高校英語文法 強調構文の例文と作り方

高校英語文法 強調構文の例文と作り方

今回は強調構文 It is/was ~ that …を用いた表現についてまとめました。

It is ~ that …の強調構文の訳し方と作り方・書き換え、疑問詞のある強調構文、It is because ~ that … の強調構文、形式名詞の It is ~ that … との違いと見分け方について、例文とともに見ていきます。最後に理解できたかチェックするための確認問題もあります。

スポンサーリンク

強調構文 It is/was ~ that … 例文と訳し方

高校英語文法 強調構文の例文と作り方

It is/was ~ that(who, whom, which)…」の形で「…するのは~です…したのは~でした)」と訳します。

・It is you that I love.(僕が愛しているのは君です。)

・It was this bag that I bought yesterday.(私が昨日買ったのはこのバッグです。)

It was he that helped me then.(そのとき助けてくれたのが彼でした。)

It was yesterday that I went to see the movie.(私が映画を見に行ったのは昨日です。)

Was it you that broke the window?(窓を割ったのは君だったの?)

疑問詞を用いた強調構文

疑問詞の強調構文もあります。「~する(した)のは誰ですか、何ですか、なぜですか」のように訳します。

Who was it that ate my cake?(私のケーキを食べたのは誰なの?)

What is it that you want?(あなたが欲しいものは何ですか。)

Why is it that he can speak five languages?(彼が5ヶ国語を話せるのはなぜなのですか。)

It is because ~ that … の強調構文

… するのは~だからです」と理由を強調したいとき、【It is because ~ that …】で表現することができます。

It is because I love you that I’m with you.(君といるのは君を愛しているからさ。)

It is because I was lucky that I passed the entrance exam.(僕が入試に合格したのはラッキーだったからだ。)

スポンサーリンク

強調構文の作り方と書き換え

高校英語文法 強調構文の例文と作り方

It is/was ~ that …」の強調構文を作るときは、強調したいものを「」に置きます。「…」が過去形なら is が was になります。

that の代わりに「~」が人なら who、物なら which が用いられることもあります。thatが省略されることもあります。

基本の強調構文の書き換え

下の英文を用いて強調構文を作ってみましょう。

My brother won the speech contest last year.(私の兄は昨年弁論大会で優勝しました。)

過去形の文なので was を用いて強調構文を作ります。「It was ~ that …」の「~」の部分強調したい語句を置き、残りの語句を that 以下「…」に元の文と同じ語順で並べます。

My brother を強調したければ、

My brother won the speech contest last year.

It was my brother that won the speech contest last year.(昨年弁論大会で優勝したのは私の兄でした。)

the speech contest を強調したければ、

My brother won the speech contest last year.

It was the speech contest that my brother won last year.(昨年兄が優勝したのは弁論大会でした。)

the speech contest が It was の直後に来ただけで、他の語は元の語順で that の後に並べます。

last year を強調したければ、

My brother won the speech contest last year.

It was last year that my brother won the speech contest.(兄が弁論大会で優勝したのは昨年のことです。)

疑問詞のある強調構文の書き換え

疑問詞のある文で疑問詞が主語になっているときは、疑問詞の後に「is/was it that」を入れるだけで作れます。

Who ate my cake?

→ Who was it that ate my cake?(私のケーキを食べたのは誰なの?)

疑問詞が主語でないときは、that 以下の語順を普通の文の語順と同様に直す必要があります。

What do you want?

→ What is it that you want?(あなたが欲しいものは何ですか。)

Why can he speak five languages?

→ Why is it that he can speak five languages?(彼が5ヶ国語を話せるのはなぜなのですか。)

形式主語の文と強調構文の違いと見分け方

高校英語文法 強調構文の例文と作り方

「It is ~ that …」の英文には形式主語 it を用いたものもあります。

形式主語構文と強調構文の違い

形式主語構文 → 「It is」「that」を省くと文が成り立たない、that 以下の文がそれのみでも成り立つ完全な文

強調構文 → 「It is」「that」を省いても文が成り立つ、that 以下が不完全な文

以上をふまえて次の2つの「It is ~ that …」構文が形式主語なのか強調構文なのか確かめてみましょう。

It is necessary that we learn English.

It is English that we learn.

まず、1の文から「It is」「that」を省くと、「necessary we learn English.」になり、necessary をどこに置いても文がおかしくなります。この文は形式主語構文です。(意味は「私たちが英語を学ぶことは必要です。」)

2の文から「It is」「that」を省くと、 「English we learn.」になり、SVOの語順にすれば「We learn English」になって意味が通じます。したがって2の文は強調構文です。(意味は「私たちが習っているのは英語です。」)

※ ただし疑問詞を使った強調構文では単純に「It is」「that」を省いても文が成り立つとは限りません。

Who was it that ate my cake?

→ Who ate my cake?(成り立つ)

Why is it that he can speak five languages?

→ Why he can speak five languages?(he canを can he の語順にしないといけない)

【問題編】強調構文と強調表現

高校英語文法 強調構文の例文と作り方

問1 次の英文を[   ]内の語句を強調した英文に書き換え、日本語に訳しなさい。(必ず itで始めること。)

(1) I bought this dress at the department yesterday.[ this dress ]

▼答え

(2) Kei won the first prize.[ Kei ]

▼答え

(3) I ran into my old friend at the station.[ at the station ]

▼答え

(4) Because I was lucky, I succeeded.[ Because I was lucky ]

▼答え

問2 次の文を it を用いた強調構文にして日本語に訳しなさい。

(1) Who ate my cake?

▼答え

(2) What do you want?

▼答え

問3 次の日本語の意味に合うように、[   ]内の語を並べ替えて英文を完成させなさい。

(1) 私が昨日買ったのはこのバッグです。

[ bag, bought, I, it,  that, this, yesterday, was ].

▼答え

(2) 私が姉からもらったのは素敵な着物でした。

[  a fabulous kimono, from, I, It, received, that, was, my sister ].

▼答え

(3) 私が映画を見に行ったのは昨日です。

[  yesterday, it, that, I, was, went, see, the movie, to ].

▼答え

(4) 窓を割ったのは君だったの?

[  broke, it, you, was, the window, that ]?

▼答え

(5) 彼が5ヶ国語を話せるのはなぜなのですか。

[ can, five languages, he, is, it, that, speak, why ]?

▼答え

▼効果的な学習で成績アップしたいなら?
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

まとめ

強調構文の作り方と書き換え、訳し方、形式主語との見分け方について確認してきました。

強調したい語句を It is/was の直後に置けば、あとは残りの語句を that 以下に並べていくのがポイントです。

I love you. の you を強調

→ It is you that I love.

疑問詞のある強調構文の作り方も覚えておきましょう。(疑問詞の後に is/was it that が入るのがポイント。)

Who ate my cake?

→ Who was it that ate my cake?