古典文法 動詞の下ニ段活用まとめと問題

古典文法 動詞の下ニ段活用まとめと問題

今回は下二段活用の動詞に関するまとめと問題です。

下二段活用の動詞には「得(う)」「寝(ぬ)」「経(ふ)」「植う」「見ゆ」などがあります。これら下二段活用をする動詞各行の活用のしかたを見ていきましょう。

スポンサーリンク

古典文法 動詞の下ニ段活用

下ニ段活用は、エ・エ・ウ・ウる・ウれ・エよと活用します。

下二段活用になる動詞には、「得(う)」「寝(ぬ)」「経(ふ)」「出づ」「覚ゆ」「捨つ」「見ゆ」「植う」「据う」などがあります。

経(ふ)」→「経(へ)る」、「捨」→「捨てる」、「授」→「授ける」のように、現代語では「エ段+る」と変化しているものが多く、下一段活用となっています。ただし「得(う)」は「得(え)る」と「あり得(う)る」もあります。

下ニ段活用の活用表

下二段活用の活用表です。未然形は「ず」、連用形は「たり」、連体形は「とき」、已然形は「ども」に続く形です。














得(う) うる うれ えよ
心得 うる うれ えよ
受く くる くれ けよ
捧ぐ ぐる ぐれ げよ
乗(の)す する すれ せよ
混ず ずる ずれ ぜよ
捨つ つる つれ てよ
出づ 出(い) づる づれ でよ
寝(ぬ) ぬる ぬれ ねよ
重(かさ)ぬ ぬる ぬれ ねよ
経(ふ) ふる ふれ へよ
与(あた)ふ ふる ふれ へよ
比ぶ ぶる ぶれ べよ
静む むる むれ めよ
見ゆ ゆる ゆれ えよ
流る るる るれ れよ
植う うる うれ ゑよ

ア行、ヤ行、ワ行の下二段活用

「得」や「心得」「所得」など「得」の複合語が、ア行の下二段活用です。(ア行の動詞はこれらだけです。)
「見ゆ」「覚ゆ」「聞こゆ」などはヤ行下二段活用、「植う」「飢う」「据う」はワ行下二段活用です。

▼動詞の活用9種類と見分け方はコチラの記事を

参考:古典文法 動詞の活用の種類・見分け方のまとめと問題

下一段活用との違い

下一段活用と下二段活用の活用の違いは、下表に示したように終止形、連体形、已然形にあります。

下二段活用はエ段またはウ段の二段で活用しますが、下一段活用は全てエ段から始まります。













下一段活用 エる エる エれ エよ
下二段活用 ウる ウれ エよ
下ニ段活用は下一段活用同様、「ず」をつけるとエ段になります。下一段活用は「蹴る」だけなので、区別しやすいでしょう。

下二段活用動詞の活用形

下二段動詞に続く助動詞・助詞などの語により、次のように活用します。

・捨つ+ず → 捨てず(未然形)

・受く+む → 受けむ(未然形)

・植う+たり → 植ゑたり(連用形)

・出づ+て → 出でて(連用形)

・捨つ+べし →捨つべし(終止形)

・経+こと → 経ること(連体形)

・見ゆ+ども → 見ゆれども(已然形)

・心得 → 心得よ(命令形)

スポンサーリンク

【問題編】古典文法 動詞の下ニ段活用

問 下表の空欄を埋めなさい。語幹がないものは○を入れなさい。(答えは▶をクリック)














▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え
▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え
▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え
据う ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え
見ゆ ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え ▶答え

まとめ

古文動詞の下二段活用ポイントまとめです。

・下ニ段活用は「エ・エ・ウ・ウる・ウれ・エよ」

・下一段活用と違うのは終止形・連体形・已然形

・下ニ段活用になる動詞は現代語では「エ段+る」と変化しているものが多い(「寝」→「寝る」「捨つ」→「捨てる」など)

・ア行動詞は下二段活用の「得」とその複合語のみ