中学国文法 助詞の種類・見分け方まとめと問題

中学国文法 助詞の種類・見分け方まとめと問題

助詞といえば「が」「は」「も」「から」など、単独では使わなくても会話や文章を成り立たせるために必要な品詞ですね。

今回は4種類の助詞、格助詞・副助詞・接続助詞・終助詞の性質、特徴と見分け方についてまとめました。

助詞の一覧表、紛らわしい助詞の格助詞・接続助詞の見分け方、格助詞の覚え方、また助詞の種類分け問題もご紹介します。

スポンサーリンク

助詞ってどんな品詞なの?

中学国文法 助詞の種類と格助詞の覚え方

助詞は単独では使われません。助動詞とともに付属語と呼ばれるグループに入ります。ただし、助動詞のように活用しません

下の文章の太字が助詞になります。

私たち学校毎日通います。

鈴木です。

そんなこと言う

助詞はひらがなで書き、言葉と言葉の間に入って関係を表現したり、意味を加える役割をします。

文節に区切ると助詞を探しやすいです。

参考:中学国語文法 文節の分け方にコツがある?

私たち/学校/毎日/通います。

/鈴木です。

そんな/こと/言う

助詞は文節の最後に置かれます。(すべての文節で助詞が最後に使われるわけではありません。)

上の文にもある「ます」「です」は助動詞です。助動詞は「~う」「~ば」「~もの」などをつけて活用させることができます。(変化しないものもあります。)

ちなみに「そんな(だ)」は形容動詞です。自立語なので文節の区切りができています。(※連体詞という説もあります)

スポンサーリンク

助詞の種類って?

中学国文法 助詞の種類と格助詞の覚え方

助詞には格助詞・副助詞・接続助詞・終助詞の4種類があります。それぞれどんな助詞なのか、見てみましょう。

格助詞

主に体言につくのが格助詞です。

語・文節どうしの関係を表し、主語・連体修飾・連用修飾・並立などの働きがある。

(例)が、の、と、を、に、へ、や、で、から、より

下の文章で太字が格助詞です。

鈴木です。

彼が私兄です。

ゲームした。

から学校向かった。

特に格助詞「の」の意味は複数あり、よく出題されます。(終助詞にも「の」があります。)

▼格助詞の「の」、終助詞「の」の識別問題はこちら

参考:中学国文法 助詞の識別問題「の」

副助詞

いろいろな語について、意味をそえるのが副助詞です。

(例)も、は、こそ、まで、さえ、でも、ばかり、しか、すら、だけ、ずつ、ほど

下の文章で太字が副助詞です。

バレー部に入ることにした。

今日こそは早く帰るぞ。

宿題がこれしか終わってない。

主語でよく使われる「~が」「~は」「~も」ですが、「が」は格助詞「は」「も」は副助詞になります。

▼副助詞「さえ」についての詳しい記事はこちら

参考:中学国文法 助詞の識別問題「さえ」

接続助詞

文節と文節をつなぐ働きをする助詞が接続助詞です。

読点(、)が後に続くことが多いです。

(例)ば、から、けれど、けれども、が、ので、のに、し、て、で、と、ながら、つつ

下の文章で太字が接続助詞です。

明日になれ、学校がお休みだ。

あんなに練習したのに、試合に勝てなかった。

朝ちゃんとご飯を食べてきた、お腹がすいきた。

彼があまりにもからかうから、私はイライラした。

「食べみる」「知っいる」「遊んいる」のように、補助動詞と一緒に使われることがあります。

▼格助詞の「から」と接続助詞「から」の違いはこちら

参考:中学国文法 助詞の識別問題「から」

終助詞

主に文末に置かれるのが終助詞です。

聞き手・読み手に話しての気持ちや態度を伝える役割があります。

(例)な、ぞ、か、ね、かしら、の、さ、よ

下の文章で太字が終助詞です。

そんなこと言う

今日は暑いのかしら

もうご飯食べちゃった、ごめん

「ね」「さ」「よ」などの終助詞は文末だけでなく文節の切れ目にも使われ、これらは間投(かんとう)助詞とも呼ばれます。

助詞の一覧表(格助詞・副助詞・接続助詞・終助詞)

主な助詞(格助詞・副助詞・接続助詞・終助詞)の一覧を下表にまとめました。

【助詞一覧表】※( )内は太字の助詞の意味です。

助詞の種類 助詞 主な働きと例文
格助詞 主語、対象

・私内田です。(主語)

・彼はヘビメタ好きです。(対象)

連体修飾、部分の主語、体言の代用、同格

・花香り。(連体修飾)

・彼かいた絵は傑作だ。(部分の主語)

・兄は新品だ。(体言の代用・準体助詞)

・枝細いのを使うと良いよ。(同格)

並立、引用、結果

・リンゴみかんの絵があった。(並立)

・帰りたい言った。(引用)

