高校古典 よく出る重要古文単語【形容詞一覧】

高校古典 よく出る重要古文単語【形容詞一覧】

高校の教科書、大学入試などでよく出る古語の中でも、特に重要な形容詞についてまとめました。

重要な古文単語の形容詞とその意味を五十音順に紹介、特に意味を間違えやすい形容詞についても確認します。

スポンサーリンク

重要古文単語 形容詞(五十音順)

高校古典 古文でよく出る重要古語【形容詞】

五十音順に古語の中でも重要な形容詞を紹介します。(重要度は独自に設定。参考:Weblio古語辞典古語辞典)

重要古語【形容詞】あ行

 

重要度 古語 主な意味
あいなし 不快だ
つまらない
不似合いだ
★★ あさまし 驚くばかりだ
興ざめだ
ひどい
みっともない
★★ あたらし もったいない(惜し)
新しい
★★ あぢきなし 思うようにならない
つまらない
苦々しい
はかない
★★ あやし (怪し)
不思議だ
変だ
もの珍しい
はなはだしい
(賤し)
身分が低い
みっともない
あやなし 道理に合わない
つまらない
★★★ あらまほし あってほしい
望ましい
★★★ ありがたし めずらしい
めったにないほど優れた
生きにくい
★★★ いとほし 気の毒だ
かわいい
いやだ
★★★ いはけなし 幼い
あどけない
いぶせし うっとうしい
気がかりだ
いまいまし 慎むべきだ
不吉だ
憎らしい
いまめかし 現代風だ
わざとらしい
★★ いみじ はなはだしい
すばらしい
ひどい
うし つらい
嫌だ
恨めしい
★★ うしろめたし 先が気がかりだ(⇔うしろやすし)
うしろめたい
うしろやすし 先が安心だ
気安い
うたてし がっかりだ
気の毒だ
★★★ うつくし いとしい
かわいい
美しい
りっぱだ
★★ うるはし 立派だ
きちんとしている
堅苦しい
えうなし 役に立たない
★★ おとなし 大人っぽい
思慮深い
穏やかだ
おどろおどろし おおげさだ
気味が悪い
おほけなし 身のほど知らずだ
おそれ多い
★★★ おぼつかなし ぼんやりしている
気がかりだ
疑わしい
おもしろし 趣がある
興味深い
珍しい

重要古語【形容詞】か~さ行

重要度 古語 主な意味
★★ かぎりなし 果てしない
はなはだしい
この上ない
★★ かごとがまし いかにも恨みがましい
★★ かしこし (畏し)
恐れ多い
恐ろしい
身分が高い
(賢し)
賢い
立派だ
かたし (固し)
固い
厳しい
(難し)
難しい
めったにない
かたじけなし 恐れ多い
面目ない
もったいない
★★ かたはらいたし きまりが悪い
腹立たしい
気の毒だ
★★★ かなし (愛し)
いとしい
すばらしい
(悲し)
悲しい
かわいそうだ
からし つらい
塩辛い
いやだ
危うい
★★ くちをし 残念だ
不本意だ
情けない
★★ 心憂し 情けない
不快だ
★★ 心苦し かわいそうだ
心苦しい
★★ 心づきなし 気にくわない
心なし 思いやりがない
風流心がない
無分別だ
★★★ 心にくし 奥ゆかしい
恐ろしい
怪しい
★★★ 心もとなし じれったい
気がかりだ
ぼんやりしている
心安し 安心だ
気安い
易しい
こちたし わずらわしい
はなはだしい
仰々しい
こちなし ぶしつけだ
風流心がない
ことごとし 仰々しい
★★★ さうざうし 物足りない
心寂しい
★★ さうなし 左右なし・・・
決着がつかない
あれこれ考えるまでもない
双なし・・・
比べるものがない
★★ さかし 賢い
しっかりした
気が利く
こざかしい
さがなし 意地悪だ
口うるさい
やんちゃだ
しどけなし くつろいでいる
だらしない
★★ しるし はっきりわかる
~のとおりだ
★★ すきずきし 好色だ
物好きだ
風流だ
★★ すごし 気味が悪い
もの寂しい
殺風景だ
ぞっとするほどすばらしい
★★★ すさまじ 興ざめだ
情趣がない
冷たい
ひどい

