中学国語文法 文節の分け方まとめと問題

中学国語文法 文節の分け方まとめと問題

今回は文節の分け方について学習します。すでに学校で分節に分ける方法を学習している人は、「ネ」や「ヨ」で文を区切ればいいよ、と習っているかもしれません。簡単な問題もありますが、これってどこで区切れるんだろう?と悩んでしまうような問題もありますよね。

この記事では文節の分け方の基本とコツについて説明、問題も作りました。文節の分け方がいつもわからなくなる、という人はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

文節の分け方のコツ

意味がわかる単位で区切ったものが文節です。分け方のコツはネで文を分けることです。なるべく多く「ネ」を入れるようにします。(ネの代わりにサやヨを入れてもOKです。)

私の母がこのクッキーを作りました。

この文を「ネ」を入れて文を分けてみると「私の母が(ネ)このクッキーを(ネ)作りました。」のように分けることもできますが、分けられるところがあればできるだけ分けるようにします。

私の(ネ)母が(ネ)この(ネ)クッキーを(ネ)作りました。

これ以上分けると文がおかしくなるのでここでストップ。つまり、

私の/母が/この/クッキーを/作りました。

のように分節に分けられることになります。

文節を分けるとき、ただネやヨで分けるだけでなく、他にも気をつけるべきことがあります。

文節の分け方のコツ

  • 一つの文節に自立語は一つ
  • 補助の関係では文節を分ける
  • 「ない」は形容詞なら文節に分ける、助動詞は分けない
  • 複合語は文節に分けない

文節の中は自立語が一つ

上の例文にもありましたが、なぜ「このクッキーを(ネ)」ではダメで、「この(ネ)クッキーを(ネ)」ではないといけないのでしょうか。実は一つの文節に自立語は一つというルールがあります。

自立語とは単独で意味がわかるものです。(意味がわからないものは付属語。)

「このクッキーを」の場合「この(連体詞)」も「クッキー(名詞)」も自立語です。「を(助詞)」は付属語です。「このクッキーを(ネ)」という文節の分け方だと自立語が二つになってしまいます。

だから「この(ネ)クッキーを(ネ)」と自立語が一つずつになるよう、「ネ」を2回入れます。

自立語の例

名詞(犬、机、富士山)、動詞(食べる、遊ぶ、笑う)、形容詞(かわいい、おもしろい)、形容動詞(静かだ、元気だ)、副詞(ゆっくり、だんだん、かなり)接続詞(しかし、かならず)、連体詞(この、あの、その)、感動詞(はい、もしもし、あら)など

付属語は自立語にくっついて、意味を添えるものです。

付属語の例

助詞(例 が、の、に、より)、助動詞(例 ない、た、ます、う)

「私は水泳ができない」を文節に分けると、

は/水泳が/できない。(/は文節の区切り、赤字が自立語、黒字が付属語)

となります。一つの文節の中に自立語が一つしか入っていません。

連体詞や感動詞でも文節を分けます。

えっ、/そんなことが/あったとは/知らなかった。(えっ:感動詞、そんな:連体詞)

補助の関係では文節を分ける

補助の関係とは、後の文節が前の文節に軽く意味を添えているものです。「食べてみる」「歩いている」「教えてもらう」などが補助の関係です。

下の文を文節に分けるとどうなるでしょうか。

話題のお菓子を食べてみた。

「食べて・みた」は補助の関係で、この「みた」は「見た」とは異なり、食べるという動作に意味を添えています。

このような補助の関係は文節に分けない方が良いのか?という質問をよく受けますが、(一つの文節に一つの自立語が原則なので)補助の関係でも文節は分けます

話題の/お菓子を/食べて/みた。

「ない」の前で文節を分けるときがある?

次の文を文節に分けてみましょう。

いつも朝食は食べない。

「いつも朝食は食べない」の「ない」は付属語(助動詞)なので、「食べ/ない」のように分けられません。

いつも/朝食は/食べない。

ところが、次のような文ではどうでしょうか。

勉強はちっとも楽しくない。

そんなこと言わないで…というツッコミはさておき、上の文の「楽しくない」は文節に分けないと間違いになります。

勉強は/ちっとも/楽しく/ない。

なぜ、

「食べない」→○食べない

「楽しくない」→×楽しくない(○楽しく/ない)

になるのかというと、「楽しくない」の「ない」は形容詞です。上でも説明した「補助の関係」で使われている「ない」で、このような形容詞「ない」は補助形容詞(形式形容詞)と呼ばれています。

形容詞と助動詞のどちらの「ない」か見分けにくいときは、間に「は」を入れられるかどうかで判断します。

食べない→食べない(この「ない」は形容詞ではない)

楽しくない→楽しくない(この「ない」は形容詞)

複合語は文節に分けない

次の文を文節に分けてみましょう。

雪がしんしんと降り積もる。

どうでしょうか?「降り積もる」は「降る」と「積もる」の2つの自立語があるから文節に分けないと…とは考えません。「降り積もる」は複合語で一つの単語になっているので、文節に分けません。

雪が/しんしんと/降り積もる。

「勉強する」「近寄る」「蒸し暑い」なども複合語なので、一つの文節になります。

スポンサーリンク

【問題編】文節の分け方

次の文を文節に分けてみましょう。

問1 ずっと欲しかったあの本が置いてあった。

答えを確認

問2 なかなか前に進めない。

答えを確認

問3 車内に荷物を持ち込んだ。

答えを確認

問4 母が焼いたクッキーを食べてみた。

答えを確認

問5 テストまで毎日3時間勉強する。

答えを確認

問6 今日のテレビはおもしろくない。

答えを確認

問7 おや、どこかで見たことがあるなあ。

答えを確認

問8 見上げると一羽の鳥が空を飛んでいた。

答えを確認

問9 試合に負けたけれど、悲しくはなかった。

答えを確認

問10 その物体は太陽のようにまぶしかった。

答えを確認

文節の分け方のコツ【ポイントまとめ】

文節の分け方、コツがつかめたでしょうか。ポイントを以下にまとめました。

  • ネを入れて分ける。
  • 文節は自立語から始まる。
  • 一つの文節に一つの自立語。
  • 補助の関係は文節に分ける。
  • 「ない」に注意する(助動詞は分けない、形容詞は分ける)。
  • 複合語は文節に分けない。

上の文節分けのポイントが理解でき、定着すればたいていの文節分け問題に対応できるはず。上のポイントと照らし合わせながら、問題を実際に解くことで文節分けがマスターできるでしょう。

次の単元へ

国語の目次はコチラ→

国語カテゴリの最新記事