・帰る誰もいなかった。(結果)

対象、起点、経由

・空ながめた。(対象)

・東京出た。(起点)

・公園通り帰った。(経由)

場所、目標

・図書館いました。(場所)

・宇宙飛行士なる。(目標)

動作の方向 ※「エ」と発音

・アメリカと旅立った。(動作の方向)

並立

・ロックヘビメタが好きです。(並立)

場所、手段・方法、理由

・ライブハウス演奏した。(場所)

・はさみ紙を切る。(手段・方法)

・風邪休んだ。(理由)

から 起点、材料、原因

・東京から大阪まで2時間半ぐらいだ。(起点)

・ワインはぶどうから作られる。(材料)

・不注意から大きなミスをした。(原因)

より 起点、材料、比較

・9時より受け付けを開始します。(起点)

・チーズは牛乳より作られる。(材料)

・パンよりご飯が好き。(比較)

副助詞 強調、並列、同類、類推

・1万人集まりました。(強調)

・ご飯パン好きです。(並列)

・私帰ろうかな。(同類)

・人の気配感じられない。(類推)

主題、限定、強調 ※「ワ」と発音

・彼いつも優しい。(主題)

・彼女はピアノうまい。(限定)

・決して楽しくない。(強調)

こそ 強調

・彼こそ次のリーダーにふさわしい。(強調)

まで 限度、到達点、類推

・聞いてみたまでです。(限度)

・浅草まで行ってきました。(到達点)

・親友にまで裏切られた。(類推)

さえ 添加、限定、類推

・風だけでなく雨さえ降り始めた。(添加)

・傘さえあれば。(限定)

・彼はことばさえ話せない。(類推)

でも 類推、例示

・子どもでも解けます。(類推)

・寿司でも頼みましょうか。(例示)

ばかり 限定、程度、完了した直後

・兄ばかりひいきされていた。(限定)

・ここから30分ばかり歩いたところです。(程度)

・家に着いたばかりだ。(完了した直後)

しか 限定(+否定語)

・それしか食べないの。(限定)

すら 類推

・大人ですら解けない問題だ。(類推)

だけ 限定

・あなただけにプレゼントします。(限定)

ずつ 同じ数量

・1人3個ずつあげた。(同じ数量)

ほど 程度、比較(+否定語)

・1時間ほどして連絡がきた。(程度)

・君ほどの努力家はそうそういない。(比較)

接続助詞 仮定

・練習すれうまくなるよ。(仮定)

から 原因・理由

・元号が変わるから書類の記入に注意しよう。(原因・理由)

けれど

(けれども)

逆接、並立

・雨が降っていたけれど(も)、出かけた。(逆接)

・甘いものも好きだけれど(も)、辛いのも好き。(並立)

逆接、並立

・泣きたい気分だ、我慢した。(逆接)

・遊園地も行きたい、水族館も行きたい。(並立)

ので 原因・理由

寒いので、上着を着て出かけた。(原因・理由)

のに 逆接

若いのにしっかりしている。(逆接)

並立

頭もいい、スポーツも万能だ。(並立)

(で)

原因・理由、手段・方法、並立

・風邪をひい休んだ。(原因・理由)

・歩い学校に行く。(手段・方法)

・白くふわふわていた。(並立)

※ ガ行動詞五段活用イ音便、ナ行・バ行・マ行五段活用撥音便では「で」が使われます。

・泳い海を渡った。(手段・方法)

ながら 動作・作用の平行、逆接

・食べながらテレビを見ていた。(動作・作用の平行)

・帰りたいと言いながら残っていた。(逆接)

つつ 動作・作用の平行、逆接

・本を読みつつ父の様子をうかがっていた。(動作・作用の平行)

・悪いと知りつつやってしまった。(逆接)

終助詞 禁止、主張、念押し

・もう言う。(禁止)

・これが欲しい。(主張)

・これ、おいしいよ。(念押し)

主張

・これが欲しい。(主張)

質問、反語、依頼・勧誘

・もう帰るの。(質問)

・彼が犯人だなんてことがあろう。(反語)

・そろそろ行こう。(依頼・勧誘)

詠嘆、念押し

・彼女のドレス、すてき。(詠嘆)

・残さず食べて。(念押し)

かしら 疑問

・雨はもう止んだのかしら。(疑問)

質問、主張

※ 質問は上げ調子、主張は下げ調子で読みます。

・もう片付けたの。(質問・主張)

主張、投げやりな気持ち

・彼だってできる。(主張)

・どうにでもなる。(投げやりな気持ち)

呼びかけ、念押し

・宝くじ、当たれ。(呼びかけ)

・もう帰れ。(念押し)

呼びかけ、勧誘・命令

・ポチ、おいで。(呼びかけ)

・まあここに座れ。(勧誘・命令)

