指導時間は90分と120分から選べます。

まとめ

発達障害のお子さんにすすめな家庭教師についてご紹介してきました。お子さんに合いそうな家庭教師は見つかりましたでしょうか。

各家庭教師でサービス内容や講師の発達障害に関する専門性も違い、お子さんの特性や状況に応じた家庭教師選びが必要になります。

評判や実績も参考になりますが、やはりお子さんと先生との相性は大事。いくつか話を聞いたり体験を利用してみて、お子さんが意欲的になれそうな先生に教えてもらうのが良いでしょう。

PR

発達障害・グレーゾーンのお子さんに特におすすめしたいのが特化したコースを提供してる家庭教師ファースト。学生からプロまで在籍してる多数の先生から、お子さんの特性や状況に合わせて先生を紹介。無料体験も実際に担当する先生で相性を確認できます。



家庭学習の習慣づけにおすすめな通信教育

お子さんの特性や性格を考えると、家庭教師の先生との相性がやっぱり心配、指導日以外もちゃんと机に向かえるのか・・・と不安なご家庭にすすめなのが通信教育のすらら。

多くの学習塾や学校で採用されているアニメーション教材で、小学生から高校生まで対象。発達障害や不登校のお子さんにも多く利用されています。(PCやタブレットで利用できるオンライン教材です。)

特に小学生低学年の教材は発達障害の専門家が監修。無学年式なので前の学年にさかもどって学習OK。すららコーチへ学習相談もできます。受講費は月額8,228円から。

PR

⇒すららの詳細はこちらの記事でも紹介