高校英語文法 5文型の例文・見分け方・問題

高校英語文法 5文型の例文・見分け方・問題

今回は基本の5文型、各文型の例文と見分け方についてまとめました。

文の要素とは何か、5文型の違いと例文について、第1文型と第2文型、第2文型と第3文型、第1文型と第3文型、第4文型と第5文型の違いと見分け方のポイント、第4文型から第3文型の書き換えなどを見ていきます。

確認問題で文型の違いが理解できたか確認してみましょう。

スポンサーリンク

5文型の考え方と例文

高校英語文法 5文型の例文・見分け方・問題

英語には文の要素の組み合わせが異なる、基本の文型が5つあります。

文の要素とは

文型に関わる文の要素には、主語 (S)、動詞 (V)、補語 (C)、目的語 (O)があります。

主語(S)「~が」「~は」に当たる部分(名詞、二語以上・不定詞・動名詞など)

動詞 (V)「~する」「~だ」に当たる部分(動詞)

補語 (C)「~だ」の「~」に当たる部分(名詞、形容詞)、主語や目的語を説明

目的語 (O)「~に」「~を」に当たる部分(名詞)、動詞を修飾

文型に直接関係のなり修飾語(M)もあります。

修飾語(M)文の要素や文全体を修飾する部分(前置詞+名詞、副詞、時、場所を表す語句※など)

※ 動詞に直接かかる場合は目的語扱いになるなど、例外もあります。

第1文型(SV)

第1文型は「主語 (S)+動詞 (V)」の文型です。動詞には(完全)自動詞、be動詞が使われます。

例文

・He lay on the sofa.[S=He, V=lay](彼はソファーに横たわった。)

・There is a cat under the table.[S=a cat, V=is](テーブルの下に猫が一匹いる。)

第2文型(SVC)

第2文型は「主語 (S)+動詞 (V)+補語 (C)」の文型で、S=C の関係が成り立ちます。動詞には be動詞や become, get, look, turn, keep などの(不完全)自動詞が使われます。

例文

・He is a music teacher.[S=He, V=is, C=a music teacher](彼は音楽の先生です。)

・He got sick.[S=He, V=got, C=sick](彼は病気になった。)

・I turned 20 years old.[S=I, V=turned, C=20 years old](私は20歳になりました。)

第3文型(SVO)

第3文型は「主語 (S)+動詞 (V)+目的語 (O)」の文型です。動詞には目的語をとる(完全)他動詞が使われます。

例文

・He has plenty of money.[S=He, V=has, O=plenty of money](彼は十分なお金がある。)

・I helped him with his assignment.[S=I, V=help, O=him](私は彼の課題を手伝った。)

第4文型(SVOO)

第4文型は「主語 (S)+動詞 (V)+目的語 (O)+目的語 (O)」の文型です。目的語は間接目的語 (IO) 、直接目的語(DO)の順になります。(間接目的語は人、直接目的語は物になることが多いです。)

例文

・My father showed me the picture.[S=My father, V=showed, IO=me, DO=the picture](私の父が私にその写真を見せてくれました。)

・I gave her an engagement ring.[S=I, V=gave, IO=her, DO=an engagement ring](私は彼女に婚約指輪をあげました。)

第5文型(SVOC)

第5文型は「主語 (S)+動詞 (V)+目的語 (O)+補語 (C)」の文型です。目的語 (O) =補語 (C) の関係があります。

例文

・We call him Toshi.[S=We, V=call, O=him, C=Toshi](私たちは彼をトシと呼びます。)

・The news made me happy.[S=The news, V=made, O=me, C=happy](その知らせは私をうれしくしま9した。)

スポンサーリンク

5文型の見分け方

高校英語文法 5文型の例文・見分け方・問題

異なる文型の例文を比べながら、文型の見分け方を確認していきます。

第1文型と第2文型の違い

下の3つの文を見比べてみましょう。

1. The boy stands by the door.(その少年はドアに立っている。)

2. The boy is Ken.(その少年はケンです。)

3. The boy standing by the door is Ken.(ドアのところに立っているその少年がケンです。)

1の文は主語、動詞のあと、前置詞 by で始まる修飾語になっています。[S=The boy, V=stands (M=by the door)]これは第1文型です。

第1、第2文型の区別は、動詞の前後で判断します。第2文型ならS=Cの関係が成り立ちます。

1の文は「The boy≠by the door」ですが、前置詞 by で始まる修飾語になっています。[S=The boy, V=stands (M=by the door)]これは第1文型(SV)です。