助詞の種類の見分け方

中学国文法 助詞の種類と格助詞の覚え方

どの助詞が格助詞で、どれが副助詞なのか…と助詞の種類を問う問題が文法の教材でもよく出てきて、塾でも生徒から質問されることが多いです。

「が」は副助詞でも接続助詞でも、「の」は格助詞でも終助詞でも出てくるので、単純にそれぞれの助詞を丸暗記するだけでは種類分けができません

例外もありますが、接続助詞は読点(、)が続くことが多く、終助詞は文末に使われることが多いので、わかりやすいです。

学校に行った、今日は休みだった。(太字が接続助詞)

本当に学校へ行ったんです。(太字が終助詞)

問題は格助詞と副助詞です。「副助詞は格助詞のようにただつなげるだけでなく、意味をそえる助詞です」と言われてもイマイチわかりづらいです。

中学生が覚えるべき格助詞は10個(から・の・へ・や・で・と・より・を・に・が)、一方副助詞はさらにたくさんある…ということで、10個の格助詞をまるまる覚えてしまうのが早いです。

1. 読点がついている、動詞・助動詞の後にある → 接続助詞

2. 文末についている → 終助詞

3. 格助詞10個かどうか

4. その他は副助詞

格助詞と接続助詞の見分け方

「から」「と」は格助詞にも接続助詞にもありますが、体言・連体形に続いていれば格助詞動詞などに続いていれば接続助詞と見分けることができます。ただし「と」は引用で用いられるときは用言に続いていても格助詞です。

・僕トシです。→ 格助詞(主語)

・彼のバラード好き。→ 格助詞(対象)

・彼はドラムを壊した、仕方なかった。→ 接続助詞(逆接)

・後で家から電話します。→ 格助詞(場所の起点)

・寒くなったからコートを着よう。→ 接続助詞(原因・理由)

・僕弟は公園へ遊びに行った。 → 格助詞(並列)

・心配になって電話をする、本人が出た。→ 接続助詞(結果)

・「電話をする」兄が言っていた。 → 格助詞(引用)

格助詞の覚え方(語呂合わせ)

格助詞と副助詞を区別するのが若干難しいですが、格助詞の方が圧倒的に数が少ないので格助詞を丸暗記してしまえば副助詞との区別が容易になります。

格助詞は、

から・の・へ・や・で・と・より・を・に・が

の10個が基本です。いろいろな覚え方(語呂合わせ)がありますが、

空の部屋で 戸より鬼が!(から の へ や で と より を に が)

殿、部屋から鬼が出より(ます)!(と の へ や から を に が で より)

こんな風に覚えれば10個の格助詞が簡単に覚えられそうですね。

【問題編】助詞の種類の見分け方

問 次の太字の助詞は格助詞、副助詞、接続助詞、終助詞のどれかを答えましょう。(答えは▼をクリック)

(1) 昨日から休みだ。▼答え

(2) 映画がつまらなかったから、途中で帰ってしまった。▼答え

(3) 私森山です。▼答え

(4) 私森山です。▼答え

(5) 私森山です。▼答え

(6) 君靴、かっこいいね。▼答え

(7) 昨日見た靴、かっこいい▼答え

(8) 母兄はどこかへ出かけたようだ。▼答え

(9) 家に帰る、母はもう帰っていた。▼答え

(10) 「もう家に帰る」弟が駄々をこねた。▼答え

まとめとおすすめの本

助詞の性質、格助詞・副助詞・接続助詞・終助詞の4種類の助詞の見分け方、格助詞の覚え方についてざっくりと確認してきましたがいかがでしたでしょうか。

文節に注目して付属語を探せば助詞を簡単に見つけやすくなります。ただし助動詞と混同しないように注意、助詞は活用しません。

どの種類の助詞なのかを見分けるには、まず接続助詞と終助詞が区別できるように。さらに格助詞を覚えれば格助詞と副助詞の区別もできるようになるでしょう。

中学国文法を基礎から学びたい人に

中学で学ぶ口語文法を基礎からしっかり理解したい人におすすめのテキストが、こちらの「くもんの中学基礎がため100%中学国語 文法編」です。書き込み式で使いやすい、わかりやすいとレビューでも好評ですよ。

日本語の助詞をマスターしたい人に

日本語を学習中の人、助詞をマスターしたいという人向けの学習帳です。日本人でも文章を書くときの「てにをは」の使い方を誤りがち。子どもの頃からインターナショナルスクールに通っていたり外国で暮らしていて、日本語を向上させたい人にも役立つでしょう。が長い人、助詞の細かい使い方がわからず、つまづきやすいところです。学ぶ外国の方にレビューでも好評です。日本人が読んでも英語と日本語の勉強に役立ちそうですね。

英語で学ぶ日本語の助詞

こちらは茅野直子さんによって書かれた助詞に関する英語の本です。日本語を学ぶ外国の方にレビューでも好評です。日本人が読んでも英語と日本語の勉強に役立ちそうですね。