ポケット語学とスタディサプリを徹底比較!おすすめはどっち?【デメリットやおすすめな人もまとめてみた】

ポケット語学とスタディサプリを徹底比較!おすすめはどっち?【デメリットやおすすめな人もまとめてみた】

PR

スマホでの英会話学習にポケット語学とスタディサプリどちらが良いかご検討中ですか?

この記事ではポケット語学とスタディサプリの講座内容やレベル、レッスンの流れを比較しつつ、各ポイントでどっちがおすすめかを紹介。それぞれの気になるところ(デメリット)や各アプリがおすすめな人も、実際に両方のアプリを利用した筆者*が感想を交えつつまとめました。

よかったら英会話学習アプリ選びの参考にしてください。

*ポケット語学は執筆時で受講中、スタディサプリ新日常英会話は7日間の無料体験+アプリの無料コンテンツ、ビジネス英語はアプリで無料コンテンツを利用。

※スタディサプリENGLISHにはオンライン英会話つきのプランやTOEIC®コースもありますが、この記事では英会話アプリの比較のため新日常英会話コースとビジネス英語コースのベーシックプランを主に扱っています。

※この記事に記載の内容は2022年4月14日時点での情報をもとにまとめています。今後機能や仕様に変更があるかもしれません。最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
※この記事にはPRが含まれます。

ポケット語学とスタディサプリを徹底比較 【どっちがおすすめ?】

ポケット語学はNHK出版の英会話学習アプリ。NHK語学講座(ラジオ英会話、入門ビジネス英語、実践ビジネス英語)のテキストやCDが1つのアプリにまとまって収録されています。

2022年4月時点ではシーズン1から3まで収録されています(シーズン3は更新中)。

一方、スタディサプリENGLISHはリクルートの英語アプリ。英会話では新日常英会話コースとビジネス英語コースがあります。

ちなみにポケット語学もスタディサプリもWeb版(ブラウザ上)で利用することができます。スマホだと字が小さいという人はPCを使った方が見やすいです。

講座の内容を比較

ポケット
語学
スタディ
サプリ
  • 中学生の基礎英語レベル1/2
  • ラジオ英会話
  • 入門ビジネス英語
  • ラジオビジネス英語
  • 実践ビジネス英語
  • スペシャルコースで各講座の語句・フレーズ・リスニング・ディクテーションの強化
  • 新日常英会話コース
  • ビジネス英語コース
  • TOEICコース(英会話ではありません)
  • 英会話のコースはドラマ形式
  • コースごとで別料金

ポケット語学はNHK語学講座をそのままアプリに落とした内容、いかにも王道の英会話です。

中学生の基礎英語、ラジオ英会話、入門ビジネス英語、ラジオビジネス英語、実践ビジネス英語が1つのアプリにまとまってるので、1つの講座を選んでも複数の講座を並行して進めてもOK。

ポケット語学の講座内容

  • 中学生の基礎英語
  • ラジオ英会話は日常会話
  • 入門ビジネス英語はビジネスシーンで使う易しい英語
  • ラジオビジネス英語は実践的なビジネス英語
  • 実践ビジネス英語はビジネスシーン他で使えるハイレベルな英語

画面はいたってシンプルで、イラストも学習画面ではほとんど出てきません。英文が最初から表示されてますが、非表示にしてまずリスニングから勉強することもできます。

一方スタディサプリENGLISHは新日常英会話コースとビジネス英語コースに分かれています。

スタディサプリの講座内容

  • 新日常英会話コースはホテルコンシェルジュのナオが主人公。海外旅行やおもてなし英語が身につく。
  • ビジネス英語は電機メーカーで働くダイスケが主人公。さまざまなビジネスシーンに特化した英語が学べる。

ポケット語学とはだいぶ雰囲気が変わり、有名ドラマの脚本家が手掛けたストーリー仕立てに。レッスンごとに会話理解クイズやディクテーション、リード&ルックアップなどトレーニングのステップが多くなってます。

