高校英語 願望の仮定法 解説と問題

高校英語 願望の仮定法 解説と問題

今回は I wish や If only などを使う、願望を表す仮定法について学習します。願望を表す仮定法過去と仮定法過去完了の英文の作り方を確認し、問題を解いてみましょう。

スポンサーリンク

I wish + 仮定法

高校英語 願望の仮定法

I wish + 仮定法を使って「~するといいのになあ」「~したら良かったのになあ」という願望を表すことができます。

I wish + 仮定法過去

「~ならいいのになあ」と現在実現できない願望を示したいときに、I wish + 主語+仮定法過去[動詞の過去形または助動詞の過去形+動詞の原形]で表すことができます。

・I wish I had a lot of money. (たくさんお金があればいいのになあ。)→ 実際には持っていない

・I wish I were a bit taller. (あともう少し背が高ければいいのになあ。)→ 実際には背が低い

I wish she were my girlfriend.(彼女が僕の彼女ならいいのに。)→ 実際には彼女ではない

・I wish I could speak English. (英語が話せればいいのになあ。)→ 実際には話せない

I wish + 仮定法過去完了

「~だったらいいのになあ」と過去に実現できなかった願望を示したいとき、I wish 主語+仮定法過去完了[had + 過去分詞/助動詞の過去形 + have + 過去分詞]で表します。

I wish I had been there.(そこにいれば良かったなあ。)→ 実際にはいなかった

I wish I hadn’t told a lie to him.(彼に嘘を言わなければ良かったなあ。)→ 実際には嘘をついた

I wish I could have seen her.(彼女に会えたら良かったのになあ)→ 実際には会えなかった

スポンサーリンク

If only + 仮定法 !

高校英語 願望の仮定法

If only + 仮定法 !>の形でも I wishと同様に実現できない(実現できなかった)願望を表すことができます。「~さえすればなあ」「~さえだったらなあ」と I wish よりも強い願望を表し、「!」が使われます。

If only I could play the guitar too !(僕もギターが弾けさえすればなあ。)

If only you had told the truth !(本当のことを言ってくれたら良かったのに。)

参考:高校英語 仮定法過去・過去完了の基本・問題

【問題編】願望を表す仮定法

高校英語 願望の仮定法

問1 日本文に合うように、(    )内に適切な英語を入れましょう。

(1) 頭が良ければなあ。

I(     )I (     )clever.

答えを確認

(2) 彼女を助けられれば良いのになあ。

I(     )I (     )(     )her.

答えを確認

(3) 男の子に生まれたら良かったのにな。

I(     )I (     )(     )(     )a boy.

答えを確認

(4) 姉の結婚式に出席できたら良かったのですが。

I(     )I (     )(     )attended my sister’s wedding ceremony.

答えを確認

(5) うまく英語が話せさえすればいいのになあ。

If(     )I(     )(     )English!

答えを確認

問2 次の日本文に合うように、[   ]内の英語を並べ替えなさい。

(1) 僕が医者なら良いのになあ。

[ I, I, doctor, wish, were, a ]

答えを確認

(2) 彼女にそこで会えたら良かったのになあ。

[ I, I, her, could, wish, have, there, seen ]

答えを確認

(3) 身長さえ高ければ良かったのになあ。

[ I, taller, only, were, if ]

答えを確認

まとめ

I wish や If only を使った願望を表す仮定法を学習してきましたが、いかがでしたでしょうか。

他の仮定法の文同様、現在実現できない願望か過去実現できなかった願望かによって、仮定法過去と過去完了を使い分けてください。

I wish と If only はほとんど同じ意味ですが、If only の方がより「~さえすれば(したら)よかったのに」と願望が強く、「!」を使うのが特徴です。