古典文法 動詞の上一段活用まとめと問題

古典文法 動詞の上一段活用まとめと問題

今回は古文動詞の上一段活用に関するまとめと、活用表の問題です。

上一段活用になる動詞(射る、着る、見る、似るなど「ひいきにみゐる」)とその活用例を見ていきます。ア行と間違われやすいヤ行、ワ行の上一段活用も確認します。

スポンサーリンク

古文動詞 上一段活用「ひいきにみゐる」

上一段活用になる動詞は「ひる(干る、嚔る)」「いる(射る、鋳る)」「きる(着る)」「にる(煮る、似る)」「みる(見る)」「ゐる(居る、率る)」やこれらが語尾になる「試みる」「思ひ見る」「惟(おもんみ)る」「用ゐる」「率ゐる」などがあります。「ひいきにみゐる」と覚えておくと活用の種類が見分けやすいです。

上一段活用は、イ・イ・イる・イる・イれ・イよと活用します。

▼動詞の活用9種類と見分け方はコチラの記事を

参考:古典文法 動詞の活用の種類・見分け方のまとめと問題

上一段活用の活用表

上一段活用の活用表です。未然形は「ず」、連用形は「たり」、連体形は「とき」、已然形は「ども」に続く形です。語幹がないものは「○」で表しています。














着る きる きる きれ きよ
似る にる にる にれ によ
干る ひる ひる ひれ ひよ
見る みる みる みれ みよ
思ひ見る 思ひ みる みる みれ みよ
射る いる いる いれ いよ
居る ゐる ゐる ゐれ ゐよ
率ゐる ゐる ゐる ゐれ ゐよ

「いる(射る、鋳る)」はア行ではなくヤ行、「居る」はワ行になるので注意してください。

上一段活用動詞の活用形

上一段動詞に続く助動詞・助詞などの語により、次のように活用します。

・見る+ず → ず(未然形)

・射+ば → ば(未然形)

※「未然形+ば」で順接の仮定条件(もし~ならば)

・着る+たり → たり(連用形)

・干る+て → て(連用形)

・居る+らむ → 居るらむ(終止形)

・用ゐる+べし → 用ゐるべし(終止形)

・射る+こと → 射ること(連体形)

・思ひ見る+ば → 思ひ見れば(已然形)

※「已然形+ば」で順接の確定条件(~ので)、偶然条件(~と)など

・射る → 射よ(命令形)

スポンサーリンク

【問題編】古文動詞の上一段活用

問 下表の空欄を埋めなさい。語幹がないときは○を入れなさい。(答えは▼をクリックして見られます)














干る

ひる

ひる

ひれ

ひよ

居る

ゐる

ゐる

ゐれ

ゐよ

射る

いる

いる

いれ

いよ

試みる

みる

みる

みれ

みよ

まとめ

古文の動詞上一段活用のポイントまとめです。

・上一段活用は「イ・イ・イる・イる・イれ・イよ」

・上一段活用になる動詞は「ひいきにみゐる」と覚える(試みる、惟る、率ゐる、なども上一段活用)

・いる(射る、鋳る)はヤ行上一段、ゐる(居る、率る)はワ行上一段活用