レッスン(ダイアログ)自体は長くはないのですが、恋ありハラハラドキドキあり?で続きが気になる作りになってます。シーンごとにイラストも変わって凝った作り。

NHK語学講座を使って勉強が続いた経験がある方、もともと英会話学習をしてるけど何か新しいものにトライしたい方はポケット語学、英語学習へのモチベを維持するため楽しく勉強したい、ストーリー性の高い教材、凝ってるアプリの方が良い方はスタディサプリがおすすめです。

料金を比較

ポケット
語学
スタディ
サプリ
月額 1,078円
12か月10,780円(月あたり約899円)
※7日間の無料体験つき
新日常英会話・・・月額 2,178円 6か月パック 11,748円(月あたり 1,958円) 12か月パック 20,856円(月あたり1,738円)
ビジネス英語・・・月額 3,278円 6か月パック 18,348円(月あたり 3,058円)12か月パック 32,736円(月あたり 2,728円)
※7日間の無料体験つき

※スタディサプリの料金はベーシックプランで公式サイトから申し込んだ場合の料金です。App Store/GooglePlay Storeでの購入だと新日常英会話月額2,500円、ビジネス英語月額3,700円になります。

スタディサプリはポケット語学と比べるとちょっとお高めですが、コンテンツのボリュームは多め。イラストも凝っています。

できるだけ安く、手ごろに始めたいならポケット語学、多少高くてもコンテンツのボリュームで選びたいならスタディサプリがおすすめです。

レベルを比較

ポケット
語学
スタディ
サプリ
中学生の基礎英語レベル1・・・A1
中学生の基礎英語レベル2・・・A1~2
ラジオ英会話、入門ビジネス英語・・・B1
ラジオビジネス英語・・・B1~C1
実践ビジネス英語・・・C1
初級~上級
TOEIC400/600/730/860

ポケット語学はCEFRで表しています。A1は中1~2、A2は中2~3レベル。B1は高校卒業、C1は上級レベルということになりますが、ポケット語学の入門ビジネス英語は易しめに感じました。

実践ビジネス英語はC1だけあり難易度高いですが、CEFRのC1レベルどころかB2レベルも怪しい筆者でも学べているので、中上級レベルの方でも大丈夫だと思います。

スタディサプリはいずれのコースも初級~上級対応ですが、筆者は新日常英会話コースよりビジネス英語コースの方が難しく感じました。

スタディサプリは英語学習から少し離れていた人でも使いやすい印象。とはいえさすがにレベル4(TOEIC860)は難しいです。ポケット語学の実践ビジネス英語は(特に語句が)難しいと思いますが、スタディサプリは最初から英文が表示されずリスニングからスタートします。こじゃれた作りしてますがなかなかのスパルタです。

最近英語学習から離れていて基礎から学びたいという方、高校英語レベルは大丈夫という方は、レベル面ではどちらでも大丈夫そう。CEFRのC1レベルを目指している方はポケット語学一択かと。

レッスンの流れを比較

ポケット語学はシンプル、スタディサプリは何度も1つのスキットを学びます。

ポケット語学は次のような流れで学習します。

  1. 会話文(聞く・話す)
  2. 解説(重要フレーズや文法、ミニ問題)
  3. テスト(会話文・解説の内容をチェック)

シンプルに3ステップ。テストで満点取れると星がたまり、★★★が溜まっていくのを見るとあぁ頑張ったなあとちょっと自己満足。

さらにキーフレーズ・単語力強化・語句解説・ディクテーションの分野ごとに英語力を強化できる「スペシャルコース」も用意されてます。

一方スタディサプリは次のようなレッスンの流れ。

  1. 会話理解クイズ(英文ナシでリスニング→いきなり問題)
  2. 単語・イディオムチェック
  3. ディクテーション(書き取り)
  4. 会話文チェック
  5. キーフレーズチェック(ネイティブ講師の解説授業)
  6. リード&ルックアップ(AIによる発音評価)
  7. 瞬間発話プラクティス(キーフレーズの応用)

1つのレッスンで「エッこんなに?」というぐらいスキットの内容を学ぶ機会が多いです。

ちなみに筆者の場合はポケット語学でもスタディサプリでも、1回のレッスンにかかる時間あまり変わらないです。ポケット語学ではシャドーイングと英訳作業に時間かけるため。

