中学国文法 形容動詞の性質と活用 まとめと問題

中学国文法 形容動詞の性質と活用 まとめと問題

今回は用言の一つである「形容動詞」について学習します。形容動詞の性質や一覧、活用、形容動詞と紛らわしい語(形容詞、助動詞など)との区別の仕方についても解説します。

  • 「形容動詞ってどんなのがあるの?」
  • 「形容動詞と形容詞との区別がつかない」
  • 「これって形容動詞なの?」
  • 「『こんな』『同じ』も形容動詞?」

という人におすすめの内容となっています。

スポンサーリンク

形容動詞とは

形容動詞には次のような性質があります。

・性質や状態を表す。

・活用する自立語である。

・単独で述語になる(用言)。

・「~だ」で言い切る。

形容動詞は形容詞とよく似ていますが、「~だ」で言い切るのが特徴です。元気だ、穏やかだ、勇敢(ゆうかん)だ、などのような語が形容動詞があります。

なお、「~です」も丁寧な表現の形容動詞ということもあります。(静かです、穏やかです、など)

形容動詞一覧

形容動詞は「~だ」で終わります。下のような形容動詞があります。

真っ黒だ・真っ白だ・真っ赤だ・鮮やかだ・カラフルだ
薄っぺらだ・肉厚だ・ギザギザだ
性格 真面目だ・厳格だ・穏やかだ・活発だ・はななげだ・ルーズだ・素直だ・気さくだ
性質 簡潔だ・柔軟だ・現実的だ・義務的だ・貴重だ・にぎやかだ
程度 甚大だ・豊かだ・手狭だ・同じだ
感情 気楽だ・気軽だ・否定的だ・晴れやかだ・さわやかだ
指示語 こんなだ・そんなだ・あんなだ・どんなだ

こんな・同じは形容動詞?

「こんな・そんな・あんな・どんな」「同じ」は体言に続けて使われますが、「こんなだ・そんなだ・あんなだ・どんなだ」「同じだ」が元の形である形容動詞に分類されます。(活用については後ほど説明)

※これらは連体詞に分類されることもあります。
連体詞…活用しない自立語で体言を修飾する。大きな、わが、この、あの…などが連体詞。

好き・きれいは形容動詞?

英語の like は動詞ですが、日本語の「好き」は形容動詞(「好きだ」の語幹)になります。英語の beautiful は形容詞ですが、日本語の「きれい」は形容動詞(「きれいだ」の語幹)になります。

スポンサーリンク

形容動詞の働き

中学国文法 形容動詞の特徴・活用・問題

形容動詞は述語になるだけでなく、体言や用言を修飾します。

述語になる …(例)彼はいつも元気だ

体言を修飾する …(例)元気な少年だ。→ 少年という体言を修飾している

用言を修飾する …(例)元気に登校した。→ 登校した(登校するという用言)を修飾している

※「元気な」は「元気だ」の連体形、「元気に」は連用形です。

さらに助詞を補うことで主語や接続語にもなります。

主語になる… (例)謙虚なのが彼女の良いところだ。

接続語になる… (例)彼女は謙虚だが、芯が通っている。

形容動詞の語幹用法

「きれい~」「元気!」と会話で形容動詞を語幹で言い切り、「だ」抜きで表すことがあります。これを形容動詞の語幹用法といいます。

形容動詞の活用

形容動詞活用表

基本形 (語幹) 未然形
-ない・う
連用形
ーた・ある・なる
終止形 連体形
ーとき
仮定形
ーば
命令形
元気だ 元気 だろ だっ

なら

形容動詞に命令形はありません。

各活用形の例を見てみましょう。

・おそらく彼はいつも穏やかだろう。(未然形)

・教室の中は静かだった。(連用形)

・波は穏やかであった。(連用形)

・きっとにぎやかになるだろう。(連用形)

・今日も元気だ。(終止形)

鮮やかな色が気に入りました。(連体形)

・もっと静かなら(ば)集中できるんですが。(仮定形)

※「元気です」は形容動詞の語幹に助動詞「です」が接続した形とも考えられますが、一つの形容動詞ともされています。「です」型の形容動詞の活用は以下のとおりです。

形容動詞「~です」活用表

基本形 (語幹) 未然形
-う
連用形
ーた
終止形 連体形
ーので
仮定形 命令形
元気です 元気 でしょ でし です です

こんなだ・そんなだ・あんなだ・どんなだ

「こんなだ・そんなだ・あんなだ・どんなだ」は体言を修飾するとき「こんな・そんな・あんな・どんな」という形になります。

形容詞の連体形は(「~です」を除き)ふつう「な」で終わりますが、これらの連体形は「こんな」と語幹のみになります。(「こんなだ」の語尾を「な」にしてしまうと「こんなな」になってしまいます。)

