古典文法 推量の助動詞「む(ん)・むず」まとめと問題

古典文法 推量の助動詞「む(ん)・むず」まとめと問題

今回は古文の推量の助動詞、「む(ん)」「むず(んず)」に関するまとめと問題です。「む」と「むず」の活用表や接続のしかた、意味について確認します。

推量の助動詞「む(ん)」「むず(んず)」には多くの意味があり、特に「む(ん)」には意志、勧誘、適当、婉曲、仮定と多くの意味で用いられます。

スポンサーリンク

推量の助動詞「む(ん)」「むず(んず)」

古典文法 推量の助動詞「む(ん)・むず」まとめと問題

推量の助動詞「む(ん)」「むず(んず)」の活用や意味を確認していきましょう。

「む(ん)」「むず(んず)」の活用表

推量の助動詞「む(ん)」「むず(んず)」の活用表です。未然形、連用形、命令形はありません。連体形は体言、已然形は「ども/ば」に続く形です。

む(ん) む(ん) む(ん)
むず(んず) むず

(んず)

むずる

(んずる)

むずれ

(んずれ)

「む(ん)」は四段型、「むず(んず)」はサ変型の活用です。

「む(ん)」の意味と接続・活用の例

推量の助動詞「む(ん)」は、推量、意志、勧誘、適当、婉曲、仮定の意味があり、活用語の未然形に接続します。

 「む(ん)」の意味と覚え方

む(ん)」には多くの意味があります。「すいかかえて」(推量、意志、勧誘、仮定、婉曲、適当の最初の音)と語呂合わせで覚える方法があります。

推量「~だろう」「きっと~に違いない」… 三人称の動作で用いられる

例:知ら(知っているだろう)、帰りな(きっと帰るに違いない)

※ 「知らん」→「知らない」ではないので注意

意志「~しよう」「~するつもりだ」

例:帰ら(帰ろう)、参ら(参るつもりだ)

勧誘「~しませんか」… 二人称の動作で、「~てむ(ん)や」「~なむ(ん)や」と疑問の形で用いられることが多いです。

例:読みたまひてや(読んでくださいませんか)

仮定「~であろう」「~だとしたら」… 連体形で用いられる

例:知らこそあはれなれ(知らないならかわいそうなことよ)

婉曲「~ような」… 連体形で用いられる

例:雪の降ら日(雪が降るような日)

適当「~がよい」

例:今日こそ立ため(今日出発するのが良い)

▼「む」と同様多くの意味がある助動詞「べし」についてはコチラ

参考:古典文法 推量の助動詞「べし・べらなり」まとめと問題

「む(ん)」の接続・活用の例

「む(ん)」は活用語の未然形に接続します。

・あり+む [言い切り] → あら(終止形)[あるだろう]

・あり+ぬ+む [言い切り] → ありな(終止形)[きっとあるに違いない]

・言ふ+ん+こと → 言はこと(連体形)[言うようなこと]

・咲く+ん+ど → 咲かど(已然形)[咲くだろうけれど]

「むず」の意味と活用・接続 例

推量の助動詞「むず(んず)」は、推量、意志、婉曲、適当の意味があり、活用語の未然形に接続します。

「むず」の意味

推量「~だろう」「きっと~に違いない」… 三人称の動作で用いられる

例:来んず(来るだろう)

※ 「来んず」→「来ない」ではないので注意

意志「~しよう」「~するつもりだ」

例:帰らむず(帰ろう)、参らんず(参るつもりだ)

婉曲「~ような」… 連体形で用いられる

例:雪の降らんずる日(雪が降るような日)

適当「~がよい」

例:今日こそ立たむずれ(今日出発するのが良い)

「むず」の接続・活用の例

・あり+むず [言い切り] → あらむず(終止形)[あるだろう]

・言ふ+んず+こと → 言はんずること(連体形)[言うようなこと]

・~こそ+咲く+んず[係り結び] → ~こそ咲かむずれ(已然形)[咲くだろう]

スポンサーリンク

【問題編】推量の助動詞「む(ん)」「むず(んず)」の活用・意味

古典文法 推量の助動詞「む(ん)・むず」まとめと問題

問1 推量の助動詞「む(ん)」「むず(んず)」の活用表を完成させましょう。(答えは▼をクリックして見られます)

例語 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
む(ん)

む(ん)

む(ん)

むず(んず)

むず
(んず)

むずる
(んずる)

むずれ
(んずれ)

問2 [     ]内の現代語の意味になるように、(      )内の助動詞を適切な形に活用させましょう。(答えは▼をクリックして見られます)

(1) あり( ぬ )( む )[きっとあるに違いない]

解答を見る

な・む

(2) 咲か( ん )ど[咲くだろうけれど]

解答を見る

(3) 雪の降ら( んず )日[雪が降るような日]

解答を見る

んずる

(4) 今日こそ立た( む )[今日こそ出発しよう]

解答を見る

(5) 今こそ咲か( むず )[今咲くだろう]

解答を見る

むずれ

問3 次のア~エの下線部をひいた中で、勧誘の意味で使われていると考えられるものを記号で答えなさい。

ア 男ありな

イ 知りたまは

ウ 語りたまひて

エ 雨なむ降ら

解答を見る

まとめ

・推量の助動詞「む(ん)」の活用は「○、○、む(ん)、む(ん)、め、○」で活用語の未然形に接続

・推量の助動詞「む(ん)」の意味は「すいかかえて」(推量、意志、勧誘、仮定、婉曲、適当)

→ 勧誘は二人称で「~てむや」「~なむや」などの疑問で、仮定と婉曲は連体形

・推量の助動詞「むず(んず)」の活用は「○、○、むず(んず)、むずる(んずる)、むずれ(んずれ)、○」で活用語の未然形に接続

・推量の助動詞「むず(んず)」の意味は推量、意志、婉曲、適当)

→ 婉曲は連体形