2・3の文は「The boy (standing by the door)=Ken」になっているので、第2文型(SVC)と考えられます。

第2文型と第3文型の違い

第2文型と第3文型の違いも動詞の前後を見て、S=Cの関係が成り立つかどうかで見分けることができます。

1. I got sick.(私は病気になった。)

2. I got a fever.(私は熱を出した。)

1の文は「I=sick」で第2文型(SVC)になります。2の文は「I≠a sip」であり、a sip は動詞を修飾しているので第3文型(SVO)です。

第1文型と第3文型の違い

第1文型と第3文型では、動詞が完全自動詞か他動詞か、目的語があるかどうかで見分けることができます。

1. He lay on the sofa.(彼はソファーに横たわりました。)

2. He laid himself on the sofa.(彼はソファーに体を横たえました。)

1の文は目的語不要な完全自動詞「lay(lie[横たわる]の過去形)」が使われているので、第1文型(SV)になります。2の文は他動詞の「laid(lay[横たえる]の過去形)」が使われているので、第3文型(SVO)になります。

lie(横になる)過去形 lay/過去分詞 lain

lay(~を横たえる)過去形 laid/過去分詞 laid

第4文型と第5文型の違い

第4文型、第5文型は修飾語句(M)を除けば4つの文の要素から成り立ちます。動詞の後の2つの要素が=の関係になっているか(C=Oの関係が成り立つか)で第5文型かどうかが見分けられます。

1. My mother made me a doll. (母が私に人形を作ってくれました。)

2. My mother made me happy. (母が私を幸せにしました。)

3. My mother made me what I am today.(母が今日の自分に育ててくれました。)

1の文は「me≠a doll」で me と a doll どちらの要素も動詞を修飾しているので第4文型(SVOO)です。さらに第4文型である1の文は、第3文型に書き換え可能です(My mother made a doll for me. )。

2の文は「me=happy」、3の文は「me=what I am today」の関係が成り立つので第5文型(SVOC)です。語順を変えて第3文型にすることはできません。

第3文型と第4文型の書き換え

高校英語文法 5文型の例文・見分け方・問題

第4文型は第3文型に書き換えが可能です。

主語+動詞+間接目的語+直接目的語(第4文型)

主語+動詞+直接目的語+<to/ for>間接目的語(第3文型)

間接目的語は人、直接目的語は物のことが多いです、間接目的語を後回しにする場合、つまり第3文型にするときは、to や for の前置詞が必要となります。

to を使う動詞give, teach, tell, show, lend など相手がいること前提の動詞

for を使う動詞buy, cook, make, sing, call(人のために~を呼ぶ)

※singはtoを使うこともあります。

書き換えの例

・He showed me the picture.

= He showed the picture to me.

・I cooked my brother breakfast.

= I cooked breakfast for my brother.

【問題編】5文型の見分け方・書き換え

高校英語文法 5文型の例文・見分け方・問題

問1 次の英文は第1文型~第5文型のどれになるか、答えましょう。(答えは▶をクリック)

(1) There were a lot of people in the park today.

▶答え

(2) He laid himself on the sofa.

▶答え

(3) He lay on the sofa.

▶答え

(4) My mother made a doll.

▶答え

(5) My mother made me a doll.

▶答え

(6) My mother made me happy.

▶答え

(7) I called him a taxi.

▶答え

(8) I called him George.

▶答え

問2 次の英文と同じ意味になるように、(      )内に適切な英語を入れましょう。(答えは▶をクリック)

(1) My father showed me the picture.

= My father showed the picture(      )me .

▼答え

(2) He bought me a new watch.

= He bought a new watch(      )me.

▼答え

(3) Could you call me a taxi?

=  Could you call a taxi(      )me ?

▼答え

まとめ

5文型の見分け方を例文とともに確認してきました。各基本文型のポイントを以下にまとめました。

・第1文型は「主語 (S)+動詞 (V)」

→ 動詞は完全自動詞、be動詞

・第2文型は「主語 (S)+動詞 (V)+補語 (C)」

→ S=C の関係、動詞はbe動詞・不完全自動詞(keep, get, turn, lookなど)

・第3文型は「主語 (S)+動詞 (V)+目的語 (O)」

→ 動詞は完全他動詞

・第4文型は「主語 (S)+動詞 (V)+目的語 (O)+目的語 (O)」

→ 第3文型に書き換え可能

・第5文型は「主語 (S)+動詞 (V)+目的語 (O)+補語 (C)」

→ O = C の関係