高校英語 不定詞の形容詞的用法まとめと問題

高校英語 不定詞の形容詞的用法まとめと問題

不定詞の形容詞的用法についてまとめました。

  • I want a book to read.
  • Would you like something to drink?
  • He doesn’t have a house to live in.

上の文で使われているのが不定詞の形容詞的用法です。

前置詞が使われるタイプ、同格の不定詞についても確認します。

スポンサーリンク

不定詞の形容詞的用法とは

不定詞を名詞の後に置いて名詞を修飾し、「~するべき、~するための」という意味になります。これを形容詞的用法といいます。

次の文は不定詞の形容詞的用法の中でも、修飾される名詞が目的語になっているもの(目的格)です。

I want a book to read.
(読むための本が欲しい。)

He has a friend to support.
(彼は支えている友人がいる。)

Would you like something to drink?
(何か飲み物はいかがですか。)

I have nothing to do.
(何もすることがない。)

He doesn’t have a house to live in.
(彼には住む家がない。)

主格になっている例です。序数や最上級とともによく使われます。

He has a friend to support him.
(彼は彼を支えてくれる友人がいる。)

He was the first man to walk on the moon.
(彼は月面を歩いた最初の人でした。)

Jun is the last person to do such a thing.
(潤は決してそんなことをするような人ではない。)

不定詞は未来志向ですが、「He was the first man to walk on the moon.」のように過去の文の中で、序数、最上級、only、last+名詞を修飾する不定詞では、過去のできごととして訳されます。

同格になっている例です。time、reason、way、decisionなどで見られます。

He doesn’t have time to go to the gym.
(彼はジムに行く時間がない。)

What’s the best way to lose my weight?

(私の体重を落とす最善の方法は何ですか。)

I made the decision to retire.
(私は引退する決意をしました。)

前置詞を伴う不定詞

もともと(意味上)前置詞と一緒に使う動詞は、前置詞を使わないといけないので注意しましょう。

例えば「彼には住む家がない」を不定詞を使って表すと、

He doesn’t have a house to live in.

となります。「He doesn’t have a house to live.」だと間違いになります。ふつう家に住むというとき「live a house」ではなく、「live in a house」のようにinを使います。

日本語だと前置詞を使うことがわかりにくくても、英文にするときは必要に応じて前置詞を使わないといけません。

  • a house to live in 住むための家
  • a pen to write with 書くためのペン
  • paper to write on 書くための紙
  • a friend to talk with 話す友達
  • things to talk about 話すこと
  • a chair to sit on 座るための椅子

下の英文のように「前置詞+関係代名詞+to不定詞」の形も使われます。

I have no words with which to express my gratitude.
(感謝の言葉もありません。)

~thing +形容詞+to不定詞

ふつうは形容詞用法では名詞の直後に不定詞が置かれますが、something cold(冷たいもの)のように~thing+形容詞に不定詞を続けたいときは、形容詞の後に不定詞が置かれます。

例えば「something to drink」で何か飲むもの(飲み物)を表しますが、「何か冷たい飲み物をいただけませんか」であれば

Would you give me something cold to drink?

とします。

温かい食べ物なら「something hot to eat」となります。

スポンサーリンク

【問題編】不定詞の形容詞的用法

問1 次の文を訳してみましょう。

(1) There are many places to visit in Tokyo.

→答え

(2) Would you like something to drink?

→答え

(3) I have nothing to do today.

→答え

(4) I have no time to exercise.

→答え

(5) He was the first man to walk on the moon.

→答え

問2 次の日本文に合うように(     )内に適切な英語を入れましょう。

(1) 彼には住む家がない。

→ He doesn’t have a house (     )(     )(     ).

→答え

(2) 書くためのペンが欲しい。

→ I want(     )(     )(     )(     )(     ).

→答え

(3) 何か冷たい飲み物をいただけませんか。

→ Would you give me (     )(     )(     )(     )?

→答え

(4) 私は引退する決意をしました。

→ I made the (     )(     )(     ).

→答え

参考文献: 総合英語 Forest 7th edition /石黒 昭博(桐原書店)、英文法解説  改訂三版 / 江川 泰一郎(金子書房)

英語の目次はコチラ→

次の単元に進む人はコチラ


高校生の家庭学習おすすめ

大人の英語学習おすすめ

英語カテゴリの最新記事