古典文法 助動詞「る」「らる」まとめと問題

古典文法 助動詞「る」「らる」まとめと問題

今回は古文の受身・尊敬・可能・自発の助動詞、「る」「らる」に関するまとめと問題です。

「る」「らる」の活用表と接続、活用の例、4つの意味と見分け方について確認します。

「る」「らる」はいずれも同じ意味で活用の型も同じですが、接続する活用語に違いがあります。

スポンサーリンク

受身・尊敬・可能・自発の助動詞「る」「らる」

古典文法 助動詞「る」「らる」まとめと問題

受身・尊敬・可能・自発の助動詞「る」「らる」の活用や意味を確認していきましょう。

「る」「らる」の活用表

助動詞「る」「らる」の活用表です。未然形は「ず/む/ば」、連用形は「き/けり/て」、連体形は体言、已然形は「ども/ば」に続く形です。

るる るれ れよ
らる られ られ らる らるる らるれ られよ
どちらも下二段型の活用です。可能と自発の意味で用いられるときは、命令形はありません。

「る」「らる」の接続の違い

助動詞「る」「らる」はいずれもは動詞の未然形に接続しますが、接続する動詞に違いがあります。

四段・ナ変・ラ変動詞の未然形に接続

らる上一/二段・下一/二段・カ変・サ変動詞の未然形に接続

「る」は四段、ナ変、ラ変動詞の未然形に接続し、「らる」はそれ以外の動詞の未然形に接続します。未然形がア段になるものは「る」に接続すると覚えておけば良いでしょう。(未然形がア段になっているところを赤字にしました)

乗る(四段)→ 乗

着る(上一段)→ 着らる

起く(上二段)→ 起きらる

蹴る(下一段)→ 蹴らる

ほめる(下二段)→ ほめらる

く(カ変)→ こらる

す(サ変)→ せらる

往ぬ(ナ変)→ 往

あり(ラ変)→ あ

「る」「らる」の接続・活用の例

「る」「らる」の接続・活用例をそれぞれ確認してみましょう。

・乗る+る+ず → 乗らず(未然形)

・起く+らる+ず → 起きられず(未然形)

・乗る+る+けり → 乗らけり(連用形)

・起く+らる+けり → 起きられけり(連用形)

・あり+る [言い切り] → あら(終止形)

・す+らる [言い切り] → せらる(終止形)

・往ぬ+らる+とき → 往なるるとき(連体形)

・捨つ+らる+もの → 捨つらるるもの(連体形)

・あり+る+ば [確定条件] → あらば(已然形)

・捨つ+らる+ば [確定条件] → 捨てられれば(已然形)

・乗る+る → 乗られよ(命令形)

・起く+らる+よ → 起きられよ(命令形)

「る」「らる」の意味と見分け方

助動詞「る」「らる」には受身・尊敬・可能・自発の意味があります。

・受身「~れる、られる」前に「~に」が置かれていることが多い

・尊敬「お~になる」主語に身分の高い人があるとき(「~れ給ふ、~られ給ふ」は例外)

・可能「~できる」(平安時代まで)打消しや反語表現とともに用いる

・自発「自然と~される、~せずにいられない」心情に関わる動詞が使われることが多い

「る」「らる」の前に「~に」が前に使われていると、受身の意味で用いられていることが多いです。ただし「~に」が使われないこともあります。

人にほめらる(人にほめられる)

「る」「らる」が尊敬の意味で使われるのは、身分の高い人の動作のとき、物語の中で筆者が敬意を表している場合、その登場人物の動作のときでも使われます。

・おほせらる(仰せらる)→ 尊敬

・~たまふ、られたまふ → 受身・可能・自発のどれか

「る」「らる」が打消し、反語表現とともに使われているときは、可能の意味であることが多いです。ただし中世以降は打消しや反語表現を使わなくても、可能の意味でも使われています。

言はず(言えない、言うことができない)

自発は「思ふ」「覚ゆ」「知る」「見る」「泣く」など、思い、感覚、感情に関わる動詞とともに使われることが多いです。

思は([自然と]思われる)

覚えらる([自然と]思われる)

スポンサーリンク

【問題編】助動詞「る」「らる」の活用・意味

古典文法 助動詞「る」「らる」まとめと問題

問1 助動詞「る」「らる」の活用表を完成させましょう。(答えは▼をクリックして見られます)

例語 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形

るる

るれ

れよ

らる

られ

られ

らる

らる

らるれ

られよ

問2 次のア、イの動詞と助動詞「る」「らる」の接続が正しい方を記号で選びましょう。(答えは▼をクリックして見られます)

(1) ア 乗らる

イ 乗ららる

解答を見る

(2) ア 起きる

イ 起きらる

解答を見る

(3) ア 来る

イ 来らる

解答を見る

(4) ア あらる

イ あららる

解答を見る

(5) ア せる

イ せらる

解答を見る

問3 次のア~ウの下線部の助動詞で、尊敬の意味で用いられているのはどれか答えましょう。(答えは▼をクリックして見られます)

ア 人にほめらる

イ 仰せらる

ウ 乗せられたまふ

解答を見る

問4 次のア~ウの下線部の助動詞で、可能の意味で用いられているのはどれか答えましょう。(答えは▼をクリックして見られます)

ア 人にほめらる

イ 仰せらる

ウ 言は

解答を見る

まとめ

・助動詞「る」の活用は「る、れ、れ、る、るる、るれ、れよ」

・助動詞「らる」の活用は「らる、られ、られ、らる、らるる、らるれ、られよ」

・「る」「らる」はいずれも活用語の未然形に接続するが、四段・ナ変・ラ変(未然形末尾がア段になるもの)動詞は「る」に、その他は「らる」に接続

・「る」「らる」の意味は受身・尊敬・可能・自発

・「~に」が前にあると「受身」、主語が身分の高い人なら「尊敬」(~れ給ふ、~られ給ふは他の意味)、打消しの語と使われていれば「可能」、知覚・感覚動詞と使われていれば「自発」… 例外もあります