6のAIによる発音評価は後から追加された機能。割とちゃんと聞き取ってくれます。(全文ではありません。)

レッスンのレベルより英語力が高い人は全部やるとかえって効率悪く感じますが、途中スキップすることもできます。上のステップで1と4と5だけ進めてもOK。

その他にも復習を促すシステムやこれまでのがんばりを見える化する学習管理画面を採用するなど、小中高生にも学習アプリを提供してるだけあって学習へのモチベを維持させようとする工夫が徹底されています。

アプリさえあればあとは自分で工夫して勉強できるという人はポケット語学、しっかり勉強したい(勉強する仕組みがあった方がいい)という人はスタディサプリがおすすめです。

ポケット語学とスタディサプリの気になるところ(デメリット)

ポケット語学は少し前の語学講座の内容が収録されているので、すでに放送で学習し内容もマスター済み・・・という方には合わないでしょう。旬の英語を学びたい方はアプリより今の講座を受講するのがおすすめ。

なお筆者の場合語学講座は「挫折間違いなし」と敬遠してましたが、「アプリ」になると俄然やる気が出るタイプなのでポケット語学の内容も新鮮に感じつつ、継続受講しています。(B2レベルも怪しい英語力ですが)楽しく英語学習できています。

一方スタディサプリは料金がやや高めなのが気になるところ。特にビジネス英語は月額 3,278円、年間一括払いだと3万円以上するので、月額 1,078円のポケット語学と比べハードルが高く感じられるかもしれません。

ただしスタディサプリは料金が高い分、教材のボリュームと利用者を英語学習に向かわせる強制力が高いと思います。

あと「会話文」の画面で比較したとき、ポケット語学(会話文)の英文よりスタディサプリの文字が小さいです。(PCやタブレットなら文字が小さいストレスは感じにくいかと思います。)

ポケット語学はこんな人におすすめ

ポケット語学は次のような方におすすめです。

  • 中級から上級レベルにアップしたい
  • 英語の学び直しをしたい
  • 過去の語学講座を聞きたい
  • テキストでの学習で挫折した
  • 自分流の学習スタイルで勉強したい
  • 質の高い教材をアプリでコスパ良く利用したい

ポケット語学は公式サイトからのお申し込みで7日間の無料体験が利用できます。無料期間内に解約すれば費用がかかりません。

PR

ポケット語学

  • NHKの語学講座6種が勉強し放題
  • 英語初級者から上級者まで
  • 月額 1,078円
  • 7日間の無料体験あり

⇒ポケット語学のレビューはコチラの記事で紹介

スタディサプリはこんな人におすすめ

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース・ビジネス英語コースベーシックプラン)は次のような方におすすめです。

  • 英会話初級~中上級者(中学レベルの学び直しにも対応)
  • 楽しいストーリーで勉強したい
  • 無料の学習アプリを入れても続かなかった
  • 学習管理をアプリにお任せしたい
  • 効果的な英語学習をアプリで完結したい

スタディサプリも公式サイトから初回お申込みで7日間の無料体験が利用できます。無料期間内に解約すれば費用がかかりません。

PR

スタディサプリENGLISH
新日常英会話コース

ベーシックプラン

  • おもてなし英語や海外旅行が学べる
  • ドラマ形式で楽しく日常会話
  • 月額2,178円
  • 7日間無料体験つき
スタディサプリENGLISH
ビジネス英語コース

ベーシックプラン

  • ビジネス英語で使えるフレーズ
  • 下町ロケット脚本家作のストーリー
  • 月額 3,278円
  • 7日間の無料体験つき

⇒スタディサプリ新日常英会話コースの詳細はコチラ

⇒スタディサプリビジネス英語コースの詳細はコチラ

まとめ

ポケット語学とスタディサプリENGLISHの2つの英会話アプリを比較してきました。

個人的にはどちらも良いアプリなのでおすすめですが、ある程度力がある方はポケット語学の方がコスパ面でも良いかなと思います。プラス英字新聞などでリーディング対策もすればさらに力をつけられそう。筆者もまだまだ英語修行中の身ですがアプリを使い倒して引き続き頑張りたいと思います。

今回の記事が英会話アプリ選びのお役に立てたら幸いです。