重要古語【形容詞】た~ま行

重要度 古語 主な意味
★★ たいだいし 不都合だ
★★★ つきづきし 似つかわしい
★★ つらし 薄情だ
つらい
★★ つれなし 平然としている
薄情だ
ままならない
何事もない
★★ ところせし 余地がない
きゅうくつだ
大げさだ
堂々としている
★★ と(疾)し 早い
速い
★★★ なつかし 心がひかれる
昔が思い出される
★★ なまめかし 若々しい
優美だ
色っぽい
★★ なめし 無礼だ
なやまし 難儀だ
気分が悪い
はかばかし はきはきしている
頼りになる
本格的だ
はかなし 頼りない
ちょっとしたこだ
幼い
取るに足りない
はしたなし 不似合いだ
きまりが悪い
無愛想だ
★★★ はづかし 気づまりだ
こちらが気恥しくなるほど立派だ
★★ ひがひがし ひねくれている
みっともない
ふつうでない
★★ びんなし 具合が悪い
感心できない
ほいなし 不本意だ
残念だ
まさなし よくない
不都合だ
まめまめし まじめだ
実用的だ
★★ むつかし 見苦しい
めんどうだ
不快だ
★★★ めざまし 気にくわない
思いのほかすばらしい
★★ めづらし すばらしい
見慣れない
新鮮だ
★★★ めでたし すばらしい
喜ばしい
★★ めやすし 見た目に感じがよい
ものうし なんとなくおっくうだ
つらい
ものぐるほし 狂おしい気持ちだ

重要古語【形容詞】や~わ行

重要度 古語 主な意味
★★★ やさし つらい
気恥しい
慎み深い
優美だ
★★★ やむごとなし 並大抵でない
特別だ
高貴だ
★★★ ゆかし 見たい
聞きたい
知りたい
心がひかれる
★★ ゆくりなし 思いがけない
★★ ゆゆし おそれ多い
不吉だ
はなはだしい
★★ よし 立派だ
美しい
すぐれている
高貴だ
よろし まずまずだ
好ましい
ふさわしい
ありふれた
よしなし 理由がない
方法がない
つまらない
★★ らうたし かわいらしい
★★ わびし つらい
興ざめだ
★★ わりなし むやみやたらだ
たまらなくつらい
どうしようもない
わろし 好ましくない
みっともない
つたない
★★★ をかし 趣がある
心がひかれる
こっけいだ
美しい

▼古文形容詞の活用はコチラ

参考:古典文法 形容詞のク活用・シク活用まとめと問題

スポンサーリンク

間違えやすい古語の形容詞

高校古典 古文でよく出る重要古語【形容詞】

間違えやすい古語の形容詞をまとめました。形容詞には現代ではあまり使われなくなった、意外な意味を持つものも多いので注意しましょう。

あやし

あやし」には「怪し」と「賤し」があり、「不思議だ、珍しい」以外に「身分が低い、みっともない」の意味もあります。

ありがたし

ありがたし」は現代語の「ありがたい」と近いですが、古文では「めずらしい、生きにくい」などの意味で用いられています。

いとほし

いとほし」は現代語の「いとおしい」を連想させますが、「気の毒だ、いやだ」という意味もあります。

いまいまし

いまいまし」は現代語の「忌々しい」の意味でも用いられましたが、「慎むべきだ」の意味もあります。

うしろめたし

うしろめたし」は「後ろめたい」の意味もありますが、「先が気がかりだ」という意味でも用いられています。

うつくし

古文で「うつくし」は美しいの意味でも使われていますが、「かわいい」の意味でも使われます。

いとうつくしうてゐたり(たいそうかわいらしい様子ですわっていました。)[出典:竹取物語]

「かわいらしい」の意味がある古語に「らうたし」もあります。

うるはし

うるはし」は「麗しい」から「きれい、美しい」という意味を連想させますが、「立派だ、きちんとしている、堅苦しい」という意味で使われています。

おとなし

おとなし」は「おとなしい、物静かだ」という意味を連想しやすいですが、「大人っぽい、分別のある」という意味で使われています。

さうざうし

さうざうし」は「騒々しい」ではなく、「物足りない、心寂しい」の意味で使われています。

なまめかし

なまめかし」は「色っぽい、なまめかしい」の意味以外に、「若々しい、優美だ」の意味でも使われました。

なつかし

なつかし」は昔を思い出して心がひかれる「懐かしい」の意味でも用いられましたが、昔のことを思い出さなくても「心がひかれる、好ましい」という意味でも使われていました。

はずかし

「はずかし」は「恥ずかしい」という意味もありますが、こちらが気恥しくなるほどに相手が「すばらしい、立派だ」というときにも使われました。

をかし

源氏物語の「あはれなり」と枕草子の「をかし」はよく比較して説明されています。

をかし」は現代のように「面白い、こっけいだ」という意味でも使われましたが、「趣がある、風情がある」という意味でよく用いられています。「美しい」の意味でも使われることがありました。

まとめ

特に重要と思われる形容詞を紹介しました。どこかで聞いたことがある…というものも多いと思われます。

「さうざうし」「なまめかし」「うつくし」などの古語のように、意外な意味を持つものもあるので注意しましょう。