ただし「ので」「のに」などの助詞に続けるときは「な」がつけられます。

  • こんなことってあるんだ。
  • 状況がこんななので、とても外には出られない。

同じだ

「同じ」も形容動詞「同じだ」の連体形です。体言に続くときに「な」はふつうつきませんが、助詞に続けるときは「な」がつけられます。

  • 彼と僕は同じ服を着ていた。(「同じな服」とは言わない)
  • 同じなのにどうしてこうも違うのよ。

形容動詞と紛らわしい語

中学国文法 形容動詞の特徴・活用・問題

形容動詞と紛らわしい語と、見分け方についても確認してみましょう。

形容詞との違い・見分け方

形容詞と形容動詞はどちらも同じような働きをします。ただし形容詞は「~い」で、形容動詞は「~だ」が言い切りの形になります。

  • 優しい人 → 言い切りの形(終止形)が「優しい」なので形容詞
  • 親切な人 → 言い切りの形(終止形)が「親切だ」なので形容動詞

上の例文のように体言に続くとき、形容動詞は「~な」になるのが特徴です。

「好き」「きれい」は形容動詞であることはすでに説明しましたが、「好きな人」「きれいな人」と体言の前では「~な」になります。

助動詞との違い・見分け方

形容動詞は言い切りが「~だ」で終わりますが、助動詞の「だ」「そうだ」「ようだ」も「~だ」となりますので気をつけましょう。

  • 波が穏やか。形容動詞「穏やかだ」
  • 穏やかな海。体言+「だ」→ 断定の助動詞「だ」
  • 穏やかな海を泳い。動詞の連用形+「だ」→ 過去の助動詞「だ」
  • 波が穏やかそう。「そうだ」の一部
  • 波が穏やかなよう。「ようだ」の一部

よく語尾を「~な+体言」で言い換えられたら形容動詞と説明されることがありますが、注意が必要なのが助動詞の「そうだ」「ようだ」です。

「そうだ」「ようだ」は形容動詞型の活用のため。「~そうな」「~ような」と言うことができます。語尾に「そうだ」「ようだ」とある場合は助動詞と考えます。

体言+「だ」、動詞の連用形+「だ」はどちらも「な+体言」にはできません。

穏やかだ+人 → 穏やかな人(〇)にはできますが、海だ+人 → 海な人、泳ぐ+人 → 泳な人とかは不自然です。

断定の助動詞では一部の助詞に接続するとき「な」になります。

連体詞との違い・見分け方

連体詞も体言を修飾し、「~な」で終わるものがあるので形容動詞と紛らわしいです。「な」を「だ」に言い換えられるかで両者を区別できます。

  • 広大な海→ 「広大」と言えるので形容動詞
  • 大きな海 → 「大き」とは言えないので連体詞
  • いろいろな顔→ 「いろいろ」と言えるので形容動詞
  • いろんな顔 → 「いろん」とは言えないので連体詞

【問題編】形容動詞の活用・識別

中学国文法 形容動詞の特徴・活用・問題

問1 次の下線部の形容動詞の活用形を答えましょう。

(1) 彼には豊かな感性がある。

答えを確認

(2) もっと素直になれば良いのに。

答えを確認

(3) 厳格な父であった。

答えを確認

(4) もっと文が簡潔なら良いと思う。

答えを確認

(5) 一見さわやかだが、何を考えているかわからない。

答えを確認

(6) 静かなので緊張する。

答えを確認

(7) 今頃は彼も元気だろう。

答えを確認

(8) 彼の手際は鮮やかだった。

答えを確認

(9) 問題はそれほど複雑でない。

答えを確認

(10) 君ってそんなやつだったのか。

答えを確認

問2 次の下線部の語を、ア 形容動詞、イ 形容詞、ウ 形容動詞+助動詞、エ 名詞+助動詞、オ 連体詞に分けて、記号で答えましょう。

(1) 花火がきれいね。

答えを確認

(2) 声を聞いたが元気そうだった。

答えを確認

(3) そこから見えるのが富士山だ

答えを確認

(4) あの絵は美しいな。

答えを確認

(5) いろんな人がいるよ。

答えを確認

(6) いろいろな人がいるよ。

答えを確認

(7) 昨日はどんな話をしたっけ。

答えを確認

(8) あの二人はほとんど同じ顔をしている。

答えを確認

(9) にぎやかなように感じました。

答えを確認

(10) そこは人里離れた場所だった。

答えを確認

まとめ

形容動詞の例、働き、活用やまた紛らわしい語との見分け方についてマスターできたでしょうか。

形容動詞は形容詞とよく似た働きをしますが、言い切りの形が「~だ」で終わり、連体形では「~な」と活用するのが特徴です。ただし形容動詞の丁寧な言い方「~です」では連体形がありません。

「きれい」「好き」「同じ」「こんな」は「だ」をつけずに使うことが多いですが、形容動詞に分類されます。

形容動詞と「だ」で終わる助動詞との区別もできるようにしておきましょう。

国語の目次はコチラ→

国語カテゴリの最新記事