中2英語 助動詞 must と have to の違い・例文・問題

中2英語 助動詞 must と have to の違い・例文・問題

助動詞 must と have toの使い方や違いについて学習します。must と have to はどちらも「~しなければならない」という意味になりますが、否定文では意味が異なります。また must は主語によって変化しませんが、have to は主語や時制によって変化します。

スポンサーリンク

must の意味と使い方・例文

mustの意味と使い方、否定文・疑問文の作り方について確認しましょう。

must「~しなければならない」

must には「~しなければならない」という意味があります。must の後は動詞の原形です。

・You go home.(あなたは家に帰る。)

・You must go home.(あなたは家に帰らなければならない。)=Go home.

・He goes to bed early.(彼は早く寝る。)

・He must go to bed early.(彼は早く寝なければならない。)

must の否定文

否定文 must not(mustn’t 【マスント】)は「~してはいけません」という禁止を表します。

・You must not play catch here.(ここでキャッチボールをしてはいけません。)

=Don’t play catch here.

must の疑問文と答え方

疑問文は【must +主語+動詞の原形】の形になります。答えるとき Yes ではmust を使いますが、No では don’t have to を使います。

Must I go home?(私は帰らなければなりませんか。)

―― Yes, you must. (はい、帰らなければなりません。)/ No, you don’t have to.(いいえ、帰る必要はありません。)

must「~に違いない」

must には「~に違いない」という推量の意味もあります。be とともによく使われます。

・He must be a new teacher.(彼は新しい先生に違いない。)

スポンサーリンク

have to の意味と使い方・例文

have to の意味、使い方、否定文・疑問文の作り方について説明します。

have to 「~しなければならない」

have to もmust 同様「~しなければならない」という義務の意味があります。have to の後は動詞の原形で、主語が3人称単数で現在形ならhas to、過去形なら had to を使います。

・I have to go home.(私は家に帰らなければならない。)

・He has to go home.(彼は家に帰らなければならない。)

・She had to go home.(彼女は家に帰らなければならなかった。)

have to の否定文

have to の否定文の基本形は【don’t have to】で、「~する必要はない」という意味になります。主語によって【doesn’t have to】、過去形なら【didn’t have to】になります。

・You don’t have to worry.(心配する必要はありません。)

・He doesn’t have to work.(彼は働く必要がありません。)

・She didn’t have to go there.(彼女はそこに行く必要はありませんでした。)

have to の疑問文

【Do/Does/Did+主語+have to ~ ?】の形で「~しなければなりませんか/~しなければならなかったのですか」の意味になります。

Do I have to submit my homework?(宿題を提出しなければなりませんか。)

Does he have to travel to the moon?(彼は月まで旅行しなければならないのですか。)

Did you have to go there?(そこに行かなければならなかったのですか。)

助動詞 must と have to の違い

must と have to は肯定文ではほとんど同じ意味ですが、mustの方が主観的な義務、have toの方が客観的な義務を表します。

must 主観的な義務(話し手の義務、命令的)

have to 客観的な義務(誰もがそう思う、必要性)

中学英語の場合は肯定文で使い分けはできなくても大丈夫です。ただし否定文や疑問文の答えでは使い分けをしっかりできるようにしておきましょう。

must not / don’t have to の使い分け 例文

must not と don’t have to の意味の違いを、例文でも確認してみましょう。

・You must not read the book.(その本を読んではいけません。)

・You don’t have to read the book.(その本を読む必要はありません。)

Must I read the book?(その本を読まなければなりませんか。)

――Yes, you must.(はい、読まなければなりません。)

No, you don’t have to.(いいえ、読む必要はありません。)

【問題編】助動詞must と have to

中2英語 助動詞 must と have to の違い・例文・問題

問1 次の日本語の文に合うように、(      )内に適切な英語を入れなさい。
(1) 彼は早く寝なければならない。

He (      )(      ) to bed early.

答えを確認

(2) 食べすぎてはいけません。

You (      )(      )(      )too much.

答えを確認

(3) 私は帰らなければなりませんか。―― いいえ、帰る必要はありません。

(      )I go home?(私は帰らなければなりませんか。)

―― No, you (      )(      )(      ).

答えを確認

(4) 彼はお金持ちに違いない。

He (      )(      )rich.

答えを確認

(5) 彼女は早起きしなければならない。

She(      )(      )(      )up early.

答えを確認

(6) なぜそこに行かなければならなかったのですか。

Why(      )you(      )(      )go there?

答えを確認

問2 次の英文とほぼ同じ意味になるよう、(      )内に適切な英語を入れなさい。
(1) Don’t run here.

=(      )(      )(      )run here.

答えを確認

(2) He must sell his car.

= He (      )(      )(      )his car.

答えを確認

まとめ

助動詞must と have to は肯定文ではほとんど同じ意味ですが、否定文では意味に違いが出るので気をつけましょう。

mustは変化しませんが、have to は主語や時制によって変化します。

have to は 主語が3人称ならhas to、過去形なら had to になります。否定文、疑問文でも do, does, did を使い分けてください。