【古典文法】係助詞の意味一覧と「係り結び」まとめと問題

【古典文法】係助詞の意味一覧と「係り結び」まとめと問題

高校古文の文法で学習する係助詞「は・も・ぞ・なむ・こそ・や・やは・か・かは」の意味・はたらきの意味一覧、「係り結びの法則」に関するまとめと問題です。

係助詞にはどのような意味やはたらきがあり、それぞれどのような語(活用形)が結びの語になるのか、係助詞を使った例文、係り結びと結びの省略、結びの流れについて確認します。

スポンサーリンク

古典文法 係助詞の意味・はたらきと一覧

係助詞のはたらき、各係助詞の結びの語と主な意味・はたらきを一覧で見ていきます。

係助詞のはたらきと結びの語

係助詞は体言他さまざまな語についてある意味を添えるもので、下の活用語に一定の結び方を求めます。係助詞とともに用いられる下の活用語を結びの語といい、文末が連体形・已然形になる係助詞と文末の結び方の関係を係り結びといいます。

係助詞の意味、文末の活用形一覧表

係助詞「は・も・ぞ・なむ・こそ・や・やは・か・かは」の主な意味・はたらき、文末の活用形を示した一覧表です。

係助詞 主な意味とはたらきと文末の活用形
他との区別・強調「~は」

文末は終止形

並列「~も」

同類のもの「~も」

強意「~も」

文末は終止形

なむ

強意

文末は連体形

こそ 強意

文末は已然形

やは

かは

疑問「~か」

反語「~であろうか、いや~でない」

文末は連体形

係助詞 結びによる分類

係助詞の結びの活用形は係助詞によって違い、終止形、連体形、已然形で結ぶものに分けられます。

文末を終止形で結ぶ係助詞 … は、も

文末を連体で結ぶ係助詞 …ぞ、なむ、や、やは、か、かは

文末を已然形で結ぶ係助詞 … こそ

スポンサーリンク

古典文法 係助詞の意味と例文

古文の係助詞の意味と例文を見ていきます。

古文係助詞「は」の意味と例文

古文の係助詞「は」の文末は終止形で結び、次のような意味・はたらきがあります。

他との区別・強調「~は」

文末に「は」があるときは終助詞として使われていることが多いです。

他との区別・強調

月のころさらなり。【枕草子】

(月の頃言うまでもない。)

古文係助詞「も」意味と例文

係助詞「も」の文末は終止形で結び、次のような意味・はたらきがあります。

並列「~も」

同類のもの「~も、~もまた」

強意「~も」

並列

恥ぢかはしてありけれど、男はこの女をこそ得めと思ふ。【伊勢物語】

(男恥ずかしがっていたけれど、男はこの女こそ妻にしようと思っている。)

同類のもの

炭もて渡る、いとつきづきし。【枕草子】

(炭を持って渡るのもまた、たいそう似つかわしい。)

強意

限りなく遠く来にけるかな、【伊勢物語】

(ずいぶんと遠くへ来たものだなあ)

古文係助詞「ぞ・なむ」意味と例文

古文の係助詞「ぞ・なむ」はの文末は連体形で結び、次のような意味・はたらきがあります。

強意「~は特に」(訳さないことが多い)

文末に「ぞ」があるときは終助詞として使われていることが多いです。

強意

もと光る竹なむ一筋ありける。【竹取物語】

(根元が光る竹が一本あった。)

声聞くとき秋は悲しき【古今和歌集 (猿丸太夫)】

(声を聞くときは特に、秋は悲しく思われる)

古文係助詞「こそ」意味と例文

古文の係助詞「こそ」の文末は已然形で結び、次のような意味・はたらきがあります。

強意「~は特に」(訳さないことが多い)

強意

男はこの女をこそ得めと思ふ。【伊勢物語】

(男はこの女こそ妻にしようと思っている。)

古文係助詞「や・やは・か・かは」意味と例文

古文の係助詞「や・やは・か・かは」の文末は連体形で結び、次のような意味・はたらきがあります。

疑問「~か」

反語「~であろうか、いや~でない」

なお文中に「や」があり、詠嘆の意味で使われているときは間投助詞、文末に「か」があり、詠嘆の意味で使われているときは終助詞です。

疑問

いづれの山天に近しき【竹取物語】

(どの山が天に近いのか。)

遊びをせむと生まれけむ【梁塵秘抄】

(遊びをしようとして生まれて来たのだろう。)

反語

特に「やは」「かは」は反語として使われている例がよく見られます。

春の夜の闇はあやなし梅の花 色こそ見えね香やはかくるる【古今和歌集 (凡河内躬恒)】

(春の夜の闇はわけのわからないことをする 梅の花は色こそ見えないが、香りは隠れるものだろうかいや隠れない。)

【係助詞の連語】もぞ・もこそ

係助詞の「も」に、係助詞「ぞ」「こそ」が続いた「もぞ・もこそ」はそれぞれ連体形、已然形で結び、次のような意味・はたらきがあります。

危惧・心配「~したら大変だ」

危惧・心配

雨も降る。【徒然草】

(雨が降ったら大変だ。)

烏などもこそ見つくれ。【枕草子】

(烏などが見つけたら大変だ。)

古典文法 係助詞と係り結び

係り結びとは係助詞と特定の文末表現が結びついて、強調や疑問・反語を表します。

強調 → ぞ、なむ+連体形、こそ+已然形

疑問・反語 → や、やは、か、かは+連体形

係り結びの省略

係り結びの結びの語が省略されることがあります。

よく省略される語句

言ふ、思ふ、聞く、あり、なり…など

係り結び省略の例文

これなむ都鳥。(伊勢物語)

「都鳥」の後に「なる」(断定の助動詞「なり」の連体形)が省略されています。

この殿の御心、さばかりにこそ。【徒然草】

「こそ」の後に「あらめ」(「め」は推量の助動詞「む」の已然形)が、省略されています。

係り結びの省略(消滅)

結びの語があるのに接続助詞などがついて文が完結せず、係り結びが成立しないとき、結びの省略、または結びの消滅といいます。

係り結びの省略(消滅)の例文

宮より出でたまひけれ、【源氏物語】
(宮中からおでかけになっていたので、)

「ぞ」は連体形が続くはずなのに、順接の確定条件で結びの語が已然形になっています。

それはさこそらめども、【徒然草】

係助詞「こそ」の結びの語が已然形にはなっていますが、「ども」の前だから已然形になっており、文が完結していません。

【問題編】古典文法係助詞の確認問題

問 次の(    )内に入る語をア~ウから選びましょう。

(1) もと光る竹なむ一筋あり(    )。

ア けり

イ ける

ウ けれ

▼答え

(2) 声聞くときぞ秋は(    )

ア 悲しき

イ 悲し

ウ 悲しけれ

▼答え

(3) 男はこの女をこそ(    )と思ふ。

ア 得

イ 得む

ウ 得め

▼答え

(4) 遊びをせむとや生まれ(    )

ア けり

イ けむ

ウ けめ

▼答え

(5) 香やは(    )

ア かくれ

イ かくる

ウ かくるる

▼答え

(6) 烏などもこそ(    )。

ア 見つくれ

イ 見つくる

ウ 見つけれ

▼答え

(7) 宮よりぞ出でたまひ(    )ば、(訳:宮中からおでかけになっていたので、)

ア けり

イ ける

ウ けれ

▼答え

 

twitter問題の答え

(    )に入るのは?

遊びをせむとや生まれ(    )【梁塵秘抄】

ア けり

イ けむ

ウ けめ

正解はです。

その他の古典文法についての記事はコチラから

国語カテゴリの最新記事