高校英語 動名詞の意味上の主語まとめと問題

高校英語 動名詞の意味上の主語まとめと問題

動名詞の意味上の主語についての解説と問題をまとめています。

  • 「動名詞の意味上の主語はどのように示すの?」
  • 「意味上の主語があるとき、ないときでどう意味が違うの?」
  • 「所有格と目的格、どっちを書くの?」
  • 「所有格でなくてもいい場合は?」
  • 「would you mind~?やsure of~の文の書き換えを知りたい」

という方におすすめの内容です。

スポンサーリンク

動名詞の意味上の主語

動名詞の意味上の主語が文の主語と異なるときや、動名詞そのものが主語になるとき、動名詞の意味上の主語を示すことがあります。

意味上の主語を示したいとき、動名詞の前に代名詞の所有格や目的格名詞の所有格(固有名詞はそのままの形も)が置かれます。

口語では特に他動詞や前置詞の後では目的格が使われます。

  • Would you mind my[me] smoking?
    (タバコを吸っても良いですか)
  • I’m sure of his[him] winning.
    (私は彼が勝つことを確信している。)
  • He insisted on Kenji(‘s) going there alone.
    (彼は一人でケンジが行くことを主張した。)
  • The President’s handling of the situation was fast.
    (大統領のその状況への対応は早かった。)

Would you mind opening the window? は窓を開けるのは「you あなた」になり、「窓を開けていただいてもよろしいでしょうか。」という意味になります。

Would you mind my[me] opening the window? (= Would you mind if I open the window?) では窓を開けるのは「my[me] 私」になり、「窓を開けてもよいでしょうか。」の意味になります。

ちなみにWould you mind ~? の答え方は、開けてもよければ No, not at all. や No, I don’t mind.  Of course, not. など「No」で答えるのが文法としては合っています。

同様に、I’m sure of winning. (= I’m sure that I will win.)では勝つのは「I 私」になりますが、I’m sure of his[him] winning. ( = I’m sure that he will win.) では勝つのは「his[him] 彼」になります。

スポンサーリンク

【問題編】動名詞の意味上の主語

問 次の日本語の文に合うよう(     )内に適切な語句を入れ、英文を完成させましょう。

(1) たばこを吸っても構いませんか。

Would you (     )(     )(     )?

→答え

= Would you (     )(     )(     )(     )?

→答え

(2) このスーツケースを運ぶのを手伝ってくれませんか。

Would you mind(     )(     )carry this suitcase?

→答え

(3) 私たちのチームが優勝することを、私は確信しています。

I’m sure of (     )(     )(     ).

→答え

= I’m sure that (     )(     )(     )(     ).

→答え

(4) 彼女は食事代を自分で払うと主張した。

She insisted on (     ) for the meal.

→答え

(5) 彼女は食事代を私が払うべきだと主張しました。

She insisted on (     ) for the meal.

→答え

= She insisted that (     ) (     ) (     ) for the meal.

→答え

参考文献:参考文献: 総合英語 Forest 7th edition

次の単元

英語の目次はコチラ→


高校生の家庭学習おすすめ

大人の英語学習おすすめ

英語カテゴリの最新記事