高校英語 使役動詞make, let, haveとget , helpまとめと問題

高校英語 使役動詞make, let, haveとget , helpまとめと問題

使役動詞 make, let, have と、使役の意味でも使われる get, help のまとめと問題です。

  • 「使役の動詞、意味に違いはあるの?」
  • 「使役と原形不定詞の文を受動態にすると?」
  • 「現在分詞、過去分詞、原形不定詞が使えるのはそれぞれどれなの?」

という方におすすめの内容です。

スポンサーリンク

使役動詞 make, let, have

使役動詞 make

使役動詞makeは、

  • make+目的語+原形不定詞
  • make+目的語+過去分詞

の形で使われます。

make+目的語+原形不定詞

make+目的語(人)+原形不定詞】の形で、「人に強制的に(無理やり)~させる」という意味になります。

  • Mr. Sato made him go back home.
    (佐藤先生は彼を家に帰らせた。)
  • My mother made me clean up my room.
    (母は私に部屋の掃除をさせた。)

上の文を受動態にするときはtoが使われます。

Mr. Sato made him go back home.
⇒ I was made to go back home by Mr. Sato.

make+目的語+過去分詞

make+目的語+過去分詞】の形で「~してもらう」の意味で使われることがありますが、過去分詞にはunderstood, known, heard などに限られます。

  • I couldn’t make myself understood in Chinese.
    (私の中国語が通じなかった。)

使役動詞 let

使役動詞letは、

  • let+目的語+原形不定詞

の形で使われます。

letでは目的語の後に分詞が使われません。また受け身(受動態)にもなりません。

let+目的語+原形不定詞

【let+目的語(人)+原形不定詞】の形で、「人に(やりたいことを)~させる」という意味になります。強制的ではありません。

  • My father let me see the ring.
    (父は私にその指輪を見せてくれた。)
  • I’ll let him know.
    (彼に知らせとくよ。)

let+人+know】で「人に知らせる」の意味になります。

使役動詞 have

使役動詞haveは、

  • have+目的語+原形不定詞
  • have+目的語+過去分詞
  • have+目的語+現在分詞

の形で使われます。受け身(受動態)にはできません。

have+目的語(人)+原形不定詞

【have+目的語(人)+原形不定詞】の形で、「人に~してもらう」という意味になります。(makeの方がより強制的です。)

  • I had my brother fix the bike.
    (兄に自転車をなおしてもらった。)

have+目的語+過去分詞

have+目的語+過去分詞】で「~してもらう(使役)」「~される(被害)」などの意味を表します。

  • I had my bike fixed. [使役]
    (自転車をなおしてもらった。)
  • I had my wallet stolen. [被害]
    (財布を盗まれた。)

have+目的語+現在分詞

have+目的語(人)+現在分詞】で「人・物を~にさせておく、人に~させる」の意味を表します。

  • I can’t have you telling such a thing.
    (あなたにそんなこと言わせたりしません。

スポンサーリンク

使役のgetとhelp

get、helpは厳密には使役動詞ではありませんが、使役のように使われることがあります。

使役のget

使役のgetはhaveと同じような意味で

  • get+目的語+to不定詞
  • get+目的語+過去分詞
  • get+目的語+現在分詞

の形で使われます。

get+目的語+to不定詞

【get+目的語(人)+原形不定詞】の形で、「人に~してもらう」「(勧めて、説得して)~させる」という意味になります。

・I got him to sign the contract.

(私は彼に契約書にサインしてもらった。)

getでは原形不定詞は使われません

get+目的語+過去分詞

【get+目的語+過去分詞】でhaveと同じように「~してもらう(使役)」「~される(被害)」の意味を表します。

  • She got her nails done.【使役】
    (彼女はネイルをしてもらった。)
  • He got his wallet stolen.
    (彼は財布を盗まれた。)【被害】

getで被害を表すとhaveより自分(主語)に原因があることをほのめかしています。

get+目的語+現在分詞

【get+目的語+現在分詞】でも使われ、「…を~させる」の意味になります。

  • He got the machine working.
    (彼は機械を作動させた。)

使役のhelp

使役のhelpは

  • help+目的語+原形不定詞(to不定詞)

の形で使われます。

help+目的語+原形不定詞

【help+目的語+原形不定詞】で「人が~するのを手伝う、促す」の意味になります。

to不定詞も使われますが、 口語では原形不定詞が一般的です。

  • He helped me (to) carry my luggage.
    (彼は私が荷物を運ぶのを手伝ってくれた。)

※目的語(人)なしで、原形不定詞がhelpの後に続くこともあります。

【問題編】使役動詞 make, let, haveとget, help

次の日本語の意味に合うように、(      )に適切な英語を入れましょう。(答えは▶をクリック)

問1 佐藤先生は(強制的に)彼を家に帰らせた。

Mr. Sato(      )(      )(      )back home.

▶答え

問2 佐藤先生は彼を家に帰らせた(許可した)。

Mr. Sato(      )(      )(      )back home.

▶答え

問3 彼にそのことを知らせておきます。

I’ll(      )(      )(      )about that.

▶答え

問4 私の中国語が通じなかった。

I couldn’t make myself(      )in Chinese.

▶答え

問5 兄に自転車をなおしてもらった。

I(      )(      )(      )fix the bike.

▶答え

問6 兄に自転車をなおしてもらった。

I(      )(      )(      )(      )fix the bike.

▶答え

問7 私は自分の部屋を掃除させられた。

I was made(      )(      )up my room.

▶答え

問8 財布を盗まれた。

I (      )my wallet (      ).

▶答え

問9 彼は私が荷物を運ぶのを手伝ってくれた。

He(      )(      )(      )my luggage.

▶答え

問10 彼は機械を作動させた。

He got the machine(      ).

▶答え

参考URL: weblio英和辞典・和英辞典

まとめ

getだけは原形不定詞が使えないので注意しましょう。

現在分詞も過去分詞も使えるのはhaveとget。makeは過去分詞も使えますが使われる過去分詞は限定的です。

  • make+目的語+原形不定詞「人に強制的に(無理やり)~させる」
  • make+目的語+過去分詞(understood, understood, known, heard など)「~させる、してもらう」
  • let+目的語+原形不定詞「人に(やりたいことを)~させる」
  • have+目的語+原形不定詞「人に~してもらう」
  • have+目的語+過去分詞「(物を)~してもらう、される」(使役・被害)
  • have+目的語+現在分詞「人・物を~にさせておく、人に~させる」
  • get+目的語+to不定詞「人に~してもらう」
  • get+目的語+過去分詞「(物を)~してもらう、される」(使役・被害)
  • get+目的語+現在分詞「…を~させる」
  • help+目的語+原形不定詞(to不定詞)「人が~するのを手伝う、促す」

英語の目次はコチラ→


高校生の家庭学習おすすめ

TOEIC対策のおすすめ

英語カテゴリの最新記事