中学国語文法 丁寧の助動詞「ます」活用と接続・問題

中学国語文法 丁寧の助動詞「ます」活用と接続・問題

今回は丁寧の助動詞「ます」について学習します。「ます」の活用表、活用形、接続のしかた、「です」との使い分けに関する説明あり。練習問題で助動詞「ます」をマスターしましょう。

スポンサーリンク

助動詞「ます」の意味

助動詞「ます」

助動詞「ます」は丁寧の意味で、丁寧な気持ちを示したいときに使われます。文の末尾を「です・ます」にすることを「です・ます」調といい、「だ・である」調より丁寧に書きたいとき、言いたいときに利用されます。

私は英会話スクールに通っている。→ 私は英会話スクールに通っています。(「ます」を使ったほうが丁寧な言い方になる)

「ます」と「です」の使い分けは?

次の章でも触れますが、「ます」は動詞や一部の助動詞の連用形に接続します。「です」は体言、形容動詞や一部の助動詞の語幹などに、未然形は動詞にも接続します。

今日はパスタを食べます。/こちらが今日の食事です

よく本を読みます。/趣味は読書です

静かにします。/静かです

食べましょう。/食べるでしょう。

>>「です」の接続について詳しく知りたい方はコチラの記事を

スポンサーリンク

助動詞「ます」の活用表・活用形

助動詞「ます」

「ます」活用表

未然形

~ん・う

連用形

~た

終止形 連体形

~とき

仮定形

~ば

命令形
ます ませ

ましょ

まし ます ます ますれ ませ

まし

助動詞「ます」は特殊な活用をします。各活用形を使った例を見てみましょう。

・彼は今ここにはいません。(未然形)

・私が現場に行きましょう。(未然形)

・昨年アメリカに留学していました。(連用形)

・毎週そのプールで泳いでいます。(終止形)

・連絡しますので、お待ちください。(連体形)

・承りますれば、営業部長にご昇進されたとのこと。(仮定形)

・いらっしゃいませ。(命令形)

・ご覧なさいまし。(命令形)

仮定形は話し言葉ではあまり使われません。「承りますれば」は手紙の挨拶などで使われます。

命令形は相手に丁寧に依頼したり、挨拶するときにも使われます。(「ごめんくださいませ」も挨拶で使われます。)命令形は頻繁に使われるわけではなく、尊敬語と一緒に使われます。

助動詞「ます」の接続

助動詞「ます」

「ます」は動詞の連用形動詞型活用をする助動詞(せる・させる・れる・られる・たがる)に接続します。

・ご飯を食べます。(動詞「食べる」連用形+「ます」終止形)

・毎日は走りません。(動詞「走る」連用形+「ます」未然形)

・お許しくださいませ。(動詞「くださる」連用形+「ます」命令形)

・彼の話は信じられません。(助動詞「られる」連用形+「ます」未然形)

・もう通わません。(助動詞「せる」連用形+「ます」未然形)

命令形は尊敬語に使われる動詞とともに使われますが、「いらっしゃる・くださる・なさる」などの語は命令形「ませ」に接続すると「いらっしゃり → いらっしゃ」「くださり → くださ」「なさり → なさ」のようにイ音便になります。

>>音便について知りたい方はコチラの記事を!

【問題編】助動詞「ます」の練習問題

助動詞「ます」

問1 下線部の助動詞「ます」の活用形を答えなさい。

(1) ここに座りましょう。

答えを確認

(2) 私はパンはあまり食べません。

答えを確認

(3) こちらをお読みくださいませ

答えを確認

(4) 準備はできましたか。

答えを確認

(5) おいでください<strong>まし

答えを確認

(6) ご迷惑になりますので、携帯・スマートフォンの電源をお切りください。

答えを確認

(7) 事情を察しますれば、仕方のないことと存じます。

答えを確認

問2 次の文を丁寧語に書き直しなさい。

(1) 新しくできたお店に行ってみた。

答えを確認

(2) 今夜、サッカーの試合がある。

答えを確認

(3) 彼に手紙を書こう。

答えを確認

(4) もうすぐ8時になる。

答えを確認

まとめ

丁寧の助動詞「ます」について見てきました。

作文や人前で発表するときなど、丁寧な言葉で伝えたいときに特に未然形・連用形・終止形は頻繁に使っていますね。連体形も使いますが、体言と合わせて使う機会があまりないようです。

仮定形もまれに使われていますが、「~ますれば」という表現は話し言葉ではあまり使われていません。

命令形は基本的に敬語とセットで使います。「いらっしゃいませ」の「ませ」も命令形です。

国語カテゴリの最新記事