高校英語 不定詞の基本と3用法まとめと問題

高校英語 不定詞の基本と3用法まとめと問題

不定詞の基本的な形とその役割、「不定詞」の意味、不定詞の3用法、名詞的用法・形容詞的用法・副詞的用法の見分け方についてまとめました。

  • 不定詞ってそもそもどんなときに使うの?
  • 基本的な不定詞の用法って?
  • 3用法の違いがわからない…

という方におすすめです。

スポンサーリンク

不定詞とは

不定詞の基本形は「to+動詞の原形」です。

基本的に不定詞は、

  • これから先に起きることや可能なこと
  • that節の代用

で使われます。

よく不定詞は未来志向で、動名詞は現在や過去のことを表すときに使われます。

I want to play soccer.(私はサッカーをしたい)

I enjoy playing soccer.(私はサッカーをすることを楽しんでる)

上の文ではこれからサッカーをする未来の話で、下の文ではすでにサッカーをしていることを示唆しています。

このことが意識できると動詞の目的語に不定詞がくるのか動名詞がくるのか、判断しやすくなるでしょう。

ただし、例外もあります。

He was the first man to travel to space.(彼は初めて宇宙に行った人だった。)

過去のことを述べた文で「the 序数/only/last 名詞+to不定詞」の形をとるとき、to不定詞が「実際に起きたこと」を表すことがあります。

なぜ不定詞と呼ぶの?

不定詞は英語でinfinitiveといいます。(toが使われる不定詞はto-infinitive、使われない原形不定詞はbare-infinitiveといいます)

infinityは無限、infiniteは限定されないという意味があることからも、infinitiveは「限定されない」ものと関係があることが推測されます。

ふつうの動詞は人称や時制によって変化が起きます。

しかし不定詞(infinitive)は主語がheやsheやitでも過去でも、それらに影響されず(限定されず)常に動詞の原形が使われます。

He wants to be a doctor.

I wanted to be a doctor.

3単現でも過去形でもtoの後の動詞は原形になります。

スポンサーリンク

不定詞の3つの用法とその見分け方

中学英語でも学習しましたが、不定詞には主な用法として

  • 名詞的用法「~すること」
  • 形容詞的用法「~するための、~するべき」
  • 副詞的用法「~するために、~して」

の3つの用法があります。3つの用法は意味を考えることで見分けることができますが、各用法でよくあるパターンもあります。下の例文を確認してみてください。

He wants to be a doctor.(名詞的用法)

は「彼は医者になることを望んでいる → 彼は医者になりたい」と訳しますが、to beの部分を「~すること」と訳せます。

want to~, try to~, begin to ~, like to ~などの形が出てきたらたいてい名詞的用法です。

なお、

It’s hard for me to lose weight .(名詞的用法)

「体重を減らすことは難しい」でこちらも名詞的用法です。ただしIt … to ~なら名詞的用法になるとは限りません。

It’s time to say good bye.(形容詞的用法)

「さよならを言う時間だ」の意味ですが、このto say は前の名詞であるtimeを修飾する形容詞的用法です。

形容詞的用法の不定詞はふつう名詞の直後に置かれ、名詞を修飾します。

I have a lot of work to do.(形容詞的用法)

は、「私はたくさんのやるべき仕事があります」と訳せます。形容詞的用法ではto+動詞の原形が名詞の直後に置くと説明しましたが、名詞の後に不定詞があれば何でも形容詞的用法になるわけではないので注意してください。

Jun went to the library to study Spanish.(副詞的用法)

は「潤はスペイン語を勉強するために図書館に行きました」と訳せます。名詞の後に不定詞がありますが、libraryを直接修飾しているわけではないので(形容詞的用法ではなく)副詞的用法です。

I’m glad to see you.(副詞的用法)

は「あなたに会えてうれしいです」という意味です。「感情を表す形容詞+不定詞」の形で副詞的用法としてよく使われます。

【問題編】不定詞の基本と3用法

問1 次の英文を日本語にしましょう。

(1) He tried to open the door.

→答え

(2) The man had no house to live in.

→答え

(3) I’m glad to see you.

→答え

(4) It’s easy to say, hard to do.

→答え

(5) Ryu was the only boy to answer the question.

→答え

問2 次の英文と同じ用法の不定詞を含む文を、ア~ウの中から答えましょう。

I have a lot of work to do.

ア It’ easy to answer it.

イ It’ time to say good bye.

ウ It’s nice to meet you.

→答え

参考文献:参考文献: 総合英語 Forest 7th edition /石黒 昭博(桐原書店)

英語の目次はコチラ→

次の単元に進む人はコチラ


高校生の家庭学習おすすめ

大人の英語学習おすすめ

英語カテゴリの最新記事