古典文法 動詞のラ行変格活用(ラ変)まとめと問題

古典文法 動詞のラ行変格活用(ラ変)まとめと問題

今回は古文動詞のラ行変格活用(ラ変)に関するまとめと、活用表の問題です。

ラ行変格活用になる動詞は「あり」「をり」「はべり」「いまそかり(いまそがり、いますがりなど)」の4語です。ふつう動詞はウ段で終わりますが、ラ行変格活用の動詞は終止形が「り」で終わります。

変則的な活用をする、ラ行変格活用の活用のしかたを確認しておきましょう。

スポンサーリンク

古文動詞 ラ行変格活用(ラ変)

ラ行変格活用の動詞は、ら・り・り・る・れ・れと活用します。ラ行変格活用になる動詞は「あり(在り)」「をり(居り)」「はべり(侍り)」「いま(在)そかり(いまそがり/いますがり/いますかり)」の4語です。現代語ではラ行変格活用はありません。

「侍り」は「あり」「居り」の謙譲語、「いまそかり」は「あり」「居り」の尊敬語です。

ラ行変格活用(ラ変)の活用表

ラ行変格活用の活用表です。未然形は「ず」、連用形は「たり」、連体形は「とき」、已然形は「ども」に続く形です。














あり
居り
侍り
いまそかり いまそか

「ら・り・る・れ(ア段・イ段・ウ段・エ段)」と四段にわたって活用していますが、終止形が「り(イ段)」になっているのが四段活用と異なるところです。

例えばラ行四段活用の「重(おも)る」だと、














重る

のように活用します。

▼口語の動詞活用はコチラの記事を

参考:国語文法 動詞の活用5種類の見分け方と問題

▼動詞の活用9種類と見分け方はコチラの記事を

参考:古典文法 動詞の活用の種類・見分け方のまとめと問題

ラ行変格活用(ラ変)動詞の活用形

ナ行変格活用の動詞は、次のように活用します。

・あり+ず → あらず(未然形)

・侍り+ば → 侍らば(未然形)

※「未然形+ば」で順接の仮定条件(もし~ならば)

・あり+けり → ありけり(連用形)

・おはす+けむ →おはしけむ(連用形)

・あり+と → ありと(終止形)

・あり+べし → あるべし(連体形)

※助動詞「べし」「らむ」などはふつうは終止形接続ですが、ラ変は連体形接続

・侍り+とき → 侍るとき(連体形)

・あり+ども → あれども(已然形)

・侍り+ば → 侍れば(已然形)

※「已然形+ば」で順接の確定条件(~ので)、偶然条件(~と)など

・あり→ あれ(命令形)

スポンサーリンク

【問題編】動詞のラ行変格活用

問1 ラ行変格活用の活用表の空欄を埋めましょう。














あり
居り

 

 

 

 

【正解】














あり
居り

問2 [     ]内の現代語の意味になるように、(    )内の動詞を活用しなさい。

(1) ( あり )ば [もしあるならば]

 

 

 

【正解】あら

(2)( 居り )ば [いるので]

 

 

 

【正解】居れ

(3)( 侍り )べし [きっとおりますでしょう]

 

 

 

【正解】侍る

まとめ

・ラ行変格活用は「ら・り・り・る・れ・れ」

・ラ行変格活用は「あり」「居り(をり)」「侍り」「いまそかり」

・ラ行四段活用と混同しないように

・「べし」「らむ」「めり」「まじ」など終止形接続の助動詞は、ラ変では連体形接続になる

国語カテゴリの最新記事