古典文法 動詞のサ行変格活用(サ変)まとめと問題

古典文法 動詞のサ行変格活用(サ変)まとめと問題

今回は古文動詞のサ行変格活用(カ変)に関するまとめと、活用表の問題です。

サ行変格活用になる動詞は「す」「おはす」と「奏す」「念ず」などの複合動詞のみです。現在でも「する」はサ行変格活用になっていますが、古語の「す」と現代語の「する」では未然形、終止形、命令形で異なるところがあります。

古文のサ行変格活用の活用のしかたを確認しておきましょう。

スポンサーリンク

古文動詞 サ行変格活用(サ変)

古典文法 動詞のサ行変格活用まとめと問題

カ行変格活用の動詞は、せ・し・す・する・すれ・せよと活用します。サ行変格活用になる動詞は「」「おはす」とその複合動詞のみです。複合動詞には「奏(そう)す」「恋す」「念ず」などがあります。

「おはす」は「あり」の尊敬語で、「いらっしゃる」「おいでになる」などと訳します。

「奏す」は「言ふ」の謙譲語で、「申し上げる」などと訳します。

サ行変格活用の活用表

サ行変格活用の活用表です。未然形は「ず」、連用形は「たり」、連体形は「とき」、已然形は「ども」に続く形です。














する すれ せよ
おはす おは する すれ せよ
念ず ずる ずれ ぜよ

口語の「する」と異なるのは未然形、終止形、命令形です。

「奏す」「解す」など「す」と接続してできたさまざまな複合動詞がありますが、「~ん」と「す」で複合動詞をつくるときは「す」が「ず」になります。

】「念(ねん)」+「す」→「念ず」、「信(しん)」+「す」→「信ず」

なお、「~ず」もザ行変格活用とは呼ばず、サ行変格活用になります。

▼口語の動詞活用はコチラの記事を

参考:国語文法 動詞の活用5種類の見分け方と問題

▼動詞の活用9種類と見分け方はコチラの記事を

参考:古典文法 動詞の活用の種類・見分け方のまとめと問題

サ行変格活用動詞の活用形

サ行変格活用の動詞は、次のように活用します。

・す+ず → ず(未然形)

・す+ば → ば(未然形)

※「未然形+ば」で順接の仮定条件(もし~ならば)

・す+たり →たり(連用形)

・す+けむ →けむ(連用形)

・す+べし → べし(終止形)

・おはす+らむ →おはすらむ(終止形)

・信ず+こと → 信ずること(連体形)

・す+ども → ども(已然形)

・念ず+ば → 念ずば(已然形)

※「已然形+ば」で順接の確定条件(~ので)、偶然条件(~と)など

・恋す→ 恋せよ(命令形)

スポンサーリンク

【問題編】動詞のサ行変格活用

問1 サ行変格活用の活用表の空欄を埋めましょう。(語幹がない場合は○)














おはす

 

 

 

【正解】














する すれ せよ
おはす おは する すれ せよ

問2 [     ]内の現代語の意味になるように、(    )内の動詞を活用しましょう。

(1) ( 恋す )ば [もし恋するならば]

 

 

 

【正解】

(2)( おはす )ば [いらっしゃるので]

 

 

 

【正解】すれ

(3)( 信ず ) [信じなさい]

 

 

 

【正解】信ぜよ

まとめ

・サ行変格活用は「せ・し・す・する・すれ・せよ」

・サ行変格活用は「す」「おはす」とその複合動詞(「奏す」「恋す」「